Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド リリース 9.1(1)
CTI リモート デバイスの設定
CTI リモート デバイスの設定
発行日;2013/05/13   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

CTI リモート デバイスの設定

Unified CM の管理ページで、[デバイス(Device)] > [電話(Phone)] メニュー パスを使用して CTI リモート デバイスを設定します。 CTI リモート デバイスの設定で、ユーザのすべての CTI リモート デバイスに適用するパラメータのセットを指定します。

CTI リモート デバイス タイプは、ユーザにとっては Mobile Communicator デバイス タイプと同様のリモート デバイスです。 CTI リモート デバイスのリモート接続先を追加できます。 CTI リモート デバイスに関連付けられたリモート接続先では、そのリモート デバイスに接続する数を指定します。 CTI リモート デバイスに設定できるリモート接続先の最大数は、[オーナーのユーザID(Owner User ID)] に設定されているリモート接続先の制限によって異なります。 デフォルトでは、この値は 4 に設定されています。

Cisco Unified Communications Manager の管理に関する考慮事項

変更はありません。

一括管理ツールに関する考慮事項

変更はありません。

CDR/CAR に関する考慮事項

変更はありません。

IP フォンに関する考慮事項

変更はありません。

RTMT に関する考慮事項

変更はありません。

セキュリティに関する考慮事項

変更はありません。

サービスアビリティに関する考慮事項

変更はありません。

追加情報

CTI リモート デバイスの設定のヒント

最大 5 つの電話番号を CTI リモート デバイスに追加できます。 CTI リモート デバイスを登録するには、そのデバイスに電話番号を追加します。 電話番号を追加せずに CTI リモート デバイスを登録することはできません。

GUI の使用方法

Unified CM の管理ページの GUI を使用してレコードを検索、削除、設定、コピーする方法については、『Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド』Unified CM の管理アプリケーションに関するトピックを参照してください。ガイドでは、GUI の使用方法と、ボタンやアイコンの機能の詳細が説明されています。

CTI リモート デバイス構成の設定

次の表に、[電話機の設定値(Phone Configuration Settings)] ウィンドウで CTI リモート デバイスの設定に使用可能な設定値を示します。

表 1 CTI リモート デバイス構成の設定

フィールド

説明

[CTIリモートデバイス情報(CTI Remote Device Information)]

[デバイス情報(Device Information)]

[登録(Registration)]

CTI リモート デバイスの登録ステータスを指定します。

[デバイスステータス(Device Status)]

デバイスがアクティブなのか非アクティブなのかを指定します。

[デバイスの信頼(Device Trust)]

デバイスが信頼済みであるかどうか指定します。

[アクティブなリモート接続先(Active Remote Destination)]

アクティブなリモート接続先を指定します。 CTI クライアントでは、一度に 1 つのリモート接続先を「アクティブ」として指定できます。 着信コールおよび Dial via Office(DVO)コールは、アクティブなリモート接続先にルーティングされます。

[オーナーのユーザID(Owner User ID)]

ドロップダウン リスト ボックスから、割り当てられている電話機のユーザのユーザ ID を選択します。 ユーザ ID は、このデバイスから発信されるすべてのコールの呼詳細レコード(CDR)に記録されます。

[デバイス名(Device Name)]

[オーナーのユーザID(Owner User ID)] に基づいて自動的に設定される CTI リモート デバイスの名前を指定します。

デバイス名の形式は、デフォルトでは CTIRD<OwnerUserID> です。

デバイス名を編集することもできます。 デバイス名は、最大 15 文字まで指定できます。 有効な文字は、英字、数字、ダッシュ、ドット(ピリオド)、スペース、およびアンダースコアです。

[説明(Description)]

CTI リモート デバイスの説明を入力します。

このフィールドには、最長 128 文字を指定できます。 引用符(“)、右山カッコ(>)、左山カッコ(<)、バックスラッシュ(\)、アンパサンド(&)、およびパーセント記号(%)を除くすべての文字を使用できます。

[デバイスプール(Device Pool)]

CTI リモート デバイスの共通の特性を定義するデバイス プールを選択します。

デバイス プールの設定方法については、"デバイス プールの設定値" を参照してください。

[コーリングサーチスペース(Calling Search Space)]

