Cisco Unified CDR Analysis and Reporting アドミニストレーション ガイド リリース 9.1(1)
会議ブリッジ デバイス レポート
会議ブリッジ デバイス レポート
発行日;2013/05/07   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

会議ブリッジ デバイス レポート

CAR は、管理者、マネージャ、個々のユーザの 3 つのレベルのユーザのためのレポート機能を提供します。 会議ブリッジ デバイス レポートを生成できるのは、CAR 管理者だけです。

デバイス レポートは、会議ブリッジ、ボイス メッセージ サーバ、ゲートウェイなどの Cisco Unified Communications Manager 関連のデバイスの負荷とパフォーマンスを追跡します。

この章は次のトピックで構成されています。

会議コールの詳細の生成

会議コール詳細レポートを生成できるのは、CAR 管理者だけです。 会議コール詳細レポートでは、会議コールの詳細情報を生成して表示できます。

ここでは、会議コール詳細レポートを生成し、表示したり、メールで送信したりする方法を説明します。

手順
    ステップ 1   [デバイスレポート(Device Reports)] > [会議ブリッジ(Conference Bridge)] > [コールの詳細(Call Details)] を選択します。

    [会議コールの詳細(Conference Call Details)] ウィンドウが表示されます。

    ステップ 2   [レポートタイプ(Report Type)] ドロップダウン メニューで、[要約(Summary)] または [詳細(Detail)] を選択します。
    ステップ 3   [使用可能なレポート(Available Reports)] フィールドで、自動生成レポート(選択可能な場合)を選択し、ステップ 7に進むか、または、デフォルト設定 [新規レポートの作成(Generate New Report)] を使用し、ステップ 4に進みます。
    ステップ 4   [会議タイプの選択(Select Conference Types)] で、次の表に示すとおり、レポートに含める会議の種類のチェックボックスをオンにします。
    表 1 [会議コールの詳細(Conference Calls Detail)] フィールド

    パラメータ

    説明

    アドホック

    アドホック会議では、会議コントローラが、決まった参加者だけを会議に参加させることができます。

    ミートミー

    ミートミー会議では、ユーザが会議にダイヤルインできます。

    ステップ 5   [新規レポートの作成(Generate New Report)] を選択した場合は、会議コールの詳細を見たい期間の日付範囲を入力します。
    (注)     

    日時の範囲は 1 か月を過ぎないようにしてください。

    ステップ 6   レポートを CSV 形式にするには、[レポート形式(Report Format)] エリアで [CSV](カンマ区切り値)を選択します。 CSV 形式のレポートには、20,000 レコードまでという制限があります。 レポートを PDF 形式にするには、[レポート形式(Report Format)] エリアで [PDF](PDF 形式)を選択します。 PDF 形式のレポートには、5000 レコードまでという制限があります。
    ステップ 7   [レポートの表示(View Report)] ボタンをクリックします。

    レポートが表示されます

    ステップ 8   レポートを電子メールで送信する場合は、[レポートの送信(Send Report)] ボタンをクリックします。 レポートを送信するには、メール レポートで説明されている手順を実行します。

    関連資料

    会議ブリッジ使用状況レポートの生成

    会議ブリッジ使用状況レポートを生成できるのは、CAR 管理者だけです。 このレポートは、一定期間の会議ブリッジの使用率(OnDemand レポートに選択されているすべての会議ブリッジの累積使用率)(%)の推定値を提供します。正確な使用率ではありません。 たとえば、11 時と 12 時の間の会議ブリッジの使用率は((その 1 時間に会議ブリッジを使用したコールの継続時間の合計)/(選択されている fromDate から toDate までの間の日数 × 会議ブリッジ内での最大ストリーム数 × 1 時間内の最大継続秒数)× 100))として計算されます。 計算された値は、レポートに 11 時と 12 時の間のその時間の使用率として報告されます。 使用率は、1 日の各時間について、または各週や各月の指定した日数に基づいて調べることができます。

    システムにより自動生成されたレポートを表示することも、新しいレポートを生成することもできます。 レポートの自動生成をスケジューリングできるのは、CAR 管理者だけです。 詳細については、CAR システム スケジューラを参照してください。

    ここでは、各会議ブリッジ タイプについて、会議ブリッジ使用状況レポートを生成し、表示したり、メールで送信したりする方法を説明します。

    手順
      ステップ 1   [デバイスレポート(Device Reports)] > [会議ブリッジ(Conference Bridge)] > [使用状況(Utilization)] を選択します。

      [会議ブリッジの使用状況(Conference Bridge Utilization)] ウィンドウが表示されます。

      ステップ 2   [レポートの作成(Generate Report)] フィールドで、次の表に示すように、時間を選択します。
      表 2 [レポートの作成(Generate Report)] フィールド

      パラメータ

      説明

      時間(Hour of Day)

      ステップ 6 で指定する期間の各時間の累積使用率を 24 時間形式で表示します。

      曜日(Day of Week)

      ステップ 6 で指定する期間内の曜日における累積使用状況を表示します。

      日付(Day of Month)

      ステップ 6 で指定する期間内の日付における累積使用状況を表示します。

      ステップ 3   [使用可能なレポート(Available Reports)] フィールドで、自動生成されたレポートを選択して(ある場合)ステップ 8に進むか、デフォルトの [新規レポートの作成(Generate New Report)] を使用してステップ 4に進みます。
      ステップ 4   左側のペインの [会議ブリッジタイプ(Conference Bridge Types)] カラムから、使用状況レポートに含める会議ブリッジ タイプを選択します。

      指定した会議ブリッジ タイプの会議ブリッジが、[デバイスのリスト(List of Devices)] ボックスに表示されます。

      (注)     

      このレポートについて、最大 5 つの会議ブリッジを選択します。

      ステップ 5   レポートに含めるすべての会議ブリッジを選択したら、下向き矢印をクリックして、それらを [選択されたデバイス(Selected Devices)] ボックスに追加します。
      ステップ 6   [新規レポートの作成(Generate New Report)] を選択した場合は、コール情報を参照する期間の日付範囲を入力します。
      (注)     

      日時の範囲は 1 か月を過ぎないようにしてください。

      ステップ 7   レポートを CSV 形式にするには、[レポート形式(Report Format)] エリアで [CSV](カンマ区切り値)を選択します。 レポートを PDF 形式にするには、[レポート形式(Report Format)] エリアで [PDF](PDF 形式)を選択します。
      ステップ 8   [レポートの表示(View Report)] ボタンをクリックします。

      レポートが表示されます

      ステップ 9   レポートを電子メールで送信する場合は、[レポートの送信(Send Report)] ボタンをクリックします。 レポートを送信するには、メール レポートで説明されている手順を実行します。

      関連資料

      その他の資料

      • 『Cisco Unified Communications Operating System Administration Guide』
      • 『Cisco Unified Serviceability Administration Guide』
      • 『Cisco Unified Communications Manager Call Detail Records Administration Guide』