Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド リリース 9.1(1)
電話番号の設定
電話番号の設定
発行日;2013/05/13   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

電話番号の設定

この章では、Cisco Unified Communications Manager の管理ページの電話番号(DN)の操作と設定に関する情報を提供します。

詳細については、Cisco Unified Communications Manager Administration システム ガイド』の電話番号、Cisco Unified IP Phone、および電話機の機能に関するトピックと、Cisco Unity の接続設定に関するトピックを参照してください。

また、『User Moves, Adds, and Changes Guide for Cisco Unity Connection』、およびCisco Unified Communications Manager Administration 機能およびサービス ガイド』のプレゼンスに関するトピックにも詳細が記載されています。

電話番号の設定の概要

Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[コールルーティング(Call Routing)] > [電話番号(Directory Number)] メニュー パスを使用して、電話番号(DN)を設定します。

Cisco Unified Communications Manager の管理ページを使用して、特定の電話機に割り当てる電話番号(DN)を設定および変更します。 [電話番号の設定(Directory Number Configuration)] ウィンドウを使用して、次の作業を実行します。

  • 電話番号の追加または削除。
  • URI の電話番号への割り当て。
  • 自動転送、コール ピックアップ、コール待機、および Multilevel Precedence and Preemption(MLPP)オプションの設定。
  • 回線からコールが行われるときに着信側電話機に表示されるテキストの指定。
  • 呼び出し音の設定。
  • Cisco Unity Connectionのボイスメールボックスの設定。

共有回線には常に同一の DN 設定が割り当てられます。ただし、[電話番号の設定(Directory Number Configuration)] ウィンドウにある、「デバイスSEPXXXXXXXXXXXXの」という命名規則を含むフィールド セクションは除きます。このようなセクションは、特定のデバイスに対して保持または割り当てられます。 デバイスに共有回線を追加した場合は、コーリング サーチ スペース、自動転送、コール ピックアップなどの共有 DN 設定が表示されます。 これらの DN 設定を変更した場合、新しい設定はすべての共有回線に適用されます。

URI の電話番号への割り当て

[電話番号の設定(Directory Number Configuration )] ウィンドウを使用して、ディレクトリ URI を電話番号に関連付けます。 これにより Cisco Unified Communications Manager で電話番号とディレクトリ URI のいずれかを使用したダイヤルをサポートできるようになります。 各ディレクトリ URI アドレスは、パーティション内の単一の電話番号に解決される必要があります。

電話番号の設定のヒント

電話番号の設定値を設定するには、[コールルーティング(Call Routing)] > [電話番号(Directory Number)] を選択します。これらの設定値は、[コールルーティング(Call Routing)] > [電話(Phone)] で電話機を追加するか、または [デバイス(Device)] > [CTIルートポイント(CTI Route Point)] で CTI ルート ポイントを追加した後で設定できます。

[デバイス(Device)] > [電話(Phone)] または [デバイス(Device)] > [CTIルートポイント(CTI Route Point)] で電話番号を設定する場合は、電話機モデルまたは CTI ルート ポイントに適用される設定値だけが表示されることに注意してください。 [コールルーティング(Call Routing)] > [電話番号(Directory Number)] で電話番号を設定する場合、一度にすべての電話番号の設定が表示されるとは限りません。たとえば、電話番号を設定してから [保存(Save)] をクリックすると、さらに設定値が表示されることがあります。


(注)  


[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウには、電話番号を追加するための代替方法が表示されます。 [デバイス(Device)] > [電話(Phone)] メニュー オプションを使用し、新しい電話機を作成するか、または既存の電話機を検索します。 新しい電話機を作成するか、または既存の電話機を表示したら、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウの左側の [割り当て情報(Association Information)] 領域で、[回線 [1] - 新規DNを追加(Line [1] - Add a new DN)] リンクまたは [回線 [2] - 新規DNを追加(Line [2] - Add a new DN)] リンクをクリックします。

また、[デバイス(Device)] > [CTIルートポイント(CTI Route Point)] で CTI ルート ポイントを設定して、電話番号を CTI ルート ポイントに追加することもできます。


電話番号を追加すると同時に、自動転送、コール ピックアップ、および MLPP の各電話機能を設定できます。


ヒント


電話番号にパターン(たとえば 352XX など)を割り当てることができます。 電話番号にパターンを割り当てる場合は、ユーザが混乱しないように、電話番号設定フィールド([回線のテキストラベル(Line Text Label)]、[表示(Display、内線発信者ID)]、および [外線電話番号マスク(External Phone Number Mask)])にテキストや数字を追加します (これらのフィールドが特定の電話番号について表示されるのは、電話番号を追加し、さらに、その電話番号を電話機に関連付けた場合だけです)。

たとえば、回線のテキスト ラベルと内線発信者 ID にはユーザの名前を追加し、外線番号マスクには外部の回線番号を追加します。このようにすれば、発信情報が表示されるときに、「352XX」ではなく「John Chan」と表示されます。



ヒント


2 回線で足りない場合は、電話機タイプ(たとえば Cisco IP Phone 7960 など)に対応する電話ボタン テンプレートを変更することによって、回線を増やすことができます。 ただし、2 回線までしかサポートしていない電話機タイプ(Cisco IP Phone 7902 など)もあります。



(注)  


デバイスは、速やかに再起動してください。 この再起動プロセス中に、ゲートウェイ上のコールがシステムによって終了される場合があります。


電話番号の設定値

次の表に、[電話番号の設定(Directory Number Configuration)] ウィンドウで利用可能なフィールドを示します。

表 1 電話番号の設定値

フィールド

説明

[電話番号情報(Directory Number Information)]

[電話番号(Directory Number)]

ダイヤル可能な電話番号を入力します。 この値には、ルート パターンのワイルドカードと数字(0 ~ 9)を指定できます。 また、特殊文字として、疑問符(?)、感嘆符(!)、バックスラッシュ(\)、角カッコ([ ])、プラス記号(+)、ダッシュ(-)、アスタリスク(*)、キャレット(^)、シャープ記号(#)、および X なども指定できます。 ただし、特殊文字のうち、ピリオド(.)、アット マーク(@)、ドル記号($)、およびパーセント記号(%)は指定できません。

国際的なエスケープ文字 + を使用する場合は、パターンの先頭に \+ を入力します。 このフィールドでは、\+ はワイルドカードではなく、ダイヤル可能な数字を表します。

(注)     

電話番号としてパターンが使用されている場合、電話機の表示、およびダイヤルされた電話機への発信者 ID の表示には、数字以外の文字が含まれます。 このような表示を避けるために、[表示(Display、内線発信者ID)]、[回線のテキストラベル(Line Text Label)]、および [外線電話番号マスク(External Phone Number Mask)] に値を入力することをお勧めします。

入力した電話番号は複数のパーティションに現れる可能性があります。

[コールルーティング(Call Routing)] > [電話番号(Directory Number)] でこのフィールドを設定する場合、範囲(つまり、最初のフィールドに電話番号の先頭、2 番目のフィールドに電話番号の末尾)を入力して、電話番号をまとめて入力または挿入できます。この方法を使用すると、一度に最大 500 個の電話番号を作成できます。

[ルートパーティション(Route Partition)]

この電話番号が属するパーティションを選択します。 [電話番号(Directory Number)] フィールドに入力する電話番号が、選択したパーティション内で固有のものであることを確認してください。 電話番号へのアクセスを制限しない場合は、パーティションに [<なし>(<None>)] を選択します。

Max List Box Items エンタープライズ パラメータを使用すると、このドロップダウン リスト ボックスに表示されるパーティションの数を設定できます。 Max List Box Items エンタープライズ パラメータの指定よりも多くのパーティションが存在する場合は、このドロップダウン リスト ボックスの横に [検索(Find)] ボタンが表示されます。 [検索(Find)] ボタンをクリックすると、[パーティションの検索/一覧表示(Find and List Partitions)] ウィンドウが表示されるので、パーティション名を検索して選択します。

(注)     

リスト ボックス項目の最大数を設定するには、[システム(System)] > [エンタープライズパラメータ(Enterprise Parameters)] の順に選択し、[CCMAdmin Parameters] を選択します。

[説明(Description)]

電話番号およびルート パーティションの説明を入力します。 説明には、任意の言語で最大 50 文字を指定できますが、二重引用符(")、パーセント記号(%)、アンパサンド(&)、または山カッコ(<>)は使用できません。

[呼び出し表示(Alerting Name)]

呼び出し先の電話が鳴ったときに発信者の電話に表示する名前を入力します。

この設定は QSIG プロトコルの識別サービスをサポートしていて、共有電話番号および非共有電話番号に適用されます。 着側 PINX で電話機の呼び出し音が鳴ったときに、共有回線アピアランスを持つ電話番号に呼び出し表示を設定した場合、次の作業が実行されます。

  • 着信側の呼び出し表示を発信者に転送するように設定されている場合は、そのとおりに転送されます。
  • トランスレーション パターンに設定されている Connected Name Restrictions(CONR)を適用します(制限が存在する場合)。

コールおよび設定の状態に応じて、呼び出し表示、電話番号、または表示(内線発信者 ID)設定が次のように電話に表示されます。

  • アラート状態:[電話番号(Directory Number)] ウィンドウに設定されたとおりに呼び出し表示が表示されます。
  • 接続状態:[表示(Display、内線発信者ID)] フィールドおよび [呼び出し表示(Alerting Name)] フィールドを設定すると、表示(内線発信者 ID)名が表示されます。
  • 接続状態:[呼び出し表示(Alerting Name)] フィールドは設定したものの、[表示(Display、内線発信者ID)] フィールドは設定しなかった場合は、電話番号が表示されます。

Always Display Original Dialed Number を [True] に設定した場合は、コール時に最初にダイヤルされた番号および呼び出し表示が表示されます。

元の着信番号または変換後の着信番号の呼び出し表示を、Name Display for Original Dialed Number When Translated の Cisco CallManager サービス パラメータを使用して表示するかどうかを選択できます。 デフォルトの設定では、変換前の元の着信番号の呼び出し表示が表示されます。

(注)     

[呼び出し表示(Alerting Name)] と [ASCII呼び出し表示(ASCII Alerting Name)] では、「Voicemail」という単語を使用しないでください。 「Voicemail」という単語を使用すると、Cisco Unity Connection で、コールが転送コールではなく直接コールとして処理される可能性があります。

[ASCII呼び出し表示(ASCII Alerting Name)]

このフィールドには、[呼び出し表示(Alerting Name)] フィールドと同じ情報が表示されますが、入力を ASCII 文字に制限する必要があります。 Unicode(国際化)文字をサポートしないデバイスでは、[ASCII呼び出し表示(ASCII Alerting Name)] フィールドの内容が表示されます。

(注)     

[呼び出し表示(Alerting Name)] と [ASCII呼び出し表示(ASCII Alerting Name)] では、「Voicemail」という単語を使用しないでください。 「Voicemail」という単語を使用すると、Cisco Unity Connection で、コールが転送コールではなく直接コールとして処理される可能性があります。

[アクティブ(Active)]

