Cisco Unified CDR Analysis and Reporting アドミニストレーション ガイド リリース 9.1(1)
課金ユーザ レポート
課金ユーザ レポート
発行日;2013/05/07   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

課金ユーザ レポート

CAR では、次の 3 レベルのユーザ向けにレポート機能が用意されています。

  • 管理者:ロード バランシング、システム パフォーマンス、トラブルシューティングの参考にできるシステム レポートを生成します。
  • マネージャ:予算編成またはセキュリティを目的とする場合や、コールの音声品質を判断する場合のコール モニタリングに役立つユーザ、部門、および QoS に関するレポートを生成します。
  • 個々のユーザ:コールの課金レポートを生成します。

この章は次のトピックで構成されています。


(注)  


ユーザの職務権限によっては、この章で説明している各レポートにアクセスできない場合があります。


課金レポート

個人課金では、指定する日付範囲のコール情報が示されます。 システムにより自動生成されたレポートを表示することも、新しいレポートを生成することもできます。 レポートの自動生成をスケジューリングできるのは、CAR 管理者だけです。 管理者の場合は、詳細についてCAR レポートの自動生成とアラートを参照してください。

部門課金では、コール情報および QoS レーティングが示されます。 マネージャの場合、部下であるすべてのユーザが行ったコール、またはマネージャが選択したユーザのみの、コールの要約レポートまたは詳細レポートを生成できます。

CAR 管理者の場合、システム内の一部またはすべてのユーザが行ったコールの要約レポートまたは詳細レポートを生成できます。 このレポートは、システム全体でユーザ レベルでのすべてのコールを追跡する場合に参考にできます。

ここでは、次の手順について説明します。

個人課金レポートの生成

この項では、ユーザ、マネージャ、および管理者に関する要約情報レポートまたは詳細情報レポートを参照する方法、またはメール送信する方法について説明します。 管理者ユーザは、このレポートにはアクセスできません。

個人課金レポートを設定する前に、レポートに含まれるユーザごとに、オーナー ユーザ ID が割り当てられたデバイスが Cisco Unified Communications Manager Administration に存在することを確認する必要があります。 次の手順を使用して、オーナー ユーザ ID を作成します。

手順
    ステップ 1   Cisco Unified Communications Manager Administration で、[デバイス(Device)] > [新規電話を追加(Add a New Phone)] > [電話(Phone)] > [電話の設定(Phone Configuration)] を選択します。
    ステップ 2   デバイスとユーザの情報を追加します。
    (注)     

    エクステンション モビリティ機能がデバイスでイネーブルになっていて、ユーザが電話にログインし、コールを発信する場合、CDR で記録されるユーザ ID が、ログインしているユーザ ID に一致する必要があります。 エクステンション モビリティ機能がデバイスでイネーブルになっていない場合、CDR で記録されるユーザ ID は、デバイスで設定されている「オーナー ユーザ ID」と等しくなります。 ユーザ ID もオーナー ユーザ ID も設定されていない状況(つまり、エクステンション モビリティ機能がイネーブルではなく、オーナー ユーザ ID が設定されていない場合)では、CDR の [ユーザ ID(User ID)] フィールドはブランクで記録されます。 この状況では、CAR は CDR をロードするときに、デフォルトのユーザ ID である「_unspecified user」を使用します。また、「_unspecifieduser」という名前のユーザは Cisco Unified CM データベースには存在しないため、CDR は個人課金レポートには表示されません。 ディレクトリで特定のエンド ユーザのレポートを検索する場合、そのエンド ユーザのユーザ ID がデバイスのオーナー ユーザ ID として設定されているか、またはそのエンド ユーザが、エクステンション モビリティ機能がイネーブルなデバイスにログインしている必要があります。

    これで、個人課金レポートを設定する準備が整いました。

    ステップ 3   次のいずれかの作業を実行します。
    1. ユーザまたはマネージャの場合は、[課金(Bills)] > [個人(Individual)] を選択します。
    2. CAR 管理者の場合は、[ユーザ レポート(User Reports)] > [課金(Bills)] > [個人(Individual)] を選択します。

