Cisco Unified CallManager アドミニストレーション ガイド Release 5.0(2)
プレゼンス グループの設定
プレゼンス グループの設定
発行日;2012/01/13 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

プレゼンス グループの設定

プレゼンス グループの設定

Cisco Unified CallManager の管理ページでプレゼンスを設定すると、関係するユーザ(ウォッチャーと呼ばれます)が、電話番号または SIP URI(プレゼンス エンティティ)のリアルタイム ステータスをウォッチャーのデバイスから監視できるようになります。

プレゼンス グループを使用してウォッチャーがどの対象を監視できるかは、Cisco Unified CallManager が制御します。プレゼンス グループは、ウォッチャー、およびグループ内のウォッチャーが監視できる対象を保持しています。あるグループに含まれているウォッチャーが他のグループ内の電話番号を監視できるようにするには、権限の設定値を指定して、プレゼンス要求を許可またはブロック(拒否)します。プレゼンス許可が作用するのは、対象のステータスを監視する権限をウォッチャーが持つことを必須としているプレゼンス グループです。

プレゼンス グループを設定したら、Cisco Unified CallManager の管理ページで次の項目にプレゼンス グループを適用します。

電話番号:ステータスの監視対象となるプレゼンス エンティティ

SIP トランク:ウォッチャー

SIP 電話機:ウォッチャー

SCCP 電話機:ウォッチャー

アプリケーション ユーザ:ウォッチャー

エンド ユーザ:ウォッチャー

自動生成デバイス プロファイル(エクステンション モビリティをサポートする電話機のみ):ウォッチャー

プレゼンス グループの設定の詳細については、『 Cisco Unified CallManager 機能およびサービス ガイド 』の「プレゼンス」の章を参照してください。