Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド リリース 9.1(1)
エンド ユーザ電話機の追加
エンド ユーザ電話機の追加
発行日;2013/05/13   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

エンド ユーザ電話機の追加

この章では、[エンドユーザ、電話、DN、およびLAの設定(End User, Phone, DN, and LA Configuration)] ウィンドウでのエンド ユーザの追加と設定に関する情報を提供します。

エンド ユーザ電話機とデバイスの追加の概要

Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[ユーザ管理(User Management)] > [ユーザ/電話の追加(User/Phone Add)] メニュー パスを使用して、エンド ユーザ、電話機、およびライン アピアランスを一度の追加で設定します。

Cisco Unified Communications Manager の管理ページの [エンドユーザ、電話、DN、およびLAの設定(End User, Phone, DN, and LA Configuration)] ウィンドウという 1 つのウィンドウを使用するだけで、新しいユーザを追加してそのユーザを新しい電話機に割り当てるために必要な基本操作を行うことができます。 新しいエンド ユーザを追加して、そのエンド ユーザを新しい電話機に関連付けるときに、新しい電話機に新しい電話番号(DN)およびライン アピアランス(LA)情報を設定することもできます。

[エンドユーザ、電話、DN、およびLAの設定(End User, Phone, DN, and LA Configuration)] ウィンドウでは、次のタイプのレコードが追加されます。既存のエンド ユーザ、電話機、および電話番号の入力はできません。

  • エンド ユーザ
  • 電話機
  • 電話番号
  • デバイス プロファイル
  • ボイスメール プロファイル

(注)  


LDAP サーバとの同期が使用可能でない場合に限り、エンド ユーザ情報を変更できます。 LDAP サーバとの同期が使用可能であるかどうかを調べるには、[システム(System)] > [LDAP] > [LDAPシステム(LDAP System)] メニュー オプションを選択します。 表示される [LDAPシステム(LDAP System)] ウィンドウで、[LDAPサーバからの同期を有効にする(Enable Synchronizing from LDAP Server)] チェックボックスがオフになっていることを確認します。 同期が使用可能な場合は、[エンドユーザ、電話、DN、およびLAの設定(End User, Phone, DN, and LA Configuration)] ウィンドウへのアクセスがブロックされます。


管理者は、[エンドユーザ、電話、DN、およびLAの設定(End User, Phone, DN, and LA Configuration)] ウィンドウをカスタマイズできます。 ウィンドウ内の各フィールドの横にある次のチェックボックスを使用して、それぞれのフィールドをカスタマイズできます。

  • [デフォルト(Default)]:フィールドに値を入力し、[デフォルト(Default)] チェックボックスをオンにすると、その値がデフォルト値になります。 他のユーザは、[読み取り専用(Read Only)] チェックボックスがオンになっている場合を除いて、そのデフォルト値を編集できます。
  • [非表示(Hidden)]:[非表示(Hidden)] チェックボックスをオンにすると、フィールドが非表示になります。
  • [読み取り専用(Read Only)]:[読み取り専用(Read Only)] チェックボックスをオンにすると、フィールドが読み取り専用になります。

カスタマイズした内容を保存するには、[設定の保存(Save Settings)] ボタンをクリックします。 カスタマイズはシステムレベルで適用されるため、保存したカスタマイズは他のユーザにも表示されます。

ウィンドウ内のすべての非表示フィールドを表示するには、[非表示のフィールドの表示(Show Hidden Fields)] ボタンをクリックします。

ユーザとデバイスの設定値

次の表に、エンド ユーザとデバイスの設定値を示します。

表 1 ユーザとデバイスの設定値

フィールド

説明

[ユーザ情報(User Information)]

[ユーザID(User ID)]

エンド ユーザの識別名を入力します。 Cisco Unified Communications Manager では、ユーザ ID の作成後の変更はできません。 使用可能な特殊文字は、=、+、<、>、#、;、\、,、""、および空白です。

[パスワード(Password)]

エンド ユーザのパスワードとなる 5 文字以上の英数字または特殊文字を入力します。 使用可能な特殊文字は、=、+、<、>、#、;、\、,、""、および空白です。

[パスワードの確認(Confirm Password、半角英数字のみ)]

エンド ユーザのパスワードをもう一度入力します。

[PIN]

個人識別番号(PIN)となる 5 文字以上の英数字を入力します。

[PINの確認(Confirm PIN)]

PIN をもう一度入力します。

[姓(Last Name)]

エンド ユーザの姓を入力します。 使用可能な特殊文字は、=、+、<、>、#、;、\、,、""、および空白です。

[ミドルネーム(Middle Name)]

エンド ユーザのミドル ネームを入力します。 使用可能な特殊文字は、=、+、<、>、#、;、\、,、""、および空白です。

[名(First Name)]

エンド ユーザの名を入力します。 使用可能な特殊文字は、=、+、<、>、#、;、\、,、""、および空白です。

[デバイスの割り当て(Device Associations)]

[製品のタイプ(Product Type)]

このリスト ボックスには、このエンド ユーザとの関連付けに使用できるデバイスのタイプが表示されます。

ドロップダウン リスト ボックスから、このエンド ユーザに関連付けるデバイスのタイプを選択します。

[MACアドレス(MAC Address)]

