Cisco CallManager Serviceability アドミニストレーション ガイド Release 4.2(1)
トレースの設定
トレースの設定
発行日;2012/02/03 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

トレースの設定

Cisco CallManager トレース パラメータの設定

Cisco CDR Insert トレース パラメータの設定

Cisco Certificate Authority Proxy Function パラメータの設定

Cisco CTIManager トレース パラメータの設定

Cisco CTL Provider トレース パラメータの設定

Cisco Database Layer Monitor トレース パラメータの設定

Cisco Extended Functions トレース パラメータの設定

Cisco Extension Mobility トレース パラメータの設定

Cisco IP Manager Assistant トレース パラメータの設定

Cisco IP Voice Media Streaming Application トレース パラメータの設定

Cisco Messaging Interface トレース パラメータの設定

Cisco MOH Audio Translator トレース パラメータの設定

Cisco RIS Data Collector トレース パラメータの設定

Cisco Telephony Call Dispatcher トレース パラメータの設定

Cisco TFTP トレース パラメータの設定

Cisco WebDialer トレース パラメータの設定

デバッグ トレース レベルの設定値

Device Name Based Trace Monitoring トレース パラメータの設定

SDL トレース パラメータの設定

トレース ログ ファイルの表示

トレース ログ ファイルの説明とデフォルト値

トレース フィルタ設定値

トレース出力設定値

ディスク ドライブを 4 つ搭載したサーバのトレース ファイル収集用の設定

トレースの設定

この章では、Trace Configuration ツールを使用して、Cisco CallManager サービス用にトレース パラメータを設定する手順について説明します。

この章の構成は、次のとおりです。

「Cisco CallManager トレース パラメータの設定」

「Cisco CDR Insert トレース パラメータの設定」

「Cisco Certificate Authority Proxy Function パラメータの設定」

「Cisco CTIManager トレース パラメータの設定」

「Cisco CTL Provider トレース パラメータの設定」

「Cisco Database Layer Monitor トレース パラメータの設定」

「Cisco Extended Functions トレース パラメータの設定」

「Cisco Extension Mobility トレース パラメータの設定」

「Cisco IP Manager Assistant トレース パラメータの設定」

「Cisco IP Voice Media Streaming Application トレース パラメータの設定」

「Cisco Messaging Interface トレース パラメータの設定」

「Cisco MOH Audio Translator トレース パラメータの設定」

「Cisco RIS Data Collector トレース パラメータの設定」

「Cisco Telephony Call Dispatcher トレース パラメータの設定」

「Cisco TFTP トレース パラメータの設定」

「Cisco WebDialer トレース パラメータの設定」

「デバッグ トレース レベルの設定値」

「Device Name Based Trace Monitoring トレース パラメータの設定」

「SDL トレース パラメータの設定」

「トレース ログ ファイルの表示」

「トレース ログ ファイルの説明とデフォルト値」

「トレース フィルタ設定値」

「トレース出力設定値」

「ディスク ドライブを 4 つ搭載したサーバのトレース ファイル収集用の設定」

Cisco CallManager Serviceability には、Web ベースのトレース ツールが用意されています。このツールは、システム管理者やサポート担当者が、Cisco CallManager の問題をトラブルシューティングする際に役立ちます。トレースの主な機能は、次の 3 つです。

トレース パラメータの設定

トレース ファイルの収集

問題のトラブルシューティングに使用するトレース データの分析

トレースとアラームは一体となって動作します。ユーザが Cisco CallManager サービスにトレースとアラームを設定し、Cisco TAC のエンジニアが結果を受け取ります。アラームは、Win2000 イベント ビューア、CiscoWorks2000 Syslog、system diagnostic interface(SDI)または signal distribution layer(SDL)トレース ログ ファイル、あるいはこれらすべての宛先に送ることができます。デバッグ レベル、特定のトレース フィールド、および電話機やゲートウェイなどの Cisco CallManager デバイスに基づいて、Cisco CallManager サービスをトレースできます。SDI トレースまたは SDL トレースのログ ファイルに送られたアラームのトレースを実行できます。

Trace Configuration ツールを使用して、Cisco CallManager の問題をトラブルシューティングするときにトレースするパラメータを指定します。Trace Configuration ウィンドウには、トレース フィルタとトレース出力の 2 種類の設定値が表示されます。

次のトレース パラメータを指定します。

Cisco CallManager サーバ(クラスタ内の)

サーバ上の Cisco CallManager サービス

デバッグ レベル

個々のトレース フィールド

出力設定値

サービスが Cisco CallManager や Cisco CTIManager などのコール処理アプリケーションの場合は、電話機やゲートウェイなどのデバイスに対してトレースを設定できます。たとえば、555 で始まる電話番号をもつ、使用可能なすべての電話機にトレースを絞り込むことができます。


) SDI トレース ログ ファイル内のアラームをログに記録するには、トレース設定のチェックボックス 2 つ、アラーム設定のチェックボックス 1 つをオンにします。つまり、トレース設定の Trace on チェックボックス、トレース設定の Enable trace file log チェックボックス、アラーム設定の SDI alarm destination チェックボックスです。



) トレースを使用可能にするとシステム パフォーマンスが低下します。このため、トラブルシューティングを行う場合にだけトレースを使用可能にしてください。トレースの使用方法については、Cisco TAC にお問い合せください。


Cisco CallManager トレース パラメータの設定

ここでは、Cisco CallManager サービスに対してトレース パラメータを設定する方法を説明します。

手順


ステップ 1 Cisco CallManager Administration ウィンドウから、 Application > Cisco CallManager Serviceability の順に選択します。

Cisco CallManager Serviceability ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 Trace > Configuration を選択します。

ステップ 3 Servers 列で、サーバを選択します。

選択したサーバが Current Server というタイトルの隣に表示され、設定済みのサービスがボックスに表示されます。

ステップ 4 Configured Services ボックスから Cisco CallManager サービスを選択します。

選択したサービスは、選択済みの現行サーバとともに、Current Service というタイトルの隣に表示されます。選択したサービスのトレース パラメータが表示されます。


) 選択したサービスのトレース パラメータだけが表示されます。その他のパラメータはすべてグレー表示されます。


ステップ 5 Trace On チェックボックスをオンにします。

ステップ 6 クラスタ内にあるすべての Cisco CallManager サーバにトレースを適用する場合は、Apply to All Nodes チェックボックスをオンにします。

ステップ 7 Debug Trace Level 選択ボックスの下向き矢印をクリックします。

6 つのデバッグ トレース レベルのリストが表示されます。

ステップ 8 表5-11 の説明に従って、使用するデバッグ トレース レベルをクリックします。

ステップ 9 Cisco CallManager Trace Fields チェックボックスをオンにします。

表5-1 に、選択可能なオプションを示します。

 

表5-1 Cisco CallManager トレース フィールド

フィールド名
説明

Enable H245 Message Trace

H245 メッセージのトレースをアクティブにします。

Enable DT-24+/DE-30+ Trace

DT-24+/DE-30+ デバイス トレースの ISDN タイプのロギングをアクティブにします。

Enable PRI Trace

一次群速度インターフェイス(PRI)デバイスのトレースをアクティブにします。

Enable ISDN Translation Trace

ISDN メッセージのトレースをアクティブにします。通常のデバッグ時に使用されます。

Enable H225 & Gatekeeper Trace

H.225 デバイスのトレースをアクティブにします。通常のデバッグ時に使用されます。

Enable Miscellaneous Trace

各種デバイスのトレースをアクティブにします。


) 通常のシステム操作時には、このチェックボックスをオンにしないでください。


Enable Conference Bridge Trace

Conference Bridge のトレースをアクティブにします。通常のデバッグ時に使用されます。

Enable Music on Hold Trace

Music On Hold(MOH; 保留音)デバイスのトレースをアクティブにします。
Cisco CallManager への登録、Cisco CallManager からの登録解除、リソース割り当て処理の成功や失敗など、MOH デバイスの状況のトレースに使用します。

Enable CM Real-Time Information Server Trace

リアルタイム情報サーバが使用する Cisco CallManager リアルタイム情報トレースをアクティブにします。

Enable SIP Stack Trace

SIP Stack のトレースをアクティブにします。

Enable Annunciator Trace

Annunciator のトレースをアクティブにします。Annunciator は、Cisco IP Voice Media
Streaming Application サービスを使用する
SCCP デバイスです。これを使用すると、Cisco IP Phone 、ゲートウェイ、その他の設定可能なデバイスなどに対する、あらかじめ録音されたアナウンス(.wav ファイル)およびトーンを Cisco CallManager で再生できます。