      [個人課金(Individual Bill)] ウィンドウが表示されます。

    ステップ 4   [レポート タイプ(Report Type)] フィールドで、[要約(Summary)] または [詳細(Detail)] を選択します。

    要約レポートには、コールの分類([内部(Internal)]、[ローカル(Local)]、[長距離(Long Distance)]、[国際(International)]、または [オン ネット(On Net)])、QoS 情報、発信された合計コール数、および発生した料金など、選択した期間のすべてのコールの要約が示されます。 詳細レポートには、選択した期間のすべてのコールについて、CAR での評価エンジン設定に基づいて、コールの日付、コールの発信時刻、発信元番号(発信者番号)、接続先番号(着信者番号)、コールの分類([オン ネット(On Net)]、[内部(Internal)]、[ローカル(Local)]、[長距離(Long Distance)]、[国際(International)]、または [その他(Others)])、QoS 情報、コールの接続時間(秒単位)、およびコールの料金が示されます。

    ステップ 5   [使用可能なレポート(Available Reports)] フィールドで、自動生成レポート(選択可能な場合)を選択し、ステップ 8 に進むか、または、デフォルトの [新規レポートの作成(Generate New Report)] を使用し、ステップ 6 に進みます。
    (注)     

    自動生成レポートは、CAR 管理者としてログインしている場合のみ選択できます。 マネージャまたは個人ユーザとしてログインしている場合、自動生成レポートは、ドロップダウン リスト ボックスに表示されません。

    ステップ 6   コール情報を確認する期間の日付範囲を選択します。
    ステップ 7   レポートを CSV 形式にするには、[レポート形式(Report Format)] エリアで [CSV](カンマ区切り値)を選択します。 CSV 形式のレポートには、20,000 レコードまでという制限があります。 レポートを PDF 形式にするには、[レポート形式(Report Format)] エリアで [PDF](PDF 形式)を選択します。 PDF 形式のレポートには、5000 レコードまでという制限があります。
    ステップ 8   [レポートの表示(View Report)] ボタンをクリックします。

    レポートが表示されます。

    ステップ 9   レポートを電子メールで送信する場合は、[レポートの送信(Send Report)] ボタンをクリックします。 レポートを送信するには、メール レポートで説明されている手順を実行します。

    関連資料

    部門課金レポートの生成

    この項では、部門課金に関する要約情報または詳細情報を生成する方法、参照する方法、または、メール送信する方法について説明します。 アプリケーション ユーザは、このレポートにはアクセスできません。

    部門課金レポートを設定する前に、レポートに含まれるユーザごとに、オーナー ユーザ ID とマネージャ ユーザ ID が割り当てられたデバイスが Cisco Unified Communications Manager Administration に存在することを確認する必要があります。 次の手順を使用して、ユーザごとに、デバイス、オーナー ユーザ ID、関連付けられるマネージャ ユーザ ID を追加します。

    手順
      ステップ 1   Cisco Unified Communications Manager Administration で、[デバイス(Device)] > [電話(Phone)] > [新規電話を追加(Add a New Phone)] > [電話の設定(Phone Configuration)] を選択します。
      ステップ 2   デバイスとユーザの情報を追加します。
      ステップ 3   Cisco Unified Communications Manager Administration で、[ユーザ管理(User Management)] > [エンド ユーザ(End User)] > [追加(Add)] を選択します。
      ステップ 4   エンド ユーザ情報に、マネージャ ユーザ ID 情報を追加します。
      (注)     

      エクステンション モビリティ機能がデバイスでイネーブルになっていて、ユーザが電話にログインし、コールを発信する場合、CDR で記録されるユーザ ID が、ログインしているユーザ ID に一致する必要があります。 エクステンション モビリティ機能がデバイスでイネーブルになっていない場合、CDR で記録されるユーザ ID は、デバイスに設定されている「オーナー ユーザ ID」です。 ユーザ ID もオーナー ユーザ ID も設定されていない状況(つまり、エクステンション モビリティ機能がイネーブルではなく、オーナー ユーザ ID が設定されていない場合)では、CDR の [ユーザ ID(User ID)] フィールドはブランクで記録されます。 この状況では、CAR は CDR をロードするときに、デフォルトのユーザ ID である「_unspecified user」を使用します。また、「_unspecifieduser」という名前のユーザは Cisco Unified CM データベースには存在しないため、CDR は部門課金ユーザ レポートには表示されません。 ディレクトリで特定のエンド ユーザのレポートを検索する場合、そのエンド ユーザのユーザ ID がデバイスのオーナー ユーザ ID として設定されているか、またはそのエンド ユーザが、エクステンション モビリティ機能がイネーブルなデバイスにログインしている必要があります。

