発行日;2013/01/24   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

目次

Enterprise License Manager のセットアップ

[バージョン情報] ウィンドウ

設定 説明

[バージョン情報]

[バージョン情報] ダイアログボックスには、Enterprise License Manager のバージョン番号と登録 ID 番号が示されます。

(注)      この情報は、再ホスティングで使用できます。 再ホスティングとは、ユーザがライセンスを Enterprise License Manager の 1 つのインスタンスから別のインスタンスへ移動させる際に従うプロセスです。 Enterprise License Manager の 1 つのインスタンスですでに発行および履行されているライセンスは、再ホスティングのプロセスを経て、Enterprise License Manager の新しいインスタンスや別のインスタンスに移動します。 このプロセスの一環として、Enterprise License Manager のインストール後に、バージョン番号と登録 ID 番号を何らかの形で記録しておくことを推奨します。

[モニタリング] ビューの設定

[モニタリング] ビューには、ライセンス情報を表示して製品ライセンスを設定する 2 つのページがあります。

[ダッシュボード] の設定

設定 説明

[概要] セクション

[製品インスタンス]

Enterprise License Manager の管理対象の製品インスタンスの総数。 [製品インスタンス] をクリックすると、[インベントリ] > [製品インスタンス] ページに移動します。

[最後にライセンスを更新した日時]

ライセンスを最後に更新した日時。 [最後にライセンスを更新した日時] をクリックすると、[ライセンス管理] > [ライセンス] ページに移動します。

[最後に同期した日時]

最後に正常に同期した日時。 [最後に同期した日時] をクリックすると、[インベントリ] > [製品インスタンス] ページに移動します。このページでは、各製品インスタンスの [同期ステータス] と [最後に同期した日時] を表示できます。 また、[今すぐ同期] ボタンをクリックすると、このページから同期を実行できます。

(注)     

同期は、Enterprise License Manager がシステムのあらゆるライセンス タイプの最新情報を収集する際に実行されます。

[ライセンス アラート] セクション

[タイプ]

適合していないライセンス タイプ。

[ステータス]

アラートに関する情報を示します(ライセンス数の不足、ライセンスの有効期限切れなど)。

[ライセンスの使用状況] セクション

[タイプ]

ライセンス タイプを指定します。

[必要数]

各製品タイプに割り当てられたライセンス数。

[同期の失敗] セクション

[名前]

同期が試行され、失敗したシステムの名前。

[失敗の理由]

同期に失敗した理由を特定します。

[最後に成功した日時]

最後に正常に同期した日時。

[ライセンスの使用状況] ページの設定

[ライセンスの使用状況] ページには、ライセンスがどのように使用されているのかを確認する次の 2 つのビューがあります。

  • [テーブル ビュー]
  • [チャート ビュー]

(注)  


[テーブル ビュー] と [チャート ビュー] のどちらでも、[今すぐ同期] ボタンをクリックしてライセンスを同期できます。


設定 説明

[テーブル ビュー]

[タイプ]

製品スコープ内でサポートされているライセンス タイプの名前。 詳細については、[タイプ] 列の特定のライセンス タイプをクリックして、ライセンス タイプの詳細ページを開きます。

[製品スコープ]

製品タイプ。

[必要数]

サーバにプロビジョニングしたサービスを配信するため、製品インスタンスに必要なライセンス数。

[インストール済み]

現在インストールされているライセンス数。

[未使用]

ライセンスの必要数とインストール済みの数の差。 この列の数は、特定のライセンス タイプの未使用のライセンスの状態に応じて色分けされます。

数字が赤の場合は、ライセンス数が不足していると考えられます。 数字が黒の場合は、ライセンス数が適合していると考えられます。

[ステータス]

ライセンスのステータス([一時ライセンスの有効期限がまもなく終了]、[適合] など)。

[今すぐ同期] ボタン

Enterprise License Manager を製品インスタンスと同期させて、システムのあらゆるライセンス タイプの最新情報を取得します。

[チャート ビュー]