Enable CDR Trace

CDR のトレースをアクティブにします。

Enable Analog Trunk Trace

Analog Trunk(AT; アナログ トランク)ゲートウェイすべてのトレースをアクティブにします。

Enable All Phone Device Trace

電話機のトレースをアクティブにします。トレース情報には SoftPhone デバイスが含まれます。通常のデバッグ時に使用されます。

Enable MTP Trace

Media Termination Point(MTP; メディア ターミネーション ポイント)デバイスのトレースをアクティブにします。通常のデバッグ時に使用されます。

Enable All Gateway Trace

アナログおよびデジタルのゲートウェイすべてのトレースをアクティブにします。

Enable Forward and Miscellaneous Trace

コール転送、および他のチェックボックスに含まれないサブシステムすべてのトレースをアクティブにします。通常のデバッグ時に使用されます。

Enable MGCP Trace

Media Gateway Control Protocol(MGCP)デバイスのトレースをアクティブにします。通常のデバッグ時に使用されます。

Enable Media Resource Manager Trace

Media Resource Manager(MRM)のアクティビティのトレースをアクティブにします。

Enable SIP Call Processing Trace

SIP コール処理のトレースをアクティブにします。

Enable Keep Alive Trace

キープアライブ メッセージのトレースをアクティブにします。通常のデバッグ時に使用されます。

ステップ 10 特定の Cisco CallManager デバイスに関するトレース情報を入手する場合は、
Device Name Based Trace Monitoring チェックボックスをオンにします。「Device Name Based Trace Monitoring トレース パラメータの設定」を参照してください。

デバイスのほかに非デバイスにもトレースを適用する場合は、Include Non-device Traces チェックボックスをオンにします。このチェックボックスをオンにした場合は、 表5-11 の説明に従って、適切なデバッグ トレース レベルを設定してください。

ステップ 11 トレース情報をログ ファイルに送る場合は、Enable File Trace Log チェックボックスをオンにします。

デフォルト ログ ファイル名とデフォルト パラメータがフィールドに表示されます。トレース情報を別のファイルに送る場合は、File Name フィールドをクリックしてファイル名とパス名を指定します。デフォルト パラメータを変更するには、該当するフィールドをクリックして情報を入力します。


) トレースを実行するとファイル名が検証され、ファイル名の拡張子は必ず .txt になります。別のコンピュータに存在するファイル名を使用しないでください。トレースを実行するコンピュータに存在するファイル名を使用してください。


Cisco CallManager に適用されるデフォルトのトレース ログ ファイル名は、
C:\Program Files\Cisco\Trace\CCM\ccm.txt です。トレース ログ ファイルのデフォルト パラメータについては、 表5-16 を参照してください。

ステップ 12 トレース情報を Trace Analysis 用に使用する場合は、Enable XML Formatted Output チェックボックスをオンにします。このチェックボックスをオンにしない場合、ログ ファイルはテキスト形式で編集され、Trace Analysis 用には使用できません。

ステップ 13 システムをデバッグしているシスコ エンジニアは、Enable Debug Output String チェックボックスをオンにします。それ以外の方は、次のステップに進んでください。

ステップ 14 トレース パラメータの設定を保存するには、 Update ボタンをクリックします。

Cisco CallManager に対するトレース設定の変更は、即時に有効になります。


) デフォルトを設定するには、SetDefault ボタンをクリックします。選択したサービスの現行設定値をクラスタ内のすべてのノードに適用するには、Apply to all Nodes チェックボックスをオンにします。



 

関連項目

「デバッグ トレース レベルの設定値」

「トレース分析の設定」

「トレース ログ ファイルの表示」

「Device Name Based Trace Monitoring トレース パラメータの設定」

「トレース ログ ファイルの説明とデフォルト値」

「トレース フィルタ設定値」

「トレース出力設定値」

「アラームの設定」

「トレース収集の設定」

「トレース分析の設定」

「Bulk Trace Analysis」

Cisco CDR Insert トレース パラメータの設定

ここでは、Cisco CDR Insert サービスに対してトレース パラメータを設定する方法を説明します。

手順


ステップ 1 Cisco CallManager Administration ウィンドウから、 Application > Cisco CallManager Serviceability の順に選択します。

Cisco CallManager Serviceability ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 Trace > Configuration を選択します。

ステップ 3 Servers 列で、サーバを選択します。

選択したサーバが Current Server というタイトルの隣に表示され、設定済みのサービスがボックスに表示されます。

ステップ 4 Configured Services ボックスから Cisco CDR Insert サービスを選択します。

選択したサービスは、選択済みの現行サーバとともに、Current Service というタイトルの隣に表示されます。選択したサービスのトレース パラメータが表示されます。


) 選択したサービスのトレース パラメータだけが表示されます。その他のパラメータはすべてグレー表示されます。


ステップ 5 Trace On チェックボックスをオンにします。

ステップ 6 クラスタ内にあるすべての Cisco CallManager サーバにトレースを適用する場合は、Apply to All Nodes チェックボックスをオンにします。

ステップ 7 Debug Trace Level 選択ボックスの下向き矢印をクリックします。

7 つのデバッグ トレース レベルのリストが表示されます。

ステップ 8 表5-11 の説明に従って、使用するデバッグ トレース レベルを選択します。

ステップ 9 Cisco CDR Insert Trace Fields チェックボックスをオンにします。

ステップ 10 Enable CDR Insert Trace チェックボックスをオンにします。

ステップ 11 トレース情報をログ ファイルに送る場合は、Enable File Trace Log チェックボックスをオンにします。

デフォルト ログ ファイル名とデフォルト パラメータがフィールドに表示されます。トレース情報を別のファイルに送る場合は、File Name フィールドをクリックしてファイル名とパス名を指定します。デフォルト パラメータを変更するには、該当するフィールドをクリックして情報を入力します。


) トレースを実行するとファイル名が検証され、ファイル名の拡張子は必ず .txt になります。別のコンピュータに存在するファイル名を使用しないでください。トレースを実行するコンピュータに存在するファイル名を使用してください。


Cisco CDR Insert に適用されるデフォルトのトレース ログ ファイル名は、
C:\Program Files\Cisco\Trace\DBL\InsertCDR.txt です。トレース ログ ファイルのデフォルト パラメータについては、 表5-16 を参照してください。

ステップ 12 システムをデバッグしているシスコ エンジニアは、Enable Debug Output String チェックボックスをオンにします。それ以外の方は、次のステップに進んでください。

ステップ 13 トレース パラメータの設定を保存するには、 Update ボタンをクリックします。


) デフォルトを設定するには、SetDefault ボタンをクリックします。選択したサービスの現行設定値をクラスタ内のすべてのノードに適用するには、Apply to all Nodes チェックボックスをオンにします。



 

関連項目

「デバッグ トレース レベルの設定値」

「トレース ログ ファイルの表示」

「トレース ログ ファイルの説明とデフォルト値」

「トレース フィルタ設定値」

「トレース出力設定値」

Cisco Certificate Authority Proxy Function パラメータの設定

ここでは、Cisco Certificate Authority Proxy Function サービスに対してトレース パラメータを設定する方法を説明します。

手順


ステップ 1 Cisco CallManager Administration ウィンドウから、 Application > Cisco CallManager Serviceability の順に選択します。

Cisco CallManager Serviceability ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 Trace > Configuration を選択します。

ステップ 3 Servers 列で、サーバを選択します。

選択したサーバが Current Server というタイトルの隣に表示され、設定済みのサービスがボックスに表示されます。

ステップ 4 Configured Services ボックスから Cisco Certificate Authority Proxy Function サービスを選択します。

選択したサービスは、選択済みの現行サーバとともに、Current Service というタイトルの隣に表示されます。選択したサービスのトレース パラメータが表示されます。


) 選択したサービスのトレース パラメータだけが表示されます。その他のパラメータはすべてグレー表示されます。


ステップ 5 Trace On チェックボックスをオンにします。

ステップ 6 クラスタ内にあるすべての Cisco CallManager サーバにトレースを適用する場合は、Apply to All Nodes チェックボックスをオンにします。

ステップ 7 Debug Trace Level 選択ボックスの下向き矢印をクリックします。

7 つのデバッグ トレース レベルのリストが表示されます。

ステップ 8 表5-11 の説明に従って、使用するデバッグ トレース レベルをクリックします。

ステップ 9 Cisco Certificate Authority Proxy Function Trace Fields チェックボックスをオンにします。

ステップ 10 トレース情報をログ ファイルに送る場合は、Enable File Trace Log チェックボックスをオンにします。

デフォルト ログ ファイル名とデフォルト パラメータがフィールドに表示されます。トレース情報を別のファイルに送る場合は、File Name フィールドをクリックしてファイル名とパス名を指定します。デフォルト パラメータを変更するには、該当するフィールドをクリックして情報を入力します。