      これで、部門課金レポートを設定する準備が整いました。

      ステップ 5   次のいずれかの作業を実行します。
      1. マネージャの場合は、[課金(Bills)] > [部門(Department)] を選択します。
      2. CAR 管理者の場合は、[ユーザ レポート(User Reports)] > [課金(Bills)] > [部門(Department)] を選択します。

        [部門課金(Department Bill)] ウィンドウが表示されます。

      ステップ 6   [レポート タイプ(Report Type)] フィールドで、[要約(Summary)] または [詳細(Detail)] を選択します。

      要約レポートには、コールの分類([オン ネット(On Net)]、[内部(Internal)]、[ローカル(Local)]、[長距離(Long Distance)]、[国際(International)]、[着信(Incoming)]、[タンデム(Tandem)]、または [その他(Others)])、QoS 情報、発信された合計コール数、および発生した料金など、選択した期間のすべてのコールの要約が示されます。 詳細レポートには、選択した期間のすべてのコールについて、CAR での評価エンジン設定に基づいて、コールの日付、コールの発信時刻、発信元番号(発信者番号)、接続先番号(着信者番号)、コールの分類([オン ネット(On Net)]、[内部(Internal)]、[ローカル(Local)]、[長距離(Long Distance)]、[国際(International)]、または [その他(Others)])、QoS 情報、コールの接続時間(秒単位)、およびコールの料金が示されます。

      ステップ 7   [使用可能なレポート(Available Reports)] フィールドで、自動生成レポート(選択可能な場合)を選択し、ステップ 17 に進むか、または、デフォルトの [新規レポートの作成(Generate New Report)] を使用し、ステップ 8 に進みます。
      (注)     

      自動生成レポートは、CAR 管理者としてログインしている場合のみ選択できます。 マネージャとしてログインしている場合、自動生成レポートは、ドロップダウン リスト ボックスに表示されません。

      ステップ 8   コール情報を確認する期間の日付範囲を選択します。
      ステップ 9   マネージャの場合は、ステップ 10 に進みます。CAR 管理者の場合は、ステップ 14 に進みます。
      ステップ 10   すべての番号レポートを選択する場合は、[すべてのレポート対象者を選択(Select All Reportees)] チェックボックスをオンに設定します。

      [レポート対象者のリスト(List of Reportees)] に、番号レポートが表示されます。

      (注)     

      [下へ(Down)] ボタンをクリックし、番号レポートを確認します。 レポート チェーン情報の上下に移動する場合は、[上へ(Up)] ボタンおよび [下へ(Down)] ボタンを使用します。

      ステップ 11   個別のレポート対象者を選択する場合は、[レポート対象者のリスト(List of Reportees)] に表示されているレポートを選択します。
      ステップ 12   [追加(Add)] ボタンをクリックします。

      部門課金には、[選択されたレポート対象者(Selected Reportees)] ボックスにリストが表示されているユーザだけが含まれます。

      ステップ 13   特定のユーザの下のレポート対象者を参照する場合は、ユーザを選択し、[下へ(Down)] ボタンをクリックします。

      選択したユーザのすべてのレポート対象者が表示されます。

      ステップ 14   CAR 管理者の場合は、[すべてのユーザを選択(Select All Users)] チェックボックスをオンにして、すべてのユーザを含めます。 マネージャの場合は、ステップ 16 に進みます。
      ステップ 15   個々のユーザを指定する場合は、レポートに含めるユーザのユーザ ID を [ユーザ ID(User ID)] フィールドに入力します。 [追加(Add)] ボタンをクリックします。

      用意されているユーザ検索機能を使用することもできます。 検索機能の使用方法については、ユーザの検索を参照してください。

      ステップ 16   レポートを CSV 形式にするには、[レポート形式(Report Format)] エリアで [CSV](カンマ区切り値)を選択します。 CSV 形式のレポートには、20,000 レコードまでという制限があります。 レポートを PDF 形式にするには、[レポート形式(Report Format)] エリアで [PDF](PDF 形式)を選択します。 PDF 形式のレポートには、5000 レコードまでという制限があります。
      ステップ 17   [レポートの表示(View Report)] ボタンをクリックします。

      レポートが表示されます。

      ステップ 18   レポートを電子メールで送信する場合は、[レポートの送信(Send Report)] ボタンをクリックします。 レポートを送信するには、メール レポートで説明されている手順を実行します。

      関連資料

      その他の資料

      • 『Cisco Unified Communications Operating System Administration Guide』
      • 『Cisco Unified Serviceability Administration Guide』
      • 『Cisco Unified Communications Manager Call Detail Records Administration Guide』