Cisco Unified Communications Manager Bulk Administration ガイド、リリース 9.1(1)
EMCC デバイスの挿入、更新、削除
EMCC デバイスの挿入、更新、削除
発行日;2013/05/13   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

EMCC デバイスの挿入、更新、削除

この章では、Cisco Unified Communications Manager 一括管理(BAT)を使用して、Cisco Unified Communications Manager データベース内で EMCC デバイスを挿入、更新、削除する方法について説明します。

EMCC デバイスの挿入

BAT を使用して、EMCC デバイスを Cisco Unified Communications Manager データベースに追加します。

各 EMCC デバイスには、EMCC1、EMCC2 という形式の一意の名前が付いています。 BAT では、最後に使用した名前を取得して、EMCC デバイス番号が割り当てられます。 電話機、UDP、RDP、EMCC テンプレートなどの他のエンティティが、同じ形式(EMCC1、EMCC2)で命名されている場合は、BAT の [EMCCの挿入(Insert EMCC)] によって、名前の重複に対するエラーが生成されます。 したがって、これらのエンティティのうちで同じ名前形式を持つものについては、EMCC デバイスを挿入する前に必ず名前を変更してください。

Admin ユーザが 27 台の EMCC デバイスを挿入しようとしています。 初めに BAT では UCM 内で最後に使用された EMCC デバイスのシリアル番号を検索します。たとえば EMCC123 だと仮定します。 これにより、BAT ではそれに続く番号である EMCC124 ~ EMCC150 にデバイスの挿入を開始します。 このとき、EMCC135、EMCC137、EMCC150 という名前がすでに UDP デバイスによって使用されていた場合、BAT の [EMCCの挿入(Insert EMCC)] で命名エラーが生成されます。 UDP デバイスの名前が変更されないかぎり、これらの名前を持つ EMCC デバイスは作成されません。

はじめる前に

EMCC デバイスを挿入する前に、有効な EMCC テンプレートをデフォルトとして設定しておく必要があります。 EMCC デバイスの更新の手順の後に、デフォルトのテンプレートを設定します。

手順
    ステップ 1   [一括管理(Bulk Administration)] > [EMCC] > [EMCCの挿入/更新(Insert/Update EMCC)] の順に選択します。 [EMCC設定の挿入/更新(Insert/Update EMCC Configuration)] ウィンドウが表示されます。
    ステップ 2   [EMCCデバイスの挿入(Insert EMCC Devices)] オプション ボタンが選択されていることを確認します。
    ステップ 3   [追加するEMCCデバイスの数(Number of EMCC Devices to be added)] フィールドに、デバイスの数を入力します。
    ステップ 4   [ジョブ情報(Job Information)] 領域に、ジョブの説明を入力します。

    デフォルトの説明は、「EMCC デバイスの挿入」です。

    ステップ 5   EMCC デバイスをすぐに挿入するには、[今すぐ実行(Run Immediately)] オプション ボタンをクリックします。 EMCC デバイスを後で挿入するには、[後で実行(Run Later)] をクリックします。
    ステップ 6   EMCC デバイスを挿入するジョブを作成するには、[送信(Submit)] をクリックします。
    ステップ 7   [一括管理(Bulk Administration)] メイン メニューの [ジョブスケジューラ(Job Scheduler)] オプションを使用して、このジョブのスケジュールやアクティブ化を行います。

    EMCC デバイスの更新

    BAT を使用して、Cisco Unified Communications Manager データベース内の EMCC デバイスを更新します。

    手順
      ステップ 1   [一括管理(Bulk Administration)] > [EMCC] > [EMCCの挿入/更新(Insert/Update EMCC)] の順に選択します。 [EMCC設定の挿入/更新(Insert/Update EMCC Configuration)] ウィンドウが表示されます。
      ステップ 2   [EMCCデバイスの更新(Update EMCC Devices)] オプション ボタンを選択します。
      ステップ 3   デフォルトのテンプレートを設定するには、[デフォルトのEMCCテンプレート(Default EMCC Template)] ドロップダウン リスト ボックスから EMCC テンプレートを 1 つ選択します。
      ステップ 4   すべてのデバイスをリセットするには [リセット(Reset)] オプション ボタンを選択し、すべてのデバイスをリセットしない場合は [リセットしない(Don't Reset)] を選択します。
      ステップ 5   [ジョブ情報(Job Information)] 領域に、ジョブの説明を入力します。

      デフォルトの説明は、「EMCC デバイスの更新」です。

      ステップ 6   EMCC レコードをすぐに更新するには、[今すぐ実行(Run Immediately)] オプション ボタンをクリックします。 レコードを後で更新するには、[後で実行(Run Later)] をクリックします。
      ステップ 7   EMCC デバイスを更新するジョブを作成するには、[送信(Submit)] をクリックします。
      ステップ 8   [一括管理(Bulk Administration)] メイン メニューの [ジョブスケジューラ(Job Scheduler)] オプションを使用して、このジョブのスケジュールやアクティブ化を行います。

      EMCC デバイスの削除

      BAT を使用して、EMCC デバイスを一括で削除できます。 EMCC デバイスを削除する手順は、次のとおりです。

      手順
        ステップ 1   [一括管理(Bulk Administration)] > [EMCC] > [EMCCの削除(Delete EMCC)] の順に選択します。

        [EMCC設定の削除(Delete EMCC Configuration)] ウィンドウが表示されます。

        ステップ 2   [削除するEMCCデバイスの数(Number of EMCC Devices to be deleted)] フィールドに、削除するデバイスの数を入力します。
        ステップ 3   [ジョブ情報(Job Information)] 領域に、ジョブの説明を入力します。

        デフォルトの説明は、「EMCC の削除」です。

        ステップ 4   EMCC デバイスをすぐに削除するには、[今すぐ実行(Run Immediately)] オプション ボタンをクリックします。 デバイスを後で削除するには、[後で実行(Run Later)] をクリックします。
        ステップ 5   EMCC デバイスを削除するジョブを作成するには、[送信(Submit)] をクリックします。
        ステップ 6   [一括管理(Bulk Administration)] メイン メニューの [ジョブスケジューラ(Job Scheduler)] オプションを使用して、このジョブのスケジュールやアクティブ化を行います。