[電話番号の設定(Directory Number Configuration)] ウィンドウにこのチェックボックスを表示するには、[ルートプランレポート(Route Plan Report)] ウィンドウから、割り当てられていない電話番号にアクセスします。 このチェックボックスをオンにすると、この DN へのコールを自動転送できます(自動転送が設定されている場合)。 チェックボックスがオフの場合、Cisco Unified Communications Manager は DN を無視します。

[CTIからのデバイスの制御を許可(Allow Control of Device from CTI)]

このチェックボックスをオンにすると、CTI から、この電話番号が関連付けられたデバイスの回線を制御および監視できます。

電話番号が共有回線を指定している場合、関連付けられたデバイスの少なくとも 1 つが、CTI でサポートされるデバイス タイプおよびプロトコルの組み合わせを指定しているときは、チェックボックスがオンになっていることを確認します。

[回線グループ(Line Group)]

このドロップダウン リスト ボックスから、この DN を関連付ける回線グループを選択します。

回線グループの回線グループ情報を編集または表示するには、ドロップダウン リスト ボックスから回線グループを選択し、[回線グループの編集(Edit Line Group)] ボタンをクリックします。

(注)     

DN を回線グループの一部として設定した場合、その DN を CTI ポートまたは CTI ルート ポイントに関連付けることはできません。 逆に、CTI ポートまたは CTI ルート ポイントを設定した場合、すでに回線グループまたはハント リストに属している DN は指定できません。 さらに、DN が回線グループまたはハント リストのメンバーである場合、その DN を使用するデバイス(CTI ポート、CTI ルート ポイント、SCCP を実行している電話機、または SIP を実行している電話機)は、CTI ユーザに関連付けないでください。

[デバイスの関連付け(Associated Devices)]

この DN をデバイスに関連付けると、この DN が関連付けられたデバイスがこのペインに表示されます。

この DN が関連付けられたデバイスを編集するには、[デバイスの関連付け(Associated Devices)] ペインでデバイス名を選択し、[デバイスの編集(Edit Device)] ボタンをクリックします。 選択したデバイスの [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウまたは [デバイスプロファイルの設定(Device Profile Configuration)] ウィンドウが表示されます。

この DN に対して定義されたライン アピアランスを編集するには、[デバイスの関連付け(Associated Devices)] ペインでデバイス名を選択し、[ラインアピアランスの編集(Edit Line Appearance)] ボタンをクリックします。 [電話番号の設定(Directory Number Configuration)] ウィンドウまたは [デバイスプロファイルの設定(Device Profile Configuration)] ウィンドウが更新され、選択したデバイスについて、この DN のライン アピアランスが表示されます。

[デバイスの関連付け解除(Dissociate Devices)] ペインのデバイス リストからこの DN にデバイスを関連付けるには、[デバイスの関連付け解除(Dissociate Devices)] ペインでデバイスを選択し、[デバイスの関連付け(Associated Devices)] ペインに追加します。追加するには、この 2 つのペイン間にある上矢印をクリックします。

[デバイスの関連付け解除(Dissociate Devices)]

DN とデバイスの関連付けを解除する場合、この DN の関連付けを解除するデバイスがこのペインに表示されます。

[デバイスの関連付け(Associated Devices)] ペインでデバイスを選択し、[デバイスの関連付け解除(Dissociate Devices)] ペインに追加します。追加するには、この 2 つのペイン間にある下矢印をクリックします。

[電話番号の設定(Directory Number Settings)]

[ボイスメールプロファイル(Voice Mail Profile)]

[ボイスメールプロファイルの設定(Voice Mail Profile Configuration)] に定義されているボイスメール プロファイルのリストから選択します。

最初のオプションは、[<なし>(<None>)] で、[ボイスメールプロファイルの設定(Voice Mail Profile Configuration)] で設定された現在のデフォルト ボイスメール プロファイルを表しています。

[コーリングサーチスペース(Calling Search Space)]

ドロップダウン リスト ボックスから、適切なコーリング サーチ スペースを選択します。 コーリング サーチ スペースは、この電話番号からコールが行われる番号を検索するパーティションの集合から構成されています。 選択した値は、この電話番号を使用するすべてのデバイスに適用されます。

このフィールドに変更を加えると、[コールピックアップグループ(Call Pickup Group)] フィールドにリストされている番号が更新されます。

コーリング サーチ スペースは、不在転送、話中転送、無応答時転送、カバレッジなし時転送、および CTI 障害時転送の電話番号に対して設定できます。 選択した値は、この電話番号を使用するすべてのデバイスに適用されます。

不在転送を正しく動作させるには、不在転送のプライマリ コーリング サーチ スペースまたは不在転送のセカンダリ コーリング サーチ スペースの一方または両方を設定する必要があります。 システムは、これらの連結フィールド(プライマリ CFA CSS + セカンダリ CFA CSS)を使用して CFA の宛先を確認し、コールをその CFA の宛先に転送します。

(注)     

システムでパーティションとコーリング サーチ スペースが使用されている場合は、その他の自動転送コーリング サーチ スペースも設定することを推奨します。 自動転送の宛先にコールが転送またはリダイレクトされるときに、設定された自動転送コーリング サーチ スペースがコールの転送に使用されます。 自動転送のコーリング サーチ スペースが [なし(None)] の場合、システムでパーティションとコーリング サーチ スペースが使用されているときは、自動転送動作が失敗することがあります。 たとえば、話中転送の転送先を設定した場合は、話中転送のコーリング サーチ スペースも設定する必要があります。 話中転送のコーリング サーチ スペースが設定されていない場合、話中転送の転送先がパーティション内にあると、自動転送動作が失敗することがあります。

電話機の [不在] ソフトキーを使用してコールを転送する場合は、回線 CSS とデバイス CSS の自動組み合わせが使用されません。 設定されたプライマリ CFA CSS とセカンダリ CFA CSS のみが使用されます。 これらのフィールドの両方が [なし(None)] の場合は、この組み合わせが 2 つのヌル パーティションとなり、処理が失敗する可能性があります。

ユーザが電話機からコールを転送できないようにするには、[不在転送コーリングサーチスペース(Forward All Calling Search Space)] フィールドで制限付きコーリング サーチ スペースを選択する必要があります。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』のパーティションとコーリング サーチ スペースに関連するトピックを参照してください。

[プレゼンスグループ(Presence Group)]

このフィールドには、プレゼンス機能を設定します。

ドロップダウン リスト ボックスから、この電話番号のプレゼンス グループを選択します。 選択されたグループでは、この電話番号を監視できるデバイス、エンド ユーザ、およびアプリケーション ユーザが指定されます。

[プレゼンスグループ(Presence Group)] のデフォルト値は、インストール時に設定された標準のプレゼンス グループです。 Cisco Unified Communications Manager の管理ページで設定されるプレゼンス グループも、ドロップダウン リスト ボックスに表示されます。

プレゼンス認証は、プレゼンス グループと連携して、グループ間のプレゼンス要求を許可またはブロックします。 グループ間の権限の設定の詳細については、『Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』のプレゼンスに関するトピックを参照してください。

[ユーザ保留MOH音源(User Hold MOH Audio Source)]

ユーザが保留操作を開始したときに再生されるオーディオ ソースを選択します。

[ネットワーク保留MOH音源(Network Hold MOH Audio Source)]

ネットワークが保留操作を開始したときに再生されるオーディオ ソースを選択します。

[自動応答(Auto Answer)]

次のいずれかのオプションを選択して、この電話番号の自動応答機能をアクティブにします。

  • [自動応答オフ(Auto Answer Off)](デフォルト)
  • [ヘッドセットで自動応答(Auto Answer with Headset)]
  • [スピーカフォンで自動応答(Auto Answer with Speakerphone)]
(注)     

[ヘッドセットで自動応答(Auto Answer with Headset)] または [スピーカフォンで自動応答(Auto Answer with Speakerphone)] を選択する場合、ヘッドセットまたはスピーカフォンが使用不可になっていないことを確認してください。

(注)     

共有回線を持つデバイスに自動応答を設定しないでください。

[ディレクトリURI(Directory URIs)]

[ディレクトリURI(Directory URIs)]

このセクションのフィールドに入力すると、ディレクトリ URI を電話番号に関連付け、ディレクトリ番号ではなくディレクトリ URI を使用して、ユーザがコールを発信したり、発信者を識別したりできます。 ユーザは、最大で 5 つの異なるディレクトリ URI を 1 つの電話番号に関連付けることができますが、プライマリ URI を 1 つ選択する必要があります。

ディレクトリ URI を電話番号に関連付けるには、[URI] テキストボックスにディレクトリ URI を入力して、その URI を保存するパーティションを選択し、[保存(Save)] をクリックします。

[ディレクトリURI(Directory URIs)] セクションには、次のフィールドとボタンが表示されます。

  • [プライマリ(Primary)]:複数のディレクトリ URI が 1 つの電話番号に関連付けられている場合、このラジオ ボタンでプライマリ ディレクトリ URI を選択します。
  • [URI]:このテキストボックスにディレクトリ URI アドレスを入力します。 有効なディレクトリ URI の形式については、「ディレクトリ URI の形式」を参照してください。
  • [パーティション(Partition)]:ドロップダウン メニューから、ディレクトリ URI が属するパーティションを選択します。 入力したディレクトリ URI が選択したパーティション内で一意であることを確認してください。 URI へのアクセスを制限しない場合は、パーティションに [<なし>(<None>)] を選択します。
  • [削除(Remove)] —[(–)] ボタンをクリックすると、このディレクトリ URI が電話番号設定から削除されます。 ディレクトリ URI が削除されたら、[保存(Save)] をクリックします。
  • [行の追加(Add Row)]:複数のディレクトリ URI を電話番号に関連付けるときに、このボタンをクリックして追加のディレクトリ URI を入力可能な新しい行を追加します。

ディレクトリ URI の有効な形式については、『Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド』の「クラスタ間ディレクトリ URI」の章で「ディレクトリ URI の形式」を参照してください。

[AAR設定(AAR Settings)]

[AAR]([ボイスメール(Voice Mail)]、[AAR接続先マスク(AAR Destination Mask)]、[AARグループ(AAR Group)])

この一連のフィールド内の設定値は、帯域幅不足により宛先に到達できない場合のコールの処理を指定します。 自動代替ルーティング(AAR)は、AAR 接続先マスクまたはボイスメールにルーティングされるコールを処理します。

次の値のいずれかを設定します。

  • [ボイスメール(Voice Mail)]:[ボイスメールプロファイルの設定(Voice Mail Profile Configuration)] ウィンドウ内の設定値を使用する場合は、このチェックボックスをオンにします。 このチェックボックスをオンにすると、Cisco Unified Communications Manager は、[カバレッジ(Coverage)] または [接続先(Destination)] ボックスと [コーリングサーチスペース(Calling Search Space)] の設定値を無視します。
  • [AAR接続先マスク(AAR Destination Mask)]:ダイヤルされる AAR 接続先を指定するには、外部電話番号マスクの代わりにこの設定値を使用します。
  • [AARグループ(AAR Group)]:この設定値は、帯域幅不足のためにコールがブロックされないように、コールをルーティングするためのプレフィックス番号を指定します。 AAR グループ設定を [なし(None)] にすると、ブロックされたコールの再ルーティングは行われません。