) トレースを実行するとファイル名が検証され、ファイル名の拡張子は必ず .txt になります。別のコンピュータに存在するファイル名を使用しないでください。トレースを実行するコンピュータに存在するファイル名を使用してください。


Cisco Certificate Authority Proxy Function に適用されるデフォルトのトレース ログ ファイル名は、C:\Program Files\Cisco\Trace\CAPF\CAPF.txt です。トレース ログ ファイルのデフォルト パラメータについては、 表5-16 を参照してください。

ステップ 11 システムをデバッグしているシスコ エンジニアは、Enable Debug Output String チェックボックスをオンにします。それ以外の方は、次のステップに進んでください。

ステップ 12 トレース パラメータの設定を保存するには、 Update ボタンをクリックします。

Cisco Certificate Authority Proxy Function により、トレース設定値の変更が即時に検出されます。


) デフォルトを設定するには、SetDefault ボタンをクリックします。選択したサービスの現行設定値をクラスタ内のすべてのノードに適用するには、Apply to all Nodes チェックボックスをオンにします。



 

関連項目

「デバッグ トレース レベルの設定値」

「Device Name Based Trace Monitoring トレース パラメータの設定」

「トレース分析の設定」

「トレース ログ ファイルの表示」

「トレース ログ ファイルの説明とデフォルト値」

「トレース フィルタ設定値」

「トレース出力設定値」

「アラームの設定」

「トレース収集の設定」

「トレース分析の設定」

「Bulk Trace Analysis」

Cisco CTIManager トレース パラメータの設定

ここでは、Cisco CTIManager サービスに対してトレース パラメータを設定する方法を説明します。

手順


ステップ 1 Cisco CallManager Administration ウィンドウから、 Application > Cisco CallManager Serviceability の順に選択します。

Cisco CallManager Serviceability ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 Trace > Configuration を選択します。

ステップ 3 Servers 列で、サーバを選択します。

選択したサーバが Current Server というタイトルの隣に表示され、設定済みのサービスがボックスに表示されます。

ステップ 4 Configured Services ボックスから Cisco CTIManager サービスを選択します。

選択したサービスは、選択済みの現行サーバとともに、Current Service というタイトルの隣に表示されます。選択したサービスのトレース パラメータが表示されます。


) 選択したサービスのトレース パラメータだけが表示されます。その他のパラメータはすべてグレー表示されます。


ステップ 5 Trace On チェックボックスをオンにします。

ステップ 6 クラスタ内にあるすべての Cisco CallManager サーバにトレースを適用する場合は、Apply to All Nodes チェックボックスをオンにします。

ステップ 7 Debug Trace Level 選択ボックスの下向き矢印をクリックします。

7 つのデバッグ トレース レベルのリストが表示されます。

ステップ 8 表5-11 の説明に従って、使用するデバッグ トレース レベルをクリックします。

ステップ 9 Cisco CTIManager Trace Fields チェックボックスをオンにします。

ステップ 10 Cisco CTIManager トレース パラメータをすべて選択する場合は、Enable All Trace チェックボックスをオンにします。

ステップ 11 特定の Cisco CTIManager デバイスに関するトレース情報を入手する場合は、
Device Name Based Trace Monitoring チェックボックスをオンにします。「Device Name Based Trace Monitoring トレース パラメータの設定」を参照してください。

デバイスのほかに非デバイスにもトレースを適用する場合は、Include Non-device Traces チェックボックスをオンにします。このチェックボックスをオンにした場合は、 表5-11 の説明に従って、適切なデバッグ トレース レベルを設定してください。

ステップ 12 トレース情報をログ ファイルに送る場合は、Enable File Trace Log チェックボックスをオンにします。

デフォルト ログ ファイル名とデフォルト パラメータがフィールドに表示されます。トレース情報を別のファイルに送る場合は、File Name フィールドをクリックしてファイル名とパス名を指定します。デフォルト パラメータを変更するには、該当するフィールドをクリックして情報を入力します。


) トレースを実行するとファイル名が検証され、ファイル名の拡張子は必ず .txt になります。別のコンピュータに存在するファイル名を使用しないでください。トレースを実行するコンピュータに存在するファイル名を使用してください。


Cisco CTIManager に適用されるデフォルトのトレース ログ ファイル名は、
C:\Program Files\Cisco\Trace\CTI\cti.txt です。トレース ログ ファイルのデフォルト パラメータについては、 表5-16 を参照してください。

ステップ 13 トレース情報を Trace Analysis 用に使用する場合は、Enable XML Formatted Output チェックボックスをオンにします。このチェックボックスをオンにしない場合、ログ ファイルはテキスト形式で編集され、Trace Analysis 用には使用できません。

ステップ 14 システムをデバッグしているシスコ エンジニアは、Enable Debug Output String チェックボックスをオンにします。それ以外の方は、次のステップに進んでください。

ステップ 15 トレース パラメータの設定を保存するには、 Update ボタンをクリックします。

Cisco CTIManager により、トレース設定値の変更が即時に検出されます。


) デフォルトを設定するには、SetDefault ボタンをクリックします。選択したサービスの現行設定値をクラスタ内のすべてのノードに適用するには、Apply to all Nodes チェックボックスをオンにします。



 

関連項目

「デバッグ トレース レベルの設定値」

「Device Name Based Trace Monitoring トレース パラメータの設定」

「トレース分析の設定」

「トレース ログ ファイルの表示」

「トレース ログ ファイルの説明とデフォルト値」

「トレース フィルタ設定値」

「トレース出力設定値」

「アラームの設定」

「トレース収集の設定」

「トレース分析の設定」

「Bulk Trace Analysis」

Cisco CTL Provider トレース パラメータの設定

ここでは、Cisco CTL Provider サービスに対してトレース パラメータを設定する方法を説明します。

手順


ステップ 1 Cisco CallManager Administration ウィンドウから、 Application > Cisco CallManager Serviceability の順に選択します。

Cisco CallManager Serviceability ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 Trace > Configuration を選択します。

ステップ 3 Servers 列で、サーバを選択します。

選択したサーバが Current Server というタイトルの隣に表示され、設定済みのサービスがボックスに表示されます。

ステップ 4 Configured Services ボックスから Cisco CTL Provider サービスを選択します。

選択したサービスは、選択済みの現行サーバとともに、Current Service というタイトルの隣に表示されます。選択したサービスのトレース パラメータが表示されます。


) 選択したサービスのトレース パラメータだけが表示されます。その他のパラメータはすべてグレー表示されます。


ステップ 5 Trace On チェックボックスをオンにします。

ステップ 6 Debug Trace Level 選択ボックスの下向き矢印をクリックします。

7 つのデバッグ トレース レベルのリストが表示されます。

ステップ 7 表5-11 の説明に従って、使用するデバッグ トレース レベルをクリックします。

ステップ 8 Cisco CTL Provider Trace Fields チェックボックスをオンにします。

ステップ 9 Enable CTL Provider Service Trace チェックボックスをオンにします。

ステップ 10 トレース情報をログ ファイルに送る場合は、Enable File Trace Log チェックボックスをオンにします。

デフォルト ログ ファイル名とデフォルト パラメータがフィールドに表示されます。トレース情報を別のファイルに送る場合は、File Name フィールドをクリックしてファイル名とパス名を指定します。デフォルト パラメータを変更するには、該当するフィールドをクリックして情報を入力します。


) トレースを実行するとファイル名が検証され、ファイル名の拡張子は必ず .txt になります。別のコンピュータに存在するファイル名を使用しないでください。トレースを実行するコンピュータに存在するファイル名を使用してください。


Cisco CTL Provider に適用されるデフォルトのトレース ログ ファイル名は、
C:\Program Files\Cisco\Trace\CTLProvider\CTLProvider.txt です。トレース ログ ファイルのデフォルト パラメータについては、 表5-16 を参照してください。

ステップ 11 システムをデバッグしているシスコ エンジニアは、Enable Debug Output String チェックボックスをオンにします。それ以外の方は、次のステップに進んでください。

ステップ 12 トレース パラメータの設定を保存するには、 Update ボタンをクリックします。

Cisco CTL Provider に対するトレース設定の変更は、即時に有効になります。


) デフォルトを設定するには、SetDefault ボタンをクリックします。選択したサービスの現行設定値をクラスタ内のすべてのノードに適用するには、Apply to all Nodes チェックボックスをオンにします。



 

