Cisco Unified CallManager Bulk Administration ガイド Release 5.0(2)
マネージャとアシスタントの挿入
マネージャとアシスタントの挿入
発行日;2012/01/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

マネージャとアシスタントの挿入

Cisco Unified CallManager へのマネージャとアシスタントのアソシエーションの挿入

関連項目

マネージャとアシスタントの挿入

Cisco Unified CallManager Bulk Administration(BAT)を使用して、Cisco Unified CallManager の Cisco Unified CallManager Assistant 機能を管理できます。BAT では、マネージャやアシスタントの IP Phone を追加できます。

Cisco Unified CM Assistant 機能は、いくつかの Cisco Unified IP Phone モデルとデバイス プロファイルに対して利用できます。Cisco Unified CM Assistant には、マネージャとアシスタントの回線で Cisco Unified CM Assistant 機能を利用するための設定モードとして、次の 2 つが用意されています。

プロキシ モード:マネージャのプライマリ回線は、アシスタントの電話機とは異なる電話番号を持つプロキシ回線と関連付けられる。詳細については、「プロキシ回線モードでの Cisco Unified CM Assistant 用の電話機の設定」を参照してください。

共有回線モード:マネージャとアシスタントの電話機が共有回線を持ち、同じ電話番号とパーティションを使用する。詳細については、「共有回線モードでの Cisco Unified CM Assistant 用の電話機の設定」を参照してください。

BAT を使用して、マネージャとアシスタントの電話機に、プロキシ回線または共有回線を設定することができます。

Cisco Unified CallManager へのマネージャとアシスタントのアソシエーションの挿入

マネージャとアシスタントの新しいアソシエーションを挿入したり、既存のアソシエーションを更新したりするには、CSV データ ファイルが必要です。詳細については、「マネージャとアシスタントのアソシエーション用の CSV データ ファイルの作成」を参照してください。

BAT がマネージャとアシスタントのアソシエーションを更新するときは、インターコムの電話番号や関連付けられているデバイスについて、既存の Cisco Unified CM Assistant 回線設定は変更されません。


注意 Cisco Unified CM Assistant の最小構成をサポートするために必要な数の回線をアシスタントの電話機が持っていない場合、マネージャとアシスタントのアソシエーション作成は失敗します。

始める前に

次の 2 つの手順のいずれかを使用して、マネージャとアシスタント用の電話機が設定されていることを確認してください。

「プロキシ回線モードでの Cisco Unified CM Assistant 用の電話機の設定」

「共有回線モードでの Cisco Unified CM Assistant 用の電話機の設定」

Cisco Unified CallManager データベースにマネージャとアシスタントの新しいアソシエーションを追加または更新する手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 Bulk Administration >[マネージャ/アシスタント]>[IPMAマネージャ/アシスタントの挿入] の順に選択します。[IPMAマネージャ/アシスタントの挿入(Insert IPMA Managers/Assistants Configuration)]ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [ファイル名(File Name)] フィールドで、このバルク トランザクション用に作成した CSV データ ファイルを選択します。

ステップ 3 マネージャがエクステンション モビリティを使用してログインする場合は、[マネージャがエクステンションモビリティを使用するように設定(Configure Managers as mobile managers)]チェックボックスをオンにします。

ステップ 4 すべての電話機に共有回線がある場合は、 [シェアドラインの使用(Uses Shared Lines)] チェックボックスをオンにします。

ステップ 5 [オプションの挿入]領域で、作成した CSV データ ファイルのタイプを次のうちから選択します。

[デフォルト(Default)] :標準の CSV データ ファイルを作成した場合は、CSV ファイルのデータに基づいて、このトランザクションのアソシエーションのタイプを選択する。

[1人のマネージャに1人以上のアシスタントを割り当て(Associate one or more assistants to one manager)]

[1人のアシスタントに1人以上のマネージャを割り当て(Associate one or more managers to one assistant)]

[カスタム(Custom)] :プロキシ モードのためのカスタム CSV データ ファイルを作成した場合に選択する。

ステップ 6 Job Information 領域に、ジョブの説明を入力します。

ステップ 7 マネージャとアシスタントを即座に挿入するには、 Run Immediately オプション ボタンをクリックします。後で挿入するには、Run Later をクリックします。

ステップ 8 [送信] をクリックして、マネージャとアシスタントのレコードを挿入するジョブを作成します。

ステップ 9 Bulk Administration メイン メニューの[ジョブスケジューラ]オプションを使用して、このジョブのスケジュールやアクティブ化を行います。

ジョブの詳細については、 第 51 章「ジョブのスケジュール」 を参照してください。


) ログ ファイルの詳細については、「BAT ログ ファイル」を参照してください。アシスタントまたはマネージャの設定の更新を BAT で実行しているとき、利用可能回線数の不足が原因で変更が一部しか完了しなかった場合は、トランザクション レコード全体が失敗します。


ステップ 10 変更内容を有効にするには、Cisco Unified CM Assistant サービスを再起動する必要があります。


 

その他の項目

詳細については、「関連項目」を参照してください。