Cisco Unified Communications Manager Bulk Administration ガイド、リリース 9.1(1)
ユーザの挿入
ユーザの挿入
発行日;2013/05/13   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

ユーザの挿入

この章では、Cisco Unified Communications Manager 一括管理(BAT)を使用して、ユーザのグループを Cisco Unified Communications Manager データベースに追加する方法について説明します。


(注)  


この機能では、UTF-8 符号化形式で保存されたカスタム ファイルのみサポートされます。


Cisco Unified Communications Manager データベースへのユーザの挿入

CSV データ ファイルを使用して、ユーザのグループを Cisco Unified Communications Manager データベースに追加することができます。 ユーザを挿入するために CSV ファイルに入力したフィールド値によって、ユーザ テンプレートに設定された値が上書きされます。

注目:

クレデンシャル ポリシーが [単純すぎるパスワードの確認(Check for Trivial Passwords)] を有効にしていて、ユーザ テンプレートのパスワードがユーザ ID であり、ユーザ ID が単純すぎるパスワードに必要な条件を満たさない場合は、BAT を介したユーザの挿入が失敗することがあります。

はじめる前に

ユーザ名、制御するデバイスの名前、および電話番号が格納されている、UTF-8 符号化形式で保存された CSV データ ファイルが必要です。 この CSV データ ファイルは、次のいずれかの方法で作成できます。

  • BAT スプレッドシートを CSV 形式に変換する。
  • エクスポート ユーティリティで、ユーザ データのエクスポート ファイルを作成する。

(注)  


エクスポートした BAT ファイルを使用してユーザを挿入している場合、複数のファイルにエクスポートされたユーザについて、「ユーザ ID がすでに存在している」というエラーが表示されることがあります。 たとえば、1 つ目の回線マネージャのリストとユーザのリストが、どちらも同じマネージャ ユーザ ID を含んでいることがあります。


手順
    ステップ 1   [一括管理(Bulk Administration)] > [ユーザ(Users)] > [ユーザの挿入(Insert Users)] の順に選択します。 [ユーザの挿入(Insert Users Configuration)] ウィンドウが表示されます。
    ステップ 2   [ファイル名(File Name)] フィールドで、このバルク トランザクション用に作成した CSV データ ファイルを選択します。
    ステップ 3   エクスポート ユーティリティを使用して作成した CSV データ ファイルの場合は、[ユーザのエクスポートで作成されたファイル(File created with Export Users)] チェックボックスをオンにします。
    ステップ 4   [ユーザテンプレート名(User Template Name)] ドロップダウン リスト ボックスから、挿入に使用するユーザ テンプレートを選択します。
    (注)     

    ユーザ デバイス プロファイル、制御するデバイスの名前、および電話番号は、すでに Cisco Unified Communications Manager データベースに存在している必要があります。 制御するデバイスの完全な名前を入力する必要があります。 デバイス名に MAC アドレスしか含まれていない場合は、デバイスが存在しないことを示すエラーが BAT に表示されます。

    ステップ 5   [ジョブ情報(Job Information)] 領域に、ジョブの説明を入力します。
    ステップ 6   挿入の方法を選択します。 次のいずれかを実行します。
    1. ユーザ レコードをすぐに挿入する場合は、[今すぐ実行(Run Immediately)] をクリックします。
    2. ユーザ レコードを後で挿入する場合は、[後で実行(Run Later)] をクリックします。
    ステップ 7   ユーザ レコードを挿入するジョブを作成するには、[送信(Submit)] をクリックします。 このジョブのスケジュールやアクティブ化を行うには、[一括管理(Bulk Administration)] メイン メニューの [ジョブスケジューラ(Job Scheduler)] オプションを使用します。