Cisco Unified Communications Manager リリース 9.1(1) の TCP および UDP ポート使用ガイド
IM and Presence Service のポート使用状況
IM and Presence Service のポート使用状況
発行日;2013/06/17   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

IM and Presence Service のポート使用状況

ポート使用状況の概要

このマニュアルでは、IM and Presence Service がクラスタ内接続のほか、外部のアプリケーションまたはデバイスとの通信に使用する TCP および UDP ポートの一覧を示します。 これは、IP Communications ソリューションの実装時に、ネットワークにファイアウォール、アクセス コントロール リスト(ACL)、および Quality of Service(QoS)を設定するうえで重要な情報となります。


(注)  


シスコでは、これらのポートで想定されるすべての設定シナリオを検証しているわけではありません。 この一覧を参考にした結果、設定に問題が発生した場合は、シスコのテクニカルサポートにお問い合わせください。


事実上すべてのプロトコルが双方向で行われますが、このマニュアルではセッション開始側から見た方向を記載しています。 デフォルトのポート番号は、管理者が手動で変更できる場合もありますが、ベスト プラクティスとしてこのような変更は推奨しません。 IM and Presence Service が内部使用に限っていくつかのポートを開くことに注意してください。

このマニュアルで取り上げるポートは、IM and Presence Service だけに適用されます。 リリースによってポートが異なる場合があり、今後のリリースで新しくポートが追加される可能性もあります。 このため、インストールされている IM and Presence Service のバージョンに一致するバージョンのマニュアルを使用していることを確認してください。

ファイアウォール、ACL、または QoS の設定内容は、トポロジ、ネットワーク セキュリティ デバイスの配置に対するデバイスとサービスの配置、および使用するアプリケーションとテレフォニー拡張機能の種類に応じて異なります。 また、デバイスやバージョンによって、ACL のフォーマットが異なることにも注意してください。

表で確認できる情報

表 1 に、このマニュアルの表で確認できる情報を定義します。

表 1 表の内容

表の項目

説明

送信元

ポートに要求を送信するクライアント

送信先

ポートで要求を受信するクライアント

ロール

クライアントまたはサーバのアプリケーションまたはプロセス

プロトコル

通信の確立と終了に使用されるセッション層プロトコル、またはトランザクションの要求と応答に使用されるアプリケーション層プロトコルのどちらか。

転送プロトコル

コネクション型(TCP)またはコネクションレス型(UDP)のトランスポート層プロトコル

宛先/リスナー

要求の受信に使用されるポート

ソース/送信元

要求の送信に使用されるポート

IM and Presence Service ポート リスト

次の表に、IM and Presence Service がクラスタ内およびクラスタ間トラフィックに使用するポートを示します。

表 2 IM and Presence Service リリース 9.x のポート:SIP プロキシ要求

送信元(送信者)

送信先(リスナー)

プロトコル

転送プロトコル

宛先/リスナー

ソース/送信元

備考

SIP ゲートウェイ

--------------

IM and Presence

IM and Presence

--------------

SIP ゲートウェイ

SIP

TCP/UDP

5060

エフェメラル

デフォルトの SIP プロキシの UDP および TCP リスナー

SIP ゲートウェイ

IM and Presence

SIP

TLS

5061

エフェメラル

TLS サーバ認証のリスナー ポート

IM and Presence

IM and Presence

SIP

TLS

5062

エフェメラル

TLS 相互認証のリスナー ポート

IM and Presence

IM and Presence

SIP

UDP/TCP

5049

エフェメラル

内部ポート。 ローカルホスト トラフィック専用。

IM and Presence

IM and Presence

HTTP

TCP

8081

エフェメラル

設定変更を示す設定エージェントからの HTTP 要求に使用。

サードパーティ製クライアント

IM and Presence

HTTP

TCP

8082

エフェメラル

デフォルトの IM and Presence HTTP リスナー。 サードパーティ製クライアントからの接続に使用されます。

サードパーティ製クライアント

IM and Presence

HTTPS

TLS/TCP

8083

エフェメラル

デフォルトの IM and Presence HTTPS リスナー。 サードパーティ製クライアントからの接続に使用されます。

表 3 IM and Presence Service リリース 9.x のポート:プレゼンス エンジン要求

送信元(送信者)

