Cisco Unified CDR Analysis and Reporting アドミニストレーション ガイド リリース 9.1(1)
ゲートウェイ デバイス レポート
ゲートウェイ デバイス レポート
発行日;2013/05/07   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

ゲートウェイ デバイス レポート

CAR は、管理者、マネージャ、個々のユーザの 3 つのレベルのユーザのためのレポート機能を提供します。 デバイス レポートを生成できるのは、管理者だけです。

デバイス レポートは、会議ブリッジ、ボイス メッセージ サーバ、ゲートウェイなどの Cisco Unified Communications Manager 関連のデバイスの負荷とパフォーマンスを追跡します。

ゲートウェイ レポートを生成できるのは、CAR 管理者だけです。 ここでは、ゲートウェイ詳細レポート、ゲートウェイ要約レポート、およびゲートウェイ使用状況レポートの設定を行う方法を説明します。

ゲートウェイ詳細レポートの生成

CAR 管理者だけが、ゲートウェイ詳細レポートを生成できます。 ゲートウェイ詳細レポートを使用すれば、特定のゲートウェイでの問題を追跡できます。

この項では、選択したゲートウェイに関する詳細情報を生成する方法、参照する方法、およびメール送信する方法について説明します。

手順
    ステップ 1   [デバイス レポート(Device Reports)] > [ゲートウェイ(Gateway)] > [詳細(Detail)] を選択します。

    [ゲートウェイの詳細(Gateway Detail)] ウィンドウが表示されます。

    ステップ 2   レポートに含めることができるゲートウェイのリストを表示するには、[ゲートウェイのリスト(List of Gateways)] ボックスで次のいずれかの作業を実行します。
    1. [ゲートウェイのリスト(List of Gateways)] ボックス内のすべてのゲートウェイを表示するには、ウィンドウの左側のカラムの [ゲートウェイ タイプ(Gateway Types)] をクリックします。
    2. [ゲートウェイのリスト(List of Gateways)] ボックス内の特定のゲートウェイ タイプのゲートウェイを表示するには、ウィンドウの左側のカラムの[ゲートウェイ タイプ(Gateway Types)] の横にあるアイコンをクリックします。 ツリー構造が展開されて、ゲートウェイ タイプのリストが表示されます。 リストからゲートウェイ タイプを選択します。ゲートウェイの名前が [ゲートウェイのリスト(List of Gateways)] ボックスに表示されます。
      (注)     

      [ゲートウェイのリスト(List of Gateways)] には、選択したゲートウェイ タイプに設定されているゲートウェイが最大 200 個リスト表示されます。

    3. 設定されたルート パターン/ハント パイロットに関連付けられているすべてのゲートウェイを表示するには、ウィンドウの左側のカラムの [ルート パターン/ハント パイロット(Route/Patterns/Hunt Pilots)] をクリックします。
    4. ゲートウェイ タイプではなく、特定のルート パターンを使用するゲートウェイを表示するには、ウィンドウの左側のカラムの [ルート パターン/ハント パイロット(Route/Patterns/Hunt Pilots)] の横にあるアイコンをクリックします。 ツリー構造が展開されて、ルート パターン/ハントのリストが表示されます。 リストからルート パターン/ハント パイロットを選択します。ゲートウェイの名前が、[ゲートウェイのリスト(List of Gateways)] ボックスに表示されます。
      (注)     

      ウィンドウの左側のカラムの [ルート パターン/ハント パイロット(Route Patterns/Hunt Pilots)] ボックスにルート パターン/ハント リストの名前の一部を入力して、特定のルート パターン/ハント リストを検索することもできます。 CAR が、検索文字列に一致するルート パターン/ハント リストを検索します。

    ステップ 3   [ゲートウェイのリスト(List of Gateways)] ボックスで、レポートに含めるゲートウェイを選択します。
    (注)     