関連項目

「デバッグ トレース レベルの設定値」

「トレース ログ ファイルの表示」

「トレース ログ ファイルの説明とデフォルト値」

「トレース フィルタ設定値」

「トレース出力設定値」

「アラームの設定」

Cisco Database Layer Monitor トレース パラメータの設定

ここでは、Cisco Database Layer Monitor サービスに対してトレース パラメータを設定する方法を説明します。

手順


ステップ 1 Cisco CallManager Administration ウィンドウから、 Application > Cisco CallManager Serviceability の順に選択します。

Cisco CallManager Serviceability ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 Trace > Configuration を選択します。

ステップ 3 Servers 列で、サーバを選択します。

選択したサーバが Current Server というタイトルの隣に表示され、設定済みのサービスがボックスに表示されます。

ステップ 4 Configured Services ボックスから Cisco Database Layer Monitor サービスを選択します。

選択したサービスは、選択済みの現行サーバとともに、Current Service というタイトルの隣に表示されます。選択したサービスのトレース パラメータが表示されます。


) 選択したサービスのトレース パラメータだけが表示されます。その他のパラメータはすべてグレー表示されます。


ステップ 5 Trace On チェックボックスをオンにします。

ステップ 6 クラスタ内にあるすべての Cisco CallManager サーバにトレースを適用する場合は、Apply to All Nodes チェックボックスをオンにします。

ステップ 7 Debug Trace Level 選択ボックスの下向き矢印をクリックします。

7 つのデバッグ トレース レベルのリストが表示されます。


) Cisco Database Layer Monitor のデフォルトのデバッグ トレース レベルは Detailed です。


ステップ 8 表5-11 の説明に従って、使用するデバッグ トレース レベルをクリックします。

ステップ 9 Cisco Database Layer Monitor Trace Fields チェックボックスをオンにします。

表5-2 に、選択可能な 9 個のオプションを示します。

 

表5-2 Database Layer Monitor トレース フィールド

フィールド名
説明

Enable Detailed DB Trace

最低レベルのレイヤ(SQL 文)のトレースをアクティブにします。

Enable DBLX Trace

データベース レイヤに対する ActiveX インターフェイスのトレースをアクティブにします。トレース結果は DBLX.txt ファイルに送られます。

Enable LDAP Trace

データベース レイヤに対する Lightweight Directory Access Protocol(LDAP)インターフェイスのトレースをアクティブにします。

Enable Unit Test Trace

このチェックボックスはオンにしません。シスコのエンジニアがデバッグ用に使用します。

Enable CCM Change Notification Trace

Cisco CallManager とデータベース レイヤ間の通信をモニタするためのトレースをアクティブにします。

Enable Business Rules Trace

ビジネス ルールとトランザクションのトレースをアクティブにします。トレース結果は DBLR.txt ファイルと DBLRt.txt ファイルに送られます。

Enable DB Change Notification Trace

データベース変更通知のトレースをアクティブにします。

Enable All DB Trace

データベースを使用するアプリケーション プログラムすべてのトレースをアクティブにします。トレースを開始する前に、このデータベースを使用するアプリケーションをすべて再起動する必要があります。トレース結果は DBL.txt ファイルに送られます。

Enable Change Notification Service Trace

Cisco CallManager を除くすべてのサービスとデータベース レイヤ間の通信をモニタするためのトレースをアクティブにします。

ステップ 10 トレース情報をログ ファイルに送る場合は、Enable File Trace Log チェックボックスをオンにします。

デフォルト ログ ファイル名とデフォルト パラメータがフィールドに表示されます。トレース情報を別のファイルに送る場合は、File Name フィールドをクリックしてファイル名とパス名を指定します。デフォルト パラメータを変更するには、該当するフィールドをクリックして情報を入力します。


) トレースを実行するとファイル名が検証され、ファイル名の拡張子は必ず .txt になります。別のコンピュータに存在するファイル名を使用しないでください。トレースを実行するコンピュータに存在するファイル名を使用してください。


Cisco Database Layer Monitor に適用されるデフォルトのトレース ログ ファイル名は、C:\Program Files\Cisco\Trace\DBL\Aupair.txt です。トレース ログ ファイルのデフォルト パラメータについては、 表5-16 を参照してください。

ステップ 11 システムをデバッグしているシスコ エンジニアは、Enable Debug Output String チェックボックスをオンにします。それ以外の方は、次のステップに進んでください。

ステップ 12 トレース パラメータの設定を保存するには、 Update ボタンをクリックします。

Cisco Database Layer Monitor に対するトレース設定の変更は、即時に有効になります。


) デフォルトを設定するには、SetDefault ボタンをクリックします。選択したサービスの現行設定値をクラスタ内のすべてのノードに適用するには、Apply to all Nodes チェックボックスをオンにします。



 

関連項目

「デバッグ トレース レベルの設定値」

「トレース ログ ファイルの表示」

「トレース ログ ファイルの説明とデフォルト値」

「トレース フィルタ設定値」

「トレース出力設定値」

「アラームの設定」

Cisco Extended Functions トレース パラメータの設定

ここでは、Cisco Extended Functions サービスに対してトレース パラメータを設定する方法を説明します。

手順


ステップ 1 Cisco CallManager Administration ウィンドウから、 Application > Cisco CallManager Serviceability の順に選択します。

Cisco CallManager Serviceability ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 Trace > Configuration を選択します。

ステップ 3 Servers 列で、サーバを選択します。

選択したサーバが Current Server というタイトルの隣に表示され、設定済みのサービスがボックスに表示されます。

ステップ 4 Configured Services ボックスから Cisco Extended Functions サービスを選択します。

選択したサービスは、選択済みの現行サーバとともに、Current Service というタイトルの隣に表示されます。選択したサービスのトレース パラメータが表示されます。


) 選択したサービスのトレース パラメータだけが表示されます。その他のパラメータはすべてグレー表示されます。


ステップ 5 Trace On チェックボックスをオンにします。

ステップ 6 クラスタ内にあるすべての Cisco CallManager サーバにトレースを適用する場合は、Apply to All Nodes チェックボックスをオンにします。

ステップ 7 Debug Trace Level 選択ボックスの下向き矢印をクリックします。

デバッグ トレース レベルのリストが表示されます。

ステップ 8 表5-11 の説明に従って、使用するデバッグ トレース レベルをクリックします。


) デフォルトのデバッグ トレース レベルは Error です。


ステップ 9 Cisco Extended Functions Trace Fields チェックボックスをオンにします。

表5-3 に、選択可能なオプションを示します。

 

表5-3 Cisco Extended Functions トレース フィールド

フィールド名
説明

Enable QBE Helper TSP Trace

テレフォニー サービス プロバイダーのトレースをアクティブにします。

Enable QBE Helper TSPI Trace

QBE Helper TSP インターフェイス のトレースをアクティブにします。

Enable QRT Dictionary Trace

品質評価レポート ツール サービス ディクショナリのトレースをアクティブにします。

Enable Template Map Traces

標準テンプレート マップおよびマルチマップのトレースをアクティブにします。

Enable QBE Helper CTI Trace

QBE ヘルパーの CTI インターフェイスのトレースをアクティブにします。

Enable QRT Event Handler Trace

品質評価レポート ツール イベント ハンドラのトレースをアクティブにします。

Enable QRT Report Handler Trace

品質評価レポート ツール レポート ハンドラのトレースをアクティブにします。

Enable QRT Service Trace

品質評価レポート ツール レポート関連のトレースをアクティブにします。

Enable QRT DB Traces

DB アクセスのトレースをアクティブにします。

Enable DOM Helper Traces

DOM へルパーのトレースをアクティブにします。

Enable Redundancy and Change Notification Trace

データベース変更通知のトレースをアクティブにします。

ステップ 10 トレース情報をログ ファイルに送る場合は、Enable File Trace Log チェックボックスをオンにします。

デフォルト ログ ファイル名とデフォルト パラメータがフィールドに表示されます。トレース情報を別のファイルに送る場合は、File Name フィールドをクリックしてファイル名とパス名を指定します。デフォルト パラメータを変更するには、該当するフィールドをクリックして情報を入力します。


) トレースを実行するとファイル名が検証され、ファイル名の拡張子は必ず .txt になります。別のコンピュータに存在するファイル名を使用しないでください。トレースを実行するコンピュータに存在するファイル名を使用してください。


Cisco Extended Functions に適用されるデフォルトのトレース ログ ファイル名は、C:\Program Files\Cisco\Trace\CEF\cef.txt です。トレース ログ ファイルのデフォルト パラメータについては、 表5-16 を参照してください。

ステップ 11 トレース情報を Trace Analysis 用に使用する場合は、Enable XML Formatted Output チェックボックスをオンにします。このチェックボックスをオンにしない場合、ログ ファイルはテキスト形式で編集され、Trace Analysis 用には使用できません。