送信先(リスナー)

プロトコル

転送プロトコル

宛先/リスナー

ソース/送信元

備考

IM and Presence

IM and Presence(プレゼンス エンジン)

SIP

UDP/TCP

5070

エフェメラル

デフォルトの SIP UDP/TCP リスナー ポート

IM and Presence(プレゼンス エンジン)

IM and Presence(プレゼンス エンジン)

Livebus

UDP

50000

エフェメラル

内部ポート。 ローカルホスト トラフィック専用。 LiveBus メッセージング ポート。 IM and Presence Service はクラスタ通信用にこのポートを使用します。

表 4 IM and Presence Service リリース 9.x のポート:Cisco Tomcat Web 要求

送信元(送信者)

送信先(リスナー)

プロトコル

転送プロトコル

宛先/リスナー

ソース/送信元

備考

ブラウザ

IM and Presence

HTTPS

TCP

8080

エフェメラル

Web アクセスに使用されます。

ブラウザ

IM and Presence

AXL/HTTPS

TLS/TCP

8443

エフェメラル

SOAP によりデータベースおよびサービスアビリティへのアクセスを提供します。

ブラウザ

IM and Presence

HTTPS

TLS/TCP

8443

エフェメラル

Web 管理へのアクセスを提供します。

ブラウザ

IM and Presence

HTTPS

TLS/TCP

8443

エフェメラル

ユーザ オプション ページへのアクセスを提供します。

ブラウザ

IM and Presence

SOAP

TLS/TCP

8443

エフェメラル

SOAP により Cisco Unified Personal Communicator、Cisco Unified Mobility Advantage、およびサードパーティ製の API クライアントへのアクセスを提供します。

表 5 IM and Presence Service リリース 9.x のポート:外部社内ディレクトリ要求

送信元(送信者)

送信先(リスナー)

プロトコル

転送プロトコル

宛先/リスナー

ソース/送信元

備考

IM and Presence

--------------

外部社内ディレクトリ

外部社内ディレクトリ

--------------

IM and Presence

LDAP

TCP

389

エフェメラル

ディレクトリ プロトコルを外部社内ディレクトリと統合できるようにします。 この LDAP ポートは、統合される社内ディレクトリによって異なります(デフォルトは 389)。 Netscape Directory の場合は、別のポートで LDAP トラフィックを受信するよう設定できます。

IM and Presence

外部社内ディレクトリ

LDAPS

TCP

636

エフェメラル

ディレクトリ プロトコルを外部社内ディレクトリと統合できるようにします。 この LDAP ポートは、統合される社内ディレクトリによって異なります(デフォルトは 636)。

表 6 IM and Presence Service リリース 9.x のポート:設定要求

送信元(送信者)

送信先(リスナー)

プロトコル

転送プロトコル

宛先/リスナー

ソース/送信元

備考

IM and Presence(設定エージェント)

IM and Presence(設定エージェント)

TCP

TCP

8600

エフェメラル

設定エージェントのハートビート ポート

表 7 IM and Presence Service リリース 9.x のポート:証明書マネージャ要求

送信元(送信者)

送信先(リスナー)

プロトコル

転送プロトコル

宛先/リスナー

ソース/送信元

備考

IM and Presence

証明書マネージャ

TCP

TCP

7070

エフェメラル

内部ポート。ローカルホスト トラフィック専用。

表 8 IM and Presence Service リリース 9.x のポート:IDS データベース要求

送信元(送信者)

送信先(リスナー)

プロトコル

転送プロトコル

宛先/リスナー

ソース/送信元

備考

IM and Presence(データベース)

IM and Presence(データベース)

TCP

TCP

1500

エフェメラル

データベース クライアント用の内部 IDS ポート。 ローカルホスト トラフィック専用。

IM and Presence(データベース)

IM and Presence(データベース)

TCP

TCP

1501

エフェメラル

内部ポート:アップグレード中に IDS の 2 次インスタンスを始動するための代替ポートです。 ローカルホスト トラフィック専用。

IM and Presence(データベース)

IM and Presence(データベース)

XML

TCP

1515

エフェメラル

内部ポート。 ローカルホスト トラフィック専用。 DB レプリケーション ポート。

表 9 IM and Presence Service リリース 9.x のポート:IPSec マネージャ要求

送信元(送信者)

