Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド リリース 9.1(1)
その他の [拡張機能(Advanced Features)] メニュー オプション
その他の [拡張機能(Advanced Features)] メニュー オプション
発行日;2013/05/13   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

その他の [拡張機能(Advanced Features)] メニュー オプション

この章では、一部の [拡張機能(Advanced Features)] メニュー オプションについて簡単に説明します。 各 [拡張機能(Advanced Features)] メニュー オプションについて、詳細な説明を含むマニュアルを示しています。

SAF(コール制御ディスカバリ)

Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[拡張機能(Advanced Features)] > [SAF] メニュー パスの下のサブメニューを使用して、コール制御ディスカバリを設定します。

コール制御ディスカバリ機能は、Service Advertisement Framework(SAF)ネットワーク サービス(シスコ独自のサービス)を利用して、コール間エージェント情報の動的なプロビジョニングを容易にします。 SAF ネットワーク サービスの採用により、コール制御ディスカバリ機能では、Cisco Unified Communications Manager は自身を他の重要な属性(Cisco Unified Communications Manager の管理ページで設定される電話番号パターンなど)とともにアドバタイズできます。そのため、同じく SAF ネットワークを使用する他のコール制御エンティティは、アドバタイズされた情報を使用してルーティングの動作を動的に設定し、適合させることができます。同様に、SAF を使用するすべてのエンティティは、所有する電話番号パターンを他の重要な情報とともにアドバタイズします。したがって、他のリモート コール制御エンティティは、その情報を学習してコールのルーティングの動作を適合させることができます。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager 機能およびサービス ガイド』の VPN の設定の章を参照してください。

Cisco Extension Mobility Cross Cluster

Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[拡張機能(Advanced Features)] > [EMCC] メニュー パスの下のサブメニューを使用して、Cisco Extension Mobility Cross Cluster の機能を設定します。

Cisco Extension Mobility Cross Cluster の機能を使用すると、ある Cisco Unified Communications Manager クラスタ(ホーム クラスタ)のエンタープライズ ユーザが、外出先で別の Cisco Unified Communications Manager クラスタ(訪問先クラスタ)の Cisco Unified IP Phone に、ホーム オフィスで IP Phone を使用しているかのようにログインすることができます。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager 機能およびサービス ガイド』を参照してください。


(注)  


ユーザが単一のクラスタ内に留まる場合、ユーザにエクステンション モビリティ機能を提供するには Cisco Extension Mobility 機能を設定するだけで十分です。


Cisco Intercompany Media Engine

Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[拡張機能(Advanced Features)] > [Intercompany Media Service] メニュー パスの下のサブメニューを使用して、Cisco Intercompany Media Engine を設定できます。

Cisco Intercompany Media Engine は、ピアツーピア技術を既存の公衆電話交換網(PSTN)インフラストラクチャと結合することで、企業間に直接 IP 接続を確立できる技術です。 Cisco Intercompany Media Engine を使用すると、Cisco Unified Communications Manager をすでに導入している企業は企業間に動的なSession Initiation Protocol(SIP)トランクを構築し、PSTN ではなくインターネット経由で通信を行うことができるようになります。

詳細については、『Cisco Intercompany Media Engine インストレーション/コンフィグレーション ガイド』を参照してください。

フォールバックの設定

Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[拡張管理(Advanced Features)] > [フォールバック(Fallback)] メニュー パスを使用して、フォールバック情報を設定します。

Cisco Intercompany Media Engine の設定には、フォールバック情報の設定が含まれています。

詳細については、『Cisco Intercompany Media Engine インストレーション/コンフィグレーション ガイド』を参照してください。

着信側トレース

Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[拡張機能(Advanced Features)] > [着信側トレース(Called Party Tracing)] メニュー パスの下のサブメニューを使用して、着信側トレースの機能を設定します。

着信側トレースでは、トレースする電話番号または電話番号のリストを設定できます。 セッション トレース ツールを使用して、コールのオンデマンド トレースを要求できます。

詳細については、『Cisco Unified Real Time Monitoring Tool Administration Guide』を参照してください。

VPN の設定


(注)  


[VPN] メニューとそのオプションは、U.S. 輸出の規制を受けないバージョンの Cisco Unified Communications Manager では使用できません。


Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[拡張機能(Advanced Features)] > [VPN] メニュー パスの下のサブメニューを使用して、VPN 機能を設定します。

Cisco Unified IP Phone の Cisco VPN クライアントはシスコの他の在宅勤務用製品を補完するもので、お客様が在宅勤務者に関連する問題を解決するのに役立ちます。

詳細については、『Cisco Unified Communications Manager セキュリティ ガイド』を参照してください。