    一度に最大 5 つのゲートウェイのレポートを生成できます。

    ステップ 4   選択したゲートウェイを [選択されたゲートウェイ(Selected Gateways)] ボックスのリストに移動するには、下矢印をクリックします。

    選択したゲートウェイが、[選択されたゲートウェイ(Selected Gateways)] ボックスに表示されます。

    ステップ 5   [コール タイプの選択(Select Call Types)] 領域で、レポートに含めるコール タイプのチェックボックスをオンにします。 次の表にコール タイプを示します。
    表 1 コール タイプ別ゲートウェイの詳細

    コール タイプ

    説明

    オン ネット(On Net)

    1 つの Cisco Unified Communications Manager ネットワークから発信され、トランクを経由して、別の Cisco Unified Communications Manager ネットワークで終了する発信コール。 CAR の目的として、コールが [CAR ダイヤル プラン設定(CAR dial plan configuration)] ウィンドウでそのように設定されていれば、すべての発信コールが [オン ネット(On Net)] コールに分類される可能性があります。 ダイヤル プランの設定を参照してください。

    ローカル(Local)

    エリア コードがないか、またはローカル エリア コードのいずれかを含む番号へ公衆電話交換網(PSTN)を介してルーティングされる市内電話。

    長距離(Long Distance)

    Cisco Unified Communications Manager ネットワークから発信され、PSTN 経由で伝送される長距離電話。

    国際(International)

    Cisco Unified Communications Manager ネットワークから発信され、PSTN 経由で伝送される国際電話。

    着信(Incoming)

    Cisco Unified Communications Manager ネットワーク外から発信され、ゲートウェイ経由で Cisco Unified Communications Manager ネットワークに届く着信コール。

    タンデム(Tandem)

    Cisco Unified Communications Manager ネットワーク外から発信され、ゲートウェイ経由で Cisco Unified Communications Manager ネットワークに届き、Cisco Unified Communications Manager ネットワークからゲートウェイ経由で外部に転送される着信コール。

    その他(Others)

    フリー ダイヤル番号、911 などの緊急コールなど、その他のすべての発信コール。

    ステップ 6   [QoS の選択(Select QoS)] 領域で、レポートに含める音声品質カテゴリのチェックボックスをオンにします。 次の表のパラメータが、全音声品質カテゴリの基準を提供します。
    表 2 ゲートウェイの詳細の音声品質

    音質

    説明

    Good

    これらのコールの QoS は、可能な最も高い品質を示します。

    Acceptable

    これらのコールの QoS は、少し劣化していますが、依然、受け入れ可能な範囲内です。

    Fair

    これらのコールの QoS は劣化していますが、依然、使用可能な範囲内です。

    Poor

    これらのコールの QoS は、満足できない品質を示しています。

    NA

    これらのコールは、確立されている QoS カテゴリのいずれの基準にも一致しません。

    ステップ 7   コール情報を確認する期間の日付範囲を選択します。
    (注)     

    日時の範囲は 1 か月を過ぎないようにしてください。

    ステップ 8   レポートを CSV 形式にするには、[レポート形式(Report Format)] エリアで [CSV](カンマ区切り値)を選択します。 CSV 形式のレポートには、20,000 レコードまでという制限があります。 レポートを PDF 形式にするには、[レポート形式(Report Format)] エリアで [PDF](PDF 形式)を選択します。 PDF 形式のレポートには、5000 レコードまでという制限があります。
    ステップ 9   [レポートの表示(View Report)] ボタンをクリックします。

    レポートが表示されます。

    ステップ 10   レポートを電子メールで送信する場合は、[レポートの送信(Send Report)] ボタンをクリックします。 レポートを送信するには、メール レポートで説明されている手順を実行します。

    関連資料

    ゲートウェイ要約レポートの生成

    CAR 管理者だけが、ゲートウェイ要約レポートを生成できます。 このレポートには、ゲートウェイを通過したすべてのコールの要約が示されます。 この情報は、ゲートウェイを通過するコールのトラフィックと QoS をモニタするために使用できます。