ステップ 12 システムをデバッグしているシスコ エンジニアは、Enable Debug Output String チェックボックスをオンにします。

ステップ 13 トレース パラメータの設定を保存するには、 Update ボタンをクリックします。

Cisco Extended Functions に対するトレース設定の変更は、即時に有効になります。


) デフォルトを設定するには、SetDefault ボタンをクリックします。選択したサービスの現行設定値をクラスタ内のすべてのノードに適用するには、Apply to all Nodes チェックボックスをオンにします。



 

関連項目

「デバッグ トレース レベルの設定値」

「トレース ログ ファイルの表示」

「Device Name Based Trace Monitoring トレース パラメータの設定」

「トレース ログ ファイルの説明とデフォルト値」

「トレース フィルタ設定値」

「トレース出力設定値」

「アラームの設定」

Cisco Extension Mobility トレース パラメータの設定

ここでは、Cisco Extension Mobility サービスに対してトレース パラメータを設定する方法を説明します。

手順


ステップ 1 Cisco CallManager Administration ウィンドウから、 Application > Cisco CallManager Serviceability の順に選択します。

Cisco CallManager Serviceability ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 Trace > Configuration を選択します。

ステップ 3 Servers 列で、サーバを選択します。

選択したサーバが Current Server というタイトルの隣に表示され、設定済みのサービスがボックスに表示されます。

ステップ 4 Configured Services ボックスから Cisco Extension Mobility サービスを選択します。

選択したサービスは、選択済みの現行サーバとともに、Current Service というタイトルの隣に表示されます。選択したサービスのトレース パラメータが表示されます。


) 選択したサービスのトレース パラメータだけが表示されます。その他のパラメータはすべてグレー表示されます。


ステップ 5 Trace On チェックボックスをオンにします。

ステップ 6 クラスタ内にあるすべての Cisco CallManager サーバにトレースを適用する場合は、Apply to All Nodes チェックボックスをオンにします。

ステップ 7 Debug Trace Level 選択ボックスの下向き矢印をクリックします。

7 つのデバッグ トレース レベルのリストが表示されます。

ステップ 8 表5-11 の説明に従って、使用するデバッグ トレース レベルをクリックします。

ステップ 9 Cisco Extension Mobility Trace Fields チェックボックスをオンにします。

表5-4 に、選択可能なオプションを示します。

 

表5-4 Cisco Extension Mobility トレース フィールド

フィールド名
説明

Enable EM Service Trace

Extension Mobility サービスのトレースをアクティブにします。

Enable EM Application Trace

Extension Mobility サービスのアプリケーション トレースをアクティブにします。

ステップ 10 トレース情報をログ ファイルに送る場合は、Enable File Trace Log チェックボックスをオンにします。

デフォルト ログ ファイル名とデフォルト パラメータがフィールドに表示されます。トレース情報を別のファイルに送る場合は、File Name フィールドをクリックしてファイル名とパス名を指定します。デフォルト パラメータを変更するには、該当するフィールドをクリックして情報を入力します。


) トレースを実行するとファイル名が検証され、ファイル名の拡張子は必ず .txt になります。別のコンピュータに存在するファイル名を使用しないでください。トレースを実行するコンピュータに存在するファイル名を使用してください。


Cisco Extension Mobility に適用されるデフォルトのトレース ログ ファイル名は、C:\Program Files\Cisco\Trace\EM\EMSvc.txt です。トレース ログ ファイルのデフォルト パラメータについては、 表5-16 を参照してください。

ステップ 11 システムをデバッグしているシスコ エンジニアは、Enable Debug Output String チェックボックスをオンにします。それ以外の方は、次のステップに進んでください。

ステップ 12 トレース パラメータの設定を保存するには、 Update ボタンをクリックします。

Cisco Extension Mobility に対するトレース設定の変更は、即時に有効になります。


) デフォルトを設定するには、SetDefault ボタンをクリックします。選択したサービスの現行設定値をクラスタ内のすべてのノードに適用するには、Apply to all Nodes チェックボックスをオンにします。



 

関連項目

「デバッグ トレース レベルの設定値」

「トレース ログ ファイルの表示」

「トレース ログ ファイルの説明とデフォルト値」

「トレース フィルタ設定値」

「トレース出力設定値」

「アラームの設定」

Cisco IP Manager Assistant トレース パラメータの設定

ここでは、Cisco IP Manager Assistant サービスに対してトレース パラメータを設定する方法を説明します。

手順


ステップ 1 Cisco CallManager Administration ウィンドウから、 Application > Cisco CallManager Serviceability の順に選択します。

Cisco CallManager Serviceability ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 Trace > Configuration を選択します。

ステップ 3 Servers 列で、サーバを選択します。

選択したサーバが Current Server というタイトルの隣に表示され、設定済みのサービスがボックスに表示されます。

ステップ 4 Configured Services ボックスから Cisco IP Manager Assistant サービスを選択します。

選択したサービスは、選択済みの現行サーバとともに、Current Service というタイトルの隣に表示されます。選択したサービスのトレース パラメータが表示されます。


) 選択したサービスのトレース パラメータだけが表示されます。その他のパラメータはすべてグレー表示されます。


ステップ 5 Trace On チェックボックスをオンにします。

ステップ 6 クラスタ内にあるすべての Cisco CallManager サーバにトレースを適用する場合は、Apply to All Nodes チェックボックスをオンにします。

ステップ 7 Debug Trace Level 選択ボックスの下向き矢印をクリックします。

7 つのデバッグ トレース レベルのリストが表示されます。

ステップ 8 表5-11 の説明に従って、使用するデバッグ トレース レベルをクリックします。

ステップ 9 Cisco IP Manager Assistant Trace Fields チェックボックスをオンにします。

表5-5 に、選択可能なオプションを示します。

 

表5-5 Cisco IP Manager Assistant トレース フィールド

フィールド名
説明

Enable IPMA Service Trace

Cisco IP Manager Assistant サービスのトレースをアクティブにします。

Enable IPMA Manager Configuration Change Log

Cisco IPMA Manager サービスの設定変更ログをアクティブにします。

Enable IPMA CTI Trace

Cisco IPMA の CTI トレースをアクティブにします。

ステップ 10 トレース情報をログ ファイルに送る場合は、Enable File Trace Log チェックボックスをオンにします。

デフォルト ログ ファイル名とデフォルト パラメータがフィールドに表示されます。トレース情報を別のファイルに送る場合は、File Name フィールドをクリックしてファイル名とパス名を指定します。デフォルト パラメータを変更するには、該当するフィールドをクリックして情報を入力します。


) トレースを実行するとファイル名が検証され、ファイル名の拡張子は必ず .txt になります。別のコンピュータに存在するファイル名を使用しないでください。トレースを実行するコンピュータに存在するファイル名を使用してください。


Cisco IP Manager Assistant に適用されるデフォルトのトレース ログ ファイル名は、C:\Program Files\Cisco\Trace\IPMA\IPMA.txt です。トレース ログ ファイルのデフォルト パラメータについては、 表5-16 を参照してください。

ステップ 11 システムをデバッグしているシスコ エンジニアは、Enable Debug Output String チェックボックスをオンにします。それ以外の方は、次のステップに進んでください。

ステップ 12 トレース パラメータの設定を保存するには、 Update ボタンをクリックします。

Cisco IPMA Manager Assistant に対するトレース設定の変更は、即時に有効になります。


) デフォルトを設定するには、SetDefault ボタンをクリックします。選択したサービスの現行設定値をクラスタ内のすべてのノードに適用するには、Apply to all Nodes チェックボックスをオンにします。



 

関連項目

「デバッグ トレース レベルの設定値」

「トレース ログ ファイルの表示」

「トレース ログ ファイルの説明とデフォルト値」

「トレース フィルタ設定値」

「トレース出力設定値」

「アラームの設定」

Cisco IP Voice Media Streaming Application トレース パラメータの設定

ここでは、Cisco IP Voice Media Streaming Application サービスに対するトレース パラメータを設定する方法を説明します。

手順


ステップ 1 Cisco CallManager Administration ウィンドウから、 Application > Cisco CallManager Serviceability の順に選択します。

Cisco CallManager Serviceability ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 Trace > Configuration を選択します。

ステップ 3 Servers 列で、サーバを選択します。

選択したサーバが Current Servers というタイトルの隣に表示され、設定済みのサービスがボックスに表示されます。

ステップ 4 Configured Services ボックスから Cisco IP Voice Media Streaming App サービスを選択します。

選択したサービスは、選択済みの現行サーバとともに、Current Service というタイトルの隣に表示されます。選択したサービスのトレース パラメータが表示されます。