[使用可能]

使用可能なライセンスが次のいずれかに分類されます。

  • [インストール済み]
  • [上位ティアから借用]

[使用済み]

使用済みライセンスが次のいずれかに分類されます。

  • [必要数]
  • [下位ティアに貸与]

[チャート ビュー] には多数のライセンス タイプがあります。 ライセンス タイプの詳細については、http:/​/​www.cisco.com/​go/​uclicensing を参照してください。

[今すぐ同期] ボタン

Enterprise License Manager を製品インスタンスと同期させて、システムのあらゆるライセンス タイプの最新情報を取得します。

[ライセンスの使用状況] 詳細ページ

(注)      [ライセンスの使用状況] ページの [テーブル ビュー] でライセンスをクリックすると、この [ライセンスの使用状況] 詳細ページが開きます。

[ライセンスの説明] セクション

[ライセンスの説明] セクションには、そのライセンス タイプの説明が表示されます。 Cisco.com. のすべてのライセンス タイプの説明を表示するリンクも含まれています。

[使用状況チャート] セクション

[使用状況チャート] セクションには、利用可能な特定のライセンス タイプの数と、そのうちのインストール済みの数または上位ティアから借用した数が図示されます。

また、そのライセンス タイプの使用中の数と、そのうちの必要な数または下位ティアに貸与している数も示されます。

[インスタンス別の使用状況] セクション

[インスタンス別の使用状況] セクションには、特定のライセンス タイプを使用中のシステムが一覧表示され、システムの製品タイプ、リリース バージョン、これらの各システムで必要なライセンス数が識別されます。

[インストール済みライセンス(タイプ別)] セクション

[インストール済みライセンス(タイプ別)] セクションでは、無期限ライセンスと一時ライセンスが区別され、各ライセンスの上限数と一時ライセンスの有効期限が表示されます。

[ライセンス管理] ビューの設定

[ライセンス管理] ビューには、ライセンス情報を表示して製品ライセンスを設定する 2 つのページがあります。

[ライセンス] ページの設定

設定 説明

[ライセンス] ページ

[ファイル名]

インストール済みラインセンスのファイル名を指定します。

(注)      最後にインストールされたラインセンス ファイルが、アクティブなライセンス ファイルです。 アクティブなライセンス ファイルには、ファイル名の末尾に [アクティブ] と付記されます。

[説明]

インストール済みの各ラインセンスの説明です。

[インストール日]

ライセンスがインストールされた日付を指定します。

[ライセンス ファイルのインストール] ボタン

[ライセンス ファイルのインストール] ページが開きます。

[ライセンス要求の作成] ボタン

[ライセンス要求と次の手順] ダイアログボックスが開きます。

[ライセンス ファイルのインストール] ページ

[参照] ボタン

使用中のコンピュータからライセンス ファイルを選択できます。

[インストール] ボタン

([参照] ボタンを使用して)ライセンス ファイルを選択しているとき、[ライセンス ファイル] フィールドに表示されます。 表示された [インストール] ボタンを使用して、そのライセンス ファイルをインストールします。

[ライセンス要求と次の手順] ダイアログボックス

[選択した以下のテキストを…]

[ライセンス要求と次の手順] ダイアログボックスの最初のステップでは、テキスト ボックスのテキストをクリップボードにコピーするか、コンピュータにライセンス要求ファイルを保存するリンクをクリックします。

[ライセンスの登録]

2 番目のステップでは、表示されているリンクをクリックしてライセンスを登録するよう指示されます。

[ライセンスのインストール]

3 番目のステップでは、Enterprise License Manager に戻ってライセンスを受け取ったらインストールするように促されます。 ライセンス ファイルは通常、電子メール経由で受信するか、Cisco ポータルからダウンロードします。

[インストール] ボタンをクリックして、[ライセンス] ページに戻ります。

[表示 <ファイル ID>] ページ

[ファイルの詳細]

