Cisco Unified CDR Analysis and Reporting アドミニストレーション ガイド リリース 9.1(1)
ユーザ レポートの結果の確認
ユーザ レポートの結果の確認
発行日;2013/05/07   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

ユーザ レポートの結果の確認

この章では、各 CAR ユーザ レポートの出力情報について説明します。

課金要約レポートの結果

レポートには、昇順のユーザ名別にグループで情報が表示されます。 要約レポートには、次のフィールドが含まれます(次の表を参照)。

表 1 要約レポートのフィールド

フィールド

説明

[コールの分類(Call Classification)]:コール カテゴリでクラスを指定します。

オン ネット(On Net)

1 つの Cisco Unified Communications Manager ネットワークから発信され、トランクを経由して、別の Cisco Unified Communications Manager ネットワークで終了する発信コール。 CAR の目的として、コールが [CAR ダイヤル プラン設定(CAR dial plan configuration)] ウィンドウでそのように設定されていれば、すべての発信コールが [オン ネット(On Net)] コールに分類される可能性があります。 ダイヤル プランの設定を参照してください。

内部(Internal)

Cisco Unified Communications Manager ネットワークから発信され、同じ Cisco Unified Communications Manager ネットワークで終了する(ゲートウェイやトランクは未使用)クラスタ内コールを含むコール。

ローカル(Local)

エリア コードがないか、またはローカル エリア コードのいずれかを含む番号へ公衆電話交換網(PSTN)を介してルーティングされる市内電話。

長距離(Long Distance)

Cisco Unified Communications Manager ネットワークから発信され、PSTN 経由で伝送される長距離電話。

国際(International)

Cisco Unified Communications Manager ネットワークから発信され、PSTN 経由で伝送される国際電話。

その他(Others)

フリー ダイヤル番号、911 などの緊急コールなど、その他のすべての発信コール。

QOS

各 QoS カテゴリのコールの数。 CAR 管理者が設定したパラメータにより、次の QoS カテゴリの基礎情報が示されます。

  • [Good]:これらのコールの QoS は、可能な最も高い品質を示します。
  • [Acceptable]:これらのコールの QoS は少し劣化していますが、依然、受け入れ可能な範囲内であることを示します。
  • [Fair]:これらのコールの QoS は劣化していますが、依然、使用可能な範囲内です。
  • [Poor]:これらのコールの QoS は、不十分として分類されます。
  • [NA]:これらのコールは、確立されているどの QoS カテゴリの基準にも合致しません。

QoS 値の定義およびゲートウェイ別 QoS レポートの生成を参照してください。

コール(Calls)

各コール分類のコール数を示します。

料金(Charge)

各コールに関連付けられている料金を示します。 CAR 管理者が CAR 評価エンジンに対して提供するコール料金情報により、料金の基礎情報が示されます。 CAR 評価エンジンを参照してください。

次の図は、個人用課金の要約レポートおよび部門課金の要約レポートの出力例です。

図 1. 個人課金の要約レポート例



図 2. 部門課金の要約レポート例



課金詳細レポートの結果

レポートには、昇順のユーザ名別にグループで情報が表示されます。 詳細レポートには、次のフィールドが含まれます(次の表を参照)。

表 2 詳細レポートのフィールド

フィールド

説明

日付(Date)

コールが発信された日付。

発信時刻(Orig. Time)

コールが発信された時刻。

発信(Orig.)

コールが発信された発信元番号。

着信(Dest.)

コールの発信先である接続先番号。

[コールの分類(Call Classification)]:コール カテゴリでクラスを指定します。

オン ネット(On Net)

1 つの Cisco Unified Communications Manager ネットワークから発信され、トランクを経由して、別の Cisco Unified Communications Manager ネットワークで終了する発信コール。 CAR の目的として、コールが [CAR ダイヤル プラン設定(CAR dial plan configuration)] ウィンドウでそのように設定されていれば、すべての発信コールが [オン ネット(On Net)] コールに分類される可能性があります。 ダイヤル プランの設定を参照してください。

内部(Internal)

Cisco Unified Communications Manager ネットワークから発信され、同じ Cisco Unified Communications Manager ネットワークで終了する(ゲートウェイやトランクは未使用)クラスタ内コールを含むコール。

ローカル(Local)

エリア コードがないか、またはローカル エリア コードのいずれかを含む番号へ公衆電話交換網(PSTN)を介してルーティングされる市内電話。

長距離(Long Distance)

