Cisco Unified Communications Manager Bulk Administration ガイド リリース 8.0(2)
IME 信頼要素の設定の挿入
IME 信頼要素の設定の挿入
発行日;2012/05/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

IME 信頼要素の設定の挿入

関連項目

IME 信頼要素の設定の挿入

IME 信頼要素の設定を Cisco Unified Communications Manager データベースに追加する手順は、次のとおりです。

始める前に

要素名、説明、要素タイプ、IME 信頼グループが含まれる CSV データ ファイルが必要です。

CSV データ ファイルは、CSV 形式に変換した BAT スプレッドシートを使用して作成できます。

手順


ステップ 1 [一括管理(Bulk Administration)] > [Intercompany Media Service] > [信頼要素(Trust Element)] > [信頼要素の挿入(Insert Trust Element)] の順に選択します。

[Intercompany Media Serviceの信頼要素の設定の挿入(Insert Intercompany Media Services Trust Element Configuration)] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [ファイル名(File Name)] フィールドで、このバルク トランザクション用に作成した CSV データ ファイルを選択します。

ステップ 3 [ジョブ情報(Job Information)] 領域に、ジョブの説明を入力します。

デフォルトの説明は、「IME 信頼要素の挿入」です。

ステップ 4 Cisco IME 信頼要素の挿入レコードを即座に挿入するには、[今すぐ実行(Run Immediately)] オプション ボタンをクリックします。レコードを後で挿入するには、[後で実行(Run Later)] をクリックします。

ステップ 5 Unified IME 信頼要素レコードを挿入するジョブを作成するには、[送信(Submit)] をクリックします。

ステップ 6 このジョブのスケジュールやアクティブ化を行うには、[一括管理(Bulk Administration)] メイン メニューの [ジョブスケジューラ(Job Scheduler)] オプションを使用します。

ジョブの詳細については、 「ジョブのスケジュール」 を参照してください。

ログ ファイルの詳細については、「BAT ログ ファイル」を参照してください。


 

追加情報

「関連項目」を参照してください。