送信先(リスナー)

プロトコル

転送プロトコル

宛先/リスナー

ソース/送信元

備考

IM and Presence(IPSec)

IM and Presence(IPSec)

独自

UDP/TCP

8500

8500

内部ポート:ipsec_mgr デーモンがプラットフォーム データ(ホスト)の証明書のクラスタ レプリケーションに使用するクラスタ マネージャ ポートです。

表 10 IM and Presence Service リリース 9.x のポート:DRF Master Agent サーバ要求

送信元(送信者)

送信先(リスナー)

プロトコル

転送プロトコル

宛先/リスナー

ソース/送信元

備考

IM and Presence(DRF)

IM and Presence(DRF)

TCP

TCP

4040

エフェメラル

DRF Master Agent サーバ ポート。Local Agent、GUI、および CLI からの接続を受け入れます。

表 11 IM and Presence Service リリース 9.x のポート:RISDC 要求

送信元(送信者)

送信先(リスナー)

プロトコル

転送プロトコル

宛先/リスナー

ソース/送信元

備考

IM and Presence(RIS)

IM and Presence(RIS)

TCP

TCP

2555

エフェメラル

Real-time Information Services(RIS)データベース サーバ。 クラスタ内の他の RISDC サービスに接続し、クラスタ全体のリアルタイム情報を提供します。

IM and Presence(RTMT/AMC/

SOAP)

IM and Presence(RIS)

TCP

TCP

2556

エフェメラル

Cisco RIS の Real-time Information Services(RIS)データベース クライアント。 リアルタイム情報を取得するための RIS クライアント接続を許可します。

IM and Presence(RIS)

IM and Presence(RIS)

TCP

TCP

8889

8888

内部ポート。 ローカルホスト トラフィック専用。 サービス ステータスの要求および応答用として、RISDC(システム アクセス)が TCP で servM にリンクするために使用します。

表 12 IM and Presence Service リリース 9.x のポート:SNMP 要求

送信元(送信者)

送信先(リスナー)

プロトコル

転送プロトコル

宛先/リスナー

ソース/送信元

備考

SNMP サーバ

IM and Presence

SNMP

UDP

161、8161

エフェメラル

SNMP ベースの管理アプリケーションにサービスを提供します。

IM and Presence

IM and Presence

SNMP

UDP

6162

エフェメラル

SNMP マスター エージェントから転送される要求を受信するネイティブ SNMP エージェント。

IM and Presence

IM and Presence

SNMP

UDP

6161

エフェメラル

ネイティブ SNMP エージェントからのトラップ情報を受信し、管理アプリケーションに転送する SNMP マスター エージェント。

SNMP サーバ

IM and Presence

TCP

TCP

7999

エフェメラル

CDP Agent が CDP バイナリと通信するためにソケットとして使用します。

IM and Presence

IM and Presence

TCP

TCP

7161

エフェメラル

SNMP マスター エージェントとサブエージェントの間の通信に使用します。

IM and Presence

SNMP トラップ モニタ

SNMP

UDP

162

エフェメラル

SNMP トラップを管理アプリケーションに送信します。

IM and Presence

IM and Presence

SNMP

UDP

設定可能

61441

内部 SNMP トラップ レシーバ

表 13 IM and Presence Service リリース 9.x のポート:Racoon サーバ要求

送信元(送信者)

送信先(リスナー)

プロトコル

転送プロトコル

宛先/リスナー

ソース/送信元

備考

ゲートウェイ

--------------

IM and Presence

IM and Presence

--------------

ゲートウェイ

IPSec

UDP

500

エフェメラル

Internet Security Association and the Key Management Protocol(ISAKMP)を有効にします。

表 14 IM and Presence Service リリース 9.x のポート:システム サービス要求

送信元(送信者)

送信先(リスナー)

プロトコル

転送プロトコル

宛先/リスナー

ソース/送信元

備考

IM and Presence(RIS)

IM and Presence(RIS)

XML

TCP

8888 および 8889

エフェメラル

内部ポート。 ローカルホスト トラフィック専用。 RIS サービス マネージャ(servM)と通信するクライアントを受信するために使用します。

表 15 IM and Presence Service リリース 9.x のポート:DNS 要求

送信元(送信者)

