Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド リリース 8.6(1)
その他の [ユーザ管理(User Management)] メニュー オプション
その他の [ユーザ管理(User Management)] メニュー オプション
発行日;2012/05/09 | 英語版ドキュメント(2011/09/08 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 8MB) | フィードバック

目次

その他の [ユーザ管理(User Management)] メニュー オプション

アプリケーションユーザ CAPF プロファイルの設定

エンド ユーザ CAPF プロファイルの設定

SIP レルムの設定

その他の [ユーザ管理(User Management)] メニュー オプション

次の各項では、[ユーザ管理(User Management)] メニュー オプションについて簡単に説明します。これらのオプションの詳細については、他のマニュアルで詳細に説明されています。そのような [ユーザ管理(User Management)] メニュー オプションそれぞれについて、該当する他のマニュアルを示しています。

「アプリケーションユーザ CAPF プロファイルの設定」

「エンド ユーザ CAPF プロファイルの設定」

「SIP レルムの設定」

アプリケーションユーザ CAPF プロファイルの設定

Cisco Unified Communications Manager の管理ページでは、[ユーザ管理(User Management)] > [アプリケーションユーザCAPFプロファイル(Application User CAPF Profile)] メニュー パスを使用して、アプリケーション ユーザ CAPF プロファイルを設定します。

Cisco Unified Communications Manager の管理ページの [アプリケーションユーザCAPFプロファイルの設定(Application User CAPF Profile Configuration)] ウィンドウを使用すると、セキュアなアプリケーション ユーザにローカルで有効な証明書を発行できます。証明書を発行し、他のセキュリティ関連の作業を行った後、CTIManager サービスと、サーバ上でアクティブになっているアプリケーションとの間で TLS 接続が行われます。

1 つのアプリケーション ユーザ CAPF プロファイルは、サーバ上のアプリケーションの単一のインスタンスに対応します。たとえば、クラスタ内の 2 台のサーバ上で、あるアプリケーションをアクティブにする場合は、サーバごとに 1 つずつ、2 つのアプリケーション ユーザ CAPF プロファイルを設定する必要があります。同じサーバ上で 2 つの異なるアプリケーションをアクティブにする場合は、サーバ上のアプリケーションごとに 1 つずつ、2 つのアプリケーション ユーザ CAPF プロファイルを設定する必要があります。

アプリケーション ユーザ CAPF プロファイルの設定方法については、『 Cisco Unified Communications Manager セキュリティ ガイド 』を参照してください。

エンド ユーザ CAPF プロファイルの設定

Cisco Unified Communications Manager の管理ページでは、[ユーザ管理(User Management)] > [エンドユーザCAPFプロファイル(End User CAPF Profile)] メニュー パスを使用して、エンド ユーザ CAPF プロファイルを設定します。

Cisco Unified Communications Manager の管理ページの [エンドユーザCAPFプロファイルの設定(End User CAPF Profile Configuration)] ウィンドウを使用すると、Computer Telephony Integration(CTI; コンピュータ/テレフォニー インテグレーション)クライアントにローカルで有効な証明書を発行できます。証明書を発行し、他のセキュリティ関連の作業を行うと、CTI クライアントは TLS 接続を介して CTIManager サービスと通信します。

エンド ユーザ CAPF プロファイルの設定方法については、『 Cisco Unified Communications Manager セキュリティ ガイド 』を参照してください。

SIP レルムの設定

Cisco Unified Communications Manager の管理ページでは、[ユーザ管理(User Management)] > [SIPレルム(SIP Realm)] メニュー パスを使用して、SIP レルムを設定します。

SIP トランクにダイジェスト認証を設定すると、Cisco Unified Communications Manager は、トランクが Cisco Unified Communications Manager に SIP 要求を送信するたびに、トランクに接続する SIP ユーザ エージェントのアイデンティティを確認します。また、SIP ユーザ エージェントは、Cisco Unified Communications Manager のアイデンティティを確認できます。Cisco Unified Communications Manager が SIP ユーザ エージェントからの確認に応答するようにするには、Cisco Unified Communications Manager に SIP レルムを設定する必要があります。

Cisco Unified Communications Manager に SIP レルムを設定する方法については、『 Cisco Unified Communications Manager セキュリティ ガイド 』を参照してください。