Cisco Unified CDR Analysis and Reporting アドミニストレーション ガイド リリース 9.1(1)
QoS システム レポート
QoS システム レポート
発行日;2013/05/07   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

QoS システム レポート

CAR では、次の 3 レベルのユーザ向けにレポート機能が用意されています。

  • 管理者:ロード バランシング、システム パフォーマンス、トラブルシューティングの参考にできるシステム レポートを生成します。
  • マネージャ:予算編成またはセキュリティを目的とする場合や、コールの音声品質を判断する場合のコール モニタリングに役立つユーザ、部門、および QoS に関するレポートを生成します。
  • 個々のユーザ:ユーザ別のコールの課金レポートを生成します。

(注)  


ユーザの職務権限によっては、この章で説明している各レポートにアクセスできない場合があります。


CAR 管理者だけが、QoS の詳細レポートを生成します。 レポートには、指定された期間に Cisco Unified Communications Manager ネットワークで着信コールと発信コールに分類される QoS レーティングの詳細が表示されます。

マネージャまたは CAR 管理者が、QoS 要約レポートを生成します。 レポートには、指定されたコールの分類および期間に達成された QoS グレードの分布を示す 2 次元円グラフが示されます。 また、レポートには、各 QoS のコールが要約された表も示されます。 QoS 値の定義に示されている CDR パラメータ、CMR パラメータ、および QoS パラメータのコール詳細により、特定の音声品質カテゴリをコールに割り当てるための基礎情報が示されます。

システムにより自動生成されたレポートを表示することも、新しいレポートを生成することもできます。 レポートの自動生成をスケジューリングできるのは、CAR 管理者だけです。 詳細については、CAR レポートの自動生成とアラートを参照してください。

QoS パラメータの演算子

次の表に、QoS レポートの生成に使用する QoS パラメータの演算子を示します。

表 1 QoS パラメータの演算子

演算子

説明

>=

ジッター、遅延、損失パケットのデータが指定された値以上のときに生成する場合に、この演算子を選択します。

=

ジッター、遅延、損失パケットのデータが指定された値と等しいときに生成する場合に、この演算子を選択します。

<=

ジッター、遅延、損失パケットのデータが指定された値以下のときに生成する場合に、この演算子を選択します。

N.A.

ジッター、遅延、損失パケットのデータを除外する場合に、この演算子を選択します。

範囲(Between)

ジッター、遅延、損失パケットのデータが、ある値と別の値の間に発生したときに生成する場合に、この演算子を選択します。 この演算子を選択した場合は、2 番目のフィールドが表示され、開始値と終了値を設定できます。

QoS の詳細レポートの生成

この項では、システム QoS に関する詳細情報を生成する方法、参照する方法、またはメール送信する方法について説明します。

手順
    ステップ 1   [システム レポート(System Reports)] > [QoS] > [詳細(Detail)] を選択します。

    [QoS の詳細(QoS Detail)] ウィンドウが表示されます。

    ステップ 2   [コール タイプの選択(Select Call Types)] 領域で、レポートに含めるコール タイプのチェックボックスをオンにします。 次の表にコール タイプを示します。
    表 2 QoS の詳細レポートのコール タイプ

    コール タイプ

    説明

    オン ネット(On Net)

    1 つの Cisco Unified Communications Manager ネットワークから発信され、トランクを経由して、別の Cisco Unified Communications Manager ネットワークで終了する発信コール。 CAR の目的として、コールが [CAR ダイヤル プラン設定(CAR dial plan configuration)] ウィンドウでそのように設定されていれば、すべての発信コールが [オン ネット(On Net)] コールに分類される可能性があります。 ダイヤル プランの設定を参照してください。

    内部(Internal)

    Cisco Unified Communications Manager ネットワークから発信され、同じ Cisco Unified Communications Manager ネットワークで終了する(ゲートウェイやトランクは未使用)クラスタ内コールを含むコール。

    ローカル(Local)

    エリア コードがないか、またはローカル エリア コードのいずれかを含む番号へ公衆電話交換網(PSTN)を介してルーティングされる市内電話。

    長距離(Long Distance)

    Cisco Unified Communications Manager ネットワークから発信され、PSTN 経由で伝送される長距離電話。

    国際(International)

    Cisco Unified Communications Manager ネットワークから発信され、PSTN 経由で伝送される国際電話。

    着信(Incoming)

