Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド リリース 9.1(1)
回線グループの設定
回線グループの設定
発行日;2013/05/13   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

回線グループの設定

この章では、回線グループの追加または削除、回線グループへの電話番号の追加、回線グループからの電話番号の削除に関する情報を提供します。

詳細については、Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』のルート プランの理解に関するトピックを参照してください。

回線グループの設定の概要

Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[コールルーティング(Call Routing)] > [ルート/ハント(Route/Hunt)] > [回線グループ(Line Group)] メニュー パスを使用して、回線グループを設定します。

回線グループの設定では、電話番号が選択される順序を指定します。 Cisco Unified Communications Manager は、コール分配アルゴリズムおよび RNA 復帰(RNAR)タイムアウト設定に基づいて、回線グループのアイドルまたは対応可能状態のメンバーに対して、コールを分配します。


(注)  


ユーザは、ダイレクト コール ピックアップ機能を使用して、回線グループに属する DN へのコールを受けることはできません。



ヒント


メンバー(電話番号)を含まない空の回線グループを設定することは可能ですが、Cisco Unified Communications Manager では、この設定を使用してコールをルーティングすることはできません。 回線グループにメンバーが含まれていない場合、空の回線グループにコールがルーティングされると、ハント リストはハントを停止します。 この状況を避けるため、回線グループには少なくとも 1 つのメンバーを必ず設定してください。


回線グループの設定のヒント

回線グループを設定する場合は、事前に少なくとも 1 つの電話番号を指定しておく必要があります。

回線グループを設定または更新した後で、その回線グループにメンバーを追加したり、回線グループからメンバーを削除したりできます。

回線グループの削除

1 つまたは複数のルート/ハント リストが参照している回線グループは、削除することができません。 回線グループを使用しているハント リストを検索するには、[回線グループの設定(Line Group Configuration)] ウィンドウの [関連リンク(Related Links)] ドロップダウン リスト ボックスにある [依存関係レコード(Dependency Records)] を選択し、[移動(Go)] をクリックします。 依存関係レコードがシステムで使用できない場合は、[依存関係レコード要約(Dependency Records Summary)] ウィンドウにメッセージが表示されます。 使用中の回線グループを削除しようとすると、Cisco Unified Communications Manager からエラー メッセージが表示されます。 現在使用中の回線グループを削除する場合は、事前に、次の作業を実行しておく必要があります。

  • 回線グループを削除する前に、その回線グループが属しているすべてのハント リストから、その回線グループを削除します。

ヒント


回線グループとハント パイロットを削除するには、まずハント パイロットを削除し、次にハント リストを削除して、最後に回線グループを削除します。


回線グループの設定値

次の表に、回線グループの設定値を示します。

表 1 回線グループの設定値

フィールド

説明

[回線グループ情報(Line Group Information)]

[回線グループ名(Line Group Name)]

この回線グループの名前を入力します。 この名前には、最長 50 文字の英数字を指定することができ、スペース、ピリオド(.)、ハイフン(-)、およびアンダースコア(_)を任意に組み合わせて使用することが可能です。 各回線グループ名が、そのルート プランに固有の名前であることを確認してください。

ワンポイント アドバイス   

回線グループには、内容を簡潔に表す名前を使用してください。 通常、CompanynameLocationGroup の形式が、内容を簡潔に表し、回線グループをすばやくかつ簡単に識別できる方式です。 たとえば、「CiscoDallasAA1」は、Dallas にある Cisco オフィス用の Cisco Access Analog 回線グループを示します。

[RNA復帰タイムアウト(RNA Reversion Timeout)]

コールの応答がない場合や、最初のハント オプション([次のメンバーへ、その後ハントリスト内の次のグループへ(Try next member; then, try next group in Hunt List)])が選択されている場合に、この回線グループで次に対応可能またはアイドル状態のメンバー、または次の回線グループに対して、Cisco Unified CM がコールの分配を開始するまでの時間を、秒単位で入力します。 [RNA復帰タイムアウト(RNA Reversion Timeout)] は、回線グループ レベルで、すべてのメンバーに適用されます。

[分配アルゴリズム(Distribution Algorithm)]

