Cisco Unified CallManager アドミニストレーション ガイド Release 5.0(2)
ライセンス ユニット計算
ライセンス ユニット計算
発行日;2012/01/13 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

ライセンス ユニット計算

ライセンス ユニットの計算方法

関連項目

ライセンス ユニット計算

このウィンドウは、ある電話機タイプを使用した特定の構成で必要となる、電話機ユニット ライセンスの数と各タイプの電話機の数を計算するために使用します。ユニット ライセンスとは、各電話機タイプに対応した一定数のライセンス ユニットのことです。Cisco 7920 電話機の場合は 4 ライセンス ユニット、Cisco 7970 電話機の場合は 5 ユニットが必要です。4 台の Cisco 7920 電話機と 4 台の Cisco 7970 電話機をプロビジョニングする場合は、36 の電話機ライセンス ユニットが必要です。

ライセンス ユニットの計算方法

電話機タイプの数、および電話機タイプごとの電話機の合計数を入力して、必要となる電話機ライセンスの数を計算する手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 [システム] >[ライセンス]>[ライセンスユニット計算] の順に選択します。

[ライセンスユニット計算(License Unit Calculator)]ウィンドウが表示されます。デバイス 1 台ごとに消費されるライセンス ユニットの数が、ノードまたはデバイスごとに表示されます。

ステップ 2 [デバイス数(Number of Devices)]列で、必要となる各ノードまたは電話機のデバイス数を更新します。

ステップ 3 [計算] をクリックします。

Cisco Unified CallManager ノード ライセンス ユニットと電話機ライセンス ユニットの合計数が表示されます。


 

追加情報

「関連項目」を参照してください。

関連項目

「ライセンス ユニット計算」

「ライセンス ユニットの計算方法」

「ライセンス ユニット レポート」

「ライセンス ファイルのアップロード」

Cisco Unified CallManager システム ガイド 』の「ライセンシング」

Cisco Unified CallManager Serviceability アドミニストレーション ガイド