Cisco Unified Communications Manager Bulk Administration ガイド、リリース 9.1(1)
ユーザ テンプレート
ユーザ テンプレート
発行日;2013/05/13   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

ユーザ テンプレート

この章では、新しいユーザのグループを追加するために Cisco Unified Communications Manager 一括管理(BAT)ユーザ テンプレートを使用して共通のユーザ アトリビュートを定義する方法について説明します。

BAT ユーザ テンプレートの検索

Cisco Unified Communications Manager では、特定の条件に基づいて特定のユーザ テンプレートを検索できます。この機能は、複数のユーザ テンプレートがある場合に役立ちます。


(注)  


ブラウザ セッションの作業中、検索/一覧表示の検索プリファレンスはクライアント マシンのクッキーに格納されます。 別のメニュー項目に移動してからこのメニュー項目に戻った場合、またはブラウザを閉じてから新しいブラウザ ウィンドウを再度開いた場合、検索を変更するまで Cisco Unified Communications Manager 検索プリファレンスが維持されます。


手順
    ステップ 1   [一括管理(Bulk Administration)] > [ユーザ(Users)] > [ユーザテンプレート(User Template)] の順に選択します。

    [ユーザテンプレートの検索/一覧表示(Find and List User Templates)] ウィンドウが表示されます。 2 つのドロップダウン リスト ボックスを使用して、テンプレートを検索します。

    ステップ 2   最初の [検索対象:ユーザテンプレート、検索条件:(Find User Template where)] ドロップダウン リスト ボックスで、次のいずれかの検索条件を選択します。
    • [ユーザテンプレート名(User Template Name)]
    • [部署名(Department)]

    2 番目の [検索対象:ユーザテンプレート、検索条件:(Find User Template where)] ドロップダウン リスト ボックスで、次のいずれかの検索条件を選択します。

    • [が次の文字列で始まる(begins with)]
    • [が次の文字列を含む(contains)]
    • [が次の文字列と等しい(is exactly)]
    • [が次の文字列で終わる(ends with)]
    • [が空である(is empty)]
    • [が空ではない(is not empty)]
    ステップ 3   必要に応じて、適切な検索テキストを指定し、[検索(Find)] をクリックします。
    ヒント   

    データベースに登録されているすべてのユーザ テンプレートを検索するには、検索テキストを入力せずに [検索(Find)] をクリックします。

    検索されたテンプレートのリストが、次の項目別に表示されます。

    • [ユーザテンプレート(User Template)]
    • [部署名(Department)]
    ステップ 4   レコードのリストから、検索条件に一致するユーザ テンプレートをクリックします。 選択したユーザ テンプレートがウィンドウに表示されます。

    新しい BAT ユーザ テンプレートの作成

    新しいユーザ テンプレートを作成することができます。

    手順
      ステップ 1   [一括管理(Bulk Administration)] > [ユーザ(Users)] > [ユーザテンプレート(User Template)] の順に選択します。 [ユーザテンプレートの検索/一覧表示(Find and List User Templates)] ウィンドウが表示されます。
      ステップ 2   [新規追加(Add New)] をクリックします。 [ユーザテンプレートの設定(User Template Configuration)] ウィンドウが表示されます。
      ステップ 3   このグループのユーザに共通するユーザ設定を入力します。 フィールドの説明については、BAT ユーザ テンプレートのフィールドの説明を参照してください。
      ステップ 4   [保存(Save)] をクリックします。 ユーザ テンプレートをデータベースに追加すると、トランザクションが完了したことを示すステータスが表示されます。

      BAT ユーザ テンプレートの変更

      既存のユーザ テンプレートを表示または修正することができます。

      手順
        ステップ 1   変更するユーザ テンプレートを検索します。
        ステップ 2   [ユーザテンプレートの設定(User Template Configuration)] ウィンドウで、テンプレートの設定値を追加、変更、または削除します。 フィールドの説明については、表 1を参照してください。
        ステップ 3   設定値を変更した後、[保存(Save)] をクリックしてテンプレートを更新します。

        BAT ユーザ テンプレートのコピー

        変更するフィールドの数が少ない場合は、ユーザ テンプレートのプロパティを新しいユーザ テンプレートにコピーできます。

        手順
          ステップ 1   コピーするユーザ テンプレートを検索します。
          ステップ 2   [ユーザテンプレートの設定(User Template Configuration)] ウィンドウで、コピーするテンプレートを確認し、[コピー(Copy)] をクリックします。 テンプレートが複製され、コピーが作成されます。 このコピーには、元のテンプレートで指定した値がすべて複写されます。
          ステップ 3   必要に応じて、新しいテンプレートのフィールドを更新します。 フィールドの説明については、表 1を参照してください。
          ステップ 4   [保存(Save)] をクリックします。

