Cisco Unified Communications Manager Dialed Number Analyzer ガイド、リリース 9.0(1)
はじめに
はじめに
発行日;2012/12/27   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

はじめに

ここでは、このマニュアルの目的、対象読者、構成について説明します。また、このマニュアルで使用される表記法についても説明します。

目的

『Cisco Unified Communications Manager Dialed Number Analyzer ガイド』では、Dialed Number Analyzer を使用して、展開された Cisco Unified Communications Manager ダイヤル プラン設定のテストと診断、テスト結果の分析、およびそれらの結果を使用したダイヤル プランの調整を行う方法について説明します。

対象読者

『Cisco Unified Communications Manager Dialed Number Analyzer ガイド』では、Cisco Unified Communications Manager の設定を管理するネットワーク管理者を対象にした情報を提供しています。 このマニュアルを使用するには、テレフォニーおよび IP ネットワーキング テクノロジーに関する知識が必要です。

マニュアルの構成

関連資料

関連する Cisco IP テレフォニー、アプリケーション、および製品に関する詳細については、次のマニュアルを参照してください。

  • 『Installing Cisco Unified Communications Manager
  • 『Release Notes for Cisco Unified Communications Manager
  • 『Cisco Unified Communications Manager System Guide』
  • 『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』
  • 『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』
  • 『Cisco Unified Serviceability Administration Guide』
  • Cisco Unified Communications Manager Serviceability System Guide』
  • Troubleshooting Guide for Cisco Unified Communications Manager
  • 『Cisco Unified Communications Manager Bulk Administration Guide』

表記法

このマニュアルでは、次の表記法を使用しています。
表記法 説明

太字フォント

コマンドおよびキーワードは太字で示しています。

イタリック体フォント

ユーザが値を指定する引数は、イタリック体で示しています。

[ ]

角カッコの中の要素は、省略可能です。

{ x | y | z }

必ずどれか 1 つを選択しなければならない必須キーワードは、波カッコで囲み、縦棒で区切って示しています。

[ x | y | z ]

どれか 1 つを選択できる省略可能なキーワードは、角カッコで囲み、縦棒で区切って示しています。

string

引用符を付けない一組の文字。 string の前後には引用符を使用しません。引用符を使用すると、その引用符も含めて string とみなされます。

screen フォント

システムが表示する端末セッションおよび情報は、screen フォントで示しています。

太字の screen フォント

ユーザが入力しなければならない情報は、太字の screen フォントで示しています。

イタリック体の screen フォント

ユーザが値を指定する引数は、イタリック体の screen フォントで示しています。

^

^ 記号は、Ctrl キーを表します。たとえば、画面に表示される ^D というキーの組み合わせは、Ctrl キーを押しながら D キーを押すことを意味します。

< >

パスワードのように出力されない文字は、山カッコ(< >)で囲んで示しています。

(注)は、次のように表しています。


(注)  


「注釈」です。 役立つ情報や、このマニュアル以外の参照資料などを紹介しています。


ワンポイント アドバイスは、次のように表しています。


ワンポイント アドバイス


時間を節約する方法です。 ここに紹介している方法で作業を行うと、時間を短縮できます。


ヒントは、次のように表しています。


ヒント


役立つ「ヒント」の意味です。


注意は、次のように表しています。


注意    


「要注意」の意味です。 機器の損傷またはデータ損失を予防するための注意事項が記述されています。


警告は、次のように表しています。


警告


「危険」の意味です。 人身事故を予防するための注意事項が記述されています。 機器の取り扱い作業を行うときは、電気回路の危険性に注意し、一般的な事故防止対策に留意してください。


サポート

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、その他の有用な情報について、次の URL で、毎月更新される『What's New in Cisco Product Documentation』を参照してください。シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧も示されています。

http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​docs/​general/​whatsnew/​whatsnew.html

シスコ製品のマニュアルおよびその他の資料は、Cisco.com から入手できます。 また、シスコのテクニカル サポート、およびその他のリソースをさまざまな方法で入手することもできます。 以降の項では、シスコから技術情報を取得する方法について説明します。

オンライン マニュアル

次の URL から、シスコ製品の最新資料を入手することができます。

http:/​/​www.cisco.com/​univercd/​home/​home.htm

シスコの Web サイトへは、次の URL からアクセスできます。

http:/​/​www.cisco.com

シスコの Web サイトの各国語版へは、次の URL からアクセスできます。

http:/​/​www.cisco.com/​public/​countries_​languages.shtml

マニュアルの注文

次の URL でマニュアルの発注に関する手順を参照できます。

http:/​/​www.cisco.com/​univercd/​cc/​td/​doc/​es_inpck/​pdi.htm

次の方法でシスコ マニュアルを発注できます。

  • Cisco.com(Cisco Direct Customers)に登録されている場合、Ordering Tool からシスコ製品のマニュアルを発注できます。次の URL にアクセスしてください。 http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​partner/​ordering/​index.shtml
  • Cisco.com に登録されていない場合、製品を購入された代理店へお問い合わせください。

