Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド リリース 9.1(1)
サービス プロファイルの設定
サービス プロファイルの設定
発行日;2013/05/13   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

サービス プロファイルの設定

この章では、サービス プロファイルの設定に関する情報を提供します。

サービス プロファイルの設定の概要

Cisco Unified Communications Manager(Unified CM)の管理ページで、[ユーザ管理(User Management)] > [ユーザ設定(User Settings)] > [サービスプロファイル(Service Profile)] メニュー パスを使用して、既存のユニファイド コミュニケーション(UC)サービスからサービス プロファイルを設定します。

Unified CM の [サービスプロファイル(Service Profile)] ウィンドウを使用すると、エンド ユーザに割り当て可能なサービス プロファイルに関する情報を追加、検索、表示、および保守することができます。


(注)  


サービス プロファイルに関連付けられたユーザの一覧が必要な場合は、右上隅にある [関連リンク(Related Links)] ドロップダウン リスト ボックスから [依存関係レコード(Dependency Records)] を選択します。


サービス プロファイルの設定に関するヒント

  • サービス プロファイルを作成する前に、ユニファイド コミュニケーション(UC)サービスを設定する必要があります。
  • システムを 9.0 より前の Cisco Unified Presence インストールからアップグレードすると、既存のサービス プロファイルが Cisco Unified Presence から Unified CM に移行されます。 アップグレード後にサービス プロファイル設定が失われることはありません。
  • 移行されたサービス プロファイルには自動的に名前が付けられます。 この名前は後で変更できます。
  • Cisco Unified CM IM and Presence サービス リリース 9.0(1) より前のリリースでは、Cisco Unified Presence の管理ページ[アプリケーション(Application)] > [CUPC/Cisco Jabber] メニューからサービス プロファイル データを編集できました。
  • IM and Presence UC サービスを設定する場合は、プライマリ サーバ、セカンダリ サーバ、およびターシャリ サーバの製品タイプを組み合わせて使用することはできません。 ただし、他のサービスは組み合わせて使用できます。
  • プライマリ ボイスメール サーバが Cisco Unity の場合、プライマリ ボイスメール サーバとプライマリ メールストア サーバを設定する必要があります。
  • プライマリ ボイスメール サーバが Cisco Unity Connection の場合、プライマリ ボイスメール サーバを設定する必要はありませんが、プライマリ メールストア サーバを選択する必要があります。
  • プライマリ サーバ、セカンダリ サーバ、およびターシャリ サーバのドロップダウン リストには、UC サービス ウィンドウで事前に設定した UC サービスが含まれています。 社内のネットワーク設定に合わせてサーバを変更してください。

サービス プロファイル設定値

次の表に、サービス プロファイル フィールドの設定値の一覧と説明を示します。

表 1 サービス プロファイル設定値

フィールド

説明

[サービスプロファイル情報(Service Profile Information)]

[名前(Name)]

サービス プロファイルの名前を入力します。 わかりやすく識別しやすい名前にすることを推奨します。 この名前は [エンドユーザの設定(End User settings)] ウィンドウに表示されます。

最大文字数:50(ASCII のみ)

許容値:引用符(")、山カッコ(<>)、バックスラッシュ(\)、アンパサンド(&)、およびパーセント記号(%)以外のすべての文字

[説明(Description)]

(オプション)複数のサービス プロファイルを設定している場合は、それぞれのサービス プロファイルを区別しやすくするための説明を入力します。 説明は必要に応じて変更できます。

許容値:引用符(")、山カッコ(<>)、バックスラッシュ(\)、アンパサンド(&)、およびパーセント記号(%)以外のすべての文字

[システムデフォルトのサービスプロファイルに設定(Make this the default service profile for the system)]

このサービス プロファイルをシステムのデフォルト オプションにする場合に、このチェックボックスをオンにします。

(注)      デフォルト サービス プロファイルを指定すると、サービス プロファイルが関連付けられていないエンド ユーザは自動的にデフォルト サービス プロファイルの設定値を継承します。
ボイスメール プロファイル

[プライマリ(Primary)]

このサービス プロファイルを関連付けるプライマリ ボイスメール サーバを選択します。 このドロップダウン リストには、UC サービス ウィンドウで事前に設定したボイスメール サーバが含まれています。

[セカンダリ(Secondary)]

該当する場合に、セカンダリ ボイスメール サーバを選択します。

[ターシャリ(Tertiary)]

該当する場合に、ターシャリ ボイスメール サーバを選択します。

メールストア プロファイル

[プライマリ(Primary)]

プライマリ メールストア サーバを選択します。 このドロップダウン リストには、UC サービス ウィンドウで事前に設定したメールストア サーバが含まれています。

[セカンダリ(Secondary)]

