Cisco Unified Communications Manager Dialed Number Analyzer ガイド リリース 9.1(1)
はじめに
はじめに
発行日;2013/04/23   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

はじめに

ここでは、このマニュアルの目的、対象読者、構成について説明します。また、このマニュアルで使用される表記法についても説明します。

目的

『Cisco Unified Communications Manager Dialed Number Analyzer ガイド』では、Dialed Number Analyzer を使用して、展開された Cisco Unified Communications Manager ダイヤル プラン設定のテストと診断、テスト結果の分析、およびそれらの結果を使用したダイヤル プランの調整を行う方法について説明します。

対象読者

『Cisco Unified Communications Manager Dialed Number Analyzer ガイド』では、Cisco Unified Communications Manager の設定を管理するネットワーク管理者を対象にした情報を提供しています。 このマニュアルを使用するには、テレフォニーおよび IP ネットワーキング テクノロジーに関する知識が必要です。

マニュアルの構成

関連資料

関連する Cisco IP テレフォニー、アプリケーション、および製品に関する詳細については、次のマニュアルを参照してください。

  • 『Installing Cisco Unified Communications Manager
  • 『Release Notes for Cisco Unified Communications Manager
  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』
  • 『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』
  • 『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』
  • 『Cisco Unified Serviceability Administration Guide』
  • Cisco Unified Communications Manager Serviceability System Guide』
  • Troubleshooting Guide for Cisco Unified Communications Manager
  • 『Cisco Unified Communications Manager Bulk Administration Guide』

表記法

このマニュアルでは、次の表記法を使用しています。
表記法 説明

bold

コマンドおよびキーワードは、太字で示しています。

italic

ユーザが値を指定する引数は、イタリック体で表記されています。

[ ]

角カッコの中の要素は、省略可能です。

{ x | y | z }

必ずどれか 1 つを選択しなければならない必須キーワードは、波カッコで囲み、縦棒で区切って示しています。

[ x | y | z ]

どれか 1 つを選択できる省略可能なキーワードは、角カッコで囲み、縦棒で区切って示しています。

string

引用符を付けない一組の文字。 string の前後には引用符を使用しません。引用符を使用すると、その引用符も含めて string とみなされます。

screen フォント

システムが表示する端末セッションおよび情報は、screen フォントで示しています。

太字の screen フォント

ユーザが入力しなければならない情報は、太字の screen フォントで示しています。

イタリック体の screen フォント

ユーザが値を指定する引数は、イタリック体の screen フォントで表記されています。

^

^ 記号は、Ctrl キーを表します。たとえば、画面に表示される ^D というキーの組み合わせは、Ctrl キーを押しながら D キーを押すことを意味します。

< >

パスワードのように出力されない文字は、山カッコ(< >)で囲んで示しています。

(注)は、次のように表しています。


(注)  


「注釈」です。 役立つ情報や、このマニュアル以外の参照資料などを紹介しています。


ワンポイント アドバイスは、次のように表しています。


ワンポイント アドバイス


「時間の節約に役立つ操作」です。 記述されている操作を実行すると時間を節約できます。


ヒントは、次のように表しています。


ヒント


役立つ「ヒント」の意味です。


注意は、次のように表しています。


注意    


「要注意」の意味です。 機器の損傷またはデータ損失を予防するための注意事項が記述されています。


警告は、次のように表しています。


警告


「危険」の意味です。 人身事故を予防するための注意事項が記述されています。 機器の取り扱い作業を行うときは、電気回路の危険性に注意し、一般的な事故防止対策に留意してください。


マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、その他の有用な情報について、次の URL で、毎月更新される『What's New in Cisco Product Documentation』を参照してください。シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧も示されています。

http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​docs/​general/​whatsnew/​whatsnew.html

シスコ製品のマニュアルおよびその他の資料は、Cisco.com から入手できます。 また、シスコのテクニカル サポート、およびその他のリソースをさまざまな方法で入手することもできます。 以降の項では、シスコから技術情報を取得する方法について説明します。

Online documentation(英語版の情報を掲載しています)

You can access the most current Cisco documentation at this URL:

http:/​/​www.cisco.com/​univercd/​home/​home.htm

You can access the Cisco website at this URL:

http:/​/​www.cisco.com

You can access international Cisco websites at this URL:

http:/​/​www.cisco.com/​public/​countries_​languages.shtml

Ordering documentation(英語版の情報を掲載しています)

You can find instructions for ordering documentation at this URL:

http:/​/​www.cisco.com/​univercd/​cc/​td/​doc/​es_inpck/​pdi.htm

You can order Cisco documentation in these ways:

  • Registered Cisco.com users (Cisco direct customers) can order Cisco product documentation from the Ordering tool: http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​partner/​ordering/​index.shtml
  • Nonregistered Cisco.com users can order documentation through a local account representative by calling Cisco Systems Corporate Headquarters (California, USA) at 408 526-7208 or, elsewhere in North America, by calling 800 553-NETS (6387).

