Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド リリース 9.1(1)
自動代替ルーティング グループの設定
自動代替ルーティング グループの設定
発行日;2013/05/13   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

自動代替ルーティング グループの設定

この章では、AAR グループの検索、追加、更新、または削除に関する情報を提供します。

詳細については、Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』の自動代替ルーティングに関するトピックを参照してください。

AAR グループの設定の概要

Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[コールルーティング(Call Routing)] > [AARグループ(AAR Group)] メニュー パスを使用して、AAR グループを設定します。

自動代替ルーティング(AAR)は、その場所の帯域幅が不十分だったことが原因で Cisco Unified Communications Manager がコールをブロックした場合に、代替番号を使用することによって、PSTN またはその他のネットワークを通じてコールを再ルーティングするメカニズムを提供します。 自動代替ルーティングを使用すると、発信者はいったん電話を切って着信側に再びダイヤルする必要がなくなります。 AAR グループは、回線または電話番号(DN)、Cisco ボイスメール ポート、およびゲートウェイが置かれているダイヤル区域を表します。

各 AAR グループに対して、AAR グループ内の自動代替ルーティングに使用するプレフィックス番号、およびある AAR グループとその他の AAR グループの間の自動代替ルーティングに使用するプレフィックス番号を入力します。 ゲートウェイ、電話機(電話番号で)、およびトランクなどのデバイスが AAR グループに関連付けられます。 コールの自動代替ルーティングが行われる場合、状況によってはデバイスを AAR コーリング サーチ スペースにも関連付ける必要があります。


(注)  


AAR を機能させるには、クラスタ全体の Automated Alternate Routing Enable サービス パラメータが True に設定されていることを確認する必要があります (このサービス パラメータのデフォルト値は False です)。


自動代替ルーティング グループの詳細については、『Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』のルート プランに関するトピックを参照してください。

AAR グループの削除

1 つまたは複数のデバイスが参照している AAR グループは、削除することができません。 AAR グループを使用しているデバイスを検索するには、[自動代替ルーティング(AAR)グループの設定(Automated Alternate Routing Group Configuration)] ウィンドウの [関連リンク(Related Links)] ドロップダウン リスト ボックスから [依存関係レコード(Dependency Records)] リンクを選択します。 依存関係レコードがシステムで使用できない場合は、[依存関係レコード要約(Dependency Records Summary)] ウィンドウにメッセージが表示されます。 AAR グループを削除する前に、その AAR グループが属しているデバイスすべてから、その AAR グループを削除しておく必要があります。

AAR グループの設定値

次の表に、AAR グループの設定値を示します。

表 1 AAR グループの設定値
フィールド 説明

[自動代替ルーティング(AAR)グループ情報(Automated Alternate Routing Group Information)]

[名前(Name)]

新しい AAR グループに割り当てる名前を入力します。

この名前には、最長 20 文字の英数字を指定することができ、スペース、ピリオド(.)、ハイフン(-)、およびアンダースコア(_)を任意に組み合わせて使用することが可能です。

ワンポイント アドバイス   

AAR グループには、内容を簡潔に表す名前を使用してください。 通常、CompanynameLocationGroup の形式が、内容を簡潔に表し、AAR グループをすばやくかつ簡単に識別できる方式です。 たとえば、「CiscoDallasAA1」は、Dallas にある Cisco オフィス用の Cisco Access Analog AAR グループを示します。

[次のグループ内で使用するプレフィックス番号(Prefix Digits within)]

[プレフィックス番号(Prefix Digits)]

AAR グループ内の自動代替ルーティングに使用するプレフィックス番号を入力します。 有効な入力値は、数字(0 ~ 9)、アルファベット(A ~ D)、アスタリスク(*)、シャープ記号(#)、プラス記号(+)、およびハイフン(-)です。

[次のグループ間で使用するプレフィックス番号(Prefix Digits between): <グループ名> とその他のAARグループ(and other AARGroups)]

[ダイヤルプレフィックス(Dial Prefix) (発信元 <グループ名>)]

このグループから別の AAR グループに属するデバイスにコールをルーティングするとき、自動代替ルーティングに使用するプレフィックス番号を入力します。

有効な入力値は、数字(0 ~ 9)、アルファベット(A ~ D)、アスタリスク(*)、およびシャープ記号(#)です。

(注)     

この発信 AAR グループ用フィールドに入力されたプレフィックス番号は、AAR 転送先グループの [ダイヤルプレフィックス(Dial Prefix) (接続先 <グループ名>)] フィールドにも追加されます。

[ダイヤルプレフィックス(Dial Prefix) (接続先 <グループ名>)]

別の AAR グループに属するデバイスからこのグループにコールをルーティングするとき、自動代替ルーティングに使用するプレフィックス番号を入力します。

有効な入力値は、数字(0 ~ 9)、アルファベット(A ~ D)、アスタリスク(*)、およびシャープ記号(#)です。

(注)     

この転送先 AAR グループ用フィールドに入力されたプレフィックス番号は、AAR 発信グループの [ダイヤルプレフィックス(Dial Prefix) (発信元 <グループ名>)] フィールドにも追加されます。