    Cisco Unified Communications Manager ネットワーク外から発信され、ゲートウェイ経由で Cisco Unified Communications Manager ネットワークに届く着信コール。

    タンデム(Tandem)

    Cisco Unified Communications Manager ネットワーク外から発信され、ゲートウェイ経由で Cisco Unified Communications Manager ネットワークに届き、Cisco Unified Communications Manager ネットワークからゲートウェイ経由で外部に転送される着信コール。

    その他(Others)

    フリー ダイヤル番号、911 などの緊急コールなど、その他のすべての発信コール。

    ステップ 3   [QoS の選択(Select QoS)] 領域で、レポートに含める音声品質カテゴリのチェックボックスをオンにします。 次の表のパラメータ セットが、全音声品質カテゴリの基準を提供します。
    表 3 QoS の詳細レポートの音声品質

    音質

    説明

    Good

    これらのコールの QoS は、可能な最も高い品質を示します。

    Acceptable

    これらのコールの QoS は、少し劣化していますが、依然、受け入れ可能な範囲内です。

    Fair

    これらのコールの QoS は劣化していますが、依然、使用可能な範囲内です。

    Poor

    これらのコールの QoS は、満足できない品質を示しています。

    NA

    これらのコールは、確立されている QoS カテゴリのいずれの基準にも一致しません。

    ステップ 4   QoS 情報を参照する期間の日付範囲を選択します。
    ステップ 5   [ユーザの選択(Select Users)] フィールドで、すべてのユーザを選択するか、または特定のユーザを検索することができます。 すべてのユーザを選択する場合は、[すべてのユーザを選択(Select All Users)] チェックボックスをオンにします。 個々のユーザを選択する場合は、[ユーザ ID(User ID)] フィールドに個々のユーザのユーザ ID を入力し、[追加(Add)] ボタンをクリックします。
    (注)     

    用意されている検索機能を使用することもできます。 ユーザの検索を参照してください。

    ステップ 6   レポートを CSV 形式にするには、[レポート形式(Report Format)] エリアで [CSV](カンマ区切り値)を選択します。 CSV 形式のレポートには、20,000 レコードまでという制限があります。 レポートを PDF 形式にするには、[レポート形式(Report Format)] エリアで [PDF](PDF 形式)を選択します。 PDF 形式のレポートには、5000 レコードまでという制限があります。
    ステップ 7   [レポートの表示(View Report)] ボタンをクリックします。

    レポートが表示されます。

    ステップ 8   レポートを電子メールで送信する場合は、[レポートの送信(Send Report)] ボタンをクリックします。 レポートを送信するには、メール レポートで説明されている手順を実行します。

    関連資料

    QoS の要約レポートの生成

    この項では、システム QoS に関する要約情報を生成する方法、参照する方法、またはメール送信する方法について説明します。

    手順
      ステップ 1   次のいずれかの手順を実行します。
      1. マネージャの場合は、[QoS] > [要約(Summary)] を選択します。
      2. CAR 管理者の場合は、[システム レポート(System Reports)] > [QoS] > [要約(Summary)] を選択します。

        [Qos の要約(QoS Summary)] ウィンドウが表示されます。

      ステップ 2   [使用可能なレポート(Available Reports)] フィールドで、自動生成レポート(選択可能な場合)を選択し、次の手順に進むか、またはデフォルト設定の [新規レポートの作成(Generate New Report)] を使用し、次の手順に進みます。
      (注)     

      自動生成レポートは、CAR 管理者としてログインしている場合のみ選択できます。 マネージャとしてログインしている場合、自動生成レポートは、ドロップダウン リスト ボックスに表示されません。

      ステップ 3   [コール タイプの選択(Select Call Types)] 領域で、レポートに含めるコール タイプのチェックボックスをオンにします。 次の表にコール タイプを示します。
      表 4 QoS の要約レポートのコール タイプ

      コール タイプ

      説明

      オン ネット(On Net)

      1 つの Cisco Unified Communications Manager ネットワークから発信され、トランクを経由して、別の Cisco Unified Communications Manager ネットワークで終了する発信コール。 CAR の目的として、コールが [CAR ダイヤル プラン設定(CAR dial plan configuration)] ウィンドウでそのように設定されていれば、すべての発信コールが [オン ネット(On Net)] コールに分類される可能性があります。 ダイヤル プランの設定を参照してください。