マニュアルに関するフィードバック

技術マニュアルに関するご意見は、bug-doc@cisco.com までご送信ください。

マニュアルの表紙の裏にレスポンス カードがある場合はカードを使用してご意見をご送信いただくか、次の住所にご郵送ください。

シスコ

Attn: Customer Document Ordering

170 West Tasman Drive

San Jose, CA 95134-9883

お客様からのご意見をお待ちしております。

暗号機能

本製品には暗号化機能が備わっており、輸入、輸出、配布および使用に適用される米国および他の国での法律を順守するものとします。 シスコの暗号化製品を譲渡された第三者は、その暗号化技術の輸入、輸出、配布、および使用を許可されたわけではありません。 輸入業者、輸出業者、販売業者、およびユーザは、米国および他の国での法律を 順守する責任があります。 本製品を使用するにあたっては、関係法令の順守に同意する必要があります。 米国および他の国の法律を順守できない場合は、 本製品を至急送り返してください。

シスコの暗号化製品を管理する米国の法律の概要については、次の URL で参照できます。 http:/​/​www.cisco.com/​wwl/​export/​crypto/​tool/​stqrg.html. さらに詳しい情報が必要な場合は、export@cisco.com 宛てに電子メールでお問い合わせください。

シスコでは、無償の Security Vulnerability Policy ポータルを次の URL で提供しています。

http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​products_​security_​vulnerability_​policy.html

このサイトから、次のタスクを実行できます。

  • シスコ製品のセキュリティ上の脆弱性を報告します。
  • シスコ製品が関係するセキュリティ問題についてサポートを受けます。
  • シスコからのセキュリティ情報の受信を登録します。

シスコ製品のセキュリティに関するアドバイスおよび通知の最新リストについては、次の URL を参照してください。

http:/​/​www.cisco.com/​go/​psirt

リアルタイムで更新されているアドバイスと通知を確認する場合、次の URL からフィードされている「Product Security Incident Response Team Really Simple Syndication (PSIRT RSS)」を参照してください。

http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​products_​psirt_​rss_​feed.html

セキュリティ

シスコでは、安全な製品を提供することを目指しています。 製品のリリース前に社内でテストを実施し、すべての脆弱性を迅速に修正するように努めております。 シスコ製品の脆弱性を見つけた場合、次の PSIRT にご連絡ください。

  • 緊急度の高い問題 : security-alert@cisco.com 緊急度の高い問題とは、システムが攻撃を受けている状態、または急を要する深刻なセキュリティの脆弱性を報告する必要がある状態を指します。 それ以外の状態はすべて、緊急度の低い問題と見なされます。
  • 緊急度の低い問題 : psirt@cisco.com

緊急度の高い問題の場合、次の電話番号で PSIRT に問い合わせることもできます。

  • 1 877 228-7302
  • 1 408 525-6532

ヒント


Pretty Good Privacy(PGP)または互換性のある製品を使用して、シスコに送信する機密情報を暗号化することをお勧めします。 PSIRT は、PGP バージョン 2.x ~ 8.x と互換性がある暗号化情報に対応できます。



ヒント


無効または期限切れになった暗号キーは使用しないでください。 PSIRT との連絡に使用する適切な公開キーは、次の URL にある Security Vulnerability Policy ページの「Contact Summary」セクションでリンクが設定されている公開キーです。



ヒント


http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​products_​security_​vulnerability_​policy.html



ヒント


このページ上のリンクには、正しい PGP キー ID が使用されています。


テクニカル サポート

シスコ テクニカル サポートでは、有効なシスコ サービス契約を保有しているすべてのお客様、パートナー、リセラー、およびディストリビュータ向けに、24 時間対応の高い評価を得ているテクニカル サポートを用意しています。 Cisco.com のシスコ テクニカル サポート Web サイトには、多数のオンライン サポート リソースがあります。 さらに、Cisco Technical Assistance Center(TAC)エンジニアが電話サポートを提供しています。 有効なシスコ サービス契約を保有していない場合、リセラーにご連絡ください。