Cisco Unified Communications Manager ネットワークから発信され、PSTN 経由で伝送される長距離電話。

国際(International)

Cisco Unified Communications Manager ネットワークから発信され、PSTN 経由で伝送される国際電話。

その他(Others)

フリー ダイヤル番号、911 などの緊急コールなど、その他のすべての発信コール。

QOS

各 QoS カテゴリのコールの数。 CAR 管理者が設定したパラメータにより、次の QoS カテゴリの基礎情報が示されます。

  • [Good]:これらのコールの QoS は、可能な最も高い品質を示します。
  • [Acceptable]:これらのコールの QoS は少し劣化していますが、依然、受け入れ可能な範囲内であることを示します。
  • [Fair]:これらのコールの QoS は劣化していますが、依然、使用可能な範囲内です。
  • [Poor]:これらのコールの QoS は、不十分として分類されます。
  • [NA]:これらのコールは、確立されているどの QoS カテゴリの基準にも合致しません。

QoS 値の定義およびゲートウェイ別 QoS レポートの生成を参照してください。

接続時間(秒)(Duration(s))

コールが接続されていた時間の長さ(秒単位)。

料金(Charge)

各コールに関連付けられている料金。 CAR 管理者が CAR 評価エンジンに対して提供するコール料金情報により、料金の基礎情報が示されます。 QoS 値の定義を参照してください。

次の図は、個人用課金の詳細レポートおよび部門課金の詳細レポートの出力例です。

図 3. 個人課金の詳細レポート例



図 4. 部門課金の詳細レポート例



料金別または接続時間別上位 N 件レポートの結果

料金別上位 N 件および接続時間別上位 N 件の各フィールドは、レポート タイプによって異なります。 レポートには、発信コールだけが表示されます。 表を参照してください。

表 3 料金別または接続時間別上位 N 件のフィールド

フィールド

説明

ユーザ別(By Individual Users)

ユーザ(User)

ユーザの名前。

コール(Calls)

コールの総数。

接続時間(秒)(Duration(s))

コールが接続されていた時間の長さ(秒単位)。

料金(Charge)

各コールに関連付けられている料金。 CAR 管理者が CAR 評価エンジンに対して提供するコール料金情報により、料金の基礎情報が示されます。 QoS 値の定義を参照してください。

接続先別(By Destinations)

着信(Dest)

コールの接続先。

コールの分類(Call Classification)

各コール分類の合計コール数。

コール(Calls)

コールの総数。

接続時間(Duration)

コールが接続されていた時間の長さ(秒単位)。

料金(Charge)

各コールに関連付けられている料金。 CAR 管理者が CAR 評価エンジンに対して提供するコール料金情報により、料金の基礎情報が示されます。 CAR 評価エンジンを参照してください。

コール数別(By Number of Calls)

ユーザ(User)

ユーザの名前。

日付(Date)

コールが発生した日付。

発信時刻(Orig Time)

コールが発信された時刻。

発信(Orig)

コールの発信元。

着信(Dest)

コールの接続先。

コールの分類(Call Classification)

各コール分類の合計コール数。

接続時間(Duration)

コールが接続されていた時間の長さ(秒単位)。

料金(Charge)

各コールに関連付けられている料金。 CAR 管理者が CAR 評価エンジンに対して提供するコール料金情報により、料金の基礎情報が示されます。 CAR 評価エンジンを参照してください。

図 1 および図 2 は、レポートの例です。

図 5. 接続先別上位 N 件の料金レポート例



図 6. 接続先別上位 N 件の接続時間レポート例



コール数別上位 N 件レポートの結果

コール数別上位 N 件レポートのフィールドは、レポート タイプによって異なります。 レポートには、着信コールと発信コールの両方が示されます。 表を参照してください。

表 4 コール数別上位 N 件レポートのフィールド

フィールド

説明

ユーザ別(By Individual Users)

ユーザ(Users)

ユーザの名前。

料金(Charge)

そのユーザへのすべてのコールの合計課金額。 CAR 管理者が CAR 評価エンジンに対して提供するコール料金情報により、料金の基礎情報が示されます。 CAR 評価エンジンを参照してください。

接続時間(秒)(Duration(s))

コールが接続されていた時間の長さ(秒単位)。

発信コール(Calls Made)

ユーザが発信したコールの合計数。

着信コール(Calls Received)

ユーザが受信したコールの合計数。

合計コール数(Total Calls)