    システムにより自動生成されたレポートを表示することも、新しいレポートを生成することもできます。 レポートの自動生成をスケジューリングできるのは、CAR 管理者だけです。 詳細については、CAR システム パラメータを参照してください。

    この項では、ゲートウェイに関する要約情報を生成する方法、参照する方法、またはメール送信する方法について説明します。

    手順
      ステップ 1   [デバイス レポート(Device Reports)] > [ゲートウェイ(Gateway)] > [要約(Summary)] を選択します。

      [ゲートウェイの要約(Gateway Summary)] ウィンドウが表示されます。

      ステップ 2   [使用可能なレポート(Available Reports)] フィールドで、自動生成レポート(選択可能な場合)を選択し、ステップ 6 に進むか、または、デフォルト設定の [新規レポートの作成(Generate New Report)] を使用し、ステップ 3 に進みます。
      ステップ 3   [コール タイプの選択(Select Call Types)] 領域で、レポートに含めるコール タイプのチェックボックスをオンにします。 次の表にコール タイプを示します。
      ヒント   

      すべてのチェックボックスをオンにするには [すべて選択(Select All)] をクリックし、チェックボックスをオフにするには [すべてクリア(Clear All)] をクリックします。

      表 3 コール タイプ別ゲートウェイの要約

      コール タイプ

      説明

      オン ネット(On Net)

      1 つの Cisco Unified Communications Manager ネットワークから発信され、トランクを経由して、別の Cisco Unified Communications Manager ネットワークで終了する発信コール。 CAR の目的として、コールが [CAR ダイヤル プラン設定(CAR dial plan configuration)] ウィンドウでそのように設定されていれば、すべての発信コールが [オン ネット(On Net)] コールに分類される可能性があります。 ダイヤル プランの設定を参照してください。

      内部(Internal)

      Cisco Unified Communications Manager ネットワークから発信され、同じ Cisco Unified Communications Manager ネットワークで終了する(ゲートウェイやトランクは未使用)クラスタ内コールを含むコール。

      ローカル(Local)

      エリア コードがないか、またはローカル エリア コードのいずれかを含む番号へ公衆電話交換網(PSTN)を介してルーティングされる市内電話。

      長距離(Long Distance)

      Cisco Unified Communications Manager ネットワークから発信され、PSTN 経由で伝送される長距離電話。

      国際(International)

      Cisco Unified Communications Manager ネットワークから発信され、PSTN 経由で伝送される国際電話。

      着信(Incoming)

      Cisco Unified Communications Manager ネットワーク外から発信され、ゲートウェイ経由で Cisco Unified Communications Manager ネットワークに届く着信コール。

      タンデム(Tandem)

      Cisco Unified Communications Manager ネットワーク外から発信され、ゲートウェイ経由で Cisco Unified Communications Manager ネットワークに届き、Cisco Unified Communications Manager ネットワークからゲートウェイ経由で外部に転送される着信コール。

      その他(Others)

      フリー ダイヤル番号、911 などの緊急コールなど、その他のすべての発信コール。

      ステップ 4   [新規レポートの作成(Generate New Report)] を選択した場合は、レポートを生成する期間の日付範囲を選択します。
      ステップ 5   レポートを CSV 形式にするには、[レポート形式(Report Format)] エリアで [CSV](カンマ区切り値)を選択します。 CSV 形式のレポートには、20,000 レコードまでという制限があります。 レポートを PDF 形式にするには、[レポート形式(Report Format)] エリアで [PDF](PDF 形式)を選択します。 PDF 形式のレポートには、5000 レコードまでという制限があります。
      ステップ 6   [レポートの表示(View Report)] ボタンをクリックします。

      レポートが表示されます。

      ステップ 7   レポートを電子メールで送信する場合は、[レポートの送信(Send Report)] ボタンをクリックします。 レポートを送信するには、メール レポートで説明されている手順を実行します。