[ファイルの詳細] セクションには、次の情報が含まれています。

  • [ファイル名]
  • [説明]
  • [インストール日]
  • [関連付けられた要約]

[ファイルの内容]

[ファイルの内容] セクションには [ライセンス ファイルの内容] テーブルがあり、次のカテゴリでライセンス ファイルが一覧表示されます。

  • [タイプ]
  • [製品スコープ]
  • [数](特定のライセンス タイプの数)
  • [有効期限]

[<File ID> の編集] ページ

[ファイルの詳細の編集]

[表示 <ファイル ID>] ウィンドウの [ファイルの詳細の編集] ボタンをクリックすると、[ファイルの詳細の編集] ウィンドウが開きます。このウィンドウには次の情報が含まれています。

  • [ファイル名]
  • [説明]
  • [インストール日]
  • [関連付けられた要約](このライセンス ファイルに関連付けられたライセンス計画)

[説明] フィールドと [要約] フィールドは編集できます。

[ライセンス計画] ページの設定

設定 説明

[ライセンス計画] ページ

[名前]

ライセンス計画の名前を指定します。

[履歴] テーブルのリストからライセンス計画名を選択すると、そのライセンス計画の [詳細] ウィンドウが開きます。 このウィンドウには次の情報が含まれています。

  • [名前](編集可能)
  • [説明](編集可能)
  • [タイプ]
  • [作成日]
  • [要約](そのライセンス計画の要約情報を示す [要約の表示] リンクを含む)

[説明]

ライセンス計画の簡単な説明を示します。

[タイプ]

ライセンス計画のタイプを指定します。

[作成日]

ライセンス計画の作成日を指定します。

[アクション]

[アクション] 列には、ライセンス計画を削除する [削除] ボタンがあります。

[ライセンスの追加] ボタン

[ライセンスの追加] ボタンをクリックすると、ライセンスの追加ウィザードが開きます。 ライセンスの追加ウィザードの実行方法については、『Enterprise License Manager ユーザ ガイド』を参照してください。

[ライセンスのアップグレード] ボタン

[ライセンスのアップグレード] ボタンをクリックすると、ライセンスのアップグレード ウィザードが開きます。 ライセンスのアップグレード ウィザードの実行方法については、『Enterprise License Manager ユーザ ガイド』を参照してください。

[ライセンスの追加] ページ

[製品の選択] セクション

[ライセンスの追加] ウィンドウの [製品の選択] セクションでは、ライセンスに追加する製品タイプと製品バージョンを(ドロップダウン メニューから)選択できます。

[ライセンス数の指定] セクション

[ライセンスの追加] ウィンドウの [ライセンス数の指定] セクションでは、各ライセンス タイプに割り当てられるラインセンス数を調整し、そのライセンス タイプの変更を保存できます。

また、[コンプライアンス チェックの実行] ボタンをクリックしてコンプライアンス チェックを実行したり、[値のリセット] ボタンをクリックしてライセンスの値をリセットしたりすることも可能です。

[要約と次の手順] セクション

[ライセンスの追加] ウィンドウの [要約と次の手順] セクションでは、[製品の選択] セクションや [ライセンス数の指定] セクションで行った変更の要約を表示して保存できます。

デフォルトで、[Enterprise License Manager に要約を保存] オプションが選択されます。 [名前] フィールドにも要約のデフォルト名が <製品名>-add-<日時スタンプ> の形式で表示されます。

[ライセンスのアップグレード] ページ

[製品タイプの選択]

[ライセンスのアップグレード] ウィンドウの [製品タイプの選択] セクションでは、ドロップダウン メニューからアップグレードする製品タイプを選択できます。

[製品インスタンスの選択]

[ライセンスのアップグレード] ウィンドウの [製品インスタンスの選択] セクションでは、製品インスタンスをアップグレードできます。具体的には、[利用可能な製品インスタンス] ウィンドウでインスタンスを選択し、矢印をクリックして [アップグレード対象の製品インスタンス] ウィンドウに移動します。

[ライセンス数の指定]