着信コールおよび発信コールの合計数。

内線番号別(By Extensions)

内線番号(Extension No)

コールを発信および受信した内線番号。

料金(Charge)

そのユーザへのすべてのコールの合計課金額。 CAR 管理者が CAR 評価エンジンに対して提供するコール料金情報により、料金の基礎情報が示されます。 CAR 評価エンジンを参照してください。

接続時間(Duration)

コールが接続されていた時間の長さ(秒単位)。

発信コール(Calls Made)

ユーザが発信したコールの合計数。

着信コール(Calls Received)

ユーザが受信したコールの合計数。

合計コール数(Total Calls)

着信コールおよび発信コールの合計数。

図 1に、PDF 形式のユーザ別、コール数別上位 N 件レポートの出力例を示します。

図 7. コール数別上位 N 件レポートの出力例



アシスタントのコール使用状況詳細レポートの結果

Cisco Unified Communications Manager Assistant がサポートされているレポートには、アシスタントが自身のために処理したコールの数、アシスタントが各マネージャのために処理したコールの数、およびアシスタントが処理したコールの合計数が示されます。 レポートには、アシスタントが処理したコールおよびアシスタントがマネージャのために処理したコールについて、グループで情報が示されます。 詳細レポートには、次のフィールドが含まれます(次の表を参照)。

表 5 詳細レポートのフィールド

フィールド

説明

日付(Date)

コールが発信された日付。

発信時刻(Orig. Time)

コールが発信された時刻。

発信(Orig.)

コールが発信された発信元番号。

着信(Dest.)

コールの発信先である接続先番号。

コールの分類(Call Classification)

コール タイプ(内部、着信、など)。

接続時間(秒)(Duration (sec))

コールが接続されていた時間の長さ(秒単位)。

図 1 に、PDF 形式のアシスタントのコール使用状況詳細レポートからの出力例を示します。

図 8. アシスタントのコール使用状況詳細レポート



アシスタントのコール使用状況要約レポートの結果

Cisco Unified Communications Manager Assistant がサポートされているレポートには、アシスタントが自身のために処理したコールの数、およびアシスタントがマネージャのために処理したコールの数に関する情報が示されます。 レポートには、グループ別、アテンダント名別にコール情報が示されます。 要約レポートには、次のフィールドが含まれます(次の表を参照)。

表 6 要約レポートのフィールド

フィールド

説明

アシスタント-内線/マネージャ(Assistant-Extn/Manager)

アシスタントの名前および電話番号が示されます。 アシスタントがマネージャのためにコールを処理する場合、マネージャ名も表示されます。

[コールの分類(Call Classification)]:コール カテゴリでクラスを指定します。

内部(Internal)

Cisco Unified Communications Manager ネットワークから発信され、同じ Cisco Unified Communications Manager ネットワークで終了する(ゲートウェイやトランクは未使用)クラスタ内コールを含むコール。

ローカル(Local)

エリア コードがないか、またはローカル エリア コードのいずれかを含む番号へ公衆電話交換網(PSTN)を介してルーティングされる市内電話。

長距離(Long Distance)

Cisco Unified Communications Manager ネットワークから発信され、PSTN 経由で伝送される長距離電話。

国際(International)

Cisco Unified Communications Manager ネットワークから発信され、PSTN 経由で伝送される国際電話。

着信(Incoming)

Cisco Unified Communications Manager ネットワーク外から発信され、ゲートウェイ経由で Cisco Unified Communications Manager ネットワークに届く着信コール。

オン ネット(On Net)

1 つの Cisco Unified Communications Manager ネットワークから発信され、トランクを経由して、別の Cisco Unified Communications Manager ネットワークで終了する発信コール。 CAR の目的として、コールが [CAR ダイヤル プラン設定(CAR dial plan configuration)] ウィンドウでそのように設定されていれば、すべての発信コールが [オン ネット(On Net)] コールに分類される可能性があります。 ダイヤル プランの設定を参照してください。

その他(Others)

フリー ダイヤル番号、911 などの緊急コールなど、その他のすべての発信コール。

コール(Calls)

アシスタントが処理したコールの数、またはアシスタントがマネージャのために処理したコールの数。

接続時間(秒)(Duration (sec))

特定のコール分類のすべてのコールの合計接続時間。

次の図に、PDF 形式のアシスタントのコール使用状況要約レポートの出力例を示します。

図 9. アシスタントのコール使用状況要約レポート



マネージャのコール使用状況詳細レポートの結果

Cisco Unified Communications Manager Assistant がサポートされているレポートには、マネージャが自身のために処理したコールの数、およびアシスタントがマネージャのために処理したコールの数に関する情報が示されます。 レポートには、アシスタント名別にグループで情報が表示され、マネージャが処理したコールの合計数およびアシスタントがマネージャのために処理したコールの合計数が示されます。 詳細レポートには、次のフィールドが含まれます(次の表を参照)。

表 7 詳細レポートのフィールド

フィールド

説明

日付(Date)

コールが発信された日付。

発信時刻(Orig. Time)

コールが発信された時刻。

発信(Orig.)