      内部(Internal)

      Cisco Unified Communications Manager ネットワークから発信され、同じ Cisco Unified Communications Manager ネットワークで終了する(ゲートウェイやトランクは未使用)クラスタ内コールを含むコール。

      ローカル(Local)

      エリア コードがないか、またはローカル エリア コードのいずれかを含む番号へ公衆電話交換網(PSTN)を介してルーティングされる市内電話。

      長距離(Long Distance)

      Cisco Unified Communications Manager ネットワークから発信され、PSTN 経由で伝送される長距離電話。

      国際(International)

      Cisco Unified Communications Manager ネットワークから発信され、PSTN 経由で伝送される国際電話。

      着信(Incoming)

      Cisco Unified Communications Manager ネットワーク外から発信され、ゲートウェイ経由で Cisco Unified Communications Manager ネットワークに届く着信コール。

      タンデム(Tandem)

      Cisco Unified Communications Manager ネットワーク外から発信され、ゲートウェイ経由で Cisco Unified Communications Manager ネットワークに届き、Cisco Unified Communications Manager ネットワークからゲートウェイ経由で外部に転送される着信コール。

      その他(Others)

      フリー ダイヤル番号、911 などの緊急コールなど、その他のすべての発信コール。

      ステップ 4   前の手順で [新規レポートの作成(Generate New Report)] を選択した場合は、レポートを生成する期間の日付範囲を選択します。
      ステップ 5   レポートを CSV 形式にするには、[レポート形式(Report Format)] エリアで [CSV](カンマ区切り値)を選択します。 CSV 形式のレポートには、20,000 レコードまでという制限があります。 レポートを PDF 形式にするには、[レポート形式(Report Format)] エリアで [PDF](PDF 形式)を選択します。 PDF 形式のレポートには、5000 レコードまでという制限があります。
      ステップ 6   [レポートの表示(View Report)] ボタンをクリックします。

      レポートが表示されます。

      ステップ 7   レポートを電子メールで送信する場合は、[レポートの送信(Send Report)] ボタンをクリックします。 レポートを送信するには、メール レポートで説明されている手順を実行します。

      ゲートウェイ別 QoS レポートの生成

      CAR 管理者だけが、ゲートウェイ別 QoS レポートを生成します。 レポートには、選択したゲートウェイについて、指定された期間における選択された QoS 基準を満たすコールの割合(%)が示されます。


      注意    


      CAR は、システムの負荷が低いときにだけ使用してください。 そうしないと、データ収集およびレポート生成により、Cisco Unified Communications Manager システムのパフォーマンスが低下することがあります。


      この項では、選択したすべてのゲートウェイに関する QoS 情報を生成する方法、参照する方法、またはメール送信する方法について説明します。

      はじめる前に

      ゲートウェイの設定で説明されている手順を使用して、ゲートウェイを設定します。

      手順
        ステップ 1   [システム レポート(System Reports)] > [QoS] > [ゲートウェイ別(By Gateways)] を選択します。

        [ゲートウェイ別の QoS(QoS based on Gateways)] ウィンドウが表示されます。

        ステップ 2   [レポートの作成(Generate Reports)] フィールドで、次の表に示すように、時間を選択します。
        表 5 [レポートの作成(Generate Report)] フィールド

        パラメータ

        説明

        時間(Hour of Day)

        選択されたゲートウェイごとに、ステップ 6 で指定した期間に QoS 基準を満たしているコールの割合(%)が表示されます。 割合(%)の結果は、時刻に対して示されます。

        曜日(Day of Week)

        選択されたゲートウェイごとに、ステップ 6 で指定した期間に QoS 基準を満たしているコールの割合(%)が表示されます。 割合(%)の結果は、曜日に対して示されます。

        日付(Day of Month)

        選択されたゲートウェイごとに、ステップ 6 で指定した期間に QoS 基準を満たしているコールの割合(%)が表示されます。 割合(%)の結果は、日付に対して示されます。