送信先(リスナー)

プロトコル

転送プロトコル

宛先/リスナー

ソース/送信元

備考

IM and Presence

DNS サーバ

DNS

UDP

53

エフェメラル

DNS サーバが IM and Presence の DNS クエリーをリッスンするポート。

宛先:DNS サーバ | 送信元:IM and Presence

表 16 IM and Presence Service リリース 9.x のポート:SSH/SFTP 要求

送信元(送信者)

送信先(リスナー)

プロトコル

転送プロトコル

宛先/リスナー

ソース/送信元

備考

IM and Presence

エンドポイント

SSH/SFTP

TCP

22

エフェメラル

多くのアプリケーションが、サーバへのコマンドライン アクセスを行うために使用します。 ノード間で証明書などのファイル交換(sftp)にも使用されます。

表 17 IM and Presence Service リリース 9.x のポート:ICMP 要求

送信元(送信者)

送信先(リスナー)

プロトコル

転送プロトコル

宛先/リスナー

ソース/送信元

備考

IM and Presence

--------------

Cisco Unified Communications Manager

Cisco Unified Communications Manager

--------------

IM and Presence

ICMP

IP

なし

エフェメラル

インターネット制御メッセージ プロトコル(ICMP)。 Cisco Unified Communications Manager サーバとの通信に使用されます。

表 18 IM and Presence Service リリース 9.x のポート:NTP 要求

送信元(送信者)

送信先(リスナー)

プロトコル

転送プロトコル

宛先/リスナー

ソース/送信元

備考

IM and Presence

NTP サーバ

NTP

UDP

123

エフェメラル

Cisco Unified Communications Manager は NTP サーバとして動作します。 サブスクライバ ノードが、パブリッシャ ノードと時刻を同期するために使用されます。

表 19 IM and Presence Service リリース 9.x のポート:Microsoft Exchange 通知要求

送信元(送信者)

送信先(リスナー)

プロトコル

転送プロトコル

宛先/リスナー

ソース/送信元

備考

Microsoft Exchange

IM and Presence

HTTP(HTTPu)

1)WebDAV:HTTP/UDP/IP 通知

2)EWS:HTTP/TCP/IP SOAP 通知

IM and Presence サーバ ポート(デフォルトは 50020)

エフェメラル

Microsoft Exchange が、カレンダー イベントの特定のサブスクリプション識別情報に対する変更を示す通知を(NOTIFY メッセージを使用して)送信するときに、このポートを使用します。 ネットワーク構成内にある Exchange サーバと統合する場合に使用されます。 両方のポートが作成されます。 送信されるメッセージの種類は、設定されている予定表プレゼンス バックエンド ゲートウェイのタイプによって異なります。

表 20 IM and Presence Service リリース 9.x のポート:SOAP サービス要求

送信元(送信者)

送信先(リスナー)

プロトコル

転送プロトコル

宛先/リスナー

ソース/送信元

備考

IM and Presence(Tomcat)

IM and Presence(SOAP)

TCP

TCP

5007

エフェメラル

SOAP モニタ ポート

表 21 IM and Presence Service リリース 9.x のポート:AMC RMI 要求

送信元(送信者)

送信先(リスナー)

プロトコル

転送プロトコル

宛先/リスナー

ソース/送信元

備考

IM and Presence

RTMT

TCP

TCP

1090

エフェメラル

AMC RMI オブジェクト ポート RTMT パフォーマンス モニタ、データ収集、ロギング、およびアラート生成用の Cisco AMC サービス。

IM and Presence

RTMT

TCP

TCP

1099

エフェメラル

AMC RMI レジストリ ポート RTMT パフォーマンス モニタ、データ収集、ロギング、およびアラート生成用の Cisco AMC サービス。

表 22 IM and Presence Service リリース 9.x のポート:XCP 要求

送信元(送信者)

送信先(リスナー)

プロトコル

転送プロトコル

宛先/リスナー

ソース/送信元

備考

XMPP クライアント

IM and Presence

TCP

TCP

5222

エフェメラル

クライアント アクセス ポート

IM and Presence

IM and Presence

TCP

TCP

5269

エフェメラル

サーバ間接続(S2S)ポート

サードパーティ製 BOSH クライアント

IM and Presence

TCP

TCP

7335

エフェメラル

XCP Web Connection Manager が、BOSH を使用するサードパーティ製 API との接続に使用する HTTP リスニング ポート

IM and Presence(XCP サービス)