コールが発信された発信元番号。

着信(Dest.)

コールの発信先である接続先番号。

コールの分類(Call Classification)

コール タイプ(内部、着信、など)。

接続時間(秒)(Duration (sec))

コールが接続されていた時間の長さ(秒単位)。

図 1に、マネージャのコール使用状況詳細レポートからの出力例を示します。

図 10. マネージャのコール使用状況詳細レポート



マネージャのコール使用状況要約レポートの結果

Cisco Unified Communications Manager Assistant がサポートされているレポートには、マネージャが自身のために処理したコールの数、およびアシスタントがマネージャのために処理したコールの数に関する情報が示されます。 レポートには、マネージャ名別にグループで情報が表示され、マネージャごとの処理されたコールの合計数が示されます。 レポートには、次のフィールドが含まれます(次の表を参照)。

表 8 要約レポートのフィールド

フィールド

説明

マネージャ - 内線/アシスタント(Manager-Extn/Assistant)

マネージャの名前および電話番号が示されます。 アシスタントがマネージャのためにコールを処理する場合、アシスタント名も表示されます。

[コールの分類(Call Classification)]:コール カテゴリでクラスを指定します。

内部(Internal)

Cisco Unified Communications Manager ネットワークから発信され、同じ Cisco Unified Communications Manager ネットワークで終了する(ゲートウェイやトランクは未使用)クラスタ内コールを含むコール。

ローカル(Local)

エリア コードがないか、またはローカル エリア コードのいずれかを含む番号へ公衆電話交換網(PSTN)を介してルーティングされる市内電話。

長距離(Long Distance)

Cisco Unified Communications Manager ネットワークから発信され、PSTN 経由で伝送される長距離電話。

国際(International)

Cisco Unified Communications Manager ネットワークから発信され、PSTN 経由で伝送される国際電話。

着信(Incoming)

Cisco Unified Communications Manager ネットワーク外から発信され、ゲートウェイ経由で Cisco Unified Communications Manager ネットワークに届く着信コール。

オン ネット(On Net)

1 つの Cisco Unified Communications Manager ネットワークから発信され、トランクを経由して、別の Cisco Unified Communications Manager ネットワークで終了する発信コール。 CAR の目的として、コールが [CAR ダイヤル プラン設定(CAR dial plan configuration)] ウィンドウでそのように設定されていれば、すべての発信コールが [オン ネット(On Net)] コールに分類される可能性があります。 ダイヤル プランの設定を参照してください。

その他(Others)

フリー ダイヤル番号、911 などの緊急コールなど、その他のすべての発信コール。

コール(Calls)

アシスタントまたはマネージャが処理したコールの合計数。

接続時間(Duration)

特定のコール分類のすべてのコールの合計接続時間。

次の図に、PDF 形式のマネージャのコール使用状況要約レポートの出力例を示します。

図 11. マネージャのコール使用状況要約レポート



IP Phone サービスのレポートの結果

Cisco IP Phone サービス レポートには、次のフィールドが含まれます(表を参照)。

表 9 Cisco Unified IP Phone サービス レポートのフィールド

フィールド

説明

Cisco IP Phone サービス(Cisco IP Phone Services)

選択されたサービスの名前。

登録者数(Number of Subscribers)

指定されたサービスの加入者の合計数。

加入率(% Subscription)

すべてのサービスの合計加入者数に対する、指定されたサービスに加入しているユーザの割合(%)。

図 1に、PDF 形式の Cisco IP Phone サービス レポートの出力例を示します。

図 12. Cisco IP Phone サービス レポートの出力例



その他の資料

  • 『Cisco Unified Communications Operating System Administration Guide』
  • 『Cisco Unified Serviceability Administration Guide』
  • 『Cisco Unified Communications Manager Call Detail Records Administration Guide』