Cisco Unified Communications Manager Bulk Administration ガイド、リリース 9.1(1)
ディレクトリ URI
ディレクトリ URI
発行日;2013/05/13   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

ディレクトリ URI

この章では、ディレクトリ URI をサードパーティのコール制御システムから Cisco Unified Communications Manager にインポートする方法について説明します。

ディレクトリ URI をサードパーティのコール制御システムから Cisco Unified Communications Manager にインポートするには、[一括管理(Bulk Administration)] > [インポート済みディレクトリURI(Imported Directory URIs)] > [インポート済みディレクトリURIの挿入(Insert Imported Directory URIs)] パスを使用します。

非 ILS システムからのディレクトリ URI のインポート

クラスタ間検索サービス(ILS)をローカル クラスタで実行している場合、ILS を実行していないコール制御システム(Cisco TelePresence Video Communication Server (VCS)など)用の CSV ファイルまたはサードパーティのコール制御システムからディレクトリ URI をインポートするときは、次の手順に従います。

この手順を実行するには、Cisco Bulk Provisioning Service がローカル クラスタ上で動作しており、このクラスタが ILS ネットワークのハブ クラスタとして設定されている必要があります。 カタログを Cisco Unified Communications Manager にインポートすると、ILS は、インポートされたカタログを ILS ネットワーク内の他のクラスタに複製します。


(注)  


Cisco Unified CM の管理ページ内では、二重引用符またはカンマが組み込まれたディレクトリ URI を入力できます。 ただし、一括管理を使用して、二重引用符またはカンマが組み込まれたディレクトリ URI を含む CSV ファイルをインポートする場合は、ディレクトリ URI 全体を二重引用符で囲むとともに、組み込まれている二重引用符の前に二重引用符を置いてエスケープ処理する必要があります。 たとえば、「Jared, "Jerry",Smith@test.com」というディレクトリ URI は、CSV ファイルでは「"Jared,""Jerry"",Smith@test.com"」と入力する必要があります。


手順
    ステップ 1   Cisco Unified CM の管理ページで、[コールルーティング(Call Routing)] > [クラスタ間ディレクトリURI(Intercluster Directory URIs)] > [インポート済みディレクトリURIカタログ(Imported Directory URI Catalogs)] の順に選択します。
    ステップ 2   [名前(Name)] フィールドにディレクトリ URI カタログの名前を入力します。
    ステップ 3   [説明(Description)] フィールドにディレクトリ URI カタログの説明を入力します。
    ステップ 4   [ルート文字列(Route String)] フィールドで、URI カタログのインポート元のシステム用のルート文字列を作成します。
    ステップ 5   [保存(Save)] をクリックします。
    ステップ 6   Cisco Unified CM の管理ページで、[一括管理(Bulk Administration)] > [ファイルのアップロード/ダウンロード(Upload/Download Files)] の順に選択します。
    ステップ 7   [新規追加(Add New)] をクリックします。
    ステップ 8   [参照(Browse)] をクリックし、インポートするディレクトリ URI カタログ用の CSV ファイルを選択します。
    ステップ 9   [ターゲットの選択(Select The Target)] ドロップダウン リスト ボックスで、[インポート済みディレクトリURI(Imported Directory URIs)] を選択します。
    ステップ 10   [トランザクションタイプの選択(Select Transaction Type)] ドロップダウン リスト ボックスで、[インポート済みディレクトリURIの挿入(Insert Imported Directory URIs)] を選択します。
    ステップ 11   [保存(Save)] をクリックします。
    ステップ 12   Cisco Unified CM の管理ページで、[一括管理(Bulk Administration)] > [インポート済みディレクトリURI(Imported Directory URIs)] > [インポート済みディレクトリURIの挿入(Insert Imported Directory URIs)] の順に選択します。
    ステップ 13   [ファイル名(File Name)] ドロップダウン リスト ボックスで、インポートされたディレクトリ URI カタログが含まれる CSV ファイルを選択します。
    ステップ 14   [インポート済みディレクトリURIカタログ(Imported Directory URI Catalog)] ドロップダウン リスト ボックスで、[インポート済みディレクトリURIカタログ(Imported Directory URI Catalog)] ウィンドウで命名したディレクトリ URI カタログを選択します。
    ステップ 15   [ジョブ説明(Job Description)] テキスト ボックスに、実行しようとしているジョブの名前を入力します。
    ステップ 16   ジョブをいつ実行するかを選択します。
    • ジョブをすぐに実行する場合は、[今すぐ実行(Run Immediately)] オプション ボタンをクリックし、[送信(Submit)] をクリックします。
    • 指定した時間に実行するようにジョブをスケジュールする場合は、[後で実行(Run Later)] オプション ボタンをクリックし、[送信(Submit)] をクリックします。 このオプションを選択した場合は、一括管理の [ジョブスケジューラ(Job Scheduler)] を使用して、ジョブをいつ実行するかをスケジュールする必要があります。

