Cisco Unified Communications Manager システム ガイド リリース 8.5(1)
コール パークとダイレクト コール パーク
コール パークとダイレクト コール パーク
発行日;2012/05/09 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 7MB) | フィードバック

目次

コール パークとダイレクト コール パーク

コール パークとダイレクト コール パーク

コール パーク(Call Park)機能を使用すると、コールを保留にし、そのコールにはシステム内の別の電話機から応答することができます。たとえば、電話機でアクティブ コールを受けているときに、[パーク] ソフトキーを押し、そのコールをコール パーク内線番号にパーク(保留)することができます。システム内の誰かが別の電話機からそのコール パーク内線番号をダイヤルすると、そのパークされているコールを取得できます。

コール パークの詳細については、『 Cisco Unified Communications Manager 機能およびサービス ガイド 』の 「コール パークとダイレクト コール パーク」 を参照してください。

ダイレクト コール パークは、ユーザが選択し、待機状態になっているダイレクト コール パーク番号に対して、ユーザがコールを転送できる機能です。 ユーザは、コールを取得するための設定済みプレフィックスをダイヤルし、次にダイレクト コール パーク番号をダイヤルすることで、パークされているコールを取得できます。

ダイレクト コール パーク番号は、Cisco Unified Communications Manager の [ダイレクトコールパークの設定(Directed Call Park Configuration)] ウィンドウで設定します。設定されたダイレクト コール パーク番号は、クラスタ全体に存在します。電話機がダイレクト コール パーク Busy Lamp Field(BLF)をサポートしている場合、特定のダイレクト コール パーク番号のビジー/アイドル ステータスを監視するようにその電話機を設定できます。また、ユーザは BLF を使用してダイレクト コール パーク番号をスピード ダイヤルで発信することもできます。

ダイレクト コール パーク機能を設定および使用する方法の詳細については、『 Cisco Unified Communications Manager 機能およびサービス ガイド 』の 「コール パークとダイレクト コール パーク」 を参照してください。