ドロップダウン リスト ボックスを使用してコーリング サーチ スペースを選択するか、コーリング サーチ スペースをデフォルトの [<なし>(<None>)] のままにしておきます。

[ユーザ保留MOH音源(User Hold MOH Audio Source)]

ドロップダウン リスト ボックスを使用して、ユーザが保留操作を開始したときに保留音(MOH)に使用する音源を選択します。

[ネットワーク保留MOH音源(Network Hold MOH Audio Source)]

ドロップダウン リスト ボックスを使用して、ネットワークが保留操作を開始したときに MOH に使用する音源を選択します。

[ロケーション(Location)]

ドロップダウン リスト ボックスを使用して、デバイス プール内の電話機とゲートウェイに関連付けられるロケーションを選択します。

[発呼側トランスフォーメーションCSS(Calling Party Transformation CSS)]

この設定により、デバイスの発信側の番号をローカライズできるようになります。 選択する発呼側トランスフォーメーション CSS に、このデバイス プールに割り当てる発呼側トランスフォーメーション パターンが含まれていることを確認してください。

[プレゼンテーションインジケータを無視(内線コールのみ)(Ignore Presentation Indicators (internal calls only))]

コールごとにコール表示制限を設定するには、このチェックボックスをオンにします。 このチェックボックスをオンにすると、Cisco Unified CM は内部コールが受信するすべての表示制限を無視します。

[コールルーティング情報(Call Routing Information)]

[インバウンド/アウトバウンド コール情報(Inbound/Outbound Calls Information)]

[発呼側トランスフォーメーションCSS(Calling Party Transformation CSS)]

この設定により、デバイスの発信側の番号をローカライズできるようになります。 選択する発呼側トランスフォーメーション CSS に、このデバイスに割り当てる発呼側トランスフォーメーション パターンが含まれていることを確認してください。

[デバイスプールの発呼側トランスフォーメーションCSSを使用(Use Device Pool Calling Party Transformation CSS)]

デバイスに割り当てられているデバイス プールで設定された発呼側トランスフォーメーション CSS を使用するには、このチェックボックスをオンにします。 このチェックボックスをオフにした場合、デバイスでは、[トランクの設定(Trunk Configuration)] ウィンドウで設定した [発呼側トランスフォーメーションCSS(Calling Party Transformation CSS)] が使用されます。

[プロトコル固有情報(Protocol Specific Information)]

[プレゼンスグループ(Presence Group)]

このフィールドには、プレゼンス機能を設定します。

このアプリケーション ユーザをプレゼンスで使用しない場合は、プレゼンス グループをデフォルト([なし(None)])設定のままにします。

ドロップダウン リスト ボックスから、アプリケーション ユーザ用のプレゼンス グループを選択します。 選択したグループによって、アプリケーション ユーザ(IPMASysUser など)が監視できる対象が指定されます。

[SUBSCRIBEコーリングサーチスペース(SUBSCRIBE Calling Search Space)]

プレゼンス機能でサポートされている SUBSCRIBE コーリング サーチ スペースによって、Cisco Unified Communications Manager がエンド ユーザからのプレゼンス要求をルーティングする方法が決まります。 この設定により、エンド ユーザのプレゼンス(SUBSCRIBE)要求に対して、コール処理サーチ スペースとは別のコーリング サーチ スペースを適用できます。

ドロップダウン リスト ボックスから、エンド ユーザのプレゼンス要求に使用する SUBSCRIBE コーリング サーチ スペースを選択します。 Cisco Unified Communications Manager の管理ページで設定するすべてのコーリング サーチ スペースが [SUBSCRIBEコーリングサーチスペース(SUBSCRIBE Calling Search Space)] ドロップダウン リスト ボックスに表示されます。

ドロップダウン リストからエンド ユーザ用の別のコーリング サーチ スペースを選択しない場合、SUBSCRIBE コーリング サーチ スペースは、デフォルトで [なし(None)] に設定されます。

