Cisco Unified Communications Manager Bulk Administration ガイド リリース 8.5(1)
エンド ユーザ CAPF プロファイル
エンド ユーザ CAPF プロファイル
発行日;2012/05/09 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

エンド ユーザ CAPF プロファイル

エンド ユーザ CAPF プロファイルの挿入

エンド ユーザ CAPF プロファイルの削除

エンド ユーザ CAPF プロファイルのエクスポート

BAT スプレッドシートを使用したエンド ユーザ CAPF プロファイル用 CSV データ ファイルの作成

関連項目

エンド ユーザ CAPF プロファイル

Cisco Unified Communications Manager 一括管理ツールを使用して、Cisco Unified Communications Manager データベース内の既存のエンド ユーザに CAPF プロファイルを追加できます。

次のトピックでは、エンド ユーザ CAPF プロファイルを管理するオプションについて説明します。

「エンド ユーザ CAPF プロファイルの挿入」

「エンド ユーザ CAPF プロファイルの削除」

「エンド ユーザ CAPF プロファイルのエクスポート」

エンド ユーザ CAPF プロファイルの挿入

次の手順を使用して、エンド ユーザの CAPF プロファイルを一括で挿入します。

始める前に

エンド ユーザ CAPF プロファイルには、固有の詳細情報を含む Comma-Separated Value(CSV; カンマ区切り値)形式のデータ ファイルが必要です。

この CSV データ ファイルは、次のいずれかの方法で作成できます。

BAT スプレッドシートを CSV 形式に変換する。

エクスポート ユーティリティで、エンド ユーザ CAPF プロファイル データのエクスポート ファイルを作成する。

手順


ステップ 1 [一括管理(Bulk Administration)] > [ユーザ(Users)] > [エンドユーザCAPFプロファイル(End User CAPF Profile)] > [エンドユーザCAPFプロファイルの挿入(Insert End User CAPF Profile)] の順に選択します。

[エンドユーザCAPFプロファイル設定の挿入(Insert End User CAPF Profile Configuration)] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [ファイル名(File Name)] ドロップダウン リスト ボックスで、この特定のバルク トランザクション用に作成した CSV データ ファイルを選択します。

ステップ 3 挿入するファイルに含まれる情報で既存の CAPF プロファイル設定を上書きするには、[既存の設定の上書き(Override the existing configuration)] チェックボックスをオンにします。

ステップ 4 [ジョブ情報(Job Information)] 領域に、ジョブの説明を入力します。

ステップ 5 [今すぐ実行(Run Immediately)] オプション ボタンをクリックしてプロファイルを即座に挿入するか、[後で実行(Run Later)] をクリックして後で挿入します。

ステップ 6 [送信(Submit)] をクリックして、CAPF プロファイルを挿入するジョブを作成します。

ステップ 7 [一括管理(Bulk Administration)] メイン メニューの [ジョブスケジューラ(Job Scheduler)] オプションを使用して、このジョブのスケジュールやアクティブ化を行います。

ジョブの詳細については、 「ジョブのスケジュール」 を参照してください。

ログ ファイルの詳細については、「BAT ログ ファイル」を参照してください。


) レコードの情報に何らかの問題がある場合、BAT はその CAPF プロファイル レコードを挿入しないことに注意してください。



 

追加情報

「関連項目」を参照してください。

エンド ユーザ CAPF プロファイルの削除

ここでは、Cisco Unified Communications Manager データベースからエンド ユーザ CAPF プロファイルを削除する方法について説明します。

始める前に

Cisco Unified Communications Manager の管理ページからエンド ユーザ CAPF プロファイルを削除する前に、次の作業を実行する必要があります。

テキスト ファイルを作成し、削除するエンド ユーザ CAPF プロファイルを 1 行に 1 つずつ指定します。

カスタム ファイルを Cisco Unified Communications Manager サーバの最初のノードにアップロードします。詳細については、「ファイルのアップロードとダウンロード」を参照してください。

カスタム ファイルを使用してエンド ユーザ CAPF プロファイルを削除する手順は、次のとおりです。


) 削除トランザクション用に bat.xlt として作成したトランザクション ファイルを挿入またはエクスポートしないでください。代わりに、削除が必要なエンド ユーザ CAPF プロファイル レコードの詳細情報を記述したカスタム ファイルを作成します。削除トランザクションには、このファイルしか使用しないでください。カスタム削除ファイルにはヘッダーは不要であり、インスタンス ID またはエンドユーザ ID の値を入力できます。


手順


ステップ 1 [一括管理(Bulk Administration)] > [ユーザ(Users)] > [エンドユーザCAPFプロファイル(End User CAPF Profile)] > [エンドユーザCAPFプロファイルの削除(Delete End User CAPF Profile)] の順に選択します。

[エンドユーザCAPFプロファイル設定の削除(Delete End User CAPF Profile Configuration)] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [削除 エンドユーザCAPFプロファイル、検索条件: エンドユーザID/インスタンスIDが次のカスタムファイル内にある(Delete End User CAPF Profile where End User ID/ Instance ID in custom file)] ドロップダウン リスト ボックスで、エンド ユーザ CAPF プロファイルを削除するためにアップロードしたファイルを選択します。

ステップ 3 [検索(Find)] をクリックします。

[ジョブ情報(Job Information)] セクションが表示され、選択したエンド ユーザ CAPF プロファイルが示されます。

ステップ 4 対応するオプション ボタンを選択して、ジョブをすぐに実行するか、後で実行するかを選択できます。

ステップ 5 [送信(Submit)] をクリックして、エンド ユーザ CAPF プロファイルを削除するジョブを作成します。

[ステータス(Status)] セクションのメッセージで、ジョブが正常に送信されたことが示されます。

ステップ 6 [一括管理(Bulk Administration)] メイン メニューの [ジョブスケジューラ(Job Scheduler)] オプションを使用して、このジョブのスケジュールやアクティブ化を行います。