[この接続先を不在転送履歴に保持する(Retain this destination in the call forwarding history)]

この設定は、コールの AAR レッグを不在転送履歴に記録するかどうかを決定します。 チェックボックスをオフにすると、コールの AAR レッグは不在転送履歴に記録されません。 チェックボックスをオンにすると、コールの AAR レッグは不在転送履歴に記録されます。

デフォルトでは、電話番号設定により、コールの AAR レッグは不在転送履歴に保持されます。そのため、ボイスメッセージ システムへの AAR 転送が行われると、ユーザはボイスメッセージを残すように要求されます。

[コール転送とコールピックアップの設定(Call Forward and Call Pickup Settings)]

[コーリングサーチスペースのアクティベーションポリシー(Calling Search Space Activation Policy)]

このオプションには、3 つの値があります。

  • [システムデフォルトの使用(Use System Default)]
  • [設定済みCSSを使用(With Configured CSS)]
  • [デバイス/回線CSSのアクティブ化を使用(With Activating Device/Line CSS)]

[設定済みCSSを使用(With Configured CSS)] オプションを選択した場合、[電話番号の設定(Directory Number Configuration)] ウィンドウで明示的に設定された不在転送コーリング サーチ スペースにより、不在転送のアクティブ化と自動転送が制御されます。 不在転送コーリング サーチ スペースが [なし(None)] に設定されている場合、CSS は不在転送のために設定されません。 パーティションが設定された任意の電話番号への不在転送をアクティブにすることはできません。 不在転送がアクティブになっているとき、不在転送コーリング サーチ スペースと不在転送のセカンダリ コーリング サーチ スペースは変更されません。

不在転送コーリング サーチ スペースを明示的に設定せずに、電話番号のコーリング サーチ スペースとデバイスのコーリング サーチ スペースを組み合わせて利用する場合、[コーリングサーチスペースのアクティベーションポリシー(Calling Search Space Activation Policy)] で [デバイス/回線CSSのアクティブ化を使用(With Activating Device/Line CSS)] を選択します。 このオプションを使用すると、不在転送が電話機からアクティブにされている場合、不在転送コーリング サーチ スペースと不在転送のセカンダリ コーリング サーチ スペースは、電話番号のコーリング サーチ スペースとアクティブになっているデバイスのコーリング サーチ スペースで自動的に実装されます。

この設定([コーリングサーチスペースのアクティベーションポリシー(Calling Search Space Activation Policy)] を [デバイス/回線CSSのアクティブ化を使用(With Activating Device/Line CSS)] に設定)で、不在転送コーリング サーチ スペースが [なし(None)] に設定されている場合に、電話機から不在転送をアクティブ化すると、電話番号のコーリング サーチ スペースとアクティブ化デバイスのコーリング サーチ スペースの組み合わせを使用して、不在転送の試行の確認が行われます。

[コーリングサーチスペースのアクティベーションポリシー(Calling Search Space Activation Policy)] を [システムデフォルトの使用(Use System Default)] に設定した場合は、クラスタ全体のサービス パラメータである CFA CSS Activation Policy によって、使用される不在転送のコーリング サーチ スペースが決まります。 CFA CSS Activation Policy サービス パラメータが [設定済みCSSを使用(With Configured CSS)] に設定されている場合は、不在転送のコーリング サーチ スペースと不在転送のセカンダリ コーリング サーチ スペースが不在転送に使用されます。 CFA CSS Activation Policy サービス パラメータが [デバイス/回線CSSのアクティブ化を使用(With Activating Device/Line CSS)] に設定されている場合は、電話番号のコーリング サーチ スペースとアクティブ化デバイスのデバイス コーリング サーチ スペースが、自動的に不在転送のコーリング サーチ スペースと、不在転送のセカンダリ コーリング サーチ スペースに読み込まれます。

CFA CSS Activation Policy サービス パラメータ:

不在転送が意図したとおりに動作するよう、[サービスパラメータ設定(Service Parameter Configuration)] ウィンドウの [Clusterwide Parameters (Feature - Forward)] セクションに表示される CFA CSS Activation Policy サービス パラメータが正しく設定されていることを確認してください。 このパラメータには、2 つの値があります。

  • [設定済みCSSを使用(With Configured CSS)](デフォルト)
  • [デバイス/回線CSSのアクティブ化を使用(With Activating Device/Line CSS)]

[コーリングサーチスペースのアクティベーションポリシー(Calling Search Space Activation Policy)] を [システムデフォルトの使用(Use System Default)] に設定した場合は、CFA CSS Activation Policy サービス パラメータの値を使用して、不在転送 CSS が決定されます。

[設定済みCSSを使用(With Configured CSS)] オプションが選択されている場合は、不在転送のプライマリおよびセカンダリ コーリング サーチ スペースが使用されます。 [デバイス/回線CSSのアクティブ化を使用(With Activating Device/Line CSS)] オプションが選択されている場合は、プライマリ回線のコーリング サーチ スペースとアクティブ化デバイスのコーリング サーチ スペースで、不在転送のプライマリおよびセカンダリ コーリング サーチ スペースが更新されます。

デフォルトでは、CFA CSS Activation Policy サービス パラメータは [設定済みCSSを使用(With Configured CSS)] に設定されています。

ローミング:

デバイスが同一のデバイス モビリティ グループ内をローミングしているとき、Cisco Unified Communications Manager ではローカル ゲートウェイへの到達にデバイス モビリティ CSS を使用します。 ユーザが電話機で不在転送(CFA)を設定した場合、CFA CSS が「なし」に設定され、CFA CSS アクティベーション ポリシーが [デバイス/回線CSSのアクティブ化を使用(With Activating Device/Line CSS)] に設定されているときは、次のようになります。

  • デバイスがそのホーム ロケーションにある場合、デバイス CSS と回線 CSS は CFA CSS として使用されます。
  • デバイスが同じデバイス モビリティ グループ内をローミング中の場合、ローミング用デバイス プールのデバイス モビリティ CSS と、回線 CSS は、CFA CSS として使用されます。
  • デバイスが異なるデバイス モビリティ グループ内をローミング中の場合、デバイス CSS と回線 CSS は CFA CSS として使用されます。

[不在転送(Forward All)]

このフィールドの行の設定値は、電話番号がコールをすべて自動転送するように設定されている場合の、この電話番号へのコールの自動転送処理を指定します。 ユーザが電話機から [不在転送(Forward All)] をアクティブにすると、入力された [不在転送(Forward All)] の転送先を検証するために、[コーリングサーチスペース(Calling Search Space)] フィールドが使用されます。 このフィールドは、コールを [不在転送(Forward All)] の転送先にリダイレクトするときにも使用されます。

次の値のいずれかを指定します。

  • [ボイスメール(Voice Mail)]:[ボイスメールプロファイルの設定(Voice Mail Profile Configuration)] ウィンドウ内の設定値を使用する場合は、このチェックボックスをオンにします。
(注)     

このチェックボックスをオンにすると、Cisco Unified Communications Manager は、[接続先(Destination)] ボックスと [コーリングサーチスペース(Calling Search Space)] の設定値を無視します。

  • [接続先(Destination)]:この設定値は、すべてのコールの自動転送先となる電話番号を示します。 外部の電話番号を含め、ダイヤル可能な任意の電話番号を使用します。
  • [コーリングサーチスペース(Calling Search Space)]:この設定値は、この電話番号を使用しているデバイスすべてに適用されます。

[不在転送のセカンダリコーリングサーチスペース(Secondary Calling Search Space for Forward All)]

自動転送は回線ベースの機能であるため、デバイスのコーリング サーチ スペースが不明の場合、システムはコールを転送するときに、回線のコーリング サーチ スペースだけを使用します。 回線のコーリング サーチ スペースが制限的またはルーティング不能な場合、自動転送の試行が失敗します。

不在転送のセカンダリ コーリング サーチ スペースを追加すると、転送のためのソリューションとなります。 不在転送のプライマリ コーリング サーチ スペースと不在転送のセカンダリ コーリング サーチ スペースは連結されます(プライマリ CFA CSS + セカンダリ CFA CSS)。 Cisco Unified Communications Manager では、CFA 接続先の確認とコールの転送にこの組み合わせが使用されます。

プライマリ CFA CSS とセカンダリ CFA CSS の組み合わせの動作については、フィールドの説明とコーリング サーチ スペースに関するトピックを参照してください。

[話中転送(Forward Busy Internal、内部)]

このフィールドの行の設定値は、電話番号がビジー状態の場合の、この電話番号への内部コールの自動転送処理を指定します。 回線がビジー状態の場合の情報については、[ビジートリガー(Busy Trigger)] フィールドの説明を参照してください。 コールを自動転送先にリダイレクトするときは、自動転送先と [コーリングサーチスペース(Calling Search Space)] フィールドが使用されます。

次の値のいずれかを指定します。

  • [ボイスメール(Voice Mail)]:内部コールで [ボイスメール プロファイルの設定(Voice Mail Profile Configuration)] ウィンドウ内の設定値を使用する場合は、このチェックボックスをオンにします。
(注)     

このチェックボックスがオンの場合は、ボイスメール パイロットのコーリング サーチ スペースが使用されます。 Cisco Unified Communications Manager は、[接続先(Destination)] ボックスと [コーリングサーチスペース(Calling Search Space)] の設定値を無視します。

(注)     

内部コールでこのチェックボックスをオンにすると、外部コールの [ボイスメール(Voice Mail)] チェックボックスが自動的にオンになります。 外部コールをボイスメッセージ システムに自動転送しない場合、外部コールの [ボイスメール(Voice Mail)] チェックボックスをオフにする必要があります。

  • [接続先(Destination)]:この設定値は、内部コールの話中転送の転送先となる電話番号を示します。 外部の電話番号を含め、ダイヤル可能な任意の電話番号を使用します。
(注)     

内部コールの宛先の値を入力すると、外部コールの [接続先(Destination)] フィールドにこの値が自動的にコピーされます。 外部コールを別の宛先に自動転送する場合は、外部コールの [接続先(Destination)] フィールドに別の値を入力する必要があります。

  • [コーリングサーチスペース(Calling Search Space)]:話中転送(内部)のコーリング サーチ スペースは、コールが [話中転送(Forward Busy Internal、内部)] の転送先に転送されるときに使用されます。 この設定値は、この電話番号を使用しているデバイスすべてに適用されます。
(注)     

システムでパーティションとコーリング サーチ スペースが使用されている場合は、自動転送のコーリング サーチ スペースも設定することをお勧めします。 自動転送の宛先にコールが転送またはリダイレクトされるときに、設定された自動転送コーリング サーチ スペースがコールの転送に使用されます。 自動転送のコーリング サーチ スペースが [なし(None)] の場合、システムでパーティションとコーリング サーチ スペースが使用されているときは、自動転送動作が失敗することがあります。 たとえば、話中転送の転送先を設定した場合は、話中転送のコーリング サーチ スペースも設定する必要があります。 話中転送のコーリング サーチ スペースが設定されていない場合、話中転送の転送先がパーティション内にあると、自動転送動作が失敗することがあります。

