Cisco CallManager システム ガイド Release 4.2(1)
コール パークおよびディレク テッド コール パーク
コール パークおよびディレクテッド コール パーク
発行日;2012/02/02 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

コール パークおよびディレクテッド コール パーク

コール パークおよびディレクテッド コール パーク

コール パーク(Call Park)機能を使用すると、コールを保留にし、そのコールにはシステム内の別の電話機から応答することができます。たとえば、電話機でアクティブ コールを受けているときに、Park ソフトキーを押し、そのコールをコール パーク内線番号にパーク(保留)することができます。システム内の誰かが別の電話機からそのコール パーク内線番号をダイヤルすると、そのパークされているコールを取得できます。

コール パークの詳細については、『 Cisco CallManager 機能およびサービス ガイド 』の「コールパークおよびディレクテッド コールパーク」を参照してください。

ディレクテッド コール パーク(Directed Call Park)機能を使用すると、使用可能でユーザが選択したディレクテッド コール パーク番号にパークされたコールを転送できます。設定済みの取得用プレフィックスに続けて、コールがパークされているディレクテッド コール パーク番号をダイヤルすると、パークされたコールを取得できます。

ディレクテッド コール パーク番号は、Cisco CallManager Directed Call Park Configuration ウィンドウで設定します。設定済みのディレクテッド コール パーク番号はクラスタ全体に適用されます。ディレクテッド コール パークの Busy Lamp Field(BLF)をサポートする電話機は、特定のディレクテッド コール パーク番号のビジー/アイドル ステータスを監視するように設定できます。また、BLF を使用して、ディレクテッド コール パーク番号を短縮ダイヤルとしてダイヤルすることもできます。

ディレクテッド コール パーク機能の使用と設定の方法については、『 Cisco CallManager 機能およびサービス ガイド 』の「コールパークおよびディレクテッド コールパーク」の章を参照してください。