        ステップ 3   [ジッター(Jitter)] フィールドで、使用する演算子を選択し、ジッターの値を入力します。 演算子の説明については、表 1を参照してください。
        ステップ 4   [遅延(Latency)] フィールドで、使用する演算子を選択し、遅延の値を入力します。 演算子の説明については、表 1を参照してください。
        ステップ 5   [損失パケット(Lost Packets)] フィールドで、使用する演算子を選択し、損失パケット数の値を入力します。 演算子の説明については、表 1を参照してください。
        ステップ 6   コール情報を確認する期間の日付範囲を選択します。
        ステップ 7   レポートに含めるゲートウェイのタイプを選択する場合は、次のいずれかの作業を実行します。
        1. システムで設定されているすべてのゲートウェイを表示する場合は、ウィンドウの左側にあるカラムで [ゲートウェイ タイプ(Gateway Types)] をクリックします。
        2. ツリー構造を展開して、選択できるゲートウェイ タイプを表示するには、[ゲートウェイ タイプ(Gateway Types)] の横にあるアイコンをクリックします。
        3. ゲートウェイ タイプではなく特定のルート パターンおよびハント パイロットを使用するゲートウェイを選択する場合は、ウィンドウの左側にあるカラムで、[ルート パターン/ハント パイロット(Route Patterns/Hunt Pilots)] をクリックします。 ツリー構造が展開され、設定されているルート パターン/ハント パイロットに関連付けられているゲートウェイが表示されます。
        4. ツリー構造を展開して、選択できるルート パターン/ハント パイロットを表示するには、[ルート パターン/ハント パイロット(Route Patterns/Hunt Pilots)] の横にあるアイコンをクリックします。
          (注)     

          ウィンドウの左側にあるカラムの [ルート パターン/ハント パイロット(Route Patterns/Hunt Pilots)] ボックスに、ルート パターンまたはハント パイロットの名前の一部を入力することによって、特定のルート パターンまたはハント パイロットを検索することもできます。 CAR により、検索文字列に一致するルート パターンまたはハント パイロットが検索されます。

        ステップ 8   リストから、ゲートウェイ タイプを選択します。

        ゲートウェイの名前が、[ゲートウェイのリスト(List of Gateways)] ボックスに表示されます。

        (注)     

        [ゲートウェイのリスト(List of Gateways)] ボックスには、選択したゲートウェイ タイプに設定されているゲートウェイが最大 200 個表示されます。

        ステップ 9   [ゲートウェイのリスト(List of Gateways)] ボックスで、レポートに含めるゲートウェイを選択します。
        (注)     

        一度に最大 15 のゲートウェイのレポートを生成できます。 15 よりも多いゲートウェイを選択すると、「Select 15 or fewer gateways to generate new report」というメッセージが表示されます。

        ステップ 10   下矢印アイコンをクリックして、選択したゲートウェイを [選択されたゲートウェイ(Selected Gateways)] ボックスのリストに移動します。

        選択したゲートウェイが、[選択されたゲートウェイ(Selected Gateways)] ボックスに表示されます。

        ステップ 11   レポートを CSV 形式にするには、[レポート形式(Report Format)] エリアで [CSV](カンマ区切り値)を選択します。 CSV 形式のレポートには、20,000 レコードまでという制限があります。 レポートを PDF 形式にするには、[レポート形式(Report Format)] エリアで [PDF](PDF 形式)を選択します。 PDF 形式のレポートには、5000 レコードまでという制限があります。
        ステップ 12   [レポートの表示(View Report)] ボタンをクリックします。

        レポートが表示されます。

        ステップ 13   レポートを電子メールで送信する場合は、[レポートの送信(Send Report)] ボタンをクリックします。 レポートを送信するには、メール レポートで説明されている手順を実行します。

        関連資料

        コール タイプ別 QoS レポートの生成

        CAR 管理者だけが、コール タイプ別 QoS レポートを生成します。 レポートには、選択したタイプのすべてのコールについて、指定された期間における、ジッター、遅延、および損失パケットの情報が示されます。

        この項では、特定のタイプのすべてのコールに関する QoS 情報を生成する方法、参照する方法、またはメール送信する方法について説明します。


        注意    


        CAR は、システムの負荷が低いときにだけ使用してください。 そうしないと、データ収集およびレポート生成により、Cisco Unified Communications Manager システムのパフォーマンスが低下することがあります。


        手順
          ステップ 1   [システム レポート(System Reports)] > [QoS] > [コール タイプ別(By Call Types)] を選択します。