マニュアルに関するフィードバック

このマニュアルに関する技術的なフィードバック、または誤りや記載もれなどお気づきの点がございましたら、HTML ドキュメント内のフィードバック フォームよりご連絡ください。ご協力をよろしくお願いいたします。

暗号機能

本製品には暗号化機能が備わっており、輸入、輸出、配布および使用に適用される米国および他の国での法律を順守するものとします。 シスコの暗号化製品を譲渡された第三者は、その暗号化技術の輸入、輸出、配布、および使用を許可されたわけではありません。 輸入業者、輸出業者、販売業者、およびユーザは、米国および他の国での法律を 順守する責任があります。 本製品を使用するにあたっては、関係法令の順守に同意する必要があります。 米国および他の国の法律を順守できない場合は、 本製品を至急送り返してください。

シスコの暗号化製品を管理する米国の法律の概要については、http:/​/​www.cisco.com/​wwl/​export/​crypto/​tool/​stqrg.html で参照できます。さらに詳しい情報が必要な場合は、export@cisco.com 宛てに電子メールでお問い合わせください。

シスコでは、無償の Security Vulnerability Policy ポータルを次の URL で提供しています。

http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​products_​security_​vulnerability_​policy.html

このサイトから、次のタスクを実行できます。

  • シスコ製品のセキュリティ上の脆弱性を報告します。
  • シスコ製品が関係するセキュリティ問題についてサポートを受けます。
  • シスコからのセキュリティ情報の受信を登録します。

シスコ製品のセキュリティに関するアドバイスおよび通知の最新リストについては、次の URL を参照してください。

http:/​/​www.cisco.com/​go/​psirt

リアルタイムで更新されているアドバイスと通知を確認する場合、次の URL からフィードされている「Product Security Incident Response Team Really Simple Syndication (PSIRT RSS)」を参照してください。

http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​products_​psirt_​rss_​feed.html

Security(英語版の情報を掲載しています)

Cisco is committed to delivering secure products. We test our products internally before we release them, and we strive to correct all vulnerabilities quickly. If you think that you might have identified a vulnerability in a Cisco product, contact PSIRT:

  • Emergencies -  security-alert@cisco.com An emergency is either a condition in which a system is under active attack or a condition for which a severe and urgent security vulnerability should be reported. All other conditions are considered nonemergencies.
  • Nonemergencies -  psirt@cisco.com

In an emergency, you can also reach PSIRT by telephone:

  • 1 877 228-7302
  • 1 408 525-6532

ヒント


We encourage you to use Pretty Good Privacy (PGP) or a compatible product to encrypt sensitive information that you send to Cisco. PSIRT can work from encrypted information that is compatible with PGP versions 2.x through 8.x.



ヒント


Never use a revoked or an expired encryption key. The correct public key to use in your correspondence with PSIRT is the one linked in the Contact Summary section of the Security Vulnerability Policy page at this URL:



ヒント


http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​products_​security_​vulnerability_​policy.html



ヒント


The link on this page has the current PGP key ID in use.


シスコのテクニカル サポート

Cisco.com のサポート サイト(http://www.cisco.com/en/US/support/index.html)にアクセスして、シスコのテクニカルサポートを最大限に活用してください。 次を含むさまざまな作業にこの Web サイトが役立ちます。「テクニカル サポートを受ける」、「ソフトウェアをダウンロードする」、「セキュリティの脆弱性を報告する、またはシスコ製品のセキュリティ問題に対する支援を受ける」、「ツールおよびリソースへアクセスする」、「Product Alert の受信登録」、「Field Notice の受信登録」、「Bug Toolkit を使用した既知の問題の検索」、「Networking Professionals(NetPro)コミュニティで、技術関連のディスカッションに参加する」、「トレーニング リソースへアクセスする」、「TAC Case Collection ツールを使用して、ハードウェアや設定、パフォーマンスに関する一般的な問題をインタラクティブに特定および解決する」。 Japan テクニカル サポート Web サイトでは、Technical Support Web サイト(http://www.cisco.com/cisco/web/support/index.html)の、利用頻度の高いドキュメントを日本語で提供しています。 Japan テクニカル サポート Web サイトには、次のURLからアクセスしてください。http://www.cisco.com/cisco/web/JP/support/index.html

Online support(英語版の情報を掲載しています)