(注)     

内部コールの CSS を選択すると、外部コールの CSS 設定にこの値が自動的にコピーされます。 別のコーリング サーチ スペースに外部コールを自動転送する場合は、[コーリングサーチスペース(Calling Search Space)] ドロップダウン リスト ボックスで別の設定値を選択する必要があります。

[話中転送(Forward Busy External、外部)]

このフィールドの行の設定値は、電話番号がビジー状態の場合の、この電話番号への外部コールの自動転送処理を指定します。 回線がビジー状態の場合の情報については、[ビジートリガー(Busy Trigger)] フィールドの説明を参照してください。 コールを自動転送先にリダイレクトするときは、自動転送先と [コーリングサーチスペース(Calling Search Space)] フィールドが使用されます。

次の値のいずれかを指定します。

  • [ボイスメール(Voice Mail)]:外部コールで [ボイスメール プロファイルの設定(Voice Mail Profile Configuration)] ウィンドウ内の設定値を使用する場合は、このチェックボックスをオンにします。
(注)     

このチェックボックスがオンの場合は、ボイスメール パイロットのコーリング サーチ スペースが使用されます。 Cisco Unified Communications Manager は、[接続先(Destination)] ボックスと [コーリングサーチスペース(Calling Search Space)] の設定値を無視します。

(注)     

内部コールに対して [ボイスメール(Voice Mail)] チェックボックスがオンになっている場合、システムにより外部コールの [ボイスメール(Voice Mail)] チェックボックスが自動的にオンとなります。 外部コールをボイスメッセージ システムに自動転送しない場合、外部コールの [ボイスメール(Voice Mail)] チェックボックスをオフにする必要があります。

  • [接続先(Destination)]:この設定値は、外部コールの話中転送の転送先となる電話番号を示します。 外部の電話番号を含め、ダイヤル可能な任意の電話番号を使用します。
(注)     

内部コールの宛先の値を入力すると、外部コールの [接続先(Destination)] フィールドにこの値が自動的にコピーされます。 外部コールを別の宛先に自動転送する場合は、外部コールの [接続先(Destination)] フィールドに別の値を入力する必要があります。

  • [コーリングサーチスペース(Calling Search Space)]:話中転送(外部)のコーリング サーチ スペースは、コールが [話中転送(Forward Busy External、外部)] の転送先に転送されるときに使用されます。 この設定値は、この電話番号を使用しているデバイスすべてに適用されます。
(注)     

システムでパーティションとコーリング サーチ スペースが使用されている場合は、自動転送のコーリング サーチ スペースも設定することをお勧めします。 自動転送の宛先にコールが転送またはリダイレクトされるときに、設定された自動転送コーリング サーチ スペースがコールの転送に使用されます。 自動転送のコーリング サーチ スペースが [なし(None)] の場合、システムでパーティションとコーリング サーチ スペースが使用されているときは、自動転送動作が失敗することがあります。 たとえば、話中転送の転送先を設定した場合は、話中転送のコーリング サーチ スペースも設定する必要があります。 話中転送のコーリング サーチ スペースが設定されていない場合、話中転送の転送先がパーティション内にあると、自動転送動作が失敗することがあります。

(注)     

内部コールの CSS を選択すると、外部コールの CSS 設定にこの値が自動的にコピーされます。 別のコーリング サーチ スペースに外部コールを自動転送する場合は、[コーリングサーチスペース(Calling Search Space)] ドロップダウン リスト ボックスで別の設定値を選択する必要があります。

[無応答時転送(Forward No Answer Internal、内部)]

このフィールドの行の設定値は、電話番号が応答しない場合の、この電話番号への内部コールの自動転送処理を指定します。 コールを自動転送先にリダイレクトするときは、自動転送先と [コーリングサーチスペース(Calling Search Space)] フィールドが使用されます。 次の値のいずれかを指定します。

  • [ボイスメール(Voice Mail)]:[ボイスメールプロファイルの設定(Voice Mail Profile Configuration)] ウィンドウ内の設定値を使用する場合は、このチェックボックスをオンにします。
(注)     

このチェックボックスがオンの場合は、ボイスメール パイロットのコーリング サーチ スペースが使用されます。 Cisco Unified Communications Manager は、[接続先(Destination)] ボックスと [コーリングサーチスペース(Calling Search Space)] の設定値を無視します。

(注)     

内部コールでこのチェックボックスをオンにすると、外部コールの [ボイスメール(Voice Mail)] チェックボックスが自動的にオンになります。 外部コールをボイスメッセージ システムに自動転送しない場合、外部コールの [ボイスメール(Voice Mail)] チェックボックスをオフにする必要があります。

  • [接続先(Destination)]:この設定値は、コールに応答がないときに、内部コールの自動転送先となる電話番号を示します。 外部の電話番号を含め、ダイヤル可能な任意の電話番号を使用します。
(注)     

内部コールの宛先の値を入力すると、外部コールの [接続先(Destination)] フィールドにこの値が自動的にコピーされます。 外部コールを別の宛先に自動転送する場合は、外部コールの [接続先(Destination)] フィールドに別の値を入力する必要があります。

  • [コーリングサーチスペース(Calling Search Space)]:無応答時転送(内部)のコーリング サーチ スペースは、コールが無応答時転送(内部)の転送先に転送されるときに使用されます。 この設定値は、この電話番号を使用しているデバイスすべてに適用されます。
(注)     

システムでパーティションとコーリング サーチ スペースが使用されている場合は、自動転送のコーリング サーチ スペースも設定することをお勧めします。 自動転送の宛先にコールが転送またはリダイレクトされるときに、設定された自動転送コーリング サーチ スペースがコールの転送に使用されます。 自動転送のコーリング サーチ スペースが [なし(None)] の場合、システムでパーティションとコーリング サーチ スペースが使用されているときは、自動転送動作が失敗することがあります。 たとえば、無応答時転送の転送先を設定した場合は、無応答時転送のコーリング サーチ スペースも設定する必要があります。 無応答時転送のコーリング サーチ スペースが設定されていない場合、無応答時転送の転送先がパーティション内にあると、自動転送動作が失敗することがあります。

(注)     

内部コールの CSS を選択すると、外部コールの CSS 設定にこの値が自動的にコピーされます。 別のコーリング サーチ スペースに外部コールを自動転送する場合は、外部コールの [コーリングサーチスペース(Calling Search Space)] ドロップダウン リスト ボックスで別の設定値を選択する必要があります。

[無応答時転送(Forward No Answer External、外部)]

このフィールドの行の設定値は、電話番号が応答しない場合の、この電話番号への外部コールの自動転送処理を指定します。 コールを自動転送先にリダイレクトするときは、自動転送先と [コーリングサーチスペース(Calling Search Space)] フィールドが使用されます。 次の値のいずれかを指定します。

  • [ボイスメール(Voice Mail)]:[ボイスメールプロファイルの設定(Voice Mail Profile Configuration)] ウィンドウ内の設定値を使用する場合は、このチェックボックスをオンにします。
(注)     

このチェックボックスがオンの場合は、ボイスメール パイロットのコーリング サーチ スペースが使用されます。 Cisco Unified Communications Manager は、[接続先(Destination)] ボックスと [コーリングサーチスペース(Calling Search Space)] の設定値を無視します。

(注)     

内部コールでこのチェックボックスをオンにすると、外部コールの [ボイスメール(Voice Mail)] チェックボックスが自動的にオンになります。 外部コールをボイスメッセージ システムに自動転送しない場合、外部コールの [ボイスメール(Voice Mail)] チェックボックスをオフにする必要があります。

  • [接続先(Destination)]:この設定値は、コールに応答がないときに、外部コールの自動転送先となる電話番号を示します。 外部の電話番号を含め、ダイヤル可能な任意の電話番号を使用します。
(注)     

内部コールの宛先の値を入力すると、外部コールの [接続先(Destination)] フィールドにこの値が自動的にコピーされます。 外部コールを別の宛先に自動転送する場合は、外部コールの [接続先(Destination)] フィールドに別の値を入力する必要があります。

  • [コーリングサーチスペース(Calling Search Space)]:無応答時転送(外部)のコーリング サーチ スペースは、コールが無応答時転送(外部)の転送先に転送されるときに使用されます。 この設定値は、この電話番号を使用しているデバイスすべてに適用されます。
(注)     

システムでパーティションとコーリング サーチ スペースが使用されている場合は、自動転送のコーリング サーチ スペースも設定することをお勧めします。 自動転送の宛先にコールが転送またはリダイレクトされるときに、設定された自動転送コーリング サーチ スペースがコールの転送に使用されます。 自動転送のコーリング サーチ スペースが [なし(None)] の場合、システムでパーティションとコーリング サーチ スペースが使用されているときは、自動転送動作が失敗することがあります。 たとえば、無応答時転送の転送先を設定した場合は、無応答時転送のコーリング サーチ スペースも設定する必要があります。 無応答時転送のコーリング サーチ スペースが設定されていない場合、無応答時転送の転送先がパーティション内にあると、自動転送動作が失敗することがあります。

(注)     

内部コールの CSS を選択すると、外部コールの CSS 設定にこの値が自動的にコピーされます。 別のコーリング サーチ スペースに外部コールを自動転送する場合は、外部コールの [コーリングサーチスペース(Calling Search Space)] ドロップダウン リスト ボックスで別の設定値を選択する必要があります。

[カバレッジなし時転送(Forward No Coverage Internal、内部)]

コール カバレッジの詳細については、『Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』を参照してください。

コールを自動転送先にリダイレクトするときは、自動転送先と [コーリングサーチスペース(Calling Search Space)] フィールドが使用されます。 次の値のいずれかを指定します。

  • [ボイスメール(Voice Mail)]:[ボイスメールプロファイルの設定(Voice Mail Profile Configuration)] ウィンドウ内の設定値を使用する場合は、このチェックボックスをオンにします。
(注)     

このチェックボックスをオンにすると、Cisco Unified Communications Manager は、[接続先(Destination)] ボックスと [コーリングサーチスペース(Calling Search Space)] の設定値を無視します。 内部コールでこのチェックボックスをオンにすると、外部コールの [ボイスメール(Voice Mail)] チェックボックスが自動的にオンになります。 外部コールをボイスメッセージ システムに自動転送しない場合、外部コールの [ボイスメール(Voice Mail)] チェックボックスをオフにする必要があります。

  • [接続先(Destination)]:この設定値は、内部無接続コールの自動転送先の電話番号を指定します(該当の電話番号を制御するアプリケーションが動作していない場合)。 外部の電話番号を含め、ダイヤル可能な任意の電話番号を使用します。
(注)     

内部コールの宛先の値を入力すると、外部コールの [接続先(Destination)] フィールドにこの値が自動的にコピーされます。 外部コールを別の宛先に自動転送する場合は、外部コールの [接続先(Destination)] フィールドに別の値を入力する必要があります。

