Cisco Unified Communications Manager Bulk Administration ガイド、リリース 9.1(1)
ユーザ デバイス プロファイルのファイル形式の追加
ユーザ デバイス プロファイルのファイル形式の追加
発行日;2013/05/13   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

ユーザ デバイス プロファイルのファイル形式の追加

この章では、テキストベースの CSV データ ファイルとユーザ デバイスのファイル形式を関連付ける方法について説明します。

ファイル形式で指定されている順序でテキストベースの CSV データ ファイルにすべての値を入力したら、そのテキストベースの CSV データ ファイルを Cisco Unified Communications Manager の最初のノードにアップロードする必要があります。 次にファイル形式をテキストベースの CSV データ ファイルに関連付ける必要があります。

ユーザ デバイス プロファイルのファイル形式の追加

BATを使用して、ファイル形式をテキストベースの CSV データ ファイルに関連付けます。

手順
    ステップ 1   [一括管理(Bulk Administration)] > [ユーザデバイスプロファイル(User Device Profile)] > [UDPファイル形式(UDP File Format)] > [ファイル形式の追加(Add File Format)] の順に選択します。 [ファイル形式の追加(Add File Format Configuration)] ウィンドウが表示されます。
    ステップ 2   [ファイル名(File Name)] フィールドで、このバルク トランザクション用に作成した CSV データ ファイルを選択します。
    ステップ 3   [形式ファイル名(Format File Name)] フィールドで、このタイプのバルク トランザクション用に作成したファイル形式を選択します。
    ステップ 4   一致するファイル形式を CSV データ ファイルに追加するには、[送信(Submit)] をクリックします。

    ジョブが、[一括管理(Bulk Administration)] メニューの [ジョブスケジューラ(Job Scheduler)] オプションに作成されます。 ジョブ スケジュールを変更するには、[ジョブの設定(Job Configuration)] ウィンドウを使用します。