          BAT ユーザ テンプレートの削除

          不要になった BAT ユーザ テンプレートは削除できます。 ユーザ テンプレートを削除する手順は、次のとおりです。


          注意    


          削除は、最終的な操作です。 削除したテンプレートは復元できません。


          手順
            ステップ 1   削除するユーザ テンプレートを検索します。
            ステップ 2   [ユーザテンプレートの設定(User Template Configuration)] ウィンドウで、削除するテンプレートを確認し、[削除(Delete)] をクリックします。
            (注)     

            [ユーザテンプレートの検索/一覧表示(Find and List User Templates)] ウィンドウからユーザ テンプレートを削除することもできます。 削除するテンプレートの横にあるチェックボックスをオンにして、[選択項目の削除(Delete Selected)] をクリックします。

            削除操作を確認するように求めるメッセージが表示されます。

            ステップ 3   [OK] をクリックして、テンプレートを削除します。 [ユーザテンプレートの検索/一覧表示(Find and List User Templates)] ウィンドウのユーザ テンプレートのリストから、テンプレート名が消去されます。
            注意       

            特定のユーザ テンプレートを使用するジョブを送信し、ジョブが実行される前にそのユーザ テンプレートを削除すると、ジョブも削除されます。 この場合、ユーザ テンプレートを再作成し、もう一度ジョブを送信する必要があります。


            BAT ユーザ テンプレートのフィールドの説明

            BAT ユーザ インターフェイスでは、アスタリスクが付いているフィールドには値を入力する必要があります。 アスタリスクの付いていないフィールドはオプションです。

            次の表で、BAT ユーザ テンプレートを追加した後に表示されるフィールドすべてについて説明します。

            表 1 BAT ユーザ テンプレートのフィールドの説明

            フィールド

            説明

            [ユーザテンプレート名(User Template Name)]

            ユーザ テンプレートの一意の名前を 30 文字以内の英数字で入力します。

            [ユーザIDをデフォルトパスワードにする(Default Password to User ID)]

            このチェックボックスをオンにすると、すべてのユーザで、ユーザ ID がデフォルトのパスワードとなります。

            [電話番号をデフォルトPINにする(Default PIN to Telephone Number)]

            このチェックボックスをオンにすると、電話番号がデフォルトの PIN となります。

            [プライマリ内線をデフォルト電話番号にする(Default Telephone Number to Primary Extension)]

            このチェックボックスをオンにすると、電話番号がプライマリ内線となります。

            [ユーザIDをデフォルトメールIDにする(Default Mail ID to User ID)]

            このチェックボックスをオンにすると、メール ID がユーザ ID のデフォルト値になります。

            [マネージャのユーザID(Manager User ID)]

            電話機ユーザのマネージャのユーザ ID を 128 文字以内で入力します。

            [部署名(Department)]

            電話機ユーザの所属部門番号を 64 文字以内で入力します。

            [ユーザロケール(User Locale)]

            ドロップダウン リストから、このユーザに関連付ける言語と国/地域を選択します。 この選択内容によって、言語やフォントを含むロケール属性のどれをこのユーザに適用するか、および Unified CM のユーザ ウィンドウと電話機をどの言語で表示するかが決まります。

            [割り当てられたPC(Associated PC)]

            このフィールドは、Cisco SoftPhone および Cisco Unified Communications Manager Attendant Console のユーザに必須のフィールドであり、ユーザが追加されると表示されます。

            [デフォルトのプロファイル(Default Profile)]

            [デフォルトのプロファイル(Default Profile)] ドロップダウン リストで、このユーザのデフォルトのプロファイルを選択します。

            [BLFプレゼンスグループ(BLF Presence Group)]

            ドロップダウン リストから、電話番号、プレゼンス エンティティのステータスを監視するBLF プレゼンス グループを選択します。

            BLF プレゼンス機能については、Cisco Unified Communications Manager 機能およびサービス ガイド』を参照してください。

            [SUBSCRIBEコーリングサーチスペース(SUBSCRIBE Calling Search Space)]

            Unified CM の管理ページで設定したすべてのコーリング サーチ スペースが、[SUBSCRIBEコーリングサーチスペース(SUBSCRIBE Calling Search Space)] ドロップダウン リストに表示されます。

            [SUBSCRIBEコーリングサーチスペース(SUBSCRIBE Calling Search Space)] は、エンド ユーザからのプレゼンスの SUBSCRIBE 要求を Cisco Unified Communications Manager がルーティングする方法を決定します。 特にこの目的のためにコーリング サーチ スペースを設定するには、他のすべてのコーリング サーチ スペースと同様にコーリング サーチ スペースを設定します([コールルーティング(Call Routing)] > [コントロールのクラス(Class Control)] > [コーリングサーチスペース(Calling Search Space)])。

