Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド リリース 9.1(1)
LDAP カスタム フィルタの設定
LDAP カスタム フィルタの設定
発行日;2013/05/13   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

LDAP カスタム フィルタの設定

この章では、LDAP ディレクトリの設定に関する情報を提供します。 設定は、次の関連ウィンドウで行います。

  • [LDAPシステムの設定(LDAP System Configuration)]
  • [LDAPディレクトリ(LDAP Directory)]
  • [LDAP認証(LDAP Authentication)]
  • [LDAPフィルタ設定(LDAP Filter Configuration)]

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』のディレクトリ、アプリケーション ユーザ、およびエンド ユーザに関するトピックを参照してください。

LDAP カスタム フィルタの設定の概要

Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[システム(System)] > [LDAP] > [LDAPカスタムフィルタ(LDAP Custom Filter)] メニュー パスを使用して、LDAP フィルタを設定します。

[LDAPフィルタ設定(LDAP Filter Configuration)] ウィンドウでは、LDAP フィルタに関する情報を指定します。

始める前に

LDAP ディレクトリの同期化を行うには、その前に Cisco DirSync サービスをアクティブにしておく必要があります。 サービスのアクティブ化の詳細については、『Cisco Unified Serviceability Administration Guide』を参照してください。

LDAP ディレクトリの情報と LDAP 認証の設定値を変更できるのは、お客様の LDAP ディレクトリからの同期化が Cisco Unified Communications Manager の管理ページの [LDAPシステムの設定(LDAP System Configuration)] ウィンドウで使用可能にされている場合だけです。

一括管理ツールを使用すると、LDAP カスタム フィルタをインポートおよびエクスポートできます。 詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Bulk Administration ガイド』を参照してください。

LDAP フィルタの削除

LDAP フィルタを削除すると、Cisco Unified Communications Manager はそのフィルタをデータベースから削除します。

ディレクトリ アグリーメントに割り当てられている LDAP フィルタは削除できません。 LDAP フィルタがディレクトリ アグリーメントに割り当てられているかどうかを判断するには、[LDAPフィルタ設定(LDAP Filter Configuration)] ウィンドウの [関連リンク(Related Links)] ドロップダウン リスト ボックスから [依存関係レコード(Dependency Records)] を選択します。 LDAP フィルタの依存関係が表示された場合、その LDAP フィルタは削除できません。

LDAP フィルタの設定

次の表に、LDAP フィルタの設定を示します。

表 1 [LDAPカスタムフィルタ(LDAP Custom Filter)] の設定

フィールド

説明

[LDAPカスタムフィルタ情報(LDAP Custom Filter Information)]

[フィルタ名(Filter Name)]

LDAP フィルタの名前を入力します。 名前には、最大 64 文字の UTF-8 文字を使用できます。

[フィルタ(Filter)]

フィルタを入力します。 フィルタには、最大 1024 文字の UTF-8 文字を使用できます。 フィルタ テキストはカッコ () で囲みます。

LDAP フィルタは、LDAP 検索の結果をフィルタリングします。 フィルタに一致する LDAP ユーザは Cisco Unified Communications Manager データベースにインポートされますが、フィルタに一致しない LDAP ユーザはインポートされません。

入力するフィルタ テキストは、RFC 4515 で定義されている通常の LDAP 検索フィルタ標準に準拠している必要があります。 ldapsearch コマンドを使用して、LDAP 検索フィルタを LDAP ディレクトリ/検索ベースに照らして検証することを推奨します。

LDAP フィルタを LDAP ディレクトリに適用します。 詳細については、LDAP ディレクトリの設定を参照してください。 1 つの LDAP フィルタを複数の LDAP ディレクトリおよびフィルタが有効なすべての LDAP ディレクトリ タイプに適用できます。