  • [コーリングサーチスペース(Calling Search Space)]:カバレッジなし時転送(内部)のコーリング サーチ スペースは、コールがカバレッジなし時転送(内部)の転送先に転送されるときに使用されます。 この設定値は、この電話番号を使用するすべてのデバイスに適用されます。
(注)     

システムでパーティションとコーリング サーチ スペースが使用されている場合は、自動転送のコーリング サーチ スペースも設定することをお勧めします。 自動転送の宛先にコールが転送またはリダイレクトされるときに、設定された自動転送コーリング サーチ スペースがコールの転送に使用されます。 自動転送のコーリング サーチ スペースが [なし(None)] の場合、システムでパーティションとコーリング サーチ スペースが使用されているときは、自動転送動作が失敗することがあります。 たとえば、カバレッジなし時転送の転送先を設定した場合は、カバレッジなし時転送のコーリング サーチ スペースも設定する必要があります。 カバレッジなし時転送のコーリング サーチ スペースが設定されていない場合、カバレッジなし時転送の転送先がパーティション内にあると、自動転送動作が失敗することがあります。

(注)     

内部コールの CSS を選択すると、外部コールの CSS 設定にこの値が自動的にコピーされます。 外部コールを別のコーリング サーチ スペースに自動転送する場合は、外部コールの CSS に別の設定値を選択する必要があります。

[カバレッジなし時転送(Forward No Coverage External、外部)]

コール カバレッジの詳細については、『Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』を参照してください。

コールを自動転送先にリダイレクトするときは、自動転送先と [コーリングサーチスペース(Calling Search Space)] フィールドが使用されます。 次の値のいずれかを指定します。

  • [ボイスメール(Voice Mail)]:[ボイスメールプロファイルの設定(Voice Mail Profile Configuration)] ウィンドウ内の設定値を使用する場合は、このチェックボックスをオンにします。
(注)     

このチェックボックスをオンにすると、Cisco Unified Communications Manager は、[接続先(Destination)] ボックスと [コーリングサーチスペース(Calling Search Space)] の設定値を無視します。 内部コールでこのチェックボックスをオンにすると、外部コールの [ボイスメール(Voice Mail)] チェックボックスが自動的にオンになります。 外部コールをボイスメッセージ システムに自動転送しない場合、外部コールの [ボイスメール(Voice Mail)] チェックボックスをオフにする必要があります。

  • [接続先(Destination)]:この設定値は、内部無接続コールの自動転送先の電話番号を指定します(該当の電話番号を制御するアプリケーションが動作していない場合)。 外部の電話番号を含め、ダイヤル可能な任意の電話番号を使用します。
(注)     

内部コールの宛先の値を入力すると、外部コールの [接続先(Destination)] フィールドにこの値が自動的にコピーされます。 外部コールを別の宛先に自動転送する場合は、外部コールの [接続先(Destination)] フィールドに別の値を入力する必要があります。

  • [コーリングサーチスペース(Calling Search Space)]:カバレッジなし時転送(外部)のコーリング サーチ スペースは、コールがカバレッジなし時転送(外部)の転送先に転送されるときに使用されます。 この設定値は、この電話番号を使用するすべてのデバイスに適用されます。
(注)     

システムでパーティションとコーリング サーチ スペースが使用されている場合は、自動転送のコーリング サーチ スペースも設定することをお勧めします。 自動転送の宛先にコールが転送またはリダイレクトされるときに、設定された自動転送コーリング サーチ スペースがコールの転送に使用されます。 自動転送のコーリング サーチ スペースが [なし(None)] の場合、システムでパーティションとコーリング サーチ スペースが使用されているときは、自動転送動作が失敗することがあります。 たとえば、カバレッジなし時転送の転送先を設定した場合は、カバレッジなし時転送のコーリング サーチ スペースも設定する必要があります。 カバレッジなし時転送のコーリング サーチ スペースが設定されていない場合、カバレッジなし時転送の転送先がパーティション内にあると、自動転送動作が失敗することがあります。

(注)     

内部コールの CSS を選択すると、外部コールの CSS 設定にこの値が自動的にコピーされます。 外部コールを別のコーリング サーチ スペースに自動転送する場合は、外部コールの CSS に別の設定値を選択する必要があります。

[CTI障害時転送(Forward on CTI Failure)]

このフィールドは、CTI ルート ポイントおよび CTI ポートだけに適用されます。 この行の設定は、CTI ルート ポイントまたは CTI ポートが失敗した場合に、この CTI ルート ポイントまたは CTI ポートへの外部コールの自動転送をどのように扱うかを指定します。 次の値のいずれかを指定します。

  • [ボイスメール(Voice Mail)]:[ボイスメールプロファイルの設定(Voice Mail Profile Configuration)] ウィンドウ内の設定値を使用する場合は、このチェックボックスをオンにします。
(注)     

このチェックボックスをオンにすると、Cisco Unified Communications Manager は、[接続先(Destination)] ボックスと [コーリングサーチスペース(Calling Search Space)] の設定値を無視します。

  • [接続先(Destination)]:この設定値は、内部無接続コールの自動転送先の電話番号を指定します(該当の電話番号を制御するアプリケーションが動作していない場合)。 外部の電話番号を含め、ダイヤル可能な任意の電話番号を使用します。
  • [コーリングサーチスペース(Calling Search Space)]:この設定値は、この電話番号を使用しているデバイスすべてに適用されます。

[未登録内線の不在転送(Forward Unregistered Internal)]

このフィールドは未登録の内部 DN コールに適用されます。 コールは指定された宛先番号またはボイスメールに再ルーティングされます。

(注)     

[サービスパラメータ設定(Service Parameter Configuration)] ウィンドウで、電話番号に対して許可される最大自動転送数を指定する必要があります。

[未登録外線の不在転送(Forward Unregistered External)]

このフィールドは未登録の外部 DN コールに適用されます。 コールは指定された宛先番号またはボイスメールに再ルーティングされます。

(注)     

[サービスパラメータ設定(Service Parameter Configuration)] ウィンドウで、電話番号に対して許可される最大自動転送数を指定する必要があります。

[無応答時の呼び出し時間(No Answer Ring Duration、秒)]

このフィールドは無応答時転送の転送先設定と併用し、電話機で呼び出し音が鳴ってから転送が開始されるまでの時間を示すタイマーを設定します。 この設定をブランクのままにすると、Cisco CallManager サービス パラメータの Forward No Answer Timer に設定された値が使用されます。

注意       

デフォルトでは、Cisco Unified Communications Manager は、[無応答時の呼び出し時間(No Answer Ring Duration、秒)] の時間よりも T301 タイマーの時間を長くします。T301 タイマーの設定時間が [無応答時の呼び出し時間(No Answer Ring Duration、秒)] よりも先に時間切れになった場合は、コールが終了し、自動転送が行われません。 この動作を選択する場合は、[無応答時の呼び出し時間(No Answer Ring Duration、秒)] の時間を T301 タイマーよりも大きくするように設定できます。 T301 タイマーについては、[システム(System)] > [サービスパラメータ(Service Parameters)] の順に選択し、表示されたウィンドウで、サーバ、Cisco CallManager サービス、およびパラメータを選択します。

[コールピックアップグループ(Call Pickup Group)]

(指定されたパーティション内で)この電話番号へのコールに応答するために、ダイヤル可能な番号を選択します。

[パークモニタリング(Park Monitoring)]

[パークモニタリング転送非取得時の接続先(外部)(Park Monitoring Forward No Retrieve Destination External)]

パークされた発信側が外部のユーザである場合、コールはこのフィールドに指定した宛先に自動転送されます。 このフィールド値が空である場合、パークされた発信側はパーク元の回線にリダイレクトされます。

次の値のいずれかを指定します。

  • [ボイスメール(Voice Mail)]:[ボイスメールプロファイルの設定(Voice Mail Profile Configuration)] ウィンドウ内の設定値を使用する場合は、このチェックボックスをオンにします。
(注)     

このチェックボックスをオンにすると、Cisco Unified Communications Manager は、[接続先(Destination)] ボックスと [コーリングサーチスペース(Calling Search Space)] の設定値を無視します。

  • [接続先(Destination)]:サービス パラメータ Park Monitoring Forward No Retrieve Timer の期限が切れたときに、(外部のユーザから)パークされたコールが転送される電話番号です。 外部の電話番号を含め、ダイヤル可能な任意の電話番号を使用します。
  • [コーリングサーチスペース(Calling Search Space)]:コーリング サーチ スペースは、通常はデバイスに割り当てられているルート パーティションの順序リストで構成されます。 コーリング サーチ スペースによって、発信側デバイスがコールを完了しようとするときに検索するパーティションが決まります。

[パークモニタリング転送非取得時の接続先(内部)(Park Monitoring Forward No Retrieve Destination Internal)]

パークされた発信側が内部のユーザである場合、コールはこのフィールドに指定した宛先に自動転送されます。 このフィールド値が空である場合、パークされた発信側はパーク元の回線にリダイレクトされます。

次の値のいずれかを指定します。

  • [ボイスメール(Voice Mail)]:[ボイスメールプロファイルの設定(Voice Mail Profile Configuration)] ウィンドウ内の設定値を使用する場合は、このチェックボックスをオンにします。
(注)     

このチェックボックスをオンにすると、Cisco Unified Communications Manager は、[接続先(Destination)] ボックスと [コーリングサーチスペース(Calling Search Space)] の設定値を無視します。

  • [接続先(Destination)]:サービス パラメータ Park Monitoring Forward No Retrieve Timer の期限が切れたときに、(内部のユーザから)パークされたコールが転送される電話番号です。 外部の電話番号を含め、ダイヤル可能な任意の電話番号を使用します。
  • [コーリングサーチスペース(Calling Search Space)]:コーリング サーチ スペースは、通常はデバイスに割り当てられているルート パーティションの順序リストで構成されます。 コーリング サーチ スペースによって、発信側デバイスがコールを完了しようとするときに検索するパーティションが決まります。

[パークモニタリング復帰タイマー(Park Monitoring Reversion Timer)]

このパラメータによって、Cisco Unified Communications Manager がユーザにパークしたコールの取得を求めるまでに待機する秒数が決まります。 このタイマーはユーザが電話の [パーク] ソフトキーを押すと起動し、タイマーの期限が切れるとリマインダが発行されます。

デフォルトは 60 秒です。

(注)     

ゼロ以外の値を設定すると、[サービス パラメータ(Service Parameters)] ウィンドウに設定されているパラメータの値がこの値で上書きされます。 一方、ここに 0 を設定すると、[サービス パラメータ(Service Parameters)] ウィンドウの値が使用されます。

[MLPP代替パーティの設定(MLPP Alternate Party Settings)]

[転送先(Target、接続先)]

この電話番号が優先コールを受信し、この番号とそのコール転送先が優先コールに応答しない場合に MLPP 優先コールが転送される番号を入力します。

この値には、数字、シャープ(#)、およびアスタリスク(*)を指定できます。

[MLPPコーリングサーチスペース(MLPP Calling Search Space)]