            コーリング サーチ スペースの設定方法については、Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド』を参照してください。

            [CTIからのデバイスの制御を許可(Allow Control of Device from CTI)]

            CTI からこのデバイスを制御および監視できるようにするには、このチェックボックスをオンにします。

            関連付けられた電話番号が共有回線を指定している場合、少なくとも 1 つの関連付けられたデバイスが、デバイス タイプおよび CTI がサポートするプロトコルの組み合わせを指定している限り、このチェックボックスをオンにする必要があります。

            [EMCCを使う(EMCC Enabled)]

            EMCC サービスを使用可能にする場合に、このチェックボックスをオンにします。

            [アクセスコントロールグループ(Access Control Group)]

            ドロップダウン リストから、このユーザが属するアクセス コントロール グループを選択します。

            [ダイジェスト信用証明書(Digest Credentials)]

            SIP を実行している電話機にダイジェスト認証を設定すると、電話機が Cisco Unified Communications Manager に SIP 要求を送信するたびに、Cisco Unified Communications Manager が電話機の身元を確認します。 このフィールドに入力されたダイジェスト信用証明書は、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウでダイジェスト ユーザを選択したときに、電話機に関連付けられます。

            最大で 128 文字の英数字による文字列を入力します。

            ダイジェスト認証の詳細については、Cisco Unified Communications Manager セキュリティ ガイド』を参照してください。

            [ダイジェスト信用証明書の確認(Confirm Digest Credentials)]

            ダイジェスト信用証明書を正しく入力したことを確認するために、このフィールドにそのクレデンシャルを再入力します。

            [ホームクラスタ(Home Cluster)]

            このユーザ テンプレートのエンド ユーザのホーム クラスタをこのクラスタにするには、このチェックボックスをオンにします。 エンド ユーザのホーム クラスタには、企業内の 1 つのクラスタだけを指定してください。

            (注)      エンド ユーザが複数のホーム クラスタに割り当てられている場合、IM and Presence は正しく機能しません。

            [Unified CM IM and Presenceのユーザを有効化(Enable User for Unified CM IM and Presence)]

            IM and Presence について、このユーザ テンプレートのエンド ユーザを有効にするには、このチェックボックスをオンにします。 関連付けられているサービス プロファイルで IM and Presence を設定してください。

            (注)      Cisco Unified Communications Manager IM and Presence のノードを、この Cisco Unified Communications Manager クラスタとともにインストールする必要があります。
            (注)      IM and Presence サービスを設定するには、[ユーザ管理(User Management)] > [ユーザ設定(User Settings)] > [UCサービス(UC Services)] メニューを使用します。
            [プレゼンスに会議情報を含める(Include meeting information in Presence)]

            ユーザが IM and Presence サービスに会議情報とカレンダー情報を含めることができるようにする場合に、このチェックボックスをオンにします。

            ユーザをホーム クラスタ上に配置して、IM and Presence を有効にしておく必要があります。 また、Cisco Unified Communications Manager IM and Presence サービス サーバ上で Exchange プレゼンス ゲートウェイが設定されていることを確認してください。

            [UCサービスプロファイル(UC Service Profile)]

            ドロップダウン リストから UC サービス プロファイルを選択します。

            (注)      エンド ユーザのサービス プロファイルを設定するには、[ユーザ管理(User Management)] > [ユーザ設定(User Settings)] > [サービスプロファイル(Service Profile)] メニューを使用します。

            [モビリティの有効化(Enable Mobility)]

            モバイル コネクトをアクティブにするには、このチェックボックスをオンにします。モバイル コネクトを使用すると、ユーザが 1 つの電話番号を使用してコールを管理したり、デスク電話と携帯電話のコールをピックアップしたりできるようになります。

            [モバイルボイスアクセスの有効化(Enable Mobile Voice Access)]

            モバイル ボイス アクセスの自動音声応答(IVR)システムにユーザがアクセスし、モバイル コネクト コールを開始したり、モバイル コネクト機能をアクティブ化/非アクティブ化したりできるようにするには、このチェックボックスをオンにします。

            [デスクピックアップの最大待機時間(Maximum Wait Time for Desk Pickup)]

            このユーザに対する最大待機時間を 5 桁以内の数値で入力します。

            これは、携帯電話からデスク電話に転送されたコールをユーザがピックアップするまでに許可する最大の時間です。

            [リモート接続先の制限(Remote Destination Limit)]

            ユーザが、デスク電話からコールを転送できる電話機の最大数を 2 桁以内の数値で入力します。