オンライン サポート

シスコ テクニカル サポート Web サイトでは、オンラインで資料やツールを利用して、トラブルシューティングやシスコ製品およびテクノロジーに関する技術上の問題の解決に役立てることができます。 この Web サイトは、1 年中いつでも利用することができます。次の URL にアクセスしてください。

http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​support/​index.html

シスコ テクニカル サポート Web サイトのすべてのツールのアクセスには、Cisco.com ユーザ ID とパスワードが必要です。 サービス契約が有効で、ユーザ ID またはパスワードを取得していない場合は、次の URL で登録手続きを行ってください。

http:/​/​tools.cisco.com/​RPF/​register/​register.do

サービス要求

オンラインの TAC Service Request Tool を使用すると、S3 および S4 サービス要求を簡単に開くことができます (S3 および S4 サービス要求とは、ネットワークの障害が軽微である場合、あるいは製品情報が必要な場合のことを指します)。状況をご説明いただくと、TAC Service Request Tool が推奨される解決方法を自動的に提供します。 これらの推奨リソースを使用しても問題が解決しない場合は、TAC エンジニアが対応します。 TAC Service Request Tool は次の URL にあります。

http:/​/​www.cisco.com/​techsupport/​servicerequest

S1 または S2 サービス要求の場合、またはインターネットにアクセスできない場合、電話で Cisco TAC にご連絡ください (S1 または S2 サービス要求は、運用ネットワークがダウンしている場合や大幅に機能が低下している場合のサービス要求です)。S1 および S2 サービス要求には Cisco TAC エンジニアがただちに割り当てられ、円滑な業務を支援します。

電話でサービス要求を利用するには、次のいずれかの番号におかけください。

アジア太平洋:+61 2 8446 7411(オーストラリア:1 800 805 227)

EMEA:+32 2 704 55 55

米国:1 800 553 2447

詳細な Cisco TAC の連絡先については、次の URL を参照してください。

http:/​/​www.cisco.com/​techsupport/​contacts

サービス要求の重大度

すべてのサービス要求が標準形式で報告されるように、シスコでは重大度を定義しています。

重大度 1(S1):ネットワークが「ダウン」しているか、業務に重大な影響があります。 お客様とシスコは 24 時間体制で必要なすべてのリソースを投入し、この状況を解決します。

重大度 2(S2):既存のネットワークの動作が大幅に低下しているか、業務の重要な側面がシスコ製品の不適切なパフォーマンスによって悪影響を受けています。 お客様とシスコは通常の業務時間中にフルタイムでリソースを投入し、この状況を解決します。

重大度 3(S3):ネットワークの動作パフォーマンスが低下していますが、ほとんどの業務は機能しています。 お客様とシスコは通常の業務時間中にリソースを投入し、サービスを適性レベルまで復元します。

重大度 4(S4):シスコ製品の機能、インストール、または設定に関する情報またはサポートが必要です。 業務への影響は、ほとんど、またはまったくありません。

その他の情報

シスコの製品、技術、およびネットワーク ソリューションに関する情報は、さまざまなオンライン資料と印刷資料で利用できます。

  • Cisco Marketplace には、多様なシスコの書籍、リファレンス ガイド、およびロゴ製品が用意されています。 次の URL でシスコ ストアの Cisco Marketplace にアクセスしてください。 http:/​/​www.cisco.com/​go/​marketplace/​
  • シスコ製品カタログでは、シスコが提供するネットワーキング製品、発注サービス、およびカスタマー サポート サービスについて説明しています。 次の URL でシスコ製品カタログにアクセスしてください。 http:/​/​cisco.com/​univercd/​cc/​td/​doc/​pcat/​
  • Cisco Press では、一般的なネットワーキング、トレーニング、認定に関する幅広い書籍を発行しています。 初心者にも上級者にも役立つ書籍をご用意しています。 Cisco Press の最新の出版情報などについては、次の URL からアクセスしてください。 http:/​/​www.ciscopress.com
  • 「Packet」マガジンは、インターネットおよびネットワーキングの投資を最大限に活用するためのシスコのテクニカル ユーザ マガジンです。 「Packet」は季刊で、最新の業界動向、テクノロジー ブレークスルー、シスコの製品とソリューション、ネットワークの展開とトラブルシューティングのヒント、設定例、お客様のケース スタディ、認定およびトレーニングに関する情報、および多数の詳細なオンライン リソースへのリンクが掲載されています。 「Packet」マガジンには次の URL でアクセスできます。 http:/​/​www.cisco.com/​packet
  • 「iQ Magazine」はシスコから季刊として発行され、成長する企業がテクノロジーを使用して収益を向上し、ビジネスを整理し、サービスを拡張する方法を習得することを支援しています。 また、実際のケース スタディとビジネス戦略を使用して、このような企業が直面する課題とそれを解決するテクノロジーを特定し、読者が適切なテクノロジーの投資を決定できるように支援します。 「iQ Magazine」には次の URL でアクセスできます。 http:/​/​www.cisco.com/​go/​iqmagazine
  • 「Internet Protocol Journal」はシスコから季刊で発行されている、パブリックおよびプライベートのインターネットおよびイントラネットの設計、開発、および運用に関係するエンジニアリング担当者向けの機関誌です。 「Internet Protocol Journal」には次の URL でアクセスできます。 http:/​/​www.cisco.com/​ipj
  • シスコの世界水準のネットワーキング トレーニングを利用できます。 最新の提供内容については次の URL で確認できます。 http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​learning/​index.html