Cisco CallManager Serviceability システム ガイド Release 4.2(1)
リモート保守の概要
リモート保守の概要
発行日;2012/02/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

リモート保守の概要

リモート保守ツールとリモート保守プログラム

リモート保守オプションのチェックリスト

参考情報

リモート保守の概要

シスコ サービス エンジニア(CSE)は、Cisco CallManager システムの管理を補助するリモート保守ツールを使用できます。リモート側からトラブルシューティングや診断ヘルプを行う必要がある場合は、CSE はこれらのツールを使用してシステム情報とデバッグ情報を収集します。

この章の構成は、次のとおりです。

「リモート保守ツールとリモート保守プログラム」

「リモート保守オプションのチェックリスト」

「参考情報」

リモート保守ツールとリモート保守プログラム

お客様の承諾があれば、技術サポート エンジニアは Cisco CallManager サーバにログオンし、デスクトップやシェルを使用して、ローカル ログオン セッションから実行可能なあらゆる機能を実行できます。

リモート保守は、マルチホスト、マルチプラットフォームの Cisco IP Telephony ソリューション環境内で多種多様なアプリケーションをサポートします。ツールを使用して、大量に収集したローカルまたはリモートの Cisco CallManager の設定データとシステム情報を処理し、レポートを作成できます。

Cisco CallManager では、次のリモート保守機能をサポートしています。

Cisco Secure Telnet:CSE は、お客様のリモート サイトにログオンして Cisco CallManager システムのトラブルシューティングを行います。

Show コマンドラインインターフェイス:CSE は、お客様のネットワークに関する Cisco CallManager システムの統計を表示します。

SNMP:システム管理者は、リモートからネットワーク パフォーマンスの管理、ネットワークの問題の検出と解決、およびネットワークの拡張計画を行うことができます。

Cisco Discovery Protocol サポート:Cisco CallManager サーバを特定し、CiscoWorks2000 によるこれらのサーバの管理を可能にします。

リモート保守オプションのチェックリスト

表15-1 に、リモート保守のオプションの概要を示します。

 

表15-1 リモート保守設定のチェックリスト

オプション
関連項目

ステップ 1

透過的なファイアウォール プログラムを使用して Cisco CallManager ネットワーク サーバのモニタと保守をリモートで行います。CSE が使用する、この Cisco Secure Telnet 機能により、シスコのファイアウォール内のシスコ Telnet クライアントは、お客様のファイアウォールの内側にある Telnet デーモンに接続します。

「Cisco Secure Telnet」

Cisco CallManager Serviceability アドミニストレーション ガイド 』の「Cisco Secure Telnet の設定」

ステップ 2

Cisco CallManager のコンフィギュレーション データベース、コンフィギュレーション ファイル、メモリ統計、および Windows 診断情報の内容を表示します。Cisco CallManager ネットワーク上の Telnet セッションまたはコンソールから Show を実行します。

「show コマンドライン インターフェイス」

Cisco CallManager Serviceability アドミニストレーション ガイド 』の「show コマンドライン インターフェイス」

ステップ 3

Simple Network Management Protocol(SNMP)を使用して、リモートの Cisco CallManager ネットワークにアクセスします。

「SNMP」

Cisco CallManager Serviceability アドミニストレーション ガイド 』の「SNMP の設定」

ステップ 4

CiscoWorks2000 を使用して、
Cisco CallManager ネットワークをリモートで管理します。CiscoWorks2000 とともに動作するツールには、次のツールがあります。

システム ログ

Path Analysis

Cisco Discovery Protocol

SNMP

「SNMP」

「CiscoWorks2000」

「Path Analysis」

「システム ログ管理」

「Cisco Discovery Protocol サポート」

Cisco CallManager Serviceability アドミニストレーション ガイド 』の「CiscoWorks2000 の概要」

Cisco CallManager Serviceability アドミニストレーション ガイド 』の「Path Analysis の設定」

Cisco CallManager Serviceability アドミニストレーション ガイド 』の「システムログ管理の設定」

Cisco CallManager Serviceability アドミニストレーション ガイド 』の「Cisco Discovery Protocol サポートの設定」

Cisco CallManager Serviceability アドミニストレーション ガイド 』の「SNMP の設定」

参考情報

関連項目

「Cisco Secure Telnet」

「show コマンドライン インターフェイス」

「SNMP」

「CiscoWorks2000」

Cisco CallManager Serviceability アドミニストレーション ガイド 』の第 25 章「CiscoWorks2000 の概要」

Cisco CallManager Serviceability アドミニストレーション ガイド 』の第29 章「Cisco Secure Telnet の設定」

Cisco CallManager Serviceability アドミニストレーション ガイド 』の第30 章「show コマンドライン インターフェイス」

Cisco CallManager Serviceability アドミニストレーション ガイド 』の第31 章「SNMP の設定」

参考資料

Cisco CallManager トラブルシューティング ガイド

CiscoWorks2000 ユーザ マニュアル

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/rtrmgmt/cw2000/index.htm