Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド リリース 9.1(1)
ミートミー番号とパターンの設定
ミートミー番号とパターンの設定
発行日;2013/05/13   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

ミートミー番号とパターンの設定

この章では、ミートミー番号とパターンの設定に関する情報を提供します。

詳細については、Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』の会議ブリッジに関するトピックを参照してください。

ミートミー番号とパターンの設定の概要

Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[コールルーティング(Call Routing)] > [ミートミー番号/パターン(Meet-Me Number/Pattern)] メニュー パスを使用して、ミートミー番号/パターンを設定します。

ミートミー会議では、電話番号の割り当てが必要です。 Cisco Unified Communications Manager の管理ページを使用してミートミー会議用電話番号の範囲を設定し、ユーザがこの機能を利用できるようにします。

ミートミー番号とパターンの設定のヒント

次の条件を満たしていることを確認してから、ミートミー番号/パターンを設定してください。

  • サーバが設定されています。
  • デバイス プールが設定されています。

ミートミー番号とパターンの設定値

次の表に、ミートミー番号とパターンの設定値を示します。

表 1 ミートミー番号とパターンの設定値

フィールド

説明

[電話番号またはパターン(Directory Number or Pattern)]

ミートミーの電話番号やパターン、または番号の範囲を入力します。

範囲を設定するには、角カッコ内にダッシュとそれに続く数値を入力する必要があります。たとえば、範囲 1000 ~ 1050 を設定するには、10[0-5]0 と入力します。

[説明(Description)]

説明には、任意の言語で最大 50 文字を指定できますが、二重引用符(")、パーセント記号(%)、アンパサンド(&)、または山カッコ(<>)は使用できません。

[パーティション(Partition)]

パーティションを使用してミートミー番号/パターンへのアクセスを制限する場合は、ドロップダウン リスト ボックスから適切なパーティションを選択します。

ミートミー番号/パターンへのアクセスを制限しない場合は、パーティションに [<なし>(<None>)] を選択します。 詳細については、パーティションの設定を参照してください。

Max List Box Items エンタープライズ パラメータを使用すると、このドロップダウン リスト ボックスに表示されるパーティションの数を設定できます。 Max List Box Items エンタープライズ パラメータの指定よりも多くのパーティションが存在する場合は、このドロップダウン リスト ボックスの横に [検索(Find)] ボタンが表示されます。 [検索(Find)] ボタンをクリックして、[パーティションの検索/一覧表示(Find and List Partitions)] ウィンドウを表示します。 パーティションの検索の手順に従って、パーティション名を検索し、選択します。

(注)     

リスト ボックス項目の最大数を設定するには、[システム(System)] > [エンタープライズパラメータ(Enterprise Parameters)] の順に選択し、[CCMAdmin Parameters] の下の [Max List Box Items] フィールドを更新します。

(注)     

ミートミー番号/パターンおよびパーティションの組み合わせが、Cisco Unified Communications Manager クラスタ内で固有であることを確認してください。

[最小セキュリティレベル(Minimum Security Level)]

このミートミー会議番号またはパターンの最小ミートミー会議セキュリティ レベルを、ドロップダウン リスト ボックスから選択します。

  • [認証のみ(Authenticated)]:非セキュアな電話機を使用した参加者が会議に参加することをブロックします。
  • [暗号化(Encrypted)]:認証済みまたは非セキュアな電話機を使用した参加者が会議に参加することをブロックします。
  • [非セキュア(Non Secure)]:すべての参加者が会議に参加できます。
(注)     

この機能を呼び出すには、セキュアな会議ブリッジが設定済みで使用可能になっている必要があります。 詳細については、『Cisco Unified Communications Manager セキュリティ ガイド』を参照してください。