Cisco Unified Communications Manager Bulk Administration ガイド リリース 8.0(2)
電話機のエクスポート
電話機のエクスポート
発行日;2012/05/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

電話機のエクスポート

電話機エクスポートの使用方法

電話機レコードのエクスポート

複数ユーザを持つ電話機レコードのエクスポートおよびインポート

関連項目

電話機のエクスポート

エクスポート ユーティリティを使用すると、複数の Cisco Unified Communications Manager サーバ上のレコードを 1 台の Cisco Unified Communications Manager サーバにマージできます。Cisco Unified Communications Manager サーバから別のサーバにレコードを移動する手順は、次のとおりです。エクスポートするのは、移動の対象となるレコードだけにしてください。次の手順を実行します。

「電話機レコードのエクスポート」

「ユーザ レコードのエクスポート」

「ユーザ デバイス プロファイル レコードのエクスポート」

(オプション)テキスト エディタでの CSV ファイルの編集。レコード形式は、そのファイル形式に指定された形式に従っている必要があります。たとえば、電話機レコードは電話機のファイル形式に従っている必要があります。


注意 CSV ファイルを編集するときは、十分に注意してください。誤った形式でレコードを挿入すると、電話機が動作しない場合があります。

1. CSV ファイルを Cisco Unified Communications Manager サーバにアップロードします。詳細については、「ファイルのアップロード」を参照してください。


注意 レコードの挿入順序は、重要な意味を持っています。ユーザ レコードを最初に挿入する必要があります。この方法によって、既存ユーザに対して、デバイスが適切に関連付けられます。

2. ユーザ レコードを挿入します。

3. 電話機レコードを挿入します。

4. ユーザ デバイス プロファイル レコードを挿入します。

5. ログ ファイルでエラーをチェックします。

追加情報

「関連項目」を参照してください。

電話機エクスポートの使用方法

電話機レコードをエクスポートする場合、次の 2 つのファイル形式オプションから選択できます。

[固有の詳細(Specific Details)]:同様の設定の電話機の場合(Default Phone ファイル形式)。

[すべての詳細(All Details)]:パーティションやコーリング サーチ スペースが複数あるなど、回線設定の異なる電話機の場合(All Phone Details ファイル形式)。

Default Phone ファイル形式

Default Phone ファイル形式を選択した場合は、定義済みクエリーを使用してレコードをエクスポートできます。

表 9-1 に、Default Phone ファイル形式を選択した場合にエクスポートされるフィールドを示します。

 

表 9-1 Default Phone ファイル形式でエクスポートされるフィールド

フィールドの種類
エクスポートされるフィールド

デバイス フィールド

MAC Address、Description、Location

回線フィールド

Directory Number、Display、Line Text Label、Forward Busy External、Forward Busy Internal、Forward No Answer Internal、Forward No Answer External、Forward No Coverage Internal、Forward No Coverage External、Call Pickup Group

All Phone Details ファイル形式

All Phone Details オプションを使用して電話機レコードをエクスポートする場合は、特定モデルの電話機の電話機レコードをエクスポートすることになります。すべてのデバイス フィールド情報、各種の回線アトリビュート、および電話機に関連付けられているサービスがエクスポートされます。またはすべての電話機モデルを 1 つのファイルにエクスポートすることができます。すべての電話機のタイプを 1 つのファイルにエクスポートするには、[デバイスタイプの選択(Select the Device Type)] ドロップダウン リスト ボックスから [All Phone Types] を選択します。クエリーを使用してレコード数を制限することはできません。

表 9-2 に、All Phone Details ファイル形式を選択した場合にエクスポートされるフィールドを示します。


) All Phone Details ファイル形式を使用してエクスポートする場合は、MAC アドレスではなくデバイス名が保存されます。


 

表 9-2 All Phone Details ファイル形式でエクスポートされるフィールド

フィールドの種類
エクスポートされるフィールド

デバイス フィールド

Device Name、Description、Owner User ID、Device Pool、CSS、AAR CSS、Media Resource Group List、User Hold Audio Source、Network Hold Audio Source、Location、User Locale、Network Locale、Phone Button Template、Expansion Module type I、Expansion Module type II、Softkey Template、Phone Load Name、Module 1 Load Name、Module 2 Load Name、Login user ID、Built in Bridge、MLPP Indication、MLPP Preemption、MLPP Domain、Retry Video call as Audio、Privacy、Security Mode、Ignore Presentation Indicators、Single Packet Capture mode、Packet Capture Duration、Certificate Operation、Authentication Mode、Authentication String、Key Size (bits)、Operation Completes By

モデル固有のデバイス フィールド

Information、Directory、Messages、Services、Authentication Server、Proxy Server、Idle、Idle Timer、Enable Extension Mobility、Logout Profile、Login User ID、Login Time、Logout Time、Product Specific XML

