Cisco Unified CDR Analysis and Reporting アドミニストレーション ガイド リリース 9.1(1)
CAR システム データベース
CAR システム データベース
発行日;2013/05/07   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

CAR システム データベース

ユーザは、CAR データベースのサイズが最大レコード数の割合(%)を超えると通知されるよう、CAR を設定できます。 メッセージおよびレコードの最大数を設定し、アラートの割合(%)を指定することができます。

また、[データベースの自動消去の設定(Configure Automatic Database Purge)] ウィンドウで設定した下限値と上限値の間に CAR データベース サイズを維持するよう、システムを設定できます。 データベース サイズが下限値に達すると、CAR からユーザにアラートが送信されます。 データベース サイズが上限値に達すると、システムにより、削除経過時間に基づいてレコードが削除され、電子メールが送信されます。

CAR システム データベースを設定するには、[Cisco Unified サービスアビリティ(Cisco Unified Serviceability)] > [ツール(Tools)] > [CDR Analysis and Reporting] > [システムまたはレポートの設定(System or Report Config)] に進みます。

CAR データベースの消去

この項では、選択したレコードを CAR データベースから手作業で削除する方法、および、すべての CAR データを削除し、新しい CDR データをリロードする方法について説明します。 ダイヤル プランの更新、ユーザとデバイスとの関連付けの変更、コール レートの変更などの後に、データベースをリロードしてコールを分類し直す必要が生じることがあります。

手作業でデータを消去する前に、CDR Loader を無効にします。

手作業での消去処理中に CAR Web Service が停止されると、CDR の手作業での消去は停止されます。 CAR Web Service が再起動するまで、手作業での消去を再度開始することはできません。 その場合、手動消去プロセスを再度開始する必要があります。

CAR Web Service を意図的に停止するには、次の 2 つの方法があります。

  • CAR Web Service を [サービスアビリティ サービスの開始(Serviceability Service Activation)] ウィンドウで無効にします([Cisco Unified サービスアビリティ(Cisco Unified Serviceability)] > [サービスの開始(Service Activation)])。
  • サービスアビリティ コントロール センターの [機能サービス(Feature Services)] ウィンドウで CAR Web Service を停止します([Cisco Unified サービスアビリティ(Cisco Unified Serviceability)] > [ツール(Tools)] > [コントロールセンタの機能サービス(Control Center - Feature Services)])。

CAR Web Service または CAR Scheduler のいずれかが再起動されるまで、CDR Loader を再度開始することはできません。

CAR データベースの手作業での消去が処理中か、または、CDR レコードがリロード中には、CAR 管理者は CAR レポートを生成できなくなります。 これらの処理中にレポートを実行しようとした場合、次のエラーメッセージが表示されます。

10023: Manual Purge/Reload is in process. Please run the reports once the Manual Purge/Reload is over.

手作業での消去または CDR のリロードのいずれかが発生すると、[消去(Purge)] ボタンおよび [すべての呼詳細レコードのリロード(Reload All Call Detail Records)] ボタンが無効にされ、[手動消去(Manual Purge)] ウィンドウに次のアラート メッセージが表示されます。

Manual Purge/Reload is still running. User will not be allowed to run another instance of Manual Purge/Reload. So, both Purge and Reload All Call Detail Records buttons are disabled.
手順
    ステップ 1   [システム(System)] > [データベース(Database)] > [手動消去(Manual Purge)] を選択します。

    [データベースの手動消去(Manual Database Purge)] ウィンドウが表示されます。

    ステップ 2   次のいずれかのアクションを選択します。
    1. 既存の CAR データを削除し、CAR データベースをリロードする場合は、[すべての呼詳細レコードのリロード(Reload All Call Detail Records)] ボタンをクリックします。

      システムから、レコードの削除はシステム パフォーマンスに影響を及ぼす可能性があることを示すメッセージが表示されます。 リロード処理を続行する場合は、[OK] をクリックします。

      システムでは、CDR の CAR データベースへのロードが 5 分以内に開始され、最大 6 時間まで割り込みなしで続行されます。 リロードの進捗をモニタするには、CDR ロード イベント ログを生成します。

      システムによって新しいレコードがロードされた後で、設定されたスケジュールに従ってレコードがロードされます。 CDR データは、デフォルトで、1 日に 24 時間、1 週間に 7 日間、ロードされます。

    2. 選択された CAR レコードを手動で消去するには、次のステップに進みます。
    ステップ 3   [テーブルの選択(Select Table)] フィールドで、消去するデータベースのテーブルを選択します。

    手作業での消去が許可されているテーブル、テーブルの合計レコード数、およびテーブルにある最も新しいレコードと最も古いレコードを参照する場合は、[テーブル情報(Table Information)] ボタンをクリックします。