ドロップダウン リスト ボックスで、回線グループ レベルで適用される次の分配アルゴリズムのオプションを選択します。

  • [優先度順(Top Down)]:この分配アルゴリズムを選択すると、回線グループでアイドルまたは対応可能状態にある最初のメンバーから最後のメンバーまで、Cisco Unified CM がメンバーに対してコールを分配します。
  • [ラウンドロビン(Circular)]:この分配アルゴリズムを選択すると、Cisco Unified CM は、アイドルまたは対応可能状態のメンバーに対するコールの分配を、ルート グループの(n+1)番目のメンバーから開始します。n 番目のメンバーは、リスト内のアイドルまたはビジー状態だが「ダウン」ではない次の順番のメンバーです。 n 番目のメンバーが、ルート グループの最後のメンバーの場合、Cisco Unified CM はルート グループの先頭からコールの分配を開始します。
  • [最長アイドル時間(Longest Idle Time)]:この分配アルゴリズムを選択すると、回線グループでアイドル時間が最長のメンバーから最短のメンバーまで、Cisco Unified CM がアイドル状態のメンバーだけにコールを分配します。
  • [ブロードキャスト(Broadcast)]:この分配アルゴリズムを選択すると、Cisco Unified CM は、回線グループでアイドルまたは対応可能状態のすべてのメンバーに対して、同時にコールを分配します。 ブロードキャスト分配アルゴリズムを使用する場合のその他の制限事項については、[選択されたDN/ルートパーティション(Selected DN/Route Partition)] フィールドの説明にある注を参照してください。

デフォルト値は、[最長アイドル時間(Longest Idle Time)] です。

[ハントオプション(Hunt Options)]

[応答なし(No Answer)]

任意の分配アルゴリズムに対して、応答のない回線グループのメンバーにコールが分配されている場合に使用する Cisco Unified CM のハント オプションを選択します。 このオプションは、メンバー レベルで適用されます。 ドロップダウン リスト ボックスから、次のオプションを選択します。

  • [次のメンバへ、その後ハントリスト内の次のグループへ(Try next member; then, try next group in Hunt List)]:このハント オプションを選択すると、回線グループでアイドルまたは対応可能状態にある最初のメンバーから最後のメンバーまで、Cisco Unified CM がメンバーに対してコールを分配します。 分配に失敗した場合、Cisco Unified CM はハント リスト内の次の回線グループに対して分配を試行します。
  • [次のメンバへ、ただし次のグループにはハントしない(Try next member, but do not go to next group)]:このハント オプションを選択すると、回線グループでアイドルまたは対応可能状態にある最初のメンバーから最後のメンバーまで、Cisco Unified CM がメンバーに対してコールを分配します。 現在の回線グループの最後のメンバーに到達すると、Cisco Unified CM は分配を停止します。
  • [残りのメンバにハントせず、すぐに次のグループへ(Skip remaining members, and go directly to next group)]:このハント オプションを選択すると、この回線グループの最初のメンバーに対する分配の試行時間が [RNA復帰タイムアウト(RNA Reversion Timeout)] の設定値を経過した場合、Cisco Unified CM が残りのメンバーをスキップします。 Cisco Unified CM は、そのままハント リスト内の次の回線グループへと試行を継続します。
  • [ハント中止(Stop hunting)]:このハント オプションを選択すると、Cisco Unified CM は、この回線グループの最初のメンバーに対してコールの分配を試行し、メンバーがコールに応答しなかった後、ハントを停止します。

[無応答時にハントメンバを自動的にログアウト(Automatically Logout Hunt Member on No Answer)]

このチェックボックスをオンにすると、回線のメンバーは、自動的にハント リストからログオフします。 回線のメンバーは、「HLOG」ソフトキーまたは PLK を使用して再度ログインできます。

[話し中(Busy)]

任意の分配アルゴリズムに対して、ビジー状態の回線グループのメンバーにコールが分配されている場合に使用する Cisco Unified CM のハント オプションを選択します。 ドロップダウン リスト ボックスから、次のオプションを選択します。