回線フィールド

Directory Number、Partition、Voice Mail Profile、Line CSS、AAR Group、Line User Hold Audio Source、Line Network Hold Audio Source、Auto Answer、Forward All to Voice Mail、Forward All Destination、Forward All CSS、Forward Busy External to Voice Mail、Forward Busy External Destination、Forward Busy External CSS、Forward No Answer External to Voice Mail、Forward No Answer External Destination、Forward No Answer External CSS、Forward On Failure to Voice Mail、Forward On Failure Destination、Forward on Failure CSS、Call pickup group、Forward Busy Internal to Voice Mail、Forward Busy Internal Destination、Forward Busy Internal CSS、Forward No Answer Internal to Voice Mail、Forward No Answer Internal Destination、Forward No Answer Internal CSS、Forward No Call Coverage External to Voice Mail、Forward No Call Coverage External Destination、Forward No Call Coverage External CSS、Forward No Call Coverage Internal to Voice Mail、Forward No Call Coverage Internal Destination、Forward No Call Coverage Internal CSS、Display, External Phone Number Mask、Message Waiting Lamp Policy、Ring Setting When Idle、Line Text Label、Ring Setting When Active、No Answer Ring Duration、MLPP Target Destination、MLPP Calling Search Space、MLPP No Answer Ring Duration、Max Num Calls、Busy Trigger、Call Info Display Mask、Alerting Name

ユーザ フィールド

User ID

短縮ダイヤル

Speed Dial Number、Speed Dial Label

サービス

Service Name、Subscribed Service Name、Parameter Name、Parameter Value

追加情報

「関連項目」を参照してください。

電話機レコードのエクスポート

Cisco Unified Communications Manager から電話機レコードをエクスポートする手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 次のオプションのいずれかを選択してください。

[一括管理(Bulk Administration)] > [電話(Phones)] > [電話のエクスポート(Export Phones)] > [固有の詳細(Specific Details)] の順に選択します。[電話の検索と一覧表示(Find and List Phones)] ウィンドウが表示されます。

[一括管理(Bulk Administration)] > [電話(Phones)] > [電話のエクスポート(Export Phones)] > [すべての詳細(All Details)] の順に選択します。[電話のエクスポート(Export Phones Configuration)] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [すべての詳細(All Details)] オプションを選択した場合は、[デバイスタイプ(Device Type)] ドロップダウン リスト ボックスでデバイスのタイプか特定のモデルを選択します。この形式でエクスポートされるフィールドの一覧は、 表 9-1 を参照してください。ステップ 4 に進みます。

ステップ 3 [固有の詳細(Specific Details)] では、エクスポートする電話機セットを選択することによりエクスポート ファイルをカスタマイズできますが、電話機の詳細は設定できません。

a. 最初の [検索対象: 電話、検索条件:(Find Phone where)] ドロップダウン リスト ボックスで、次のいずれかのオプションを選択します。

[デバイス名(Device Name)]

[説明(Description)]

[電話番号(Directory Number)]

[コーリングサーチスペース(Calling Search Space)]

[デバイスプール(Device Pool)]

[コールピックアップグループ(Call Pickup Group)]

[LSCステータス(LSC Status)]

[認証文字列(Authentication String)]

[セキュリティプロファイル(Security Profile)]

b. 2 番目のドロップダウン リスト ボックスで、次のいずれかのオプションを選択します。

[が次の文字列で始まる(begins with)]

[が次の文字列を含む(contains)]

[が次の文字列と等しい(is exactly)]

[が次の文字列で終わる(ends with)]

[が空である(is empty)]

[が空ではない(is not empty)]

c. 検索フィールドまたはリストボックスで、検索する値(たとえば、デバイス名)を選択するか、入力します。

d. 複数のフィルタを追加するには、[絞り込み(Search Within Results)] チェックボックスをクリックして [AND] または [OR] をクリックします。クエリーをさらに定義するには、サブステップ a.c. を繰り返します。

e. [検索(Find)] をクリックします。検索結果が表示されます。

f. [次へ(Next)] をクリックします。[電話のエクスポート(Export Phones Configuration)] ウィンドウが表示されます。

g. [ファイル形式(File Format)] ドロップダウン リスト ボックスで電話機のファイル形式を選択します。

ステップ 4 [ファイル名(File Name)] テキストボックスにエクスポート ファイル名を入力します。

ステップ 5 [ジョブ情報(Job Information)] 領域に、ジョブの説明を入力します。

ステップ 6 電話機レコードを即座にエクスポートするには、[今すぐ実行(Run Immediately)] オプション ボタンをクリックします。後でエクスポートするには、[後で実行(Run Later)] をクリックします。

ステップ 7 [送信(Submit)] をクリックして、電話機レコードをエクスポートするジョブを作成します。

ステップ 8 このジョブのスケジュールやアクティブ化を行うには、[一括管理(Bulk Administration)] メイン メニューの [ジョブスケジューラ(Job Scheduler)] オプションを使用します。

ジョブの詳細については、 「ジョブのスケジュール」 を参照してください。

ログ ファイルの詳細については、「BAT ログ ファイル」を参照してください。


 

エクスポート ファイルは、[一括管理(Bulk Administration)] メニューの [ファイルのアップロード/ダウンロード(Upload/Download Files)] オプションを使用して検索またはダウンロードできます。詳細については、「ファイルのアップロードとダウンロード」を参照してください。

追加情報

「関連項目」を参照してください。

複数ユーザを持つ電話機レコードのエクスポートおよびインポート

エクスポート ファイル名には、タイムスタンプのサフィックスが付加されます。電話をエクスポートするジョブが反復的にスケジュールされている場合、情報は同じファイル名でエクスポートされますが、タイムスタンプが異なります。

複数ユーザを持つ電話機が含まれたエクスポート ファイルをインポートすると、すべてのユーザが同じレコードにエクスポートされます。

追加情報

「関連項目」を参照してください。