      関連資料

      ゲートウェイ使用状況レポートの生成

      CAR 管理者だけが、ゲートウェイ使用状況レポートを生成できます。 このレポートには、ゲートウェイの一定期間の使用率(%)の推定値が示されます。正確な使用率ではありません。 たとえば、11 時から 12 時のゲートウェイの使用率は、(その 1 時間にゲートウェイを使用したコールの接続時間の合計)/(1 時間の最大接続秒数 × ゲートウェイ内のポートの最大数 × 選択されている fromDate から toDate までの間の日数)× 100)として計算されます。 同様に、終日の使用率を取得する場合も、各時間の使用率がこの方法で計算されます。 使用率は、1 日の各時間について、または各週や各月の指定した日数に基づいて調べることができます。

      週間使用状況レポートの場合、使用率は、((1 日にゲートウェイを使用したコールの接続時間の合計)/(各日の最大接続秒数 × 選択されている fromDate から toDate までの日数 × ゲートウェイ内のポートの最大数)× 100)として計算されます。

      月間使用状況レポートの場合、使用率は、((1 日にゲートウェイを使用したコールの接続時間の合計)/(各日の最大接続秒数 × 選択されている fromDate から toDate までの日数 × ゲートウェイ内のポートの最大数)× 100)として計算されます。

      選択した各ゲートウェイについてレポートが生成されます。

      H.323 ゲートウェイの使用率の計算については、[CAR ゲートウェイ設定(CAR Gateway Configuration)] ウィンドウのポート番号が使用されます。 このウィンドウを表示するには、[システム(System)] > [システム パラメータ(System Parameters)] > [ゲートウェイの設定(Gateway Configuration)] を選択します。 H.323 のポート番号は Cisco Unified Communications Manager データベース内では常に 0 であるため、このデータベースから H.323 ゲートウェイのポートの詳細情報を取得することはできません。 [CAR ゲートウェイ設定(CAR Gateway Configuration)] ウィンドウの H.323 ゲートウェイのポート情報は、ユーザが更新する必要があります。

      [CAR ゲートウェイ設定(CAR Gateway Configuration)] ウィンドウから取得できるポート詳細情報は、Cisco Unified Communications Manager データベースにはポート詳細情報がない、つまり 0 として表示されるゲートウェイの情報だけです。

      システムにより自動生成されたレポートを表示することも、新しいレポートを生成することもできます。 レポートの自動生成をスケジューリングできるのは、CAR 管理者だけです。 詳細については、CAR システム パラメータを参照してください。

      この項では、ゲートウェイ使用状況レポートの作成、表示、またはメールでのレポートの送信方法について説明します。

      手順
        ステップ 1   [デバイス レポート(Device Reports)] > [ゲートウェイ(Gateway)] > [使用状況(Utilization)] を選択します。

        [ゲートウェイの使用状況(Gateway Utilization)] ウィンドウが表示されます。

        ステップ 2   [レポートの作成(Generate Reports)] フィールドで、次の表に示すように、時間を選択します。
        表 4 [レポートの作成(Generate Report)] フィールド

        パラメータ

        説明

        時間(Hour of Day)

        ステップ 8 で指定する期間の各時間の累積使用率を 24 時間形式で表示します。

        曜日(Day of Week)

        ステップ 8 で指定する期間内の曜日における累積使用状況を表示します。

        日付(Day of Month)

