Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド リリース 9.1(1)
SIP ルート パターンの設定
SIP ルート パターンの設定
発行日;2013/05/13   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

SIP ルート パターンの設定

この章では、SIP ルート パターンの設定に関する情報を提供します。

SIP ルート パターンの設定の概要

Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[コールルーティング(Call Routing)] > [SIPルートパターン(SIP Route Pattern)] メニュー パスを使用して、SIP ルート パターンを設定します。

Cisco Unified Communications Manager は、SIP ルート パターンを使用して、内部コールと外部コールの両方をルーティングまたはブロックします。

ルーティングの判断基準となるのは、ドメイン名または IP アドレスです。 管理者は、ドメイン、IP アドレス、および IP ネットワーク(サブネット)アドレスを追加して、それらを SIP トランク(のみ)に関連付けることができます。 この方法によって、これらのドメインを宛先とする要求が、特定の SIP トランク インターフェイスを通じてルーティングされるようになります。


(注)  


デフォルトの SIP ルート パターンは Cisco Unified Communications Manager に存在しないため、管理者が設定する必要があります。



(注)  


ドメイン名の例:cisco.com、my-pc.cisco.com、*.com、rtp-ccm[1-5].cisco.com



(注)  


ドメイン名で有効な文字:[、-、 .、0-9、A-Z、a-z、*、 ]



(注)  


IPv4 アドレスの例:172.18.201.119 または 172.18.201.119/32(明示的 IP ホスト アドレス)、172.18.0.0/16(IP サブネット); 172.18.201.18/21(IP サブネット)



(注)  


IP アドレスで有効な文字:0 ~ 9、.、および /


SIP ルート パターンの設定のヒント

SIP ルート パターンを設定するには、その前に、少なくとも 1 つの SIP プロファイルと SIP トランクを設定しておく必要があります。

SIP ルート パターンの削除

使用されていない SIP ルート パターンは Cisco Unified Communications Manager により削除されます。 使用中の場合は、メッセージが表示されます。

SIP ルート パターンの設定値

次の表に、SIP ルート パターンの設定値を示します。

表 1 SIP ルート パターンの設定値
フィールド 説明

[パターン定義(Pattern Definition)]

[パターン使用法(Pattern Usage)]

(必須)ドロップダウン リストから、[ドメインルーティング(Domain Routing)] または [IPAddressルーティング(IPAddress Routing)] のいずれかを選択します。

[IPv4パターン(IPv4 Pattern)]

(必須)ドメイン、サブドメイン、IPv4 アドレス、または IP サブネットワーク アドレスを入力します。

ヒント   

SIP トランクが IPv6 または IPv4 と IPv6 の両方(デュアルスタック モード)をサポートする場合、[IPv4パターン(IPv4 Pattern)] に加えて [IPv6パターン(IPv6 Pattern)] を設定します。

IP サブネットワーク アドレスの場合は、クラスレス ドメイン間ルーティング(CIDR)表記の X.X.X.X/Y にします。Y は、ネットワーク アドレスとなるアドレスのビット数を示すネットワーク プレフィックスです。

[IPv6パターン(IPv6 Pattern)]

Cisco Unified Communications Manager は、SIP ルート パターンを使用して、内部コールと外部コールの両方をルーティングまたはブロックします。 このフィールドの IPv6 アドレスは、内部コールと外部コールを IPv6 をサポートする SIP トランクにルーティングするための基礎となります。

ヒント    SIP トランクが IPv6 または IPv4 と IPv6 の両方(デュアルスタック モード)をサポートしている場合は、[IPv6パターン(IPv6 Pattern)] に加えて [IPv4パターン(IPv4 Pattern)] を設定します。

[説明(Description)]

このオプション エントリには、SIP ルート パターンの説明を入力します。 説明には、任意の言語で最大 50 文字を指定できますが、二重引用符(")、パーセント記号(%)、アンパサンド(&)、または山カッコ(<>)は使用できません。

[ルートパーティション(Route Partition)]

パーティションを使用して SIP ルート パターンへのアクセスを制限する場合は、ドロップダウン リスト ボックスから適切なパーティションを選択します。 SIP ルート パターンへのアクセスを制限しない場合は、パーティションの代わりに [<なし>(<None>)] を選択します。

Max List Box Items エンタープライズ パラメータを使用すると、このドロップダウン リスト ボックスに表示されるパーティションの数を設定できます。 Max List Box Items エンタープライズ パラメータで 250 より多くのパーティションが指定されている場合、ドロップダウン リスト ボックスの横に [検索(Find)] ボタンが表示されます。 [検索(Find)] ボタンをクリックして、[パーティションの検索(Select Partition)] ウィンドウを表示します。 [名前に次を含む項目を表示(List items where Name contains)] フィールドに、パーティション名の一部を入力します。 使用する項目を選択するボックスに表示されたパーティションのリストで、目的のパーティション名をクリックし、[選択項目の追加(Add Selected)] をクリックします。

(注)     

リスト ボックス項目の最大数を設定するには、[システム(System)] > [エンタープライズパラメータ(Enterprise Parameters)] の順に選択し、[CCMAdmin Parameters] を選択します。

SIP ルート パターン、ルート フィルタ、およびパーティションの組み合わせが、Cisco Unified Communications Manager クラスタ内で固有であることを確認してください。

[SIPトランク/ルートリスト(SIP Trunk/Route List)]

