Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド リリース 9.1(1)
機能グループ テンプレートの設定
機能グループ テンプレートの設定
発行日;2013/05/13   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

機能グループ テンプレートの設定

この章では、機能グループ テンプレートの設定に関する情報を提供します。

機能グループ テンプレートの設定

Cisco Unified Communications Manager(Unified CM)の管理ページで、[ユーザ管理(User Management)] > [ユーザ/電話の追加(User/Phone Add)] > [機能グループテンプレート(Feature Group Templates)] メニュー パスを使用して、モビリティや IM and Presence などの機能を含む機能テンプレートを設定します。 事前に設定されたサービス プロファイルやユニバーサル デバイス テンプレートをユーザに割り当てることもできます。


(注)  


使用する機能グループ テンプレートは、[ユーザ/電話のクイック追加(Quick User/Phone Add)] ウィンドウでユーザまたはデバイスを追加するときに設定します。 テンプレートに対する変更は、すでに追加されているユーザやデバイスには影響しません。


この表は、[機能グループテンプレート(Feature Group template)] ウィンドウのフィールド設定値とその説明を示しています。

表 1 機能グループ テンプレートの設定値
フィールド 説明
[機能グループテンプレート(Feature Group template)]

[名前(Name)]

機能グループ テンプレートの識別名を入力します。

[説明(Description)]

機能グループ テンプレートの説明を入力します。

説明は 100 文字以下の任意の言語で入力することができ、ほとんどの句読点が使用できます。

[機能(Features)]

[ホームクラスタ(Home Cluster)]

このクラスタをエンド ユーザのホームにする場合に、このチェックボックスをオンにします。 エンド ユーザのホームは社内の 1 つのクラスタに限定する必要があります。

(注)     

エンド ユーザが複数のクラスタに割り当てられていると、IM and Presence が正しく機能しません。

[Unified CM IM and Presenceのユーザを有効化(関連付けられているUCサービスプロファイルでIM and Presenceを設定)(Enable User for Unified CM IM and Presence (Configure IM and Presence in the associated UC Service Profile))]

IM and Presence に対してエンド ユーザ(ホーム クラスタ上)を有効にする場合に、このチェックボックスをオンにします。 関連するサービス プロファイルで IM and Presence を設定します。

(注)     

Cisco Unified Communications Manager IM and Presence サービス ノードは、Cisco Unified Communications Manager と一緒にインストールする必要があります。

[ユーザ管理(User Management)] > [ユーザ設定(User Settings)] > [UCサービス(UC Services)] メニューを使用して、IM and Presence サービスの設定値を構成します。

[サービスプロファイル(Service Profile)]

ドロップダウン リスト ボックスからサービス プロファイルを選択します。 各サービス プロファイルの設定値を確認するには、[詳細(More Details)] リンクを選択します。

(注)     

[ユーザ管理(User Management)] > [ユーザ設定(User Settings)] > [サービス プロファイル(Service Profile)] メニューで、新しいサービス プロファイルを作成できます。

[CTIからのデバイスの制御を許可(Allow Control of Device from CTI)]

このチェックボックスをオンにすると、AllowCTIControlFlag デバイス プロパティがアクティブになり、コンピュータ テレフォニー インテグレーション(CTI)アプリケーションからデバイスを制御できるようになります。 この設定は、ユーザがデバイスにログインしたとき、または、デバイスがユーザの CTI 制御デバイス リストに含まれている場合に有効になります。

(注)     

ユーザがデバイスにログインしていない場合、または、デバイスがユーザの CTI 制御リストに含まれていない場合、この設定は無効になります。

[エンドユーザの設定(End User Configuration)] の [CTIからのデバイスの制御を許可(Allow Control of Device from CTI)] の設定値は、ユーザがログインするデバイスの AllowCTIControlFlag デバイス プロパティを上書きします。

[クラスタ間のエクステンションモビリティの有効化(Enable Extension Mobility Cross Cluster)]

このエンド ユーザが、Cisco Extension Mobility Cross Cluster 機能を使用できるようにする場合に、このチェックボックスをオンにします。

[モビリティの有効化(Enable Mobility)]

モバイル コネクトをアクティブにする場合に、このチェックボックスをオンにします。モバイル コネクトを使用すると、ユーザが 1 つの電話番号を使用してコールを管理したり、デスクトップ電話機および携帯電話で進行中のコールをピックアップしたりできるようになります。

[モバイルボイスアクセスの有効化(Enable Mobile Voice Access)]