) 選択したサービスのトレース パラメータだけが表示されます。その他のパラメータはすべてグレー表示されます。


ステップ 5 Trace On チェックボックスをオンにします。

ステップ 6 クラスタ内にあるすべての Cisco CallManager サーバにトレースを適用する場合は、Apply to All Nodes チェックボックスをオンにします。

ステップ 7 Debug Trace Level 選択ボックスの下向き矢印をクリックします。

7 つのデバッグ トレース レベルのリストが表示されます。

ステップ 8 表5-11 の説明に従って、使用するデバッグ トレース レベルをクリックします。

ステップ 9 Cisco IP Voice Media Streaming App Trace Fields チェックボックスをオンにします。

表5-6 に、選択可能なオプションを示します。

 

表5-6 IP Voice Media Streaming Application トレース フィールド

フィールド名
説明

Enable Service Initialization Trace

初期化情報のトレースをアクティブにします。

Enable MTP Device Trace

MTP に関する処理済みメッセージをモニタするためのトレースをアクティブにします。

Enable Device Recovery Trace

MTP、Conference Bridge、および MOH のデバイス回復関連情報のトレースをアクティブにします。

Enable Skinny Station Messages Trace

Skinny Station Protocol のトレースをアクティブにします。

Enable WinSock Level 2 Trace

高レベルの詳細な WinSock 関連情報のトレースをアクティブにします。

Enable Music On Hold Manager Trace

MOH オーディオ ソース マネージャをモニタするためのトレースをアクティブにします。

Enable DB Setup Manager Trace

データベースのセットアップ、および MTP、Conference Bridge、MOH の変更をモニタするためのトレースをアクティブにします。

Enable Conference Bridge Device Trace

Conference Bridge に関する処理済みメッセージをモニタするためのトレースをアクティブにします。

Enable Device Driver Trace

デバイス ドライバのトレースをアクティブにします。

Enable WinSock Level 1 Trace

低レベルの一般的な WinSock 関連情報のトレースをアクティブにします。

Enable Music on Hold Device Trace

MOH に関する処理済みメッセージをモニタするためのトレースをアクティブにします。

Enable TFTP Downloads Trace

MOH オーディオ ソース ファイルのダウンロードをモニタするためのトレースをアクティブにします。

Enable Annunciator Trace

Annunciator をモニタするためのトレースをアクティブにします。

ステップ 10 トレース情報をログ ファイルに送る場合は、Enable File Trace Log チェックボックスをオンにします。

デフォルト ログ ファイル名とデフォルト パラメータがフィールドに表示されます。トレース情報を別のファイルに送る場合は、File Name フィールドをクリックしてファイル名とパス名を指定します。デフォルト パラメータを変更するには、該当するフィールドをクリックして情報を入力します。


) トレースを実行するとファイル名が検証され、ファイル名の拡張子は必ず .txt になります。別のコンピュータに存在するファイル名を使用しないでください。トレースを実行するコンピュータに存在するファイル名を使用してください。


Cisco IP Voice Media Streaming Application に適用されるデフォルトのトレース ログ ファイル名は、C:\Program Files\Cisco\Trace\CMS\cms.txt です。トレース ログ ファイルのデフォルト パラメータについては、 表5-16 を参照してください。

ステップ 11 システムをデバッグしているシスコ エンジニアは、Enable Debug Output String チェックボックスをオンにします。それ以外の方は、次のステップに進んでください。

ステップ 12 トレース パラメータの設定を保存するには、 Update ボタンをクリックします。

Cisco IP Voice Media Streaming Application に対するトレース設定の変更は、即時に有効になります。


) デフォルトを設定するには、SetDefault ボタンをクリックします。選択したサービスの現行設定値をクラスタ内のすべてのノードに適用するには、Apply to all Nodes チェックボックスをオンにします。



 

関連項目

「デバッグ トレース レベルの設定値」

「トレース ログ ファイルの表示」

「トレース ログ ファイルの説明とデフォルト値」

「トレース フィルタ設定値」

「トレース出力設定値」

「アラームの設定」

Cisco Messaging Interface トレース パラメータの設定

ここでは、Cisco Messaging Interface サービスに対してトレース パラメータを設定する方法を説明します。

手順


ステップ 1 Cisco CallManager Administration ウィンドウから、 Application > Cisco CallManager Serviceability の順に選択します。

Cisco CallManager Serviceability ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 Trace > Configuration を選択します。

ステップ 3 Servers 列で、サーバを選択します。

選択したサーバが Current Server というタイトルの隣に表示され、設定済みのサービスがボックスに表示されます。

ステップ 4 Configured Services ボックスから Cisco Messaging Interface サービスを選択します。

選択したサービスは、選択済みの現行サーバとともに、Current Service というタイトルの隣に表示されます。選択したサービスのトレース パラメータが表示されます。


) 選択したサービスのトレース パラメータだけが表示されます。その他のパラメータはすべてグレー表示されます。


ステップ 5 Trace On チェックボックスをオンにします。

ステップ 6 クラスタ内にあるすべての Cisco CallManager サーバにトレースを適用する場合は、Apply to All Nodes チェックボックスをオンにします。

ステップ 7 Debug Trace Level 選択ボックスの下向き矢印をクリックします。

7 つのデバッグ トレース レベルのリストが表示されます。


) Cisco Messaging Interface のデフォルトのデバッグ トレース レベルは Error です。


ステップ 8 表5-11 の説明に従って、使用するデバッグ トレース レベルを選択します。

ステップ 9 Cisco Messaging Interface チェックボックスをオンにします。

ステップ 10 Enable All Trace チェックボックスをオンにします。

ステップ 11 トレース情報をログ ファイルに送る場合は、Enable File Trace Log チェックボックスをオンにします。

デフォルト ログ ファイル名とデフォルト パラメータがフィールドに表示されます。トレース情報を別のファイルに送る場合は、File Name フィールドをクリックしてファイル名とパス名を指定します。デフォルト パラメータを変更するには、該当するフィールドをクリックして情報を入力します。


) トレースを実行するとファイル名が検証され、ファイル名の拡張子は必ず .txt になります。別のコンピュータに存在するファイル名を使用しないでください。トレースを実行するコンピュータに存在するファイル名を使用してください。


Cisco Messaging Interface に適用されるデフォルトのトレース ログ ファイル名は、C:\Program Files\Cisco\Trace\CMI\csumi.txt です。トレース ログ ファイルのデフォルト パラメータについては、 表5-16 を参照してください。

ステップ 12 システムをデバッグしているシスコ エンジニアは、Enable Debug Output String チェックボックスをオンにします。それ以外の方は、次のステップに進んでください。

ステップ 13 トレース パラメータの設定を保存するには、 Update ボタンをクリックします。

Cisco Messaging Interface に対するトレース設定の変更は、3 ~5 分以内に有効になります。


) デフォルトを設定するには、SetDefault ボタンをクリックします。選択したサービスの現行設定値をクラスタ内のすべてのノードに適用するには、Apply to all Nodes チェックボックスをオンにします。



 

関連項目

「デバッグ トレース レベルの設定値」

「トレース ログ ファイルの表示」

「トレース ログ ファイルの説明とデフォルト値」

「トレース フィルタ設定値」

「トレース出力設定値」

「アラームの設定」

Cisco MOH Audio Translator トレース パラメータの設定

ここでは、Cisco MOH Audio Translator サービスに対してトレース パラメータを設定する方法を説明します。

手順


ステップ 1 Cisco CallManager Administration ウィンドウから、 Application > Cisco CallManager Serviceability の順に選択します。

Cisco CallManager Serviceability ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 Trace > Configuration を選択します。

ステップ 3 Servers 列で、サーバを選択します。

選択したサーバが Current Server というタイトルの隣に表示され、設定済みのサービスがボックスに表示されます。

ステップ 4 Configured Services ボックスから Cisco MOH Audio Translator サービスを選択します。

選択したサービスは、選択済みの現行サーバとともに、Current Service というタイトルの隣に表示されます。選択したサービスのトレース パラメータが表示されます。


) 選択したサービスのトレース パラメータだけが表示されます。その他のパラメータはすべてグレー表示されます。


ステップ 5 Trace On チェックボックスをオンにします。

ステップ 6 クラスタ内にあるすべての Cisco CallManager サーバにトレースを適用する場合は、Apply to All Nodes チェックボックスをオンにします。