  • [次のメンバへ、その後ハントリスト内の次のグループへ(Try next member; then, try next group in Hunt List)]:このハント オプションを選択すると、回線グループでアイドルまたは対応可能状態にある最初のメンバーから最後のメンバーまで、Cisco Unified CM がメンバーに対してコールを分配します。 分配に失敗した場合、Cisco Unified CM はハント リスト内の次の回線グループに対して分配を試行します。
  • [次のメンバへ、ただし次のグループにはハントしない(Try next member, but do not go to next group)]:このハント オプションを選択すると、回線グループでアイドルまたは対応可能状態にある最初のメンバーから最後のメンバーまで、Cisco Unified CM がメンバーに対してコールを分配します。 現在の回線グループの最後のメンバーに到達すると、Cisco Unified CM は分配を停止します。
  • [残りのメンバにハントせず、すぐに次のグループへ(Skip remaining members, and go directly to next group)]:このハント オプションを選択すると、ビジー状態のメンバーがいた場合、Cisco Unified CM はこの回線グループの残りのメンバーをスキップします。 Cisco Unified CM は、そのままハント リスト内の次の回線グループへと試行を継続します。
  • [ハント中止(Stop hunting)]:このハント オプションを選択すると、Cisco Unified CM は、この回線グループでビジー状態の最初のメンバーに対してコールの分配を試行した後、ハントを停止します。

[使用不可(Not Available)]

任意の分配アルゴリズムに対して、使用不可の回線グループのメンバーにコールが分配されている場合に使用する Cisco Unified CM のハント オプションを選択します。 [使用不可(Not Available)] 状態が発生するのは、該当する DN に関連付けられている電話機が、すべて未登録である場合です。 また、エクステンション モビリティを使用しているときに、DN またはユーザがログインしていない場合も [使用不可(Not Available)] になります。 ドロップダウン リスト ボックスから、次のオプションを選択します。

  • [次のメンバへ、その後ハントリスト内の次のグループへ(Try next member; then, try next group in Hunt List)]:このハント オプションを選択すると、回線グループでアイドルまたは対応可能状態にある最初のメンバーから最後のメンバーまで、Cisco Unified CM がメンバーに対してコールを分配します。 分配に失敗した場合、Cisco Unified Communications Manager はハント リスト内の次の回線グループに対して分配を試行します。
  • [次のメンバへ、ただし次のグループにはハントしない(Try next member, but do not go to next group)]:このハント オプションを選択すると、回線グループでアイドルまたは対応可能状態にある最初のメンバーから最後のメンバーまで、Cisco Unified CM がメンバーに対してコールを分配します。 現在の回線グループの最後のメンバーに到達すると、Cisco Unified CM は分配を停止します。
  • [残りのメンバにハントせず、すぐに次のグループへ(Skip remaining members, and go directly to next group)]:このハント オプションを選択すると、最初の使用不可のメンバーがいた場合、Cisco Unified CM はこの回線グループの残りのメンバーをスキップします。 Cisco Unified CM は、そのままハント リスト内の次の回線グループへと試行を継続します。
  • [ハント中止(Stop hunting)]:このハント オプションを選択すると、Cisco Unified CM は、この回線グループで使用不可の最初のメンバーに対してコールの分配を試行した後、ハントを停止します。

[回線グループメンバ情報(Line Group Member Information)]

[回線グループに追加する電話番号の検索(Find Directory Numbers to Add to Line Group)]

[パーティション(Partition)]

ドロップダウン リスト ボックスから、この回線グループのルート パーティションを選択します。 デフォルト値は、[<なし>(<None>)] です。

[検索(Find)] をクリックすると、[使用可能DN/ルートパーティション(Available DN/Route Partition)] リスト ボックスに、選択されたパーティションに属する電話番号(DN)がすべて表示されます。

[次を含む電話番号(Directory Number Contains)]

検索する電話番号に含まれる文字を入力し、[検索(Find)] ボタンをクリックします。 入力した文字と一致する電話番号が [使用可能DN/ルートパーティション(Available DN/Route Partition)] ボックスに表示されます。

[使用可能DN/ルートパーティション(Available DN/Route Partition)]

[使用可能DN/ルートパーティション(Available DN/Route Partition)] リスト ボックスで電話番号を選択し、[回線グループに追加(Add to Line Group)] をクリックして、その電話番号を [選択されたDN/ルートパーティション(Selected DN/Route Partition)] リスト ボックスに追加します。

[現在の回線グループメンバ(Current Line Group Members)]

[選択されたDN/ルートパーティション(Selected DN/Route Partition)]

電話番号の優先順位を変更するには、[選択されたDN/ルートパーティション(Selected DN/Route Partition)] リスト ボックス内の電話番号を選択します。 そのリスト ボックスの右側にある矢印をクリックして、リスト内でその電話番号を上下に移動させてください。

