Cisco Unified Communications Manager Bulk Administration ガイド リリース 8.0(2)
パスワードと PIN のリセット
パスワードと PIN のリセット
発行日;2012/05/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

パスワードと PIN のリセット

パスワードと PIN のリセット

クエリーを使用したユーザ パスワードと PIN のリセット

カスタム ファイルを使用したユーザ パスワードと PIN のリセット

関連項目

パスワードと PIN のリセット

Cisco Unified IP Phone ユーザ オプション ウィンドウにログインするときにユーザが入力するパスワードはリセットできます。また、ユーザが Cisco Unified IP Phone にログインするときに使用するエクステンション モビリティ機能用の PIN もリセットできます。このリセット機能は、他のアトリビュートを更新せずに、ユーザのグループをデフォルトのパスワードやデフォルトの PIN にリセットする必要がある場合に使用します。


) リセット ページで選択したクレデンシャルの設定値は、パスワードと PIN の両方に適用されます。


パスワードと PIN のリセット

パスワードと PIN をリセットするユーザの選択方法には、次の 2 つがあります。

「クエリーを使用したユーザ パスワードと PIN のリセット」

「カスタム ファイルを使用したユーザ パスワードと PIN のリセット」

クエリーを使用したユーザ パスワードと PIN のリセット

クエリーを使用してユーザを検索し、パスワードと PIN をデフォルト値にリセットする手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 [一括管理(Bulk Administration)] > [ユーザ(Users)] > [パスワード/PINのリセット(Reset Password/PIN)] > [クエリー(Query)] の順に選択します。

[ユーザの検索と一覧表示(Find and List Users)] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 リセットするユーザを検索するために、クエリー フィルタを定義します。

ステップ 3 最初の [検索対象: ユーザ、検索条件(Find User where)] ドロップダウン リスト ボックスで、次のいずれかの検索条件を選択します。

[ユーザID(User ID)]

[名(First Name)]

[ミドルネーム(Middle Name)]

[姓(Last Name)]

[マネージャ(Manager)]

[部署名(Department)]

2 番目の [検索対象: ユーザ、検索条件(Find User where)] ドロップダウン リスト ボックスで、次のいずれかの検索条件を選択します。

[が次の文字列で始まる(begins with)]

[が次の文字列を含む(contains)]

[が次の文字列と等しい(is exactly)]

[が次の文字列で終わる(ends with)]

[が空である(is empty)]

[が空ではない(is not empty)]

ステップ 4 必要に応じて、適切な検索テキストを指定し、[検索(Find)] をクリックします。


) ユーザを複数の部署から選択する場合は、このフィールドに複数の部署をカンマで区切って入力します。たとえば、部署 12 と部署 14 からユーザを選択するには、3 番目のボックスに 12, 14 と入力します。操作を 2 回繰り返す必要はありません。



ヒント データベースに登録されているすべてのユーザを検索するには、検索テキストを入力せずに [検索(Find)] をクリックします。


ステップ 5 クエリーをさらに定義するには、[AND] または [OR] を選択して複数のフィルタを追加し、ステップ 3 4 の手順を繰り返します。

ステップ 6 [検索(Find)] をクリックします。

検索されたユーザのリストが、次の項目別に表示されます。

[ユーザID(User ID)]

[名(First Name)]

[ミドルネーム(Middle Name)]

[姓(Last Name)]

[マネージャ(Manager)]

[部署名(Department Name)]

[LDAP同期状態(LDAP Sync Status)]

ステップ 7 [次へ(Next)] をクリックします。

ステップ 8 クエリーで定義したすべてのレコードに対して、更新する値を入力します。

[パスワード(Password、半角英数字のみ)]:Cisco Unified IP Phone ユーザ オプション ウィンドウにログインするときにユーザが入力するデフォルトのパスワードを指定する。

[パスワードの確認(Confirm Password)]:パスワードを再入力します。

[PIN(PIN、半角数字のみ)]:Cisco Unified IP Phone にログインするときにユーザが入力するエクステンション モビリティ機能用のデフォルトの PIN を指定する。

[PIN の確認(Confirm PIN、半角数字のみ)]:PIN をもう一度指定する。

ステップ 9 [ジョブ情報(Job Information)] 領域に、ジョブの説明を入力します。

ステップ 10 パスワードまたは PIN を即座に変更するには、[今すぐ実行(Run Immediately)] オプション ボタンをクリックします。後で変更するには、[後で実行(Run Later)] をクリックします。

ステップ 11 パスワードまたは PIN をリセットするジョブを作成するには、[送信(Submit)] をクリックします。

ステップ 12 このジョブのスケジュールやアクティブ化を行うには、[一括管理(Bulk Administration)] メイン メニューの [ジョブスケジューラ(Job Scheduler)] オプションを使用します。

ジョブの詳細については、 「ジョブのスケジュール」 を参照してください。

ログ ファイルの詳細については、「BAT ログ ファイル」を参照してください。


 

追加情報

「関連項目」を参照してください。

カスタム ファイルを使用したユーザ パスワードと PIN のリセット

テキスト エディタを使用してユーザ ID のカスタム ファイルを作成し、ユーザを検索してパスワードと PIN をデフォルト値にリセットできます。

始める前に

1. テキスト ファイルを作成し、パスワードまたは PIN をリセットするユーザ ID を 1 行に 1 つずつ指定します。

2. カスタム ファイルを Cisco Unified Communications Manager の最初のノードにアップロードします。詳細については、「ファイルのアップロード」を参照してください。


) リセット トランザクション用に bat.xlt として作成したトランザクション ファイルを挿入またはエクスポートしないでください。代わりに、リセットが必要なユーザ レコードの詳細情報が設定されたカスタム ファイルを作成する必要があります。リセット トランザクションには、このファイルしか使用しないでください。このカスタム リセット ファイルには、ヘッダーを指定する必要がありません。ユーザ ID の値を入力します。


カスタム ファイルを使用してユーザのパスワードと PIN をリセットする手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 [一括管理(Bulk Administration)] > [ユーザ(Users)] > [パスワード/PINのリセット(Reset Password/PIN)] > [カスタムファイル(Custom File)] の順に選択します。

[ユーザの検索と一覧表示(Find and List Users)] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [ユーザパスワード/PINのリセット、検索条件(Reset Pwd/PIN for Users where)] ドロップダウン リスト ボックスで、カスタム ファイルで使用したフィールドを次のオプションから選択します。

[ユーザID(User ID)]

[名(First Name)]

[ミドルネーム(Middle Name)]

[姓(Last Name)]

[部署名(Department)]

ステップ 3 [カスタムファイル] ドロップダウン リスト ボックスで、カスタム ファイルのファイル名を選択します。

ステップ 4 [ジョブ情報(Job Information)] 領域に、ジョブの説明を入力します。

ステップ 5 パスワードまたは PIN を即座に変更するには、[今すぐ実行(Run Immediately)] オプション ボタンをクリックします。後で変更するには、[後で実行(Run Later)] をクリックします。

ステップ 6 パスワードまたは PIN をリセットするジョブを作成するには、[送信(Submit)] をクリックします。

ステップ 7 このジョブのスケジュールやアクティブ化を行うには、[一括管理(Bulk Administration)] メイン メニューの [ジョブスケジューラ(Job Scheduler)] オプションを使用します。

ジョブの詳細については、 「ジョブのスケジュール」 を参照してください。

ログ ファイルの詳細については、「BAT ログ ファイル」を参照してください。ログ ファイルには、更新されたユーザ数と失敗したレコード数(エラー コードを含む)が示されます。


 

追加情報

「関連項目」を参照してください。