[ライセンスのアップグレード] ウィンドウの [ライセンス数の指定] セクションでは、[更新されたライセンス数] 列のライセンス数を編集できます。

また、[コンプライアンス チェックの実行] ボタンをクリックしてコンプライアンス チェックを実行したり、[値のリセット] ボタンをクリックしてライセンスの値をリセットしたりすることも可能です。

[要約と次の手順]

[ライセンスのアップグレード] ウィンドウの [要約と次の手順] セクションでは、行った変更の要約を表示して保存できます。

デフォルトで、[Enterprise License Manager に要約を保存] オプションが選択されます。 [名前] フィールドにも要約のデフォルト名が <製品名>-add-<日時スタンプ> の形式で表示されます。

発注やライセンスの履行に関する説明も、このセクションに表示されます。 [終了して要求を作成] ボタンをクリックするとプロセスが完了し、ライセンスのアップグレード ウィザードが閉じます。

[ライセンス移行要求と次の手順]

[ライセンスのアップグレード] ウィンドウの [要約と次の手順] セクションで [終了して要求を作成] ボタンをクリックすると、[ライセンス移行要求と次の手順] が開きます。

選択したテキストをコピーするか、[コンピュータのファイルに保存します] リンクをクリックします。

[インベントリ] ビューの設定

[インベントリ] ビューには [製品インスタンス] ページがあり、製品のライセンス情報を確認できます。 このページでは、製品インスタンスを追加、削除、同期することができます。

設定 説明

[製品インスタンス]

[名前]

製品インスタンスの名前を指定します。

[ホスト名/IP アドレス]

製品インスタンスのホスト名または IP アドレスを指定します。

[製品タイプ]

製品インスタンスのタイプを指定します(Unified CM または Unity Connection)。

[バージョン]

製品インスタンスの製品リリースを指定します。

[同期ステータス]

製品インスタンスの同期ステータスを指定します([成功]、[登録が競合しています]、[サーバ タイプが無効です] など)。

[最後に同期した日時]

最後に正常に同期した日時を指定します。

[追加] ボタン

[製品インスタンス] ページの [追加] ボタンをクリックすると、製品インスタンスの追加ダイアログボックスが開きます。 このダイアログボックスでは、次の情報を入力できます。

  • [名前]
  • [説明](オプション)
  • [製品タイプ]
  • [ホスト名/IP アドレス]
  • [ユーザ名]
  • [パスワード]
(注)      新しい製品インスタンスを追加したら、必ず [今すぐ同期] ボタンをクリックして、製品から現在のラインセンス情報を抽出します。 同期しない場合は、最新の製品インスタンス情報が Enterprise License Manager に表示されないことがあります。

[テスト接続] ボタン

[製品の追加] ダイアログボックスでは、[テスト接続] ボタンをクリックして、製品インスタンスを追加する前に接続をテストできます。

接続が確立されない場合は、接続テストの際、または [OK] をクリックして製品インスタンスを追加する際に、次のいずれかのエラー メッセージが表示されることがあります。

  • インスタンスに到達できません
  • ログインに失敗しました
  • 証明書が一致しません
  • 登録が競合しています
  • サーバ タイプが無効です
  • 製品タイプが一致しません
  • 製品インスタンスが重複しています
(注)      [テスト接続] ボタンをスキップして、製品インスタンスの追加ダイアログボックスで [OK] をクリックすることもできます。

[削除] ボタン

製品インスタンスを削除する場合は、製品インスタンスの横にあるチェックボックスをオンにして、[削除] をクリックします。

[管理 GUI の起動] ボタン

特定の製品インスタンスの管理 GUI を開く場合は、製品インスタンスの横にあるチェックボックスをオンにして、[管理 GUI の起動] をクリックします。

[今すぐ同期] ボタン

Enterprise License Manager を製品インスタンスと同期させて、システムのあらゆるライセンス タイプの最新情報を取得します。

[製品インスタンス] 詳細ページ

(注)      [製品インスタンス] テーブルの製品インスタンスをクリックすると、次の詳細ページが開きます。

[一般] タブ

[一般] タブは、次の 2 つのセクションに分かれています。

  • 製品情報
  • 管理者アカウント

製品情報のセクションには、次の情報が含まれています。

  • [名前]
  • [説明]
  • [ホスト名/IP アドレス]
  • [製品タイプ]
  • [製品バージョン]