ステップ 7 Debug Trace Level 選択ボックスの下向き矢印をクリックします。

7 つのデバッグ トレース レベルのリストが表示されます。


) Cisco MOH Audio Translator のデフォルトのデバッグ トレース レベルは Error です。


ステップ 8 表5-11 の説明に従って、使用するデバッグ トレース レベルをクリックします。

ステップ 9 Cisco MOH Audio Translator Trace Fields チェックボックスをオンにします。

ステップ 10 MOH Audio Translator トレース パラメータをすべて選択する場合は、Enable All Trace チェックボックスをオンにします。

ステップ 11 トレース情報をログ ファイルに送る場合は、Enable File Trace Log チェックボックスをオンにします。

デフォルト ログ ファイル名とデフォルト パラメータがフィールドに表示されます。トレース情報を別のファイルに送る場合は、File Name フィールドをクリックしてファイル名とパス名を指定します。デフォルト パラメータを変更するには、該当するフィールドをクリックして情報を入力します。


) トレースを実行するとファイル名が検証され、ファイル名の拡張子は必ず .txt になります。別のコンピュータに存在するファイル名を使用しないでください。トレースを実行するコンピュータに存在するファイル名を使用してください。


Cisco MOH Audio Translator に適用されるデフォルトのトレース ログ ファイル名は、C:\Program Files\Cisco\Trace\CMS\at.txt です。トレース ログ ファイルのデフォルト パラメータについては、 表5-16 を参照してください。

ステップ 12 システムをデバッグしているシスコ エンジニアは、Enable Debug Output String チェックボックスをオンにします。それ以外の方は、次のステップに進んでください。

ステップ 13 トレース パラメータの設定を保存するには、 Update ボタンをクリックします。

Cisco MOH Audio Translator に対するトレース設定の変更は、1 分以内に有効になります。


) デフォルトを設定するには、SetDefault ボタンをクリックします。選択したサービスの現行設定値をクラスタ内のすべてのノードに適用するには、Apply to all Nodes チェックボックスをオンにします。



 

関連項目

「デバッグ トレース レベルの設定値」

「トレース ログ ファイルの表示」

「トレース ログ ファイルの説明とデフォルト値」

「トレース フィルタ設定値」

「トレース出力設定値」

「アラームの設定」

Cisco RIS Data Collector トレース パラメータの設定

ここでは、Cisco RIS Data Collector サービスに対してトレース パラメータを設定する方法を説明します。

手順


ステップ 1 Cisco CallManager Administration ウィンドウから、 Application > Cisco CallManager Serviceability の順に選択します。

Cisco CallManager Serviceability ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 Trace > Configuration を選択します。

ステップ 3 Servers 列で、サーバを選択します。

選択したサーバが Current Server というタイトルの隣に表示され、設定済みのサービスがボックスに表示されます。

ステップ 4 Configured Services ボックスから Cisco RIS Data Collector サービスを選択します。

選択したサービスは、選択済みの現行サーバとともに、Current Service というタイトルの隣に表示されます。選択したサービスのトレース パラメータが表示されます。


) 選択したサービスのトレース パラメータだけが表示されます。その他のパラメータはすべてグレー表示されます。


ステップ 5 Trace On チェックボックスをオンにします。

ステップ 6 クラスタ内にあるすべての Cisco CallManager サーバにトレースを適用する場合は、Apply to All Nodes チェックボックスをオンにします。

ステップ 7 Debug Trace Level 選択ボックスの下向き矢印をクリックします。

7 つのデバッグ トレース レベルのリストが表示されます。

ステップ 8 表5-11 の説明に従って、使用するデバッグ トレース レベルをクリックします。

ステップ 9 Cisco RIS Data Collector Trace Fields チェックボックスをオンにします。

表5-7 に、選択可能なオプションを示します。

 

表5-7 RIS Data Collector トレース フィールド

フィールド名
説明

Enable RISDC Trace

Real-time Information Server(RIS; リアルタイム情報サーバ)データ コレクタの RISDC スレッドのトレースをアクティブにします。

Enable Link Services Trace

RIS データ コレクタとその RISX クライアントの両方にあるリンク サービス ライブラリのトレースをアクティブにします。

Enable RISDB Trace

RIS データ コレクタにある RISDB ライブラリのトレースをアクティブにします。

Enable SNMPDC Trace

RIS データ コレクタの SNMPDC スレッドのトレースをアクティブにします。

Enable RISX Trace

RIS データ コレクタにある RISX クライアントのトレースをアクティブにします。

Enable RISDC Access Trace

RIS データ コレクタにある RISDC アクセス ライブラリのトレースをアクティブにします。

Enable Real-Time Monitoring Tool Trace

RIS データ コレクタにある Real-Time Monitoring Tool ISAPI クライアントのトレースをアクティブにします。

Enable CCM SNMP Agent Trace

CCM SNMP エージェントのトレースをアクティブにします。

Enable AXL-Serviceability API Trace

RISDC サービスの AXL-Serviceability API の SOAP トレースをアクティブにします。

ステップ 10 トレース情報をログ ファイルに送る場合は、Enable File Trace Log チェックボックスをオンにします。

デフォルト ログ ファイル名とデフォルト パラメータがフィールドに表示されます。トレース情報を別のファイルに送る場合は、File Name フィールドをクリックしてファイル名とパス名を指定します。デフォルト パラメータを変更するには、該当するフィールドをクリックして情報を入力します。


) トレースを実行するとファイル名が検証され、ファイル名の拡張子は必ず .txt になります。別のコンピュータに存在するファイル名を使用しないでください。トレースを実行するコンピュータに存在するファイル名を使用してください。


Cisco RIS Data Collector に適用されるデフォルトのトレース ログ ファイル名は、C:\Program Files\Cisco\Trace\RIS\ris.txt です。トレース ログ ファイルのデフォルト パラメータについては、 表5-16 を参照してください。

ステップ 11 システムをデバッグしているシスコ エンジニアは、Enable Debug Output String チェックボックスをオンにします。それ以外の方は、次のステップに進んでください。

ステップ 12 トレース パラメータの設定を保存するには、 Update ボタンをクリックします。

トレース設定の変更は即時に有効になります。ただし、トレース設定の変更は Cisco RIS Data Collector の 2 つのダイナミック リンク ライブラリ(DLL)(RISX.dll と ASTIsapi.dll)に影響します。これらの DLL は Internet Information Services(IIS)プロセスに属しているので、トレース設定を変更するには IIS プロセスを再起動する必要があります。IIS を開始および停止する手順については、Microsoft
Windows の資料を参照してください。


) IIS プロセスを再起動すると、Cisco CallManager Administration と
Real-Time Monitoring Tool によって使用される Web サーバを含め、すべてのインターネット サービスが停止され、再起動されます。これらのプログラムは、IIS の再起動中は使用できなくなります。AST ブラウザのウィンドウが開いている場合は、IIS の再起動後にウィンドウを閉じてから再び開く必要があります。



) デフォルトを設定するには、SetDefault ボタンをクリックします。選択したサービスの現行設定値をクラスタ内のすべてのノードに適用するには、Apply to all Nodes チェックボックスをオンにします。



 

関連項目

「デバッグ トレース レベルの設定値」

「トレース ログ ファイルの表示」

「トレース ログ ファイルの説明とデフォルト値」

「トレース フィルタ設定値」

「トレース出力設定値」

「アラームの設定」

Cisco Telephony Call Dispatcher トレース パラメータの設定

ここでは、Cisco Telephony Call Dispatcher サービスに対してトレース パラメータを設定する方法を説明します。

手順


ステップ 1 Cisco CallManager Administration ウィンドウから、 Application > Cisco CallManager Serviceability の順に選択します。

Cisco CallManager Serviceability ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 Trace > Configuration を選択します。

ステップ 3 Servers 列で、サーバを選択します。

選択したサーバが Current Server というタイトルの隣に表示され、設定済みのサービスがボックスに表示されます。

ステップ 4 Configured Services ボックスから Cisco Telephony Call Dispatcher サービスを選択します。

選択したサービスは、選択済みの現行サーバとともに、Current Service というタイトルの隣に表示されます。選択したサービスのトレース パラメータが表示されます。


) 選択したサービスのトレース パラメータだけが表示されます。その他のパラメータはすべてグレー表示されます。


ステップ 5 Trace On チェックボックスをオンにします。

ステップ 6 クラスタ内にあるすべての Cisco CallManager サーバにトレースを適用する場合は、Apply to All Nodes チェックボックスをオンにします。

ステップ 7 Debug Trace Level 選択ボックスの下向き矢印をクリックします。

デバッグ トレース レベルのリストが表示されます。

ステップ 8 表5-11 の説明に従って、使用するデバッグ トレース レベルの設定値をクリックします。

ステップ 9 Cisco Telephony Call Dispatcher Trace Fields チェックボックスをオンにします。

ステップ 10 Enable low level trace チェックボックスまたは Enable high level trace チェックボックス、あるいは両方をオンにします。