ドロップダウン リスト ボックスから、MLPP 代替パーティのターゲット(宛先)番号に関連付けられたコーリング サーチ スペースを選択します。

[MLPP無応答時の呼び出し時間(MLPP No Answer Ring Duration、秒)]

秒数(4 ~ 60)を指定します。この電話番号とその自動転送先が MLPP 優先コールに応答しない場合、ここで指定した秒数が経過すると、MLPP 優先コールがこの電話番号の代替パーティに誘導されます。

Cisco Unified Communications Manager エンタープライズ パラメータの Precedence Alternate Party Timeout で設定されている値を使用する場合は、この設定をブランクのままにします。

[すべてのデバイスの回線設定(Line Settings for All Devices)]

[保留復帰の呼び出し時間(秒)(Hold Reversion Ring Duration (seconds))]

0 ~ 1200 の数値(両端の値も含む)を入力して、保留している電話機に戻されるコールのアラートを送信するまでの待機時間(秒)を指定します。

0 の値を入力すると、Cisco Unified Communications Manager では、保留したコールを復帰する機能は呼び出されません。

インストールの時点では、このフィールドはブランクのままです。 この設定をブランクのままにすると、クラスタの保留復帰の呼び出し時間タイマー設定が適用されます。

[保留復帰の通知間隔(秒)(Hold Reversion Notification Interval (seconds))]

0 ~ 1200 の数値(両端の値も含む)を入力して、保留している電話機にリマインダ アラートを送信する間隔(秒)を指定します。

0 の値を入力すると、Cisco Unified Communications Manager からリマインダ アラートは送信されません。

インストールの時点では、このフィールドはブランクのままです。 この設定をブランクのままにすると、クラスタの保留復帰の通知間隔タイマー設定が適用されます。

(注)     

SCCP 電話機は、最小値として 5 秒の保留復帰の通知間隔(HRNI)をサポートしますが、SIP 電話機は、最小値として 10 秒をサポートします。 HRNI が最小値の 5 秒に設定された SCCP 電話機では、保留復帰の通知で、SIP 電話機を含むコールを処理するときに、10 秒の呼び出しの遅延が発生する可能性があります。

[パーティ参加トーン(Party Entrance Tone)]

[パーティ参加トーン(Party Entrance Tone)] ドロップダウン リスト ボックスから、次のオプションのいずれかを選択します。

  • [デフォルト(Default)]:Party Entrance Tone サービス パラメータで設定した値を使用します。
  • [オン(On)]:基本的なコールがマルチパーティ コール(割り込みコール、C 割り込みコール、アドホック会議、ミートミー会議、またはコールへの参加)に変更されるときにトーンが電話機で再生されます。 さらに、通話者がマルチパーティ コールを離れると、別のトーンが再生されます。 制御デバイスつまりマルチパーティ コールの発信元がビルトイン ブリッジの場合、制御デバイスで [オン(On)] を選択すると、すべての通話者に対してトーンが再生されます。 制御側デバイスがコールを離れると、Cisco Unified Communications Manager によりコールの別のデバイスがトーンを再生できるかどうかが確認されます。コールの別のデバイスがトーンを再生できる場合、Cisco Unified Communications Manager によってトーンが再生されます。 制御側デバイスがトーンを再生できない場合、パーティ参加トーン機能を有効にしていても、Cisco Unified Communications Manager でトーンは再生されません。
  • [オフ(Off)]:基本的なコールがマルチパーティ コールに変更されるときにトーンが電話機で再生されません。

[デバイス<デバイス名>の回線<n>(Line [number] on Device [device name])]

(注)     

これらのフィールドが表示されるのは、この電話番号をデバイスに関連付けた場合だけです。

[表示(Display、内線発信者ID)]

このフィールドをブランクにすると、内線番号が表示されます。

最大 30 文字の英数字を使用します。 通常は、ユーザ名または電話番号を入力します(電話番号を入力した場合は、コールの受信者に発信者の正確な識別情報が表示されません)。

設定は、右にあるチェックボックス([共有デバイス設定の更新(Update Shared Device Settings)])をオンにして [選択対象を反映(Propagate Selected)] ボタンをクリックしない限り、現在のデバイスだけに適用されます (右側のチェックボックスが表示されるのは、他のデバイスがこの電話番号を共有している場合だけです)。

[ASCII表示(ASCII Display、内線発信者ID)]

このフィールドには、[表示(Display、内線発信者ID)] フィールドと同じ情報が表示されますが、入力を ASCII 文字に限定する必要があります。 Unicode(国際化)文字をサポートしていないデバイスでは、[ASCII表示(ASCII Display、内線発信者ID)] フィールドの内容が表示されます。

設定は、右にあるチェックボックス([共有デバイス設定の更新(Update Shared Device Settings)])をオンにして [選択対象を反映(Propagate Selected)] ボタンをクリックしない限り、現在のデバイスだけに適用されます (右側のチェックボックスが表示されるのは、他のデバイスがこの電話番号を共有している場合だけです)。

[回線のテキストラベル(Line Text Label)]

このフィールドは、ライン アピアランスに電話番号を表示しない場合だけ使用します。 回線と電話機の組み合わせに使用されているこの電話番号を識別するためのテキストを入力します。

複数の電話番号をモニタする秘書や担当者がそれらの電話番号を識別できるように、所属長の氏名、部門名、または他の適切な情報の入力をお勧めします。

設定は、右にあるチェックボックス([共有デバイス設定の更新(Update Shared Device Settings)])をオンにして [選択対象を反映(Propagate Selected)] ボタンをクリックしない限り、現在のデバイスだけに適用されます (右側のチェックボックスが表示されるのは、他のデバイスがこの電話番号を共有している場合だけです)。

[ASCII回線テキストラベル(ASCII Line Text Label)]

このフィールドには、[回線のテキストラベル(Line Text Label)] フィールドと同じ情報が表示されますが、入力を ASCII 文字に限定する必要があります。 Unicode(国際化)文字をサポートしないデバイスでは、[ASCII回線テキストラベル(ASCII Line Text Label)] フィールドの内容が表示されます。

設定は、右にあるチェックボックス([共有デバイス設定の更新(Update Shared Device Settings)])をオンにして [選択対象を反映(Propagate Selected)] ボタンをクリックしない限り、現在のデバイスだけに適用されます (右側のチェックボックスが表示されるのは、他のデバイスがこの電話番号を共有している場合だけです)。

[外線電話番号マスク(External Phone Number Mask)]

この回線からのコールの発信時に発信者 ID 情報の送信に使用される電話番号(またはマスク)を指定します。

最大 24 桁の数字、国際的なエスケープ文字「+」、および「X」文字が入力できます。 X は電話番号を表し、パターンの最後に配置する必要があります。 たとえば、972813XXXX というマスクを指定すると、内線 1234 からの外部コールには発信者 ID 番号 9728131234 が表示されます。

設定は、右にあるチェックボックス([共有デバイス設定の更新(Update Shared Device Settings)])をオンにして [選択対象を反映(Propagate Selected)] ボタンをクリックしない限り、現在のデバイスだけに適用されます (右側のチェックボックスが表示されるのは、他のデバイスがこの電話番号を共有している場合だけです)。

[視覚的なメッセージ受信インジケータのポリシー(Visual Message Waiting Indicator Policy)]

このフィールドを使用してハンドセット ランプ照明ポリシーを設定します。 次のいずれかのオプションを選択します。

  • [システムポリシーの使用(Use System Policy)](電話番号は、Message Waiting Lamp Policy サービス パラメータの設定を参照します)
  • [ライトとプロンプト(Light and Prompt)]
  • [プロンプトのみ(Prompt Only)]
  • [ライトのみ(Light Only)]
  • [なし(None)]

設定は、右にあるチェックボックス([共有デバイス設定の更新(Update Shared Device Settings)])をオンにして [選択対象を反映(Propagate Selected)] ボタンをクリックしない限り、現在のデバイスだけに適用されます (右側のチェックボックスが表示されるのは、他のデバイスがこの電話番号を共有している場合だけです)。

[オーディオメッセージ受信インジケータのポリシー(Audible Message Waiting Indicator Policy)]

このフィールドを使用して、オーディオ メッセージ受信インジケータのポリシーを設定します。 次のいずれかのオプションを選択します。

  • [オフ(Off)]
  • [オン(On)]:このオプションを選択した場合、受話器をオフ フックにすると、スタッター ダイヤル トーンが聞こえます。
  • [デフォルト(Default)]:このオプションを選択すると、電話機は、システム レベルで設定されたデフォルトを使用します。

[呼出音設定(Ring Setting、電話がアイドルのとき)]

このフィールドでは、着信コールが受信され、そのデバイスにそれ以外のアクティブなコールがない場合に、ライン アピアランスに対する呼び出し音設定値を設定します。 次のいずれかのオプションを選択します。

  • [システムデフォルトの使用(Use System Default)]
  • [無効(Disable)]
  • [フラッシュのみ(Flash Only)]
  • [一度鳴らす(Ring Once)]
  • [鳴らす(Ring)]

設定は、右にあるチェックボックス([共有デバイス設定の更新(Update Shared Device Settings)])をオンにして [選択対象を反映(Propagate Selected)] ボタンをクリックしない限り、現在のデバイスだけに適用されます (右側のチェックボックスが表示されるのは、他のデバイスがこの電話番号を共有している場合だけです)。

(注)     

エンタープライズ パラメータ、デバイス プール、またはデバイス レベルで [MLPP通知(MLPP Indication)] をオンにすると、[MLPP通知(MLPP Indication)] をデバイスに対してオフ(上書き)にしない限り、デバイスで回線に対する通常の呼び出し音設定が動作しません。

[呼出音設定(Ring Setting、電話がアクティブのとき)]

ドロップダウン リスト ボックスから、この電話機で別回線に別のアクティブなコールがある場合に使用する呼び出し音設定値を選択します。 次のいずれかのオプションを選択します。

  • [システムデフォルトの使用(Use System Default)]
  • [無効(Disable)]
  • [フラッシュのみ(Flash Only)]
  • [一度鳴らす(Ring Once)]
  • [鳴らす(Ring)]
  • [ビープ音のみ(Beep Only)]

設定は、右にあるチェックボックス([共有デバイス設定の更新(Update Shared Device Settings)])をオンにして [選択対象を反映(Propagate Selected)] ボタンをクリックしない限り、現在のデバイスだけに適用されます (右側のチェックボックスが表示されるのは、他のデバイスがこの電話番号を共有している場合だけです)。

(注)     

エンタープライズ パラメータ、デバイス プール、またはデバイス レベルで [MLPP通知(MLPP Indication)] をオンにすると、[MLPP通知(MLPP Indication)] をデバイスに対してオフ(上書き)にしない限り、デバイスで回線に対する通常の呼び出し音設定が動作しません。

[コールピックアップグループオーディオアラートの設定(電話がアイドルのとき)(Call Pickup Group Audio Alert Setting (Phone Idle))]

このフィールドで、着信コールがコール ピックアップ グループのメンバーに送信する通知のタイプが判定されます。 コールが着信した電話機で応答されない場合、コール ピックアップ グループ内のアイドルの電話機で短い呼び出し音が聞こえるか(一度鳴らす)、または何も聞こえません(無効)。