この用途専用の SUBSCRIBE コーリング サーチ スペースを設定するには、すべてのコーリング サーチ スペースと同じようにコーリング サーチ スペースを設定します。

[再ルーティング用コーリングサーチスペース(Rerouting Calling Search Space)]

ドロップダウン リスト ボックスから、再ルーティングに使用するコーリング サーチ スペースを選択します。

参照先へのルートを検索するときは、Referrer の再ルーティング コーリング サーチ スペースが使用されます。 コーリング サーチ スペースの再ルーティングが原因で参照が失敗した場合、参照プリミティブは要求を拒否して「405 Method Not Allowed」というメッセージを返します。

リダイレクション(3xx)プリミティブおよび転送機能でも、リダイレクト先または転送先を検索するときに、再ルーティング コーリング サーチ スペースが使用されます。

[サイレント情報(Do Not Disturb Information)]

 

[サイレント(Do Not Disturb)]

リモート デバイスでサイレントを有効にするには、このチェックボックスをオンにします。

[DNDオプション(DND Option)]

電話機で DND を有効にすると、[コール拒否(Call Reject)] オプションで、着信コールに関する情報がユーザに表示されないように指定されます。 [DND着信呼警告(DND Incoming Call Alert)] パラメータをどのように設定したかに応じて、電話機はビープ音を再生したり、コールのフラッシュ通知を表示したりします。

CTI リモート デバイスを設定したら、関連付けるリモート接続先を設定できます。 [デバイス(Device)] > [電話(Phone)] > [CTIリモートデバイス(CTI Remote Device)] > [関連付けられたリモート接続先(Associated Remote Destinations)] > [新規リモート接続先の追加(Add a New Remote Destination)] の順にクリックして、CTI リモート デバイスのリモート接続先を追加して関連付けます。


(注)  


最大 4 つの一意のリモート接続先を設定して、CTI リモート デバイスに関連付けることができます。


[CTIリモートデバイス(CTI Remote Device)] 設定ウィンドウでリモート接続先を設定するときに、次のパラメータが変更されます。
  • [携帯電話(Mobile Phone)]:この機能はデフォルトでは無効になっています。 このフィールドは編集できないため、管理インターフェイスには表示されません。
  • [モバイルコネクトの有効化(Enable Mobile Connect)]:この機能は、デフォルトで有効になります。 このフィールドは編集できないため、管理インターフェイスには表示されません。

[デバイス(Device)] > [リモート接続先(Remote Destination)] ウィンドウで、リモート接続先を設定することもできます。 リモート接続先の設定の詳細については、リモート接続先の設定を参照してください。


(注)  


[CTIリモートデバイス(CTI Remote Device)] 設定ウィンドウでリモート接続先を設定するときに、この 2 つのフィールドを編集することはできません。


電話機に割り当てられている電話番号は、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウの [割り当て情報(Association Information)] 領域で確認できます。 電話機を追加すると、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウの左側に [割り当て情報(Association Information)] 領域が表示されます。

表 2 割り当て情報の設定

フィールド

説明

[ボタン項目を変更(Modify Button Items)]

電話機を追加すると、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウの左側に [割り当て情報(Association Information)] 領域が表示されます。

この電話機に対するボタンの関連付けを管理するには、このボタンをクリックします。 ダイアログボックスが表示され、電話機に対する未保存の変更はすべて失われる可能性があることが警告されます。 電話機に対する変更をすべて保存した場合は、[OK] をクリックして続行します。 この電話機用の [電話のボタンの並び替え設定(Reorder Phone Button Configuration)] ウィンドウが表示されます。

詳細な手順については、電話ボタン テンプレートの項目の変更に関するトピックを参照してください。

[回線 [1] - 新規DNを追加(Line [1] - Add a new DN)]

[回線 [2] - 新規DNを追加(Line [2] - Add a new DN)]

電話機を追加すると、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウの左側に [割り当て情報(Association Information)] 領域が表示されます。

これらのリンクをクリックして、この電話に関連付ける電話番号を追加します。 いずれかのリンクをクリックすると、[電話番号の設定(Directory Number Configuration)] ウィンドウが表示されます。

詳細については、"電話番号の設定" の項を参照してください。