表5-8 に、選択可能な 2 個のオプションを示します。

 

表5-8 Telephony Call Dispatcher トレース フィールド

フィールド名
説明

Enable low level trace

低レベルのトレースをアクティブにします。

Enable high level trace

高レベルのトレースをアクティブにします。

ステップ 11 トレース情報をログ ファイルに送る場合は、Enable File Trace Log チェックボックスをオンにします。

デフォルト ログ ファイル名とデフォルト パラメータがフィールドに表示されます。トレース情報を別のファイルに送る場合は、File Name フィールドをクリックしてファイル名とパス名を指定します。デフォルト パラメータを変更するには、該当するフィールドをクリックして情報を入力します。


) トレースを実行するとファイル名が検証され、ファイル名の拡張子は必ず .txt になります。別のコンピュータに存在するファイル名を使用しないでください。トレースを実行するコンピュータに存在するファイル名を使用してください。


Cisco Telephony Call Dispatcher に適用されるデフォルトのトレース ログ ファイル名は、C:\Program Files\Cisco\Trace\TCD\tcdsrv.txt です。トレース ログ ファイルのデフォルト パラメータについては、 表5-16 を参照してください。

ステップ 12 システムをデバッグしているシスコ エンジニアは、Enable Debug Output String チェックボックスをオンにします。それ以外の方は、次のステップに進んでください。

ステップ 13 トレース パラメータの設定を保存するには、 Update ボタンをクリックします。


) デフォルトを設定するには、SetDefault ボタンをクリックします。選択したサービスの現行設定値をクラスタ内のすべてのノードに適用するには、Apply to all Nodes チェックボックスをオンにします。



 

関連項目

「デバッグ トレース レベルの設定値」

「トレース ログ ファイルの表示」

「トレース ログ ファイルの説明とデフォルト値」

「トレース フィルタ設定値」

「トレース出力設定値」

「アラームの設定」

Cisco TFTP トレース パラメータの設定

ここでは、Cisco TFTP サービスに対してトレース パラメータを設定する方法を説明します。

手順


ステップ 1 Cisco CallManager Administration ウィンドウから、 Application > Cisco CallManager Serviceability の順に選択します。

Cisco CallManager Serviceability ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 Trace > Configuration を選択します。

ステップ 3 Servers 列で、サーバを選択します。

選択したサーバが Current Servers というタイトルの隣に表示され、設定済みのサービスがボックスに表示されます。

ステップ 4 Configured Services ボックスから Cisco TFTP サービスを選択します。

選択したサービスは、選択済みの現行サーバとともに、Current Service というタイトルの隣に表示されます。選択したサービスのトレース パラメータが表示されます。


) 選択したサービスのトレース パラメータだけが表示されます。その他のパラメータはすべてグレー表示されます。


ステップ 5 Trace On チェックボックスをオンにします。

ステップ 6 クラスタ内にあるすべての Cisco CallManager サーバにトレースを適用する場合は、Apply to All Nodes チェックボックスをオンにします。

ステップ 7 Debug Trace Level 選択ボックスの下向き矢印をクリックします。

デバッグ トレース レベルのリストが表示されます。

ステップ 8 表5-11 の説明に従って、使用するデバッグ トレース レベルをクリックします。

ステップ 9 Cisco tftp Trace Fields チェックボックスをオンにします。

表5-9 に、選択可能な 3 個のオプションを示します。

 

表5-9 TFTP トレース フィールド

フィールド名
説明

Enable Service System Trace

サービス システムのトレースをアクティブにします。

Enable Build File Trace

ファイルの作成に関するトレースをアクティブにします。

Enable Serve File Trace

ファイルの提供に関するトレースをアクティブにします。

ステップ 10 トレース情報をログ ファイルに送る場合は、Enable File Trace Log チェックボックスをオンにします。

デフォルト ログ ファイル名とデフォルト パラメータがフィールドに表示されます。トレース情報を別のファイルに送る場合は、File Name フィールドをクリックしてファイル名とパス名を指定します。デフォルト パラメータを変更するには、該当するフィールドをクリックして情報を入力します。


) トレースを実行するとファイル名が検証され、ファイル名の拡張子は必ず .txt になります。別のコンピュータに存在するファイル名を使用しないでください。トレースを実行するコンピュータに存在するファイル名を使用してください。


Cisco TFTP に適用されるデフォルトのトレース ログ ファイル名は、C:\Program Files\Cisco\Trace\TFTP\ctftp.txt です。トレース ログ ファイルのデフォルト パラメータについては、 表5-16 を参照してください。

ステップ 11 トレース情報を Trace Analysis 用に使用する場合は、Enable XML Formatted Output チェックボックスをオンにします。このチェックボックスをオンにしない場合、ログ ファイルはテキスト形式で編集され、Trace Analysis 用には使用できません。

ステップ 12 システムをデバッグしているシスコ エンジニアは、Enable Debug Output String チェックボックスをオンにします。それ以外の方は、次のステップに進んでください。

ステップ 13 トレース パラメータの設定を保存するには、 Update ボタンをクリックします。

Cisco TFTP に対するトレース設定の変更は、即時に有効になります。


) デフォルトを設定するには、SetDefault ボタンをクリックします。選択したサービスの現行設定値をクラスタ内のすべてのノードに適用するには、Apply to all Nodes チェックボックスをオンにします。



 

関連項目

「デバッグ トレース レベルの設定値」

「トレース ログ ファイルの表示」

「トレース ログ ファイルの説明とデフォルト値」

「トレース フィルタ設定値」

「トレース出力設定値」

「アラームの設定」

「トレース収集の設定」

「トレース分析の設定」

「Bulk Trace Analysis」

Cisco WebDialer トレース パラメータの設定

ここでは、Cisco WebDialer サービスに対してトレース パラメータを設定する方法を説明します。

手順


ステップ 1 Cisco CallManager Administration ウィンドウから、 Application > Cisco CallManager Serviceability の順に選択します。

Cisco CallManager Serviceability ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 Trace > Configuration を選択します。

ステップ 3 Servers 列で、サーバを選択します。

選択したサーバが Current Servers というタイトルの隣に表示され、設定済みのサービスがボックスに表示されます。

ステップ 4 Configured Services ボックスから Cisco WebDialser サービスを選択します。

選択したサービスは、選択済みの現行サーバとともに、Current Service というタイトルの隣に表示されます。選択したサービスのトレース パラメータが表示されます。


) 選択したサービスのトレース パラメータだけが表示されます。その他のパラメータはすべてグレー表示されます。


ステップ 5 Trace On チェックボックスをオンにします。

ステップ 6 Debug Trace Level 選択ボックスの下向き矢印をクリックします。

デバッグ トレース レベルのリストが表示されます。

ステップ 7 表5-11 の説明に従って、使用するデバッグ トレース レベルをクリックします。

ステップ 8 Cisco WebDialer Trace Fields チェックボックスをオンにします。

表5-10 に、選択可能なオプションを示します。

 

表5-10 Cisco WebDialer トレース フィールド

フィールド名
説明

Enable WebDialer Servlet Trace

Cisco WebDialer servlet のトレースをアクティブにします。

Enable Redirector Servlet Trace

Redirector servlet のトレースをアクティブにします。

ステップ 9 トレース情報をログ ファイルに送る場合は、Enable File Trace Log チェックボックスをオンにします。

デフォルト ログ ファイル名とデフォルト パラメータがフィールドに表示されます。トレース情報を別のファイルに送る場合は、File Name フィールドをクリックしてファイル名とパス名を指定します。デフォルト パラメータを変更するには、該当するフィールドをクリックして情報を入力します。


) トレースを実行するとファイル名が検証され、ファイル名の拡張子は必ず .txt になります。別のコンピュータに存在するファイル名を使用しないでください。トレースを実行するコンピュータに存在するファイル名を使用してください。


Cisco WebDialer に適用されるデフォルトのトレース ログ ファイル名は、
C:\Program Files\Cisco\Trace\Webdialer\webdialer.txt です。トレース ログ ファイルのデフォルト パラメータについては、 表5-16 を参照してください。

ステップ 10 システムをデバッグしているシスコ エンジニアは、Enable Debug Output String チェックボックスをオンにします。それ以外の方は、次のステップに進んでください。

ステップ 11 トレース パラメータの設定を保存するには、 Update ボタンをクリックします。

Cisco WebDialer に対するトレース設定の変更は、即時に有効になります。


) デフォルトを設定するには、SetDefault ボタンをクリックします。選択したサービスの現行設定値をクラスタ内のすべてのノードに適用するには、