  • [システムデフォルトの使用(Use System Default)]:このフィールドの値は、Cisco CallManager サービス パラメータの Call Pickup Group Audio Alert Setting of Idle Station の設定値によって異なります。
  • [無効(Disable)]:アラートはコール ピックアップ グループのメンバーに送信されません。
  • [一度鳴らす(Ring Once)]:短い呼び出し音がコール ピックアップ グループのメンバーに送信されます。

[コールピックアップグループオーディオアラートの設定(電話がアクティブのとき)(Call Pickup Group Audio Alert Setting (Phone Active))]

このフィールドで、着信コールがコール ピックアップ グループのメンバーに送信する通知のタイプが判定されます。 コールが着信した電話機で応答されない場合、コール ピックアップ グループ内で使用中の電話機でビープ音が聞こえるか(ビープ音のみ)、または何も聞こえません(無効)。

  • [システムデフォルトの使用(Use System Default)]:このフィールドの値は、Cisco CallManager サービス パラメータの Call Pickup Group Audio Alert Setting of Busy Station の設定値によって異なります。
  • [無効(Disable)]:アラートはコール ピックアップ グループのメンバーに送信されません。
  • [ビープ音のみ(Beep Only)]:ビープ音がコール ピックアップ グループのメンバーに送信されます。

[録音オプション(Recording Option)]

このフィールドで、エージェントのライン アピアランスでの録音オプションが決定されます。 デフォルトの録音オプションは、[コール録音を無効(Call Recording Disabled)] です。

次のいずれかのオプションを選択します。

  • [コール録音を無効(Call Recording Disabled)]:このライン アピアランスで発信されたコールは録音できません。
  • [自動コール録音を有効(Automatic Call Recording Enabled)]:このライン アピアランスで発信されたコールは自動的に録音されます。
  • [選択的コール録音を有効(Selective Call Recording Enabled)]:このライン アピアランスで発信されたコールは、デバイスに割り当てられたソフトキーまたはプログラム可能な回線キー、CTI 対応アプリケーション、あるいはその両方を使用して録音できます。

選択的な録音は、次の 2 つのモードをサポートしています。

  • [サイレント録音(Silent recording)]:コール録音状態が Cisco IP デバイス画面に反映されません。 サイレント録音は、主に、スーパーバイザがエージェント コールの録音を許可されているコール センター環境で使用されます。 エージェントとお客様間のコールの録音を開始または停止するためには、通常、スーパーバイザのデスクトップ上で動作する CTI 対応アプリケーションが使用されます。
  • [ユーザ録音(User recording)]:コール録音状態が Cisco IP デバイス画面に反映されます。 ソフトキー、プログラム可能な回線キー、またはユーザ デスクトップ上で動作する CTI 対応アプリケーションを使用して、録音を開始または停止できます。 ユーザ録音を有効にするには、[録音] ソフトキーまたはプログラム可能な回線キーをデバイス テンプレートに追加します。 サイレント録音のみを使用する場合は、[録音] ソフトキーを追加しないでください。

録音オプションが [自動コール録音を有効(Automatic Call Recording Enabled)] または [選択的コール録音を有効(Selective Call Recording Enabled)] のいずれかに設定されている場合、ライン アピアランスを録音プロファイルに関連付けることができます。

自動録音を有効にすると、ソフトキー、プログラム可能な回線キー、または CTI 対応アプリケーションを使用した録音の開始と停止の要求は拒否されます。

[録音プロファイル(Recording Profile)]

このフィールドで、エージェントのライン アピアランスでの録音プロファイルが決定されます。 ドロップダウン リスト ボックスから既存の録音プロファイルを選択します。 録音プロファイルを作成するには、[デバイス(Device)] > [デバイスの設定(Device Settings)] > [録音プロファイル(Recording Profile)] メニュー オプションを使用します。

デフォルト値は [なし(None)] です。

[モニタリング用コーリングサーチスペース(Monitoring Calling Search Space)]

スーパーバイザのライン アピアランスのモニタリング用コーリング サーチ スペースに、エージェントの回線またはデバイス パーティションを含めてエージェントを監視できるようにします。

スーパーバイザのライン アピアランス ウィンドウでモニタリング用コーリング サーチ スペースを設定します。 ドロップダウン リスト ボックスから既存のコーリング サーチ スペースを選択します。

デフォルト値は [なし(None)] です。

[不在着信のログを取る(Log Missed Calls)]

このチェックボックスがオンになっている(この設定のデフォルト値)場合、Cisco Unified Communications Manager は電話機の共有回線アピアランスの不在転送履歴に不在着信を記録します。 このチェックボックスをオフにすると、不在着信は共有回線アピアランスに記録されません。

[デバイス<デバイス名>の複数コール/コール待機設定(Multiple Call/Call Waiting Settings on Device [device name])]

(注)     

これらのフィールドが表示されるのは、この電話番号をデバイスに関連付けた場合だけです。

[コール最大数(Maximum Number of Calls)]

デバイスの回線に最大 200 コールを設定できます。デバイスに設定されるコールの合計数が、この制限要因になります。 1 つの回線に対してコールの数を設定すると、別の回線に使用可能なコールが減少します。

デフォルトは 4 です。 電話機が回線ごとの複数コールを許可していない場合、デフォルトは 2 です。

CTI ルート ポイントに対しては、各ポートに対して最大 10,000 のコールを設定できます。 デフォルトは 5000 コールです。 このフィールドは [ビジートリガー(Busy Trigger)] フィールドと併せて使用します。

(注)     

デフォルトでは、CTI ルート ポイントに設定可能なアクティブ コールの最大数は 5000 コールになっていますが、シスコでは、コールの最大数をルート ポイントあたり 200 以下に設定することをお勧めします。 この設定により、システム パフォーマンスの低下を防ぐことができます。 CTI アプリケーションで 200 を超えるコールが必要な場合は、複数の CTI ルート ポイントを設定することをお勧めします。

ヒント    外部コール制御機能を使用し、ポリシー サーバ上のポリシーで監察者によるコールの監視と録音が必要であると規定されている場合は、[コール最大数(Maximum Number of Calls)] を 2 に設定し、[ビジートリガー(Busy Trigger)] を 1 に設定していることを確認してください。
ヒント    共有回線アピアランスを持つデバイスに対して、この設定がどのように機能するかを確認するには、『Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』の共有回線アピアランスに関するトピックを参照してください。

[ビジートリガー(Busy Trigger)]

この設定は、[コール最大数(Maximum Number of Calls)] および [話中転送(Call Forward Busy)] と連動し、回線で表示されるコールの最大数を決定します。 [コール最大数(Maximum Number of Calls)] が 50 に設定され、[ビジートリガー(Busy Trigger)] が 40 に設定されている場合、着信コール 41 は話し中を理由として拒否されます(さらに [話中転送(Call Forward Busy)] が設定されている場合は転送されます)。 この回線が共有されている場合は、すべての回線が話し中になって、初めて着信コールが拒否されます。

このフィールドは、CTI ルート ポイント用の [コール最大数(Maximum Number of Calls)] と併せて使用します。 デフォルトは 4500 コールです。

ヒント    共有回線アピアランスを持つデバイスに対して、この設定がどのように機能するかを確認するには、『Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』の共有回線アピアランスに関するトピックを参照してください。

[デバイス<デバイス名>における、転送呼の情報表示(Forwarded Call Information Display on Device [device name])]

(注)     

これらのフィールドが表示されるのは、この電話番号をデバイスに関連付けた場合だけです。

[発信者名(Caller Name)]

このチェックボックスをオンにすると、自動転送時に発信者名が表示されます。

[発信者番号(Caller Number)]

このチェックボックスをオンにすると、自動転送時に発信者番号が表示されます。

[転送元番号(Redirected Number)]

このチェックボックスをオンにすると、自動転送時にリダイレクトされた番号が表示されます。

[ダイヤル番号(Dialed Number)]

このチェックボックスをオンにすると、自動転送時に最初にダイヤルされた番号が表示されます。

[回線に関連付けられているユーザ(Users Associated with Line)]

(注)     

この情報が表示されるのは、この電話番号をデバイスに関連付けた場合だけです。

[ユーザ名(User Name)]

このペインには、この回線に関連付けられたエンド ユーザが表示されます。

この回線にエンド ユーザを関連付けるには、[エンドユーザの関連付け(Associate End Users)] ボタンをクリックします。[ユーザの検索/一覧表示(Find and List Users)] ポップアップ ウィンドウが表示されます。 ポップアップ ウィンドウで、検索機能を使用し、この回線に関連付けるエンド ユーザを検索します。 この回線に関連付けるエンド ユーザが見つかったら、[選択項目の追加(Add Selected)] ボタンをクリックします。選択されたエンド ユーザが、この回線の [回線に関連付けられているユーザ(Users Associated with Line)] ペインに追加されます。

関連付けられたエンド ユーザごとに、次の情報が表示されます。

  • [氏名(Full Name)]:この列には、関連付けられたエンド ユーザの姓と名のエントリが表示されます。
  • [ユーザID(User ID)]:この列には、関連付けられたエンド ユーザのユーザ ID が表示されます。
  • [権限(Permission)]:[i] ボタンをクリックすると、このエンド ユーザのユーザ特権情報が表示されます。

この回線に少なくとも 1 名のエンド ユーザが関連付けられている場合は、次のボタンが追加表示されます。

  • [すべて選択(Select All)]:このボタンをクリックすると、この回線に関連付けられたすべてのエンド ユーザが選択されます。
  • [すべてクリア(Clear All)]:このボタンをクリックすると、この回線に関連付けられたすべてのエンド ユーザが選択解除されます。
  • [選択項目の削除(Delete Selected)]:この回線との関連付けを解除するエンド ユーザをすべて選択した後に、このボタンをクリックします。 その結果、エンド ユーザとこの回線との関連付けが解除されます。ただし、エンド ユーザのレコードは削除されません。

コーリング サーチ スペースの表示

Max List Box Items エンタープライズ パラメータを使用して、このドロップダウン リスト ボックスで表示するコーリング サーチ スペースの数を設定できます。 Max List Box Items エンタープライズ パラメータで指定した数よりも多くのパーティションが存在する場合、Cisco Unified Communications Manager の管理ページ ウィンドウの [コーリングサーチスペース(Calling Search Space)] ドロップダウン リスト ボックスの横に [検索(Find)] ボタンが表示されます。 [検索(Find)] ボタンをクリックして、目的のコーリング サーチ スペースを検索します。


(注)  


リスト ボックス項目の最大数を設定するには、[システム(System)] > [エンタープライズパラメータ(Enterprise Parameters)] の順に選択し、[CCMAdmin Parameters] を選択します。


電話番号の設定とデバイスの同期化

デバイスと設定を変更した電話番号を同期させる手順は、次のとおりです。この手順によって、中断を最小限に抑えた方法で未処理の設定が適用されます (たとえば、影響を受けるデバイスの一部は、リセットまたはリスタートが不要な場合があります)。