          [コール タイプ別の QoS(QoS based on Call Types)] ウィンドウが表示されます。

          ステップ 2   [レポートの作成(Generate Report)] フィールドで、次の表に示すように、時間を選択します。
          表 6 [レポートの作成(Generate Report)] フィールド

          パラメータ

          説明

          時間(Hour of Day)

          コール タイプごとに、ステップ 7 で指定した期間に QoS 基準を満たしているコールの割合(%)が表示されます。 割合(%)の結果は、時刻に対して示されます。

          曜日(Day of Week)

          コール タイプごとに、ステップ 7 で指定した期間に QoS 基準を満たしているコールの割合(%)が表示されます。 割合(%)の結果は、曜日に対して示されます。

          日付(Day of Month)

          コール タイプごとに、ステップ 7 で指定した期間に QoS 基準を満たしているコールの割合(%)が表示されます。 割合(%)の結果は、日付に対して示されます。

          ステップ 3   [ジッター(Jitter)] フィールドで、使用する演算子を選択し、ジッターの値を入力します。 演算子の説明については、表 1を参照してください。
          ステップ 4   [遅延(Latency)] フィールドで、使用する演算子を選択し、遅延の値を入力します。 演算子の説明については、表 1を参照してください。
          ステップ 5   [損失パケット(Lost Packets)] フィールドで、使用する演算子を選択し、損失パケット数の値を入力します。 演算子の説明については、表 1を参照してください。
          ステップ 6   [コール タイプの選択(Select Call Types)] 領域で、レポートに含めるコール タイプのチェックボックスをオンにします。 次の表にコール タイプを示します。
          表 7 コール タイプ別 QoS パラメータ

          コール タイプ

          説明

          オン ネット(On Net)

          1 つの Cisco Unified Communications Manager ネットワークから発信され、トランクを経由して、別の Cisco Unified Communications Manager ネットワークで終了する発信コール。 CAR の目的として、コールが [CAR ダイヤル プラン設定(CAR dial plan configuration)] ウィンドウでそのように設定されていれば、すべての発信コールが [オン ネット(On Net)] コールに分類される可能性があります。 ダイヤル プランの設定を参照してください。

          内部(Internal)

          Cisco Unified Communications Manager ネットワークから発信され、同じ Cisco Unified Communications Manager ネットワークで終了する(ゲートウェイやトランクは未使用)クラスタ内コールを含むコール。

          ローカル(Local)

          エリア コードがないか、またはローカル エリア コードのいずれかを含む番号へ公衆電話交換網(PSTN)を介してルーティングされる市内電話。

          長距離(Long Distance)

          Cisco Unified Communications Manager ネットワークから発信され、PSTN 経由で伝送される長距離電話。

          国際(International)

          Cisco Unified Communications Manager ネットワークから発信され、PSTN 経由で伝送される国際電話。

          着信(Incoming)

          Cisco Unified Communications Manager ネットワーク外から発信され、ゲートウェイ経由で Cisco Unified Communications Manager ネットワークに届く着信コール。

          タンデム(Tandem)

          Cisco Unified Communications Manager ネットワーク外から発信され、ゲートウェイ経由で Cisco Unified Communications Manager ネットワークに届き、Cisco Unified Communications Manager ネットワークからゲートウェイ経由で外部に転送される着信コール。

          その他(Others)

          フリー ダイヤル番号、911 などの緊急コールなど、その他のすべての発信コール。

          ステップ 7   コール情報を確認する期間の日付範囲を選択します。
          ステップ 8   レポートを CSV 形式にするには、[レポート形式(Report Format)] エリアで [CSV](カンマ区切り値)を選択します。 CSV 形式のレポートには、20,000 レコードまでという制限があります。 レポートを PDF 形式にするには、[レポート形式(Report Format)] エリアで [PDF](PDF 形式)を選択します。 PDF 形式のレポートには、5000 レコードまでという制限があります。
          ステップ 9   [レポートの表示(View Report)] ボタンをクリックします。

          レポートが表示されます。

          ステップ 10   レポートを電子メールで送信する場合は、[レポートの送信(Send Report)] ボタンをクリックします。 レポートを送信するには、メール レポートで説明されている手順を実行します。

          関連資料

          その他の資料

          • 『Cisco Unified Communications Operating System Administration Guide』
          • 『Cisco Unified Serviceability Administration Guide』
          • 『Cisco Unified Communications Manager Call Detail Records Administration Guide』