Cisco Unified Communications Solutions コマンドライン インターフェイス ガイド リリース 9.0(1)
run コマンド
run コマンド
発行日;2012/12/27   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

run コマンド

run cuc*

run cuc dbquery

このコマンドは、SQL クエリを実行し、結果を表示します。

run cuc dbquery database_name sql_query [page]

Syntax Description

パラメータ 説明
database_name

sql_statement が動作するデータベースを指定します。

(注)     

データベース名では、大文字と小文字が区別されることに注意してください。

Connection のデータベースには、以下が含まれています。

unitydirdb:ディレクトリと設定データを含みます。

unitydyndb:Connection が内部的に使用する動的なデータを含みます。

unitymbxdb1 から unitymbxdb5:対応するメールボックス ストア内の現在の音声メッセージに関するデータを含みます。 このデータには、ファイル システム内に格納されている音声ファイルへのポインタも含まれます。 構成済みのメールボックス ストアが 1 つだけの場合、メールボックス ストア データベースの名前は常に unitymbxdb1 になります。

unityrptdb:監査ログ データを含みます。

sql_query

実行する SQL クエリを指定します。

page

出力を一度に 1 ページずつ表示します。

(注)     

page では、大文字と小文字が区別されることに注意してください。

Command Modes

管理者(admin:)

要件

コマンド特権レベル:1

アップグレード時の使用:可能

適用対象:Cisco Unity Connection

次の例は、SQL クエリ select alias from vw_usertemplate を unitydirdb データベースに対して実行します。
admin: run cuc dbquery unitydirdb select alias from vw_usertemplate


alias

---------------------

AdministratorTemplate

VoiceMailUserTemplate

run cuc preupgrade test

このコマンドは、システムをアップグレードする前に、アップグレード プロセスが実行される Connection サーバの状態を確認し、実行可能なアクションを指定します。

run cuc preupgrade test

Command Modes

管理者(admin:)

Usage Guidelines

なし

要件

コマンド特権レベル:1

アップグレード時の使用:可能

適用対象:Cisco Unity Connection のみ。

admin:run cuc preupgrade test
===========================================================================
DISCLAIMER ::
This cli command should be executed from publisher before upgrade to
check system health. This cli command is not intended to correct the
system state , rather it aims at informing the administrator what all
actions are advised to be taken before running upgrade.
===========================================================================
Checking connection db. Please wait...Done
Checking critical services. Please wait...Done
Checking cluster state. Please wait...Done
Checking cop file installation. Please wait...Done
Checking locales installation. Please wait...Done
Checking drs backup history. Please wait...Done
===========================================================================
R E P O R T    C A R D
===========================================================================
Locales Installation Test: PASS
Connection DB Test: PASS
DRS Backup History Test: FAIL
Cluster State Test: SKIPPED
Critical Services Test: PASS
Cop File Installation Test: SKIPPED
===========================================================================
A C T I O N   S U M M A R Y
===========================================================================
ACTION : Connection DB is online.
         NO constraints were found disabled in :unitydirdb,NO ACTION required before upgrade.
         NO indexes were found disabled in :unitydirdb,NO ACTION required before upgrade.
         NO constraints were found disabled in :unitydyndb,NO ACTION required before upgrade.
         NO indexes were found disabled in :unitydyndb,NO ACTION required before upgrade.
         NO constraints were found disabled in :unitymbxdb1,NO ACTION required before upgrade.
         NO indexes were found disabled in :unitymbxdb1,NO ACTION required before upgrade.
         NO constraints were found disabled in :unityrptdb,NO ACTION required before upgrade.
         NO indexes were found disabled in :unityrptdb,NO ACTION required before upgrade.
        Connection DB state is GOOD,NO ACTION required before upgrade.
ACTION : All Critical services are running ,NO ACTION required before upgrade.
ACTION : Standalone/Cores detected , excluding cluster state checking
ACTION : Skipping COP installation check, product version detected :'8.6.2.21018-1',NO ACTION required before upgrade.
ACTION : No locales were found installed ,NO ACTION required before upgrade.
ACTION : Make Sure DRS backup is taken aleast a day before upgrade.
Check report /var/log/active/cuc/cli/preupgrade_120325-224523.txt for details.