        ステップ 8 で指定する期間内の日付における累積使用状況を表示します。

        ステップ 3   [使用可能なレポート(Available Reports)] フィールドで、自動生成レポート(選択可能な場合)を選択し、ステップ 10 に進むか、または、デフォルトの [新規レポートの作成(Generate New Report)] を使用し、ステップ 4 に進みます。
        ステップ 4   レポートに含めることができるゲートウェイのリストを表示するには、[ゲートウェイのリスト(List of Gateways)] ボックスで次のいずれかの作業を実行します。
        1. [ゲートウェイのリスト(List of Gateways)] ボックス内のすべてのゲートウェイを表示するには、ウィンドウの左側のカラムの [ゲートウェイ タイプ(Gateway Types)] をクリックします。
        2. [ゲートウェイのリスト(List of Gateways)] ボックス内の特定のゲートウェイ タイプのゲートウェイを表示するには、ウィンドウの左側のカラムの[ゲートウェイ タイプ(Gateway Types)] の横にあるアイコンをクリックします。 ツリー構造が展開されて、ゲートウェイ タイプのリストが表示されます。 リストからゲートウェイ タイプを選択します。ゲートウェイの名前が [ゲートウェイのリスト(List of Gateways)] ボックスに表示されます。
          (注)     

          [ゲートウェイのリスト(List of Gateways)] には、選択したゲートウェイ タイプに設定されているゲートウェイが最大 200 個リスト表示されます。

        3. 設定されたルート パターン/ハント パイロットに関連付けられているすべてのゲートウェイを表示するには、ウィンドウの左側のカラムの [ルート パターン/ハント パイロット(Route/Patterns/Hunt Pilots)] をクリックします。
        4. ゲートウェイ タイプではなく、特定のルート パターンを使用するゲートウェイを表示するには、ウィンドウの左側のカラムの [ルート パターン/ハント パイロット(Route/Patterns/Hunt Pilots)] の横にあるアイコンをクリックします。 ツリー構造が展開されて、ルート パターン/ハントのリストが表示されます。 リストからルート パターン/ハント パイロットを選択します。ゲートウェイの名前が、[ゲートウェイのリスト(List of Gateways)] ボックスに表示されます。
          (注)     

          ウィンドウの左側のカラムの [ルート パターン/ハント パイロット(Route Patterns/Hunt Pilots)] ボックスにルート パターン/ハント リストの名前の一部を入力して、特定のルート パターン/ハント リストを検索することもできます。 CAR が、検索文字列に一致するルート パターン/ハント リストを検索します。

        ステップ 5   リストからゲートウェイ タイプを選択します。

        ゲートウェイの名前が、[ゲートウェイのリスト(List of Gateways)] ボックスに表示されます。

        (注)     

        [ゲートウェイのリスト(List of Gateways)] ボックスには、選択したゲートウェイ タイプに設定されているゲートウェイが最大 200 個表示されます。

        ステップ 6   [ゲートウェイのリスト(List of Gateways)] ボックスで、レポートに含めるゲートウェイを選択します。
        (注)     

        一度に最大 5 つのゲートウェイのレポートを生成できます。

        ステップ 7   選択したゲートウェイを [選択されたゲートウェイ(Selected Gateways)] ボックスのリストに移動するには、下矢印をクリックします。

        選択したゲートウェイが、[選択されたゲートウェイ(Selected Gateways)] ボックスに表示されます。

        ステップ 8   [新規レポートの作成(Generate New Report)] を選択した場合は、コール情報を参照する期間の日付範囲を入力します。
        (注)     

        日時の範囲は 1 か月を過ぎないようにしてください。

        ステップ 9   レポートを CSV 形式にするには、[レポート形式(Report Format)] エリアで [CSV](カンマ区切り値)を選択します。 レポートを PDF 形式にするには、[レポート形式(Report Format)] エリアで [PDF](PDF 形式)を選択します。
        ステップ 10   [レポートの表示(View Report)] ボタンをクリックします。

        レポートが表示されます。

        ステップ 11   レポートを電子メールで送信する場合は、[レポートの送信(Send Report)] ボタンをクリックします。 レポートを送信するには、メール レポートで説明されている手順を実行します。

        関連資料

        その他の資料

        • 『Cisco Unified Communications Operating System Administration Guide』
        • 『Cisco Unified Serviceability Administration Guide』
        • 『Cisco Unified Communications Manager Call Detail Records Administration Guide』