    ディレクトリ URI の形式

    ディレクトリ URI は、ユーザとホスト アドレスの間に @ 記号を置くことによって構成される英数字文字列です。 Cisco Unified Communications Manager は、次の形式のディレクトリ URI をサポートします。

    • user@domain(例:joe@cisco.com)
    • user@ip_address(例:joe@10.10.10.1)

    Cisco Unified Communications Manager は、ディレクトリ URI のユーザ部分(@ 記号の前の部分)に関して次の形式をサポートします。

    • 使用できる文字は、a ~ z、A ~ Z、0 ~ 9、!、$、%、&、*、_、+、~、-、=、\、?、\、‘、,、.、/ です。
    • ユーザ部分の最大長は 47 文字です。
    • ユーザ部分では、%2[0-9A-F] ~ %7[0-9A-F] のパーセント エンコーディングを使用できます。 一部の使用可能文字に関して、Unified CM は、パーセント エンコーディングを自動的に適用します。 パーセント エンコーディングの詳細については、この後の説明を参照してください。
    • URI Lookup Policy エンタープライズ パラメータの値によっては、ユーザ部分で大文字と小文字が区別されたり、されなかったりします。 デフォルト値では、大文字と小文字が区別されます。

    Cisco Unified Communications Manager は、ディレクトリ URI のホスト部分(@ 記号の後の部分)に関して次の形式をサポートします。

    • IPv4 アドレスまたは完全修飾ドメイン名がサポートされます。
    • 使用できる文字は、a ~ z、A ~ Z、0 ~ 9、ハイフン、およびドットです。
    • ホスト部分の最初または最後をハイフンにすることはできません。
    • ホスト部分ではドットを連続して使用することはできません。
    • 2 文字以上である必要があります。
    • ホスト部分では、大文字と小文字が区別されません。

    データベースの制限により、[ディレクトリ URI(Directory URI)] フィールドに入力できる最大文字数は 254 文字です。


    (注)  


    ディレクトリ URI のユーザ部分には電話番号を入力することもできます。 ただし、SIP プロファイルに関して選択した [ダイヤル文字列の解釈(Dial String Interpretation)] オプションによっては、Cisco Unified Communications Manager がディレクトリ URI を電話番号として扱う場合があります。



    (注)  


    サードパーティのコール制御システムとの互換性のために、URI Lookup Policy エンタープライズ パラメータの値では大文字と小文字の区別をしないように設定することをお勧めします。


    ディレクトリ URI のパーセント エンコーディング

    ディレクトリ URI をデータベースに保存する際に、Unified CM は、ディレクトリ URI のユーザ部分に含まれる次の文字にパーセント エンコーディングを自動的に適用します。

    # % ^ ` { } | \ : ” < > [ ] \ ‘ およびスペース

    パーセント エンコーディングが適用されると、ディレクトリ URI の桁数が増加します。 たとえば、ディレクトリ URI として「joe smith#@cisco.com」(20 文字)を入力する場合、Cisco Unified Communications Manager は、このディレクトリ URI を「joe%20smith%23@cisco.com」(24 文字)としてデータベースに保存します。 データベースの制限により、Cisco Unified Communications Manager は、254 文字を超えるディレクトリ URI の保存を拒否します。

    一括管理でのディレクトリ URI の形式の例外

    Cisco Unified CM の管理ページ内では、二重引用符またはカンマが組み込まれたディレクトリ URI を入力できます。 ただし、一括管理を使用して、二重引用符またはカンマが組み込まれたディレクトリ URI を含む CSV ファイルをインポートする場合は、ディレクトリ URI 全体を二重引用符で囲むとともに、組み込まれている二重引用符の前に二重引用符を置いてエスケープ処理する必要があります。 たとえば、「Jared, "Jerry",Smith@test.com」というディレクトリ URI は、CSV ファイルでは「"Jared,""Jerry"",Smith@test.com"」と入力する必要があります。