 

追加情報

「関連項目」を参照してください。

エンド ユーザ CAPF プロファイルのエクスポート

BAT を使用してエンド ユーザ CAPF プロファイルをエクスポートする手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 [一括管理(Bulk Administration)] > [ユーザ(Users)] > [エンドユーザCAPFプロファイル(End User CAPF Profile)] > [エンドユーザCAPFプロファイルのエクスポート(Export End User CAPF Profile)] の順に選択します。

[エクスポートするエンドユーザCAPFプロファイルの検索と一覧表示(Find and List End User CAPF Profiles To Export)] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 最初の [検索対象: エンドユーザCAPFプロファイル、検索条件(Find End User CAPF Profile where)] ドロップダウン リスト ボックスで、次のオプションからクエリーを行うフィールドを選択します。

[インスタンスID(Instance Id)]

[エンドユーザID(End User Id)]

ステップ 3 2 番目のドロップダウン リスト ボックスで、次のいずれかのオプションを選択します。

[が次の文字列で始まる(begins with)]

[が次の文字列を含む(contains)]

[が次の文字列と等しい(is exactly)]

[が次の文字列で終わる(ends with)]

[が空である(is empty)]

[が空ではない(is not empty)]

ステップ 4 検索フィールド ボックスに、検索する値(たとえば、特定のインスタンス ID またはエンド ユーザ ID)を入力します。

ステップ 5 複数のフィルタを追加するには、[AND] または [OR] をクリックします。クエリーをさらに定義するには、ステップ 2ステップ 4 を繰り返します。

ステップ 6 [検索(Find)] をクリックします。

一致するすべてのレコードが表示されます。[ページあたりの行数(Rows per Page)] ドロップダウン リスト ボックスから異なる値を選択すると各ページに表示される項目数を変更できます。

ステップ 7 表示されるレコード リストから、目的のレコードのリンクをクリックします。

データベースに登録されているすべてのユーザを検索するには、検索テキストを入力せずに [検索(Find)] をクリックします。

選択したレコードがウィンドウに表示されます。

ステップ 8 [次へ(Next)] をクリックします。

[エンドユーザCAPFプロファイル設定のエクスポート(Export End User CAPF Profile Configuration)] ウィンドウが表示されます。

ステップ 9 [ファイル名(File Name)] テキスト ボックスに、エクスポートするエンド ユーザ CAPF のファイル名を入力します。

ステップ 10 [ファイル形式(File Format)] ドロップダウン リスト ボックスで CAPF ファイルの形式を選択します。

ステップ 11 [ジョブ情報(Job Information)] 領域に、ジョブの説明を入力します。

ステップ 12 [今すぐ実行(Run Immediately)] オプション ボタンをクリックしてエンド ユーザ CAPF プロファイルを即座にエクスポートするか、[後で実行(Run Later)] をクリックして後でエクスポートします。

ステップ 13 [送信(Submit)] をクリックして、エンド ユーザ CAPF プロファイルをエクスポートするジョブを作成します。

[一括管理(Bulk Administration)] メイン メニューの [ジョブスケジューラ(Job Scheduler)] オプションを使用して、このジョブのスケジュールやアクティブ化を行います。

フィールドの詳細については、「BAT スプレッドシートを使用したエンド ユーザ CAPF プロファイル用 CSV データ ファイルの作成」を参照してください。

ジョブの詳細については、 「ジョブのスケジュール」 を参照してください。

ログ ファイルの詳細については、「BAT ログ ファイル」を参照してください。


 

追加情報

「関連項目」を参照してください。

BAT スプレッドシートを使用したエンド ユーザ CAPF プロファイル用 CSV データ ファイルの作成

表 24-1 では、エンド ユーザ CAPF プロファイルを挿入、削除、またはエクスポートする際に表示されるフィールドについて説明します。

BAT ユーザ インターフェイスでは、アスタリスクが付いているフィールドには値を入力する必要があります。アスタリスクの付いていないフィールドはオプションです。

 

表 24-1 BAT でのエンド ユーザ CAPF プロファイルのフィールドの説明

フィールド
説明

[エンドユーザID(End User Id)]

エンド ユーザのユーザ ID を入力します。

[インスタンスID(Instance Id)]

1 ~ 128 字の英数字(a ~ z、A ~ Z、0 ~ 9)を入力します。インスタンス ID は、証明書操作のためユーザを識別します。

[証明書の操作(Certificate Operation)]

次のオプションのいずれかを入力します。

[保留中の操作なし(No Pending Operation)]:証明書の操作が発生しないときに表示されます。これは、認証操作のデフォルト設定です。

[インストール/アップグレード(Install/Upgrade)]:アプリケーションのローカルで有効な証明書を新しくインストールするか、あるいは既存の証明書をアップグレードします。

[認証モード(Authentication Mode)]

証明書のインストールまたはアップグレード操作の認証モードは [認証ストリング(By Authentication String)] です。これは、ユーザまたは管理者が JTAPI/TSP の初期設定ウィンドウで CAPF 認証文字列を入力したときにだけ、ローカルで有効な証明書がインストール、アップグレード、またはトラブルシューティングされることを意味します。

[認証文字列(Authentication String)]

4 ~ 10 桁の数値を入力します。

[キーサイズ(Key Size、ビット)]

証明書のキー サイズを入力します。デフォルト設定は 1024 です。その他のオプションには 512 と 2048 があります。

[操作の完了期限(Operation Completes By)]

このフィールドは、すべての証明書操作をサポートし、操作を完了する必要がある期限の日付と時刻を指定します。