Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド リリース 9.1(1)
MLPP ドメインの設定
MLPP ドメインの設定
発行日;2013/05/13   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

MLPP ドメインの設定

この章では、MLPP ドメインの追加、更新、または削除に関する情報を提供します。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager 機能およびサービス ガイド』の Multilevel Precedence and Preemption に関するトピックを参照してください。

MLPP ドメインの設定の概要

Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[システム(System)] > [MLPP] > [ドメイン(Domain)] > [MLPPドメイン(MLPP Domain)] メニュー パスを使用して、MLPP ドメインを設定します。

MLPP ドメインは、MLPP サブスクライバに関連付けられているデバイスとリソースの集合を指定したものです。 特定のドメインに属す MLPP サブスクライバが、同じドメインに属す別の MLPP サブスクライバに優先コールをかけると、MLPP サービスは、着信側の MLPP サブスクライバの既存のコールを優先順位の高いコールに差し替えます。 MLPP サービスは、異なるドメイン間では使用できません。

MLPP ドメインの設定のヒント

[リソースプライオリティネームスペースネットワークドメイン(Resource Priority Namespace Network Domain)] および [リソースプライオリティネームスペースリスト(Resource Priority Namespace List)] を設定することで、SIP トランク上にセキュアな MLPP を追加できます。

MLPP ドメインの削除

デバイスが使用している MLPP ドメインは削除できません。 MLPP ドメインを使用しているデバイスを検索するには、[MLPPドメインの設定(MLPP Domain Configuration)] ウィンドウの [関連リンク(Related Links)] ドロップダウン リスト ボックスにある [依存関係レコード(Dependency Records)] を選択し、[移動(Go)] をクリックします。 依存関係レコードがシステムで使用できない場合は、[依存関係レコード要約(Dependency Records Summary)] ウィンドウにメッセージが表示されます。 依存関係レコードの詳細については、依存関係レコードへのアクセスを参照してください。 使用中の MLPP ドメインを削除しようとすると、Cisco Unified Communications Manager からエラー メッセージが表示されます。 使用中の MLPP ドメインを削除する場合は、事前に、次の作業のどちらか一方または両方を実行しておく必要があります。

  • 削除する MLPP ドメインを使用しているデバイスすべてに、別の MLPP ドメインを割り当てます。
  • 削除する MLPP ドメインを使用しているデバイスを削除します。

MLPP ドメイン設定

次の表に、MLPP ドメインの設定を示します。

表 1 MLPP ドメイン設定

フィールド

説明

[MLPPドメイン情報(MLPP Domain Information)]

[ドメイン名(Domain Name)]

新しい MLPP ドメインに割り当てる名前を入力します。 この名前には、最長 50 文字の英数字を指定することができ、スペース、ピリオド(.)、ハイフン(-)、およびアンダースコア(_)を任意に組み合わせて使用することが可能です。 MLPP ドメイン名はそれぞれ固有の名前にしてください。

(注)     

デフォルト MLPP ドメインの名前は、000000 です。 デフォルト ドメインは変更および削除できません。

[ドメインID(Domain ID)]

6 文字の一意の 16 進 MLPP ドメイン ID を入力します。 有効となる値は、数字(0 ~ 9)とアルファベット(A ~ F)です。 MLPP ドメイン ID はそれぞれ一意の値にしてください。

ドメイン ID は、000001 ~ FFFFFF である必要があります (000000 は、デフォルトの MLPP ドメイン ID 用に予約されています)。

(注)     

値が 100000 未満の場合は、余白となる上位の桁に 0 を使用してください。