Cisco Unified Reporting アドミニストレーション ガイド リリース 9.1(1)
Cisco Unified Reporting Web アプリケーション
Cisco Unified Reporting Web アプリケーション
発行日;2013/04/23   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

Cisco Unified Reporting Web アプリケーション

この章では、Cisco Unified Reporting Web アプリケーションの概要について説明します。

統合されたデータのレポート

Cisco Unified Communications Manager および Cisco Unified Communications Manager IM and Presence Service コンソールからアクセスする Cisco Unified Reporting Web アプリケーションは、トラブルシューティングまたはクラスタ データの調査のための統合レポートを生成します。


(注)  


特に指定のない限り、このマニュアルの情報、注記、手順は Unified CMIM and Presence Service に適用されます。


このツールは、クラスタ データのスナップショットを簡単に作成する方法を提供します。 このツールは、既存のソースからのデータの収集、データの比較、および異常の報告を行います。 Cisco Unified Reporting でレポートを生成すると、レポートでは、1 台以上のサーバにある 1 つ以上のソースからのデータを結合して、1 つの出力ビューを作成します。 たとえば、クラスタ内の全サーバの hosts ファイルを表示するレポートを参照できます。

Cisco Unified Reporting Web アプリケーションは、インストール時にクラスタ内のすべてのサーバに展開されます。 レポートは、データベース レコードから生成されます。


(注)  


Cisco Business Edition 5000 サーバでは、Cisco Unified Reporting アプリケーションは Unified CM のデータだけをキャプチャします。 サイズ制限により、このアプリケーションは Cisco Unity Connection のデータをキャプチャしません。 Unified CM のインストールに関する重要な情報を収集するためのツールを使用できます。


レポートの生成に使用するデータ ソース

このアプリケーションでは、パブリッシャ サーバと各サブスクライバ サーバに格納されている次のいずれかのソースから情報を取り込みます。

  • RTMT カウンタ
  • CDR_CAR(Unified CM のみ)
  • Unified CM DB(Unified CM のみ)
  • IM and Presence DB(IM and Presence のみ)
  • ディスク ファイル
  • OS API 呼び出し
  • ネットワーク API 呼び出し
  • prefs
  • CLI
  • RIS

レポートには、レポートの生成時点でアクセスできるすべてのアクティブなクラスタ ノードのデータが取り込まれます。 パブリッシャ サーバのデータベースが停止している場合は、アクティブなノードのレポートを生成できます。 System Reports リストにある Report Descriptions レポートは、レポートの情報ソースを提供します。

サポートされている出力形式

このリリースでは、レポートの HTML 出力をサポートしています。 Cisco Unified Reporting では、レポート名と日付と時刻のスタンプによってレポートを識別できます。 このアプリケーションでは、ユーザが表示できるように最近のレポートのローカル コピーが保管されます。 新しいレポートのダウンロードで説明しているように、最近のレポートのローカル コピーまたは新しいレポートをハード ディスクにダウンロードすることができます。 レポートをダウンロードするときは、区別するためにダウンロードするファイルの名前を変更するか、別のフォルダに保存できます。