(必須)ドロップダウン リストを使用して、SIP ルート パターンの関連付け先となる SIP トランクまたはルート リストを選択します。

[編集(Edit)] をクリックして、[トランクの設定(Trunk Configuration)] または [ルートリストの設定(Route List Configuration)] ウィンドウで、トランクまたはルート リストを開きます。

(注)     

URI ダイヤルは、SIP トランク経由でのみ利用できます。 URI ダイヤルを使用しており、このドロップダウン リスト ボックスからルート リストを選択する場合、ルート リストには SIP トランクを持つルート グループのみが含まれている必要があります。

[パターンのブロック(Block Pattern)]

このパターンをコールのルーティングに使用しない場合は、[パターンのブロック(Block Pattern)] チェックボックスをオンにします。

[発呼側トランスフォーメーション(Calling Party Transformations)]

[発呼側の外線電話マスクを使用(Use Calling Party's External Phone Mask)]

発信コールで完全な外線電話番号を発呼者回線 ID(CLID)に使用する場合は、このチェックボックスをオンにします。 また、すべての電話機で外線電話番号マスクを設定することもできます。

[発呼側トランスフォーメーションマスク(Calling Party Transformation Mask)]

トランスフォーメーション マスク値を入力します。 有効となるエントリは、数字(0 ~ 9)、ワイルドカード文字(X)、アスタリスク(*)、およびシャープ(#)です。 このフィールドがブランクのときに、上記のフィールド([発呼側の外線電話番号マスクを使用(Use Calling Party's External Phone Number Mask)])がオフの場合、発呼側トランスフォーメーションは行われません。 詳細については、Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』の発呼側番号トランスフォーメーションの設定値に関するトピックを参照してください。

[プレフィックス番号(Prefix Digits、発信コール)]

[プレフィックス番号(Prefix Digits、発信コール)] フィールドに、プレフィックス番号を入力します。 有効となるエントリは、数字(0 ~ 9)、ワイルドカード文字、アスタリスク(*)、およびシャープ(#)です。

(注)     

付加されたプレフィックス番号は、割り当てられたデバイスにルート指定される電話番号に影響を与えません。

[発呼者回線IDの表示(Calling Line ID Presentation)]

Cisco Unified Communications Manager は補助的なサービスとして、発呼者回線 ID の表示(CLIP/CLIR)を使用します。これは、コールごとに発信者の電話番号を許可、または制限します。

この SIP ルート パターンについて、Cisco Unified Communications Manager が発信側電話番号を着信側の番号表示画面で表示するかどうかを選択します。

発呼者回線 ID の表示を変更しない場合は、[デフォルト(Default)] を選択します。 Cisco Unified Communications Manager で発信側の電話番号が表示されるようにする場合は、[許可(Allowed)] を選択します。 Cisco Unified Communications Manager が発信側の電話番号を表示しないようにする場合は、[非許可(Restricted)] を選択します。

このフィールドの詳細については、Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』の発呼側番号トランスフォーメーションの設定値に関するトピックを参照してください。

[発呼者回線名の表示(Calling Line Name Presentation)]

Cisco Unified Communications Manager は補助的なサービスとして、発呼者名の表示(CNIP/CNIR)を使用します。これは、コールごとに発信者の名前を許可、または制限します。

この SIP ルート パターンについて、Cisco Unified Communications Manager が発信側の名前を着信側の番号表示画面で表示するかどうかを選択します。

発呼者名の表示を変更しない場合は、[デフォルト(Default)] を選択します。 Cisco Unified Communications Manager で発呼者名の情報を表示させる場合は、[許可(Allowed)] を選択します。 Cisco Unified Communications Manager が発呼者名の情報を表示しないようにする場合は、[非許可(Restricted)] を選択します。

このフィールドの詳細については、Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』の発呼側番号トランスフォーメーションの設定値に関するトピックを参照してください。

[接続側トランスフォーメーション(Connected Party Transformations)]

[接続側回線IDの表示(Connected Line ID Presentation)]

Cisco Unified Communications Manager は補助的なサービスとして、接続側回線 ID の表示(COLP/COLR)を使用します。これは、コールごとに着信側の電話番号を許可、または制限します。

この SIP ルート パターンについて、Cisco Unified Communications Manager が接続側電話番号を発信側の番号表示画面に表示するかどうかを選択します。

接続側回線 ID の表示を変更しない場合は、[デフォルト(Default)] を選択します。 接続側の電話番号を表示する場合は、[許可(Allowed)] を選択します。 Cisco Unified Communications Manager が接続側の電話番号を表示しないようにする場合は、[非許可(Restricted)] を選択します。

このフィールドの詳細については、Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』の接続先情報の表示設定と制限設定に関するトピックを参照してください。

[接続側回線名の表示(Connected Line Name Presentation)]

Cisco Unified Communications Manager は補助的なサービスとして、接続先名の表示(CONP/CONR)を使用します。これは、コールごとに着信側の名前を許可、または制限します。

この SIP ルート パターンについて、Cisco Unified Communications Manager が接続側の名前を発信側の番号表示画面で表示するかどうかを選択します。

接続先名の表示を変更しない場合は、[デフォルト(Default)] を選択します。 接続側の名前を表示する場合は、[許可(Allowed)] を選択します。 Cisco Unified Communications Manager が接続側の名前を表示しないようにする場合は、[非許可(Restricted)] を選択します。

このフィールドの詳細については、Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』の接続先情報の表示設定と制限設定に関するトピックを参照してください。