該当する場合に、セカンダリ メールストア サーバを選択します。

[ターシャリ(Tertiary)]

該当する場合に、ターシャリ メールストア サーバを選択します。

会議プロファイル

[プライマリ(Primary)]

プライマリ会議サーバを選択します。 このドロップダウン リストには、UC サービス ウィンドウで事前に設定した会議サーバが含まれています。

[セカンダリ(Secondary)]

該当する場合に、セカンダリ会議サーバを選択します。

[ターシャリ(Tertiary)]

該当する場合に、ターシャリ会議サーバを選択します。

[サーバ証明書の確認(Server Certificate Verification)]

デフォルト:[いずれか(Any)]

このプロファイルに関連する会議サーバの TLS 接続サポート方法を指定します。 この設定は、この会議プロファイルに対してリストアップされた会議サーバの TLS 証明に使用されます。

次のオプションから選択します。
[すべての証明書(Any Certificate)]

Cisco Jabber は、有効な証明書をすべて受け入れます。

[自己署名またはキーストア(Self Signed or Keystore)]

Cisco Jabber は、証明書が自己署名されている場合、または認証局が署名した証明書がローカル信頼ストア内に存在する場合に、証明書を受け入れます。

(注)     

キーストアとは、認証キーと暗号キーを保管するファイルのことです。

[キーストアのみ(Keystore Only)]

Cisco Jabber は、キーストア内で定義された証明書のみを受け入れます。 証明書または認証局が署名した証明書を、ローカル信頼ストアにインポートする必要があります。

ディレクトリ プロファイル

[プライマリ(Primary)]

プライマリ ディレクトリ サーバを選択します。 このドロップダウン リストには、UC サービス ウィンドウで事前に設定したディレクトリ サーバが含まれています。

(注)     

ディレクトリ統合用にユーザ データ サービス(UDS)を選択した場合は、プライマリ サーバ、セカンダリ サーバ、またはターシャリ サーバを選択せずに、UDS をディレクトリ検索に使用できます。 クライアントは DNS/SRV を使用して UDS に接続します。

ヒント   

UDS の代わりに、または UDS に加えて、プライマリ、セカンダリ、あるいはターシャリ基本または拡張 LDAP UC サービスを指定できます。これは、これらを使用するクライアントが UDS をサポートしていない場合があるためです。

[セカンダリ(Secondary)]

該当する場合に、セカンダリ ディレクトリ サーバを選択します。

バックアップ ディレクトリ サーバを設定しない場合、最初のサーバで失敗すると、Cisco Jabber クライアントのディレクトリ検索を実行できません。

[ターシャリ(Tertiary)]

該当する場合に、ターシャリ ディレクトリ サーバを選択します。

バックアップ ディレクトリ サーバを設定しない場合、最初のサーバで失敗すると、Cisco Jabber クライアントのディレクトリ検索を実行できません。

[IM and Presenceプロファイル(IM and Presence Profile)]

[プライマリ(Primary)]

プライマリ IM and Presence サーバを選択します。 このドロップダウン リストには、UC サービス ウィンドウで事前に設定した IM and Presence サーバが含まれています。

(注)      IM and Presence プロファイルに、IM and Presence サーバと WebEx Presence サーバの両方を含めることはできません。

[セカンダリ(Secondary)]

該当する場合に、セカンダリ IM and Presence サーバを選択します。

[ターシャリ(Tertiary)]

該当する場合に、ターシャリ IM and Presence サーバを選択します。

CTI プロファイル

[プライマリ(Primary)]

プライマリ CTI サーバを選択します。 このドロップダウン リストには、UC サービス ウィンドウで事前に設定した CTI サーバが含まれています。

[セカンダリ(Secondary)]

該当する場合に、セカンダリ CTI サーバを選択します。

[ターシャリ(Tertiary)]

該当する場合に、ターシャリ CTI サーバを選択します。

サービス プロファイルの追加

手順
    ステップ 1   Unified CM の管理ページで、[ユーザ管理(User Management)] > [ユーザ設定(User Settings)] > [サービスプロファイル(Service Profile)] を選択します。

    [検索/一覧表示(Find and List)] ウィンドウが表示されます。

    ステップ 2   [新規追加(Add New)] を選択します。
    ステップ 3   サービス プロファイル フィールドの設定値を入力します。 サービス プロファイルの設定の概要を参照してください。
    ステップ 4   [保存(Save)] を選択します。

    「追加に成功(Add Successful)」メッセージが表示され、サービス プロファイルが Cisco Unified CM データベースに作成されます。