    [テーブル情報(Table Information)] ウィンドウが表示されます。 次の情報とともにテーブルが表示されます。

    データベース名

    テーブル名

    合計レコード数

    最も新しいレコード

    最も古いレコード

    CAR

    Tbl_billing_data

    0

    0

    0

    CAR

    Tbl_billing_error

    0

    0

    0

    CAR

    Tbl_purge_history

    0

    0

    0

    [データベースの手動消去(Manual Database Purge)] ウィンドウに戻る場合は、[閉じる(Close)] ボタンをクリックします。

    ステップ 4   [レコードの削除(Delete records)] フィールドで、次のオプション ボタンの 1 つをクリックすることによって、消去されるレコードを決めるデータを選択します。
    1. [次より古いレコード:(Older than)]:ある日付よりも前のすべてのレコードを削除する場合に、該当する日付を 1 つ選択します。
    2. [範囲(Between)]:すべてのレコードが削除される日付範囲を選択します。
    ステップ 5   削除する CAR レコードの日付範囲を選択します。
    ステップ 6   [消去(Purge)] ボタンをクリックすると、指定した日付よりも古いか、指定した日付間のすべてのレコードが削除されます。

    指定したレコードを永久に削除しようとしていることを示すプロンプトが表示されます。

    ステップ 7   レコードを消去する場合は、[OK] ボタンをクリックします。[キャンセル(Cancel)] ボタンをクリックすると、消去操作が強制終了されます。

    [OK] をクリックした場合、選択したテーブルからレコードが消去されます。 レコードが正常に削除されると、テーブルから削除されたレコード数を示すステータス メッセージが表示されます。


    自動データベース消去の設定

    この項では、CAR データベースの自動消去をスケジュールし、無効にする方法について説明します。 システムでは、デフォルトで、自動データベース消去が有効に設定されています。

    手順
      ステップ 1   [システム(System)] > [データベース(Database)] > [自動消去の設定(Configure Automatic Purge)] を選択します。

      [データベースの自動消去の設定(Configure Automatic Database Purge)] ウィンドウが表示されます。 ウィンドウの上部に、使用されている CAR データベース領域の容量が % 単位で表示されます。 使用可能な最大の CAR データベース領域が MB 単位で表示されます。

      ステップ 2   [最低水準値(Low Water Mark)] ドロップダウン リスト ボックスから、システムで CAR データに使用する最大の CAR データベースサイズの、最小の割合(%)を選択します。 デフォルト値では、80 % が指定されます。
      ヒント   

      CAR データベース サイズが下限値または上限値に到達した場合、システムによって通知されます。CAR データベース サイズがレコードの最大数を超えた場合も、通知されます。 電子メール アラートの設定の詳細については、「メール サーバ パラメータの設定」を参照してください。

      ステップ 3   [最高水準値(High Water Mark)] ドロップダウン リスト ボックスから、システムで CAR データに使用する最大の CAR データベースサイズの、最大の割合(%)を選択します。 デフォルト値では、90 % が指定されます。
      ステップ 4   [コール詳細レコードの最大保存期間(Max Age of Call Detail Records)] フィールドに、CAR データベースで CDR を保持する最大日数を入力します。 1 ~ 180 の範囲内の数を入力してください。 デフォルト値では、60 日が指定されます。

      CAR により、指定した日数よりも古いすべての CDR が削除されます。

      (注)     

      このウィンドウのフィールドにデフォルト値を戻す場合は、[デフォルトに戻す(Restore Defaults)] ボタンをクリックします。

      ステップ 5   [更新(Update)] ボタンをクリックします。

      変更内容は、午前 0 時に有効になります。 変更をただちに有効にする場合は、Cisco CAR Scheduler サービスを再起動します。

      (注)     

      2M または HWM 制限を超える場合

      1. CAR は最も古い日付のパーティションからデータベースのパーティションを 1 つずつ削除します。
      2. CAR は次の条件のいずれかに該当する場合、消去を停止します。
        • レコード数が 2M または HWM 制限を下回った場合。
        • 課金テーブル内に直近 2 日間のパーティションしかない場合。

      課金テーブル内に多数の CDR があり、パーティションを削除してもレコード数が 2M または HWM 制限を下回らない場合、CAR はデータベースに少なくとも 2 日間のデータを保存します。

      データベースのレコード数が 2M または HWM 制限に達した場合

      1. CAR Loader は新しいレコードの処理を停止します。
      2. CAR は、レコード数が 2M または HWM 制限に達するまで最も古いパーティションからレコードの消去を開始します。

      レコードの削除後もレコード数が 2M または HWM 制限を下回らない場合、CAR は少なくとも 2 日間レコードを保持し、CAR Loader を停止します。 また、CAR は CAR 管理者に手動消去を続行するように電子メール通知を送信します。

      アップグレード後に、[データベースの自動消去の設定(Configure Automatic Database Purge)] > MAX DATABASE AGE パラメータは次のいずれかに変更されます。

      • 古いバージョンの MAX DATABASE AGE が 1 から 60 の場合、新しいバージョンで 60 に設定されます。
      • 古いバージョンの MAX DATABASE AGE が 60 から 180 の場合、新しいバージョンで同じ寿命に設定されます。
      • 古いバージョンの MAX DATABASE AGE が 180 より大きい場合は、新しいバージョンで 180 に設定されます。

      その他の資料

      • 『Cisco Unified Communications Operating System Administration Guide』
      • 『Cisco Unified Serviceability Administration Guide』
      • 『Cisco Unified Communications Manager Call Detail Records Administration Guide』