Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド リリース 9.1(1)
アプリケーション ダイヤル ルールの設定
アプリケーション ダイヤル ルールの設定
発行日;2013/05/13   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

アプリケーション ダイヤル ルールの設定

この章では、ダイヤル ルールの設定に関する情報を提供します。

ダイヤル ルールの詳細については、Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』を参照してください。

アプリケーション ダイヤル ルールの設定の概要

Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[コールルーティング(Call Routing)] > [ダイヤルルール(Dial Rules)] > [アプリケーションダイヤルルール(Application Dial Rules)] メニュー パスを使用して、アプリケーション ダイヤル ルールを設定します。

管理者は、ダイヤル ルールの設定を使用して、ダイヤル ルールの優先順位を追加およびソートできます。 Cisco Unified Communications Manager Assistant などのアプリケーションのダイヤル ルールは、ユーザがダイヤルする電話番号から自動的に数字を削除したり、電話番号に数字を追加したりします。 たとえば、7 桁の電話番号の先頭に、外線発信用の数字 9 を自動的に追加します。

Cisco Unified Communications Manager Assistant などでは、アシスタントがアシスタント コンソールからディレクトリ検索を実行できます。 ディレクトリ エントリをアシスタント コンソールの [マイコール(My Calls)] パネルへドラッグ アンド ドロップできます。ドロップすると、エントリに含まれている番号宛てにコールが発信されます。 ダイヤル ルールは、エントリに含まれる番号に対して、コールの発信前に適用されます。

アプリケーション ダイヤル ルールの設定のヒント

新しいダイヤル ルールを追加する手順または既存のダイヤル ルールを更新する手順を実行する場合、ダイヤル ルールの設計およびエラー チェックについては、『Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』を参照してください。


(注)  


ダイヤル ルールが複数ある場合は、ダイヤル ルールの優先順位を変更できます。


アプリケーション ダイヤル ルールの設定値

次の表に、[アプリケーションダイヤルルールの設定(Application Dial Rule Configuration)] ウィンドウで使用可能な設定値を示します。

表 1 アプリケーション ダイヤル ルールの設定値

フィールド

説明

[名前(Name)]

[名前(Name)] フィールドに名前を入力します。 名前は 1 文字以上にする必要があり、最大 50 文字の英数字を含めることができますが、二重引用符(")、パーセント記号(%)、アンパサンド(&)、バックスラッシュ(\)、および山カッコ(<>)は使用できません。

アプリケーションのダイヤル ルール名はそれぞれ固有の名前にしてください。

[説明(Description)]

アプリケーションのダイヤル ルールの説明を [説明(Description)] フィールドに入力します。 説明には、任意の言語で最大 50 文字を指定できますが、二重引用符(")、パーセント記号(%)、アンパサンド(&)、バックスラッシュ(\)、山カッコ(<>)は使用できません。

[開始番号(Number Begins With)]

このアプリケーションのダイヤル ルールを適用する電話番号の先頭部分の数字を入力します。

有効な文字は、数字(0 ~ 9)、プラス記号(+)、アスタリスク(*)、およびシャープ記号(#)です。 このフィールドに 50 を超える文字を入力できないことに注意してください。

このフィールドで使用できる特殊文字の詳細については、『Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』の「ルート プランの概要」の章のルート パターンとハント パイロットの項にある、ワイルドカードと特殊文字の説明を参照してください。

[桁数(Number of Digits)]

このアプリケーションのダイヤル ルールを適用するダイヤル番号の長さを入力します。 このフィールドには次のことが適用されます。

  • サポートされるのは数字(0 ~ 9)だけです。
  • 0 以上で 100 未満の値にする必要があります。

[削除する合計桁数(Total Digits to be Removed)]

Cisco Unified Communications Manager でこのダイヤル ルールを適用するダイヤル番号の先頭から削除する桁数を入力します。 このフィールドには次のことが適用されます。

  • サポートされるのは数字(0 ~ 9)だけです。
  • 0 以上で 100 未満の値にする必要があります。
  • [桁数(Number of Digits)] フィールドの値を超える値は設定できません。

[プレフィックスパターン(Prefix With Pattern)]

このアプリケーションのダイヤル ルールを適用するダイヤル番号の先頭に追加するパターンを入力します。 有効な値は、数字(0 ~ 9)、プラス記号(+)、アスタリスク(*)、およびシャープ記号(#)です。 このフィールドに 50 を超える文字を入力できないことに注意してください。

[アプリケーションダイヤルルール優先順位(Application Dial Rule Priority)]

ダイヤル ルールの優先順位を高、低、標準のいずれかから選択します。

ダイヤル ルールの優先順位の変更

ダイヤル ルールの優先順位を変更する手順は、次のとおりです。

手順
    ステップ 1   Cisco Unified Communications Manager の管理ページから、[コールルーティング(Call Routing)] > [ダイヤルルール(Dial Rules)] > [アプリケーションダイヤルルール(Application Dial Rules)] を選択します。
    (注)     

    優先順位は、[アプリケーションダイヤルルールの設定(Application Dial Rule Configuration)] ウィンドウから変更することもできます。

    ステップ 2   [アプリケーションダイヤルルールの検索/一覧表示(Find and List Application Dial Rules)] ウィンドウで、ダイヤル ルールを選択し、ダイヤル ルール名をクリックします。 [アプリケーションダイヤルルールの設定(Application Dial Rule Configuration)] ウィンドウが表示されます。
    ステップ 3   上矢印と下矢印を使用して、リスト内でダイヤル ルールを上または下に移動します。
    ステップ 4   優先順位を変更し終わったら、[保存(Save)] をクリックします。