[選択されたDN/ルートパーティション(Selected DN/Route Partition)] リスト ボックス内の電話番号の優先順位を逆転するには、[選択されたDN/ルートパーティションの順番を逆にする(Reverse Order of Selected DN/Route Partitions)] をクリックします。

回線グループの電話番号の順序の詳細については、『Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』のルート プランに関するトピックを参照してください。

(注)     

共有回線の DN は、ブロードキャスト分配アルゴリズムを使用している回線グループには入れないでください。 DN が、ブロードキャスト分配アルゴリズムを使用している回線グループのメンバーである場合、Cisco Unified CM は、その DN が共有回線として設定されているデバイス上にある共有回線の DN を、すべて表示することができません。

[削除されたDN/ルートパーティション(Removed DN/Route Partition)]

[選択されたDN/ルートパーティション(Selected DN/Route Partition)] リスト ボックスで電話番号を選択し、その電話番号を [削除されたDN/ルートパーティション(Removed DN/Route Partition)] リスト ボックスに追加します。これには、この 2 つのリスト ボックス間にある下矢印をクリックします。

[電話番号(Directory Number)]

(この回線グループに属している DN のリスト)

所定の電話番号の [電話番号の設定(Directory Number Configuration)] ウィンドウに移動するには、このリスト内の電話番号をクリックします。

(注)     

新しい回線グループを追加する場合は、その回線グループを保存するまでこのリストは表示されません。

回線グループへのメンバーの追加

新規または既存の回線グループに、メンバーを追加することができます。 既存の回線グループにメンバーを追加する手順は、次のとおりです。

はじめる前に

この手順を実行する場合は、事前に少なくとも 1 つの電話番号を指定しておく必要があります。

手順
    ステップ 1   [コールルーティング(Call Routing)] > [ルート/ハント(Route/Hunt)] > [回線グループ(Line Group)] を選択します。
    ステップ 2   メンバーを追加する先の回線グループを特定します。
    ステップ 3   電話番号を特定する必要がある場合は、[パーティション(Partition)] ドロップダウン リスト ボックスからルート パーティションを選択し、[次を含む電話番号(Directory Number Contains)] フィールドに検索文字列を入力して、[検索(Find)] をクリックします。 パーティションに属する電話番号をすべて検索するには、[次を含む電話番号(Directory Number Contains)] フィールドをブランクのままにして、[検索(Find)] をクリックします。

    [使用可能DN/ルートパーティション(Available DN/Route Partition)] リスト ボックスに、一致する電話番号のリストが表示されます。

    ステップ 4   [使用可能DN/ルートパーティション(Available DN/Route Partition)] リスト ボックスで追加する電話番号を選択し、[回線グループに追加(Add to Line Group)] をクリックして、その電話番号を [選択されたDN/ルートパーティション(Selected DN/Route Partition)] リスト ボックスへ移動します。 この回線グループに追加する各メンバーに対して、この手順を繰り返します。
    ステップ 5   [選択されたDN/ルートパーティション(Selected DN/Route Partition)] リスト ボックスで、新しい電話番号がこの回線グループ内でアクセスされる順序を選択します。 順序を変更するには、電話番号をクリックしてから、リスト ボックスの右側にある上矢印または下矢印を使用して、電話番号を移動します。
    ステップ 6   [保存(Save)] をクリックして、新しい電話番号を追加し、この回線グループの電話番号の順序を更新します。

    回線グループからのメンバーの削除

    新規または既存の回線グループから、メンバーを削除することができます。 既存の回線グループから電話番号を削除する手順は、次のとおりです。

    手順
      ステップ 1   [コールルーティング(Call Routing)] > [ルート/ハント(Route/Hunt)] > [回線グループ(Line Group)] を選択します。
      ステップ 2   削除する電話番号が入っている回線グループを特定します。
      ステップ 3   [選択されたDN/ルートパーティション(Selected DN/Route Partition)] リスト ボックスで削除する電話番号を選択し、リスト ボックスの下にある下矢印をクリックして、[削除されたDN/ルートパーティション(Removed DN/Route Partition)] リスト ボックスへ電話番号を移動します。 この回線グループから削除する各メンバーに対して、この手順を繰り返してください。
      ステップ 4   メンバーを削除するには、[保存(Save)] をクリックします。