新しいユーザに関連付ける新しいデバイスの固有の MAC アドレスを入力します。 MAC アドレスは、12 桁の 16 進数(0 ~ 9、A ~ F)から構成されます。

[DNのコーリングサーチスペース(Calling Search Space DN)]

ドロップダウン リスト ボックスから、このユーザとデバイスに関連付ける電話番号用のコーリング サーチ スペースを選択します。

[電話機のコーリングサーチスペース(Calling Search Space Phone)]

ドロップダウン リスト ボックスから、このユーザとデバイスに関連付ける電話機用のコーリング サーチ スペースを選択します。

[外線電話番号マスク(External Phone Number Mask)]

関連付けられたデバイスから発信される外部(発信)コールに対して、発信者 ID 情報をフォーマットするのに使用するマスクを指定します。

  • このマスクには、最長 24 文字までを指定できます。 有効な文字は 0 ~ 9、*、#、および X です。
  • 発信者 ID 情報に表示する数字列を入力します。関連付けられたデバイスの電話番号を表すには、X を使用します。
  • 次の例を参照してください。マスク 972813XXXX を指定する場合、外部コールを行うのに使用されるルート パターンで [外線電話番号マスクを使用(Use External Phone Number Mask)] オプションがオンになっていれば、内線番号 1234 からの外部コールは、発信者 ID が 9728131234 と表示されます。代表番号を表すために、9728135000 のようなすべて数字列のマスクを指定する場合は、その番号(9728135000)が、関連付けられた任意のデバイスからの外部コールの発信者 ID として表示されます。

[内線(Extension)]

このフィールドは、エンド ユーザのプライマリ電話番号を表します。 エンド ユーザは、電話機に複数の回線を設定できます。

新しいユーザと電話機の内線番号を入力します。 0 ~ 9、?、[、]、+、-、*、^、#、! を使用できます。

[ルートパーティション(Route Partition)]

ドロップダウン リスト ボックスから、[内線(Extension)] フィールドで指定した電話番号のパーティションを選択します。

[ボイスメールプロファイル(Voice Mail Profile)]

ドロップダウン リスト ボックスから、電話番号のボイスメール プロファイルを選択します。 システム デフォルトを使用する場合は、[<なし>(<None>)] を選択します。

[エクステンションモビリティの有効化(Enable Extension Mobility)]

エクステンション モビリティを使用可能にする場合に、このチェックボックスをオンにします。 新しいユーザを追加した後、[ユーザ管理(User Management)] > [エンドユーザ(End User)] メニュー オプションを使用して、エクステンション モビリティ プロファイルを選択できます。

エンド ユーザと電話機の追加と関連付け

エンド ユーザと電話機を追加して、そのユーザと電話機を電話番号とデバイス プロファイルに関連付ける手順は、次のとおりです。

手順
    ステップ 1   [ユーザ管理(User Management)] > [ユーザ/電話の追加(User/Phone Add)] を選択します。

    [エンドユーザ、電話、DN、およびLAの設定(End User, Phone, DN, and LA Configuration)] ウィンドウが表示されます。

    (注)     

    LDAP 同期が有効になっている場合は、このウィンドウへのアクセスがブロックされます。

    (注)     

    次に進む前に、[エンドユーザ、電話、DN、およびLAの設定(End User, Phone, DN, and LA Configuration)] ウィンドウの右上にある [関連リンク(Related Links)] ドロップダウン リスト ボックス内のリンクを使用して、エンド ユーザまたは電話機がすでに存在するかどうかを調べることができます。

    すでに存在しているエンド ユーザを検索するには、[関連リンク(Related Links)] ドロップダウン リスト ボックスで [ユーザの検索/一覧表示に戻る(Back to Find List Users)] を選択し、[移動(Go)] をクリックします。 表示される [ユーザの検索/一覧表示(Find and List Users)] ウィンドウを使用して、追加するエンド ユーザ ID を検索します。 そのエンド ユーザ ID がすでに存在する場合は、[ユーザ/電話の追加(User/Phone Add)] メニュー オプションを使用して、そのエンド ユーザを追加することはできません。

    すでに存在している電話機を検索するには、[関連リンク(Related Links)] ドロップダウン リスト ボックスで [電話の検索/一覧表示に戻る(Back to Find List Phones)] を選択し、[移動(Go)] をクリックします。 表示される [電話の検索/一覧表示(Find and List Phones)] ウィンドウを使用して、追加する電話機を検索します。 その電話機がすでに存在する場合は、[ユーザ/電話の追加(User/Phone Add)] メニュー オプションを使用して、その電話機を追加することはできません。

    どちらの関連リンクを使用した場合でも、ステップ 1 を繰り返して、[エンドユーザ、電話、DN、およびLAの設定(End User, Phone, DN, and LA Configuration)] ウィンドウに戻ります。

    ステップ 2   適切な設定値を入力します(表 1を参照)。
    ステップ 3   エンド ユーザの設定が完了したら、[保存(Save)] をクリックして、エンド ユーザとデバイスを追加します。

    エンド ユーザが Cisco Unified Communications Manager データベース内に作成されます。