The Cisco Technical Support Website provides online documents and tools for troubleshooting and resolving technical issues with Cisco products and technologies. The website is available 24 hours a day, 365 days a year at this URL:

http:/​/​www.cisco.com/​techsupport

Access to all tools on the Cisco Technical Support Website requires a Cisco.com user ID and password. If you have a valid service contract but do not have a user ID or password, you can register at this URL:

http:/​/​tools.cisco.com/​RPF/​register/​register.do

Service Request ツールの使用

Service Request ツールには、次の URL からアクセスできます。

http:/​/​www.cisco.com/​techsupport/​servicerequest

Service Request ツールには、次の URL からアクセスできます。

http://www.cisco.com/techsupport/servicerequest

日本語版のService Request ツールは次の URL からアクセスできます。

http://www.cisco.com/jp/go/tac/sr/

シスコの世界各国の連絡先一覧は、次の URL で参照できます。

http:/​/​www.cisco.com/​warp/​public/​687/​Directory/​DirTAC.shtml

Service request severity(英語版の情報を掲載しています)

To ensure that all service requests are reported in a standard format, Cisco has established severity definitions.

Severity 1 (S1) - Your network is "down," or there is a critical impact to your business operations. You and Cisco will commit all necessary resources around the clock to resolve the situation.

Severity 2 (S2) - Operation of an existing network is severely degraded, or significant aspects of your business operation are negatively affected by inadequate performance of Cisco products. You and Cisco will commit full-time resources during normal business hours to resolve the situation.

Severity 3 (S3) - Operational performance of your network is impaired, but most business operations remain functional. You and Cisco will commit resources during normal business hours to restore service to satisfactory levels.

Severity 4 (S4) - You require information or assistance with Cisco product capabilities, installation, or configuration. There is little or no effect on your business operations.

その他の情報の入手方法

シスコの製品、サービス、テクノロジー、ネットワーキング ソリューションに関する情報について、さまざまな資料をオンラインで入手できます。シスコの E メール ニュースレターなどの配信申し込みについては、Cisco Subscription Center(http://www.cisco.com/offer/subscribe)にアクセスしてください。

  • 日本語の月刊 Email ニュースレター「Cisco Customer Bridge」については、下記にアクセスください。 http:/​/​www.cisco.com/​web/​JP/​news/​cisco_news_letter/​ccb/​
  • シスコ製品に関する変更やアップデートの情報を受信するには、Product Alert Tool にアクセスし、プロファイルを作成して情報の配信を希望する製品を選択してください。Product Alert Tool には、次の URL からアクセスできます。 http:/​/​tools.cisco.com/​Support/​PAT/​do/​ViewMyProfiles.do?local=en
  • 『Cisco Product Quick Reference Guide』はリファレンス ツールで、パートナーを通じて販売されている多くのシスコ製品に関する製品概要、主な機能、製品番号、および簡単な技術仕様が記載されています。 『Cisco Product Quick Reference Guide』を発注するには、次の URL にアクセスしてください。 http:/​/​www.cisco.com/​go/​guide
  • ネットワークの運用面の信頼性を向上させることのできる最新の専門的サービス、高度なサービス、リモート サービスに関する情報については、Cisco Services Web サイトを参照してください。 Cisco Services Web サイトには、次の URL からアクセスできます。 http:/​/​www.cisco.com/​go/​services
  • Cisco Marketplace では、さまざまなシスコの書籍、参考資料、マニュアル、ロゴ入り商品を提供しています。Cisco Marketplace には、http://www.cisco.com/go/marketplace/ からアクセスできます。 DVD に収録されたシスコの技術マニュアル(Cisco Product Documentation DVD)は、Product Documentation Store で発注できます。Product Documentation Store には、次の URL からアクセスできます。 http:/​/​www.cisco.com/​go/​marketplace/​docstore
  • Cisco Press では、ネットワーク、トレーニング、認定関連の出版物を発行しています。Cisco Press には、http://www.ciscopress.com からアクセスできます。 『Internet Protocol Journal』は、インターネットおよびイントラネットの設計、開発、運用を担当するエンジニア向けに、シスコが発行する季刊誌です。『Internet Protocol Journal』には、次の URL からアクセスできます。 http:/​/​www.cisco.com/​ipj
  • 『What's New in Cisco Product Documentation』(http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/whatsnew.html)は、シスコ製品の最新マニュアル リリースに関する情報を提供するオンライン資料です。毎月更新されるこの資料は、製品カテゴリ別にまとめられているため、目的の製品マニュアルを見つけることができます。 シスコの Web サイトの各国語版へは、次の URL からアクセスしてください。 http:/​/​www.cisco.com/​public/​countries_​languages.shtml