モバイル ボイス アクセスの自動音声応答(IVR)システムにユーザがアクセスし、モバイル コネクト コールを発信したり、モバイル コネクト機能をアクティブ化または非アクティブ化したりできるようにするには、このチェックボックスをオンにします。

[デスクピックアップの最大待機時間(Maximum Wait Time for Desk Pickup)] *

携帯電話からデスクトップ電話機に転送されたコールを、ユーザがピックアップできる最大時間をミリ秒単位で入力します。

デフォルト:10000

[リモート接続先の制限(Remote Destination Limit)] *

ユーザが、デスクトップ電話機からコールを転送できる電話機の最大数を入力します。

デフォルト:4

[BLFプレゼンスグループ(BLF Presence Group)] *

BLF プレゼンス機能を設定する場合に、このフィールドを使用します。

ドロップダウン リスト ボックスから、エンド ユーザ用の BLF プレゼンス グループを選択します。 選択したグループによって、エンド ユーザが監視できる対象が指定されます。

[BLFプレゼンスグループ(BLF Presence Group)] のデフォルト値は、インストール時に設定された標準のプレゼンス グループです。 Cisco Unified CM の管理ページで設定された BLF プレゼンス グループもドロップダウン リスト ボックスに表示されます。

BLF プレゼンス認証は、BLF プレゼンス グループと連動して、グループ間のプレゼンス要求を許可またはブロックします。 グループ間の権限の設定、および BLF プレゼンスをエクステンション モビリティと連携される方法については『Cisco Unified Communications Manager 機能およびサービス ガイド』を参照してください。

[SUBSCRIBEコーリングサーチ(SUBSCRIBE Calling Search)]

BLF プレゼンス機能でサポートされている SUBSCRIBE コーリング サーチ スペースは、エンド ユーザからのプレゼンス要求を Unified CM がどのようにルーティングするかを決定します。 この設定により、エンド ユーザのプレゼンス(SUBSCRIBE)要求に対して、コール処理サーチ スペースとは別のコーリング サーチ スペースを適用できます。

ドロップダウン リスト ボックスから、エンド ユーザのプレゼンス要求に使用する SUBSCRIBE コーリング サーチ スペースを選択します。 Unified CM の管理ページで設定されたすべてのコーリング サーチ スペースが [SUBSCRIBEコーリングサーチスペース(SUBSCRIBE Calling Search Space)] ドロップダウン リスト ボックスに表示されます。

ドロップダウン リストからエンド ユーザ用の別のコーリング サーチ スペースを選択しない場合、SUBSCRIBE コーリング サーチ スペースは、デフォルトで [なし(None)] に設定されます。

この用途専用の SUBSCRIBE コーリング サーチ スペースを設定するには、すべてのコーリング サーチ スペースと同じようにコーリング サーチ スペースを設定します。

[ユーザロケール(User Locale)]

ドロップダウン リスト ボックスから、そのエンド ユーザに関連したロケールを選択します。 このユーザ ロケールは、言語とフォントを含む、エンド ユーザをサポートする一連の詳細情報を識別します。

Unified CM では、このロケールがエクステンション モビリティと Unified CM ユーザ オプションに使用されます。 Cisco Extension Mobility のログインでは、ここで指定されたロケールがデバイスとデバイス プロファイルの設定よりも優先されます。 Cisco Extension Mobility のログアウトでは、Cisco Unified CM は、デフォルト デバイス プロファイルに指定されたエンド ユーザ ロケールを使用します。

(注)     

エンド ユーザ ロケールを選択しない場合は、Cisco CallManager サービス パラメータでデフォルト ユーザ ロケールとして指定されているロケールが適用されます。

[ユニバーサルデバイステンプレート(Universal Device Templates)]
(注)     

この機能グループ テンプレートに関連付けられたユーザ用の電話機を新しく作成したり、移動したりするためにこのテンプレートが使用されます。

[デスク電話(Desk Phones)]

ドロップダウン リスト ボックスから、このユーザに関連付けるデスク電話用のユニバーサル デバイス テンプレートを選択します。

[携帯電話(Mobile Phones)]

ドロップダウン リスト ボックスから、このユーザに関連付けるモバイル デバイス用のユニバーサル デバイス テンプレートを選択します。

[プロファイル(Profiles)]

ドロップダウン リスト ボックスから、このユーザに関連付けるプロファイル用のユニバーサル デバイス テンプレートを選択します。

[ユニバーサル回線テンプレート(Universal Line Templates)]