Cisco Unified CDR Analysis and Reporting アドミニストレーション ガイド リリース 9.1(1)
CAR レポートの QoS 値
CAR レポートの QoS 値
発行日;2013/05/07   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

CAR レポートの QoS 値

QoS 値の定義

QoS 値は、最高、高、中、および低の各基準に基づいて、損失パケット、ジッター、および遅延について設定します。

コールが 4 つの音声品質カテゴリに設定されたどの基準も満たさない場合、そのコールは NA(該当なし)に分類されます。同様に、CMR データを生成するようにシステムが設定されていない場合(または、CMR が不良の場合)、CMR は NA(該当なし)に分類されます。

パラメータの値を無視するには、NA と入力します。 たとえば、ジッターなどの QoS パラメータには NA が使用され、QoS は最高として定義されます。つまり、QoS は、遅延および損失パケットの値にのみ依存します。 3 つのパラメータの値を、すべて NA にすることはできません。 Infinity は、それぞれのパラメータの最大値を表します。 ジッターの値が 500 ~ Infinity である場合は低と見なす、というルールを指定すると、ジッターが 500 を超えるコールは低として分類されます。


(注)  


「NA」および「Infinity」という分類では、大文字と小文字が区別されることに注意してください。


この項では、QoS の値を定義する方法について説明します。

手順
    ステップ 1   [レポート設定(Report Config)] > [QoS の定義(Define QoS)] を選択します。

    [QoS の定義(Define Quality of Service)] ウィンドウが表示されます。 次の表に、QoS のデフォルト値を示します。

    表 1 QoS のデフォルト値

    QoS パラメータ

    デフォルト

    損失パケット(Lost Packets)

    最高:0.00 ~ 15.00、高:15.01 ~ 30.00、中:30.01 ~ 45.00、低:45.01 ~ Infinity

    ジッター(Jitter)

    最高:0 ~ 20、高:21 ~ 100、中:101 ~ 150、低:151 ~ Infinity

    遅延(Latency)

    デフォルト値なし

    ステップ 2   行を追加するには、新しい行を追加する場所の下にある行のチェックボックスをオンにし、[行の追加(Add Rows)] リンクをクリックします。

    チェックボックスをオンにした行の上に新しい行が追加され、チェックボックスはオフになります。

    これらの行は、QoS レポートで状態を最高、高、中、低に格付けするときに、CAR で使用される値を表します。 設定する値ごとに、上限値と下限値を [開始(From)] カラムと [終了(To)] カラムに入力します。

    (注)     

    行を削除するには、削除する行のチェックボックスをオンにして、[行の削除(Delete Rows)] リンクをクリックします。

    ステップ 3   設定した値ごとに、[QoS(Quality of Service)] を選択します。
    ステップ 4   [更新(Update)] ボタンをクリックします。
    ヒント   

    デフォルトの QoS 値に戻すには、[デフォルトに戻す(Restore Defaults)] ボタンをクリックします。


    その他の資料

    • 『Cisco Unified Communications Operating System Administration Guide』
    • 『Cisco Unified Serviceability Administration Guide』
    • 『Cisco Unified Communications Manager Call Detail Records Administration Guide』