run cuc smtptest

このコマンドは、SpeechView トランスクリプションの SMTP 送受信設定を確認するのに役立つテストを開始します。

run cuc smtptest email-address

Syntax Description

パラメータ 説明
email-address

電子メール アドレスを指定します。

Command Modes

管理者(admin:)

Usage Guidelines

このテストによって、指定された電子メール アドレスにテスト メッセージが送信されます。 次に、ユーザはその電子メール アカウントにアクセスし、件名を変更せずにテスト メッセージに返信します。 テストは、Cisco Unity Connection サーバが応答を受信した後にパスします。 テストが成功または失敗した部分がわかることにより、トランスクリプションの SMTP 送受信設定の問題特定に役立ちます。

要件

コマンド特権レベル:1

アップグレード時の使用:可能

適用対象:Cisco Unity Connection

次の例では、Sysagent タスク CleanDeletedMessagesTask が実行されます。
admin: run cuc sysagent task CleanDeletedMessagesTask

run cuc sysagent task

このコマンドは、Sysagent のタスクを実行します。

run cuc sysagent task task_name

Syntax Description

パラメータ 説明
task_name

実行する Sysagent タスクの名前を指定します。

Command Modes

管理者(admin:)

Usage Guidelines

要件

コマンド特権レベル:1

アップグレード時の使用:可能

適用対象:Cisco Unity Connection

次の例では、Sysagent タスク CleanDeletedMessagesTask が実行されます。
admin: run cuc sysagent task CleanDeletedMessagesTask


CleanDeletedMessagesTask started

run cuc vui rebuild

このコマンドは、音声認識転送ユーティリティに対して、確定前の変更を使って音声認識名の文法をただちに再構築するように指示します。

run cuc vui rebuild

Command Modes

管理者(admin:)

Usage Guidelines

このコマンドは、データベース内で変更のフラグが付けられている文法だけを再構築します。 このコマンドでは、名前の文法の更新ブラックアウト スケジュールは無視されます。また、このコマンドはただちに実行されます。 名前に関係するデータは大量になる可能性があります。それらをデータベースから取得するオーバーヘッドを考慮して、このコマンドの使用はできるだけ控え、どうしても必要な場合にのみ使用してください。

要件

コマンド特権レベル:1

アップグレード時の使用:可能

適用対象:Cisco Unity Connection

run loadxml

このコマンドは、サービスのパラメータまたは製品固有の情報が、意図したとおりに管理ウィンドウに表示されない場合の回避策です。

run loadxml

Command Modes

管理者(admin:)

Usage Guidelines


(注)  


このコマンドを実行すると CPU に負担がかかります。また、このコマンドの実行後に一部のサービスを再起動する必要がある場合があります。


要件

コマンド特権レベル:1

アップグレード時の使用:不可

適用対象:Unified CMUnified CMIM and Presence サービス、Cisco Unity Connection

run sql

このコマンドを使用すると、SQL コマンドを実行できます。

run sql sql_statement

Syntax Description

パラメータ 説明
sql_statement

実行する SQL コマンドを指定します。

Command Modes

管理者(admin:)

要件

コマンド特権レベル:1

アップグレード時の使用:0

適用対象:Unified CMUnified CMIM and Presence サービス、Cisco Unity Connection

この例では、SQL コマンドが実行されます。
admin: run sql select name from device

run pe sql

このコマンドを使用すると、指定した Presence データストアに対して入力 SQL 文を実行できます。

run pe sql datastore_name sql_statement

Syntax Description

パラメータ 説明
datastore_name

データ ストアの名前を表します。

sql_statement

実行する SQL コマンドを表します。

Command Modes

管理者(admin:)

Usage Guidelines

要件

コマンド特権レベル:1

アップグレード時の使用:可能

適用対象:Unified CMIM and Presence サービス

この例では、データストアに対して SQL コマンドが実行されます。
admin: run pe sql ttsoft select * from presenceeventtable