手順
    ステップ 1   [コールルーティング(Call Routing)] > [電話番号の設定(Directory Number Configuration)] を選択します。

    [電話番号の検索/一覧表示(Find and List Directory Numbers)] ウィンドウが表示されます。

    ステップ 2   使用する検索条件を選択します。
    ステップ 3   [検索(Find)] をクリックします。

    検索条件に一致する電話番号がウィンドウに表示されます。

    ステップ 4   該当するデバイスを同期させる電話番号をクリックします。 [電話番号の設定(Directory Number Configuration)] ウィンドウが表示されます。
    ステップ 5   他の設定変更を行います。
    ステップ 6   [保存(Save)] をクリックします。
    ステップ 7   [設定の適用(Apply Config)] をクリックします。

    [設定情報の適用(Apply Configuration Information)] ダイアログが表示されます。

    (注)     

    デバイスの再起動が必要な場合に、ゲートウェイ上のコールがシステムによって終了される場合があります。

    ステップ 8   [OK] をクリックします。

    Private Line Automatic Ringdown(PLAR)の設定

    Private Line Automatic Ringdown(PLAR)を設定することができるため、ユーザが電話の受話器を外すと(または、[発信] ソフトキーまたは回線キーを押すと)、電話機はすぐに事前に設定された番号にダイヤルします。 電話機のユーザは PLAR に設定されている回線で別の番号をダイヤルできません。

    PLAR は、割り込み、C 割り込み、またはワンボタン割り込みなどの機能と連携します。 ある機能とともに PLAR を使用する場合、機能のマニュアルに記述されているように機能を設定して、PLAR の接続先(PLAR 専用の電話番号)を設定する必要があります。

    割り込みをサポートし、SCCP と SIP を実行する電話機で PLAR 機能を有効にする方法を示している PLAR の設定方法の例を参照してください。

    PLAR の設定例

    この PLAR の設定方法の例では、割り込みをサポートし、SCCP と SIP を実行する電話の PLAR 機能を有効にする方法を示します。 A および A' は割り込み設定が行われている共有回線デバイスを表し、B1 は PLAR の接続先用の電話番号を表します。 A/A' から PLAR 機能を有効にするには、次の例に従います。


    ヒント


    PLAR の設定例PLAR の設定例 は、SCCP を実行している電話機に対して PLAR を設定する場合に適用されます。 SIP を実行している電話機に対しては、PLAR の設定例PLAR の設定例 を実行してください。 PLAR を設定する前に、お使いの電話機のモデルが PLAR をサポートしていることを確認してください。 お使いの電話機が PLAR をサポートしているかどうかを判断するには、お使いの電話機のモデル、およびこのリリースの Cisco Unified Communications Manager をサポートするCisco Unified IP Phone Administration Guide』を参照してください。


    手順
      ステップ 1   パーティション(P1 など)とコーリング サーチ スペース(CSS1 など)を作成して、CSS1 に P1 を含めます (Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[コールルーティング(Call Routing)] > [コントロールのクラス(Class of Control)] > [パーティション(Partition)] または [コーリングサーチスペース(Calling Search Space)] を選択します)。
      ステップ 2   コーリング サーチ スペース CSS1 およびパーティション P1 を含む、ヌル(空)のトランスレーション パターン(たとえば TP1)を作成します。 このヌル(空)のパターンで、[着信側トランスフォーメーションマスク(Called Party Transform Mask)] フィールドに PLAR の接続先である B1 の電話番号を入力していることを確認します (Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[コールルーティング(Call Routing)] > [トランスレーションパターン(Translation Pattern)] を選択します)。
      ステップ 3   コーリング サーチ スペース CS1 を A または A' に割り当てます (Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[デバイス(Device)] > [電話(Phone)] を選択します)。
      ステップ 4   P1 パーティションを PLAR 接続先 B1 の電話番号に割り当てます (Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[コールルーティング(Call Routing)] > [電話番号(Directory Number)] を選択します)。
      ステップ 5   SIP を実行している電話機の場合、SIP ダイヤル ルールを作成します (Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[コールルーティング(Call Routing)] > [ダイヤルルール(Dial Rules)] > [SIPダイヤルルール(SIP Dial Rules)] を選択します。 [7940_7960_OTHER] を選択します。 パターンの名前(PLAR1 など)を入力します。 [保存(Save)]、[PLARの追加(Add Plar)] の順にクリックします。 [保存(Save)] をクリックします)。
      ステップ 6   SIP を実行している電話機の場合、PLAR 用に作成した SIP ダイヤルルール設定を電話機(この例では A および A')に割り当てます (Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[デバイス(Device)] > [電話(Phone)] を選択します。 [SIPダイヤルルール(SIP Dial Rules)] ドロップダウン リスト ボックスから SIP ダイヤル ルール設定を選択します)。

      電話機からの電話番号の削除

      特定の電話機から電話番号(DN)を削除する手順は、次のとおりです。

      はじめる前に

      使用中の電話番号を削除しようとすると、Cisco Unified Communications Manager によってメッセージが表示されます。 電話番号を使用している回線グループを検索するには、[電話番号の設定(Directory Number Configuration)] ウィンドウの [依存関係レコード(Dependency Records)] リンクをクリックします。 依存関係レコードがシステムで使用できない場合は、[依存関係レコード要約(Dependency Records Summary)] ウィンドウにメッセージが表示されます。

      電話機から電話番号を削除しても、Cisco Unified Communications Manager 内にはその番号がまだ残っています。 電話機に関連付けられている電話番号のリストを表示するには、[ルートプランレポート(Route Plan Report)] メニュー オプションを使用します。

      手順
        ステップ 1   [デバイス(Device)] > [電話(Phone)] を選択します。

        [電話の検索/一覧表示(Find and List Phones)] ウィンドウが表示されます。

        ステップ 2   特定の電話機を見つけるには、検索条件を入力し、[検索(Find)] をクリックします。

        検索条件と一致する電話機のリストが表示されます。

        ステップ 3   削除する電話番号を含むデバイス名を選択します。

        [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウが表示されます。

        ステップ 4   左側の [割り当て情報(Association Information)] 領域で、削除する回線を選択します。

        [電話番号の設定(Directory Number Configuration)] ウィンドウが表示されます。

        ステップ 5   [デバイスの関連付け(Associated Devices)] ペインで、この電話番号を削除する電話機のデバイス名を選択します。
        ステップ 6   [デバイスの関連付け(Associated Devices)] ペインの下にある下矢印をクリックします。

        電話機の名前が [デバイスの関連付け解除(Dissociate Devices)] ペインに移動します。

        ステップ 7   [電話番号の設定(Directory Number Configuration)] ウィンドウの下部にある [保存(Save)] ボタンをクリックします。

        その電話番号が削除された状態で、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウが表示されます。 変更内容が電話機に自動的に適用されます。ただし、[リセット(Reset)] をクリックすることもできます。


        Cisco Unity Connection ボイスメールボックスの作成

        [電話番号の設定(Directory Number Configuration)] ウィンドウの [Cisco Unity Voice Mailboxの作成(Create Cisco Unity Voice Mailbox)] リンクを使用して、管理者は、個別の Cisco Unity Connection ボイスメールボックスを Cisco Unified Communications Manager の管理ページから作成できます。 Cisco Unified Communications ManagerCisco Unity Connection と統合されている場合、このリンクによって Cisco Unity Connection ボイスメールボックスを作成できます。

        Cisco Unity Connection の管理ページで、ボイスメールボックスやその他の Cisco Unity Connection の設定を行うには、該当する『User Moves, Adds, and Changes Guide for Cisco Unity Connection』を参照してください。 追加しようとするユーザに対する適切なテンプレートを定義し、サービス クラス(COS)を選択したことを確認してください。


        (注)  


        エンド ユーザの Cisco Unity Connection ボイスメールボックスを作成するには、事前に、そのエンド ユーザに電話機との関連付けとプライマリ内線を設定し、Cisco Unified Communications ManagerCisco Unity Connection の間の統合を完了しておく必要があります。 詳細については、『Cisco Unified Communications Manager SCCP Integration Guide for Cisco Unity Connection』または『Cisco Unified Communications Manager SIP Trunk Integration Guide for Cisco Unity Connection』を参照してください。


        はじめる前に
        • ボイスメッセージ サービス用に Cisco Unified Communications Manager を設定します。 Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』の Cisco Unity および Cisco Unity Connection の設定に関するトピックを参照してください。
        • Cisco Unity Connection サーバを設定します。 該当する『Installation Guide for Cisco Unity Connectionを参照してください。
        • Cisco Unity Connection との統合のために、Cisco Unity Connection で AXL 接続を作成します(『System Administration Guide for Cisco Unity Connection』の「Managing the Phone System Integrations」の章を参照)。
        • Cisco RIS Data Collector サービスがアクティブになっていることを確認します。 『Cisco Unified Serviceability Administration Guide』を参照してください。
        • [電話番号の設定(Directory Number Configuration)] ウィンドウで、[ボイスメールプロファイル(Voice Mail Profile)] が設定され、パイロット番号を含んでいること、または [なし(None)] に設定されていることを確認します。 [ボイスメールプロファイル(Voice Mail Profile)] が [ボイスメールなし(No Voice Mail)] に設定されている場合、[Cisco Unityユーザの作成(Create Cisco Unity User)] リンクは表示されません。
        • 追加しようとするユーザに対する適切なテンプレートを定義し、サービス クラス(COS)を選択したことを確認してください。 Cisco Unity Connection ユーザについては、『User Moves, Adds, and Changes Guide for Cisco Unity Connection』を参照してください。

        (注)  


        [エンドユーザの設定(End User Configuration)] ウィンドウにも、[Cisco Unity Voice Mailboxの作成(Cisco Unity Voice Mailbox)] リンクが含まれます。


        手順
          ステップ 1   [コールルーティング(Call Routing)] > [電話番号(Directory Number)] を選択して、[新規追加(Add New)] をクリックします。
          ステップ 2   適切な設定値を入力します(表 1 を参照)。
          ステップ 3   ウィンドウの右上隅にある [関連リンク(Related Links)] ドロップダウン リスト ボックスから、[Cisco Unity Voice Mailboxの作成(Create Cisco Unity Voice Mailbox)] リンクを選択し、[移動(Go)] をクリックします。

          [Cisco Unityユーザの追加(Add Cisco Unity User)] ダイアログボックスが表示されます。

          ステップ 4   [アプリケーションサーバ(Application Server)] ドロップダウン リストから、Cisco Unity Connection メールボックスを作成する Cisco Unity Connection サーバを選択して、[次へ(Next)] をクリックします。
          ステップ 5   [ユーザテンプレート(Subscriber Template)] ドロップダウン リスト ボックスから、使用する登録者テンプレートを選択します。
          ステップ 6   [保存(Save)] をクリックします。

          Cisco Unity Connection メールボックスが作成されます。

          これで、Cisco Unity Connection の管理ページに、作成したメールボックスを表示できます。 該当する『User Moves, Adds, and Changes Guide for Cisco Unity Connection』を参照してください。