管理者アカウントのセクションには、次の情報が含まれています。

  • [ユーザ名]
  • [パスワード]

[保存] ボタンをクリックすると、変更が保存されます。

(注)      [保存] ボタンをクリックする前に、[テスト接続] ボタンをクリックして接続が確立されていることを確認することもできます。

[ライセンスの使用状況] タブ

[ライセンスの使用状況] タブには、ライセンス要求が図示され、ライセンス タイプ別に要求されたライセンス数の表が示されます。

[管理] ビューの設定

[管理] ビューでは、Enterprise License Manager の次の項目を設定できます。

  • [管理者アカウント]
  • [OS の管理]
  • [ディザスタ リカバリ]
  • [診断ログ]
  • [再起動]
設定 説明

[管理者アカウント]

[管理者の追加] ボタン

[管理者アカウント] ウィンドウの [管理者の追加] ボタンを選択すると、[管理者アカウントの追加] ウィンドウが開きます。

このウィンドウから管理者を追加できます。 次の情報を求めるプロンプトが表示されます。

  • [ユーザ ID]
  • [パスワード]
  • [パスワードの再入力]

[パスワードの変更]

[管理者] テーブルの [パスワードの変更] リンクを選択すると、[パスワードの変更] ページが開きます。 このページから、既存の管理者アカウントのパスワードを変更できます。 次の情報を求めるプロンプトが表示されます。

  • [新しいパスワード]
  • [新しいパスワードの再入力]

[<User ID> の編集]

[管理者アカウント] ウィンドウで既存の管理者アカウントのユーザ ID を選択すると、[<User ID> の編集] ページが開きます。 このページから、管理者アカウントの名前や説明を変更できます。

[OS の管理]

[OS の管理]

[OS の管理] ページには、Cisco Unified OS の管理ユーティリティへのリンクがあります。 このリンクをクリックすると、新しいウィンドウでユーティリティが開きます。

(注)      Cisco Unified OS の管理ユーティリティは、Unified CM、Unity Connection、Enterprise License Manager で共通です。 Enterprise License Manager に固有のユーティリティではありません。

[ディザスタ リカバリ]

[ディザスタ リカバリ]

[ディザスタ リカバリ] ページには、Cisco Disaster Recovery Service ユーティリティへのリンクがあります。 このリンクをクリックすると、新しいウィンドウでユーティリティが開きます。

(注)      Cisco Disaster Recovery Service ユーティリティは、Unified CM、Unity Connection、Enterprise License Manager で共通です。 Enterprise License Manager に固有のユーティリティではありません。

Cisco Disaster Recovery Service ユーティリティの資料については、次の情報を参照してください。

[診断ログ]

[ログの設定] タブ

[ログの設定] タブには、診断カテゴリとログ レベルが一覧表示されます。 診断カテゴリごとに [ログ レベル] ドロップダウン リストから次のいずれかを設定できます。

  • [エラー]
  • [警告]
  • [情報]
  • [デバッグ]

診断カテゴリごとにログ レベルを設定したら、[保存] ボタンをクリックして変更を保存できます。 あるいは、[リセット] ボタンをクリックして、ログの設定をリセットすることも可能です。

[ログのダウンロード] タブ

[ログのダウンロード] タブでは、日時の範囲を指定してログ ファイルを作成できます。 デフォルトは現在の日時です。 [ログ ファイルの作成] ボタンをクリックすると、ファイルが生成されます。 作成されたログ ファイルはコンピュータにダウンロードされます。

[再起動]

[再起動]

[再起動] ボタンをクリックすると、Enterprise License Manager の全サービスが再起動します。