Cisco Unified CDR Analysis and Reporting アドミニストレーション ガイド リリース 9.1(1)
CDR および CMR レコード
CDR および CMR レコード
発行日;2013/05/07   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

CDR および CMR レコード

この章では、CDR/CMR レコードをエクスポートする方法と、エクスポートしたレコードを表示する方法を説明します。

コンピュータ上の選択した場所に CDR/CMR ダンプ情報をエクスポートするには、Cisco Unified Communications Manager CDR Analysis and Reporting の [CDR] メニューの [CDR/CMR のエクスポート(Export CDR/CMR)] を使用します。 CDR/CMR ダンプは、CSV 形式です。 エクスポートされたレコードのダンプを表示することもできます。

CDR および CMR レコードのエクスポート

次の手順で、CDR/CMR レコードの結果をエクスポートする方法を説明します。

手順
    ステップ 1   CDR Analysis and Reporting から、[CDR] > [CDR/CMR のエクスポート(Export CDR/CMR)] を選択します。

    [CDR/CMR レコードのエクスポート(Export CDR/CMR records)] ウィンドウが表示されます。

    ステップ 2   [開始日(From Date)] ドロップダウン リスト ボックスと [終了日(To Date)] ドロップダウン リスト ボックスで、CDR/CMR ダンプの日付範囲を選択します。
    ステップ 3   [レコードの選択(Select records)] で、CDR レコードと CMR レコードのチェックボックスをオンにします。
    ステップ 4   [ファイルへのエクスポート(Export to File)] をクリックします。

    [CDR/CMR レコードのエクスポート結果(Export CDR/CMR records Result)] ウィンドウが表示されます。 CDR および CMR レコード結果の表示を参照してください。


    関連資料

    CDR および CMR レコード結果の表示

    次の手順で、エクスポートした CDR/CMR レコード結果を表示する方法を説明します。

    はじめる前に

    次の手順を開始する前に、CDR および CMR レコードのエクスポートのすべての手順を実行してください。

    手順
      ステップ 1   [CDR/CMR レコードのエクスポート結果(Export CDR/CMR Record Results)] ウィンドウで、[CDR Dump] リンクまたは [CMR Dump] リンクを右クリックします。

      次のオプションを含むポップアップ ウィンドウが表示されます。

      1. [開く(Open)]:このオプションは、同じウィンドウで、CDR/CMR ダンプを含むウィンドウを開きます。
      2. [新しいウィンドウで開く(Open in a New Window)]:このオプションでは、新しいウィンドウで、CDR/CMR ダンプを含むウィンドウを開きます。
      3. [対象をファイルに保存...(Save Target As...)]:このオプションは、CDR/CMR ダンプをコンピュータ上の指定した場所に保存します。
      4. [対象を印刷(Print Target)]:このオプションは、CDR/CMR ダンプ情報を印刷します。
      5. [ショートカットのコピー(Copy Shortcut)]:このオプションは、ウィンドウ ショートカットを他のファイルにペーストできるようにコピーします。
      6. [お気に入りに追加(Add to Favorites)]:このオプションは、[お気に入り(Favorites)] フォルダに CDR/CMR ダンプを追加すします。
      7. [プロパティ(Properties)]:このオプションは、CDR/CMR ダンプ ファイルのプロパティを表示します。
      ステップ 2   ポップアップ ウィンドウから、オプションの 1 つを選択します。
      ステップ 3   CDR/CMR ダンプをコンピュータに保存するように選択した場合は、ダンプを保存する場所を選択し、[保存(Save)] をクリックします。 ダウンロードが完了したら、ダウンロードした場所でファイルを見つけて、開くことができます。
      ステップ 4   CDR ダンプまたは CMR ダンプを削除するには、[ファイルの削除(Delete File)] チェックボックスをオンにし、[戻る(Back)] または [閉じる(Close)] をクリックします。

      ファイルが削除されます。

      (注)     

      [ファイルの削除(Delete File)] チェックボックスをオンにしない(たとえば、CDR ダンプ ファイルまたは CMR ダンプ ファイルが削除されないまま残される)場合、日々行われるバックグラウンド処理でファイルが削除されます。 CDR ダンプ ファイルと CMR ダンプ ファイルはサイズが大きいため、シスコでは、サーバ側のディスク使用を避けるために、ファイルをローカル ディスクにダウンロードして、サーバからは削除することを推奨しています。


      関連資料

      その他の資料

      • 『Cisco Unified Communications Operating System Administration Guide』
      • 『Cisco Unified Serviceability Administration Guide』
      • 『Cisco Unified Communications Manager Call Detail Records Administration Guide』