IM and Presence(XCP ルータ

TCP

TCP

7400

エフェメラル

XCP ルータ マスター アクセス ポート。 オープン ポート設定からルータに接続する XCP サービス(XCP 認証コンポーネント サービスなど)は、通常このポートを使用して接続します。

IM and Presence(XCP ルータ

IM and Presence(XCP ルータ

UDP

UDP

5353

エフェメラル

MDNS ポート クラスタ内の XCP ルータはこのポートを使用してお互いを検出します。

表 23 IM and Presence Service リリース 9.x のポート:外部データベース(PostgreSQL)要求

送信元(送信者)

送信先(リスナー)

プロトコル

転送プロトコル

宛先/リスナー

ソース/送信元

備考

IM and Presence

PostgreSQL データベース

TCP

TCP

54321

エフェメラル

PostgreSQL データベース リスニング ポート

1 これがデフォルトのポートですが、任意のポートで受信するよう PostgreSQL データベースを設定できます。
表 24 IM and Presence Service リリース 9.x のポート:ハイアベイラビリティ要求

送信元(送信者)

送信先(リスナー)

プロトコル

転送プロトコル

宛先/リスナー

ソース/送信元

備考

IM and Presence(Server Recovery Manager)

IM and Presence(Server Recovery Manager)

TCP

TCP

20075

エフェメラル

admin rpc 要求を行うために、Cisco Server Recovery Manager が使用するポート。

IM and Presence(Server Recovery Manager)

IM and Presence(Server Recovery Manager)

UDP

UDP

22001

エフェメラル

Cisco Server Recovery Manager がピアとの通信に使用するポート。

表 25 IM and Presence Service リリース 9.x のポート:メモリ内データベース複製メッセージ

送信元(送信者)

送信先(リスナー)

プロトコル

転送プロトコル

宛先/リスナー

ソース/送信元

備考

IM and Presence

IM and Presence

独自

TCP

9003

エフェメラル

Cisco Presence Datastore のデュアル ノード サブクラスタの複製。

IM and Presence

IM and Presence

独自

TCP

9004

エフェメラル

Cisco Login Datastore のデュアル ノード サブクラスタの複製。

IM and Presence

IM and Presence

独自

TCP

9005

エフェメラル

Cisco SIP Registration Datastore のデュアル ノード サブクラスタの複製。

表 26 IM and Presence Service リリース 9.x のポート:メモリ内データベース SQL メッセージ

送信元(送信者)

送信先(リスナー)

プロトコル

転送プロトコル

宛先/リスナー

ソース/送信元

備考

IM and Presence

IM and Presence

独自

TCP

6603

エフェメラル

Cisco Presence Datastore の SQL クエリー。

IM and Presence

IM and Presence

独自

TCP

6604

エフェメラル

Cisco Login Datastore の SQL クエリー。

IM and Presence

IM and Presence

独自

TCP

6605

エフェメラル

Cisco SIP Registration Datastore の SQL クエリー。

IM and Presence

IM and Presence

独自

TCP

6606

エフェメラル

Cisco Route Datastore の SQL クエリー。

表 27 IM and Presence Service リリース 9.x のポート:メモリ内データベース通知メッセージ

送信元(送信者)

送信先(リスナー)

プロトコル

転送プロトコル

宛先/リスナー

ソース/送信元

備考

IM and Presence

IM and Presence

独自

TCP

6607

エフェメラル

Cisco Presence Datastore の XML ベースの変更通知。

IM and Presence

IM and Presence

独自

TCP

6608

エフェメラル

Cisco Login Datastore の XML ベースの変更通知。

IM and Presence

IM and Presence

独自

TCP

6609

エフェメラル

Cisco SIP Registration Datastore の XML ベースの変更通知。

IM and Presence

IM and Presence

独自

TCP

6610

エフェメラル

Cisco Route Datastore の XML ベースの変更通知。

SNMP の詳細については、『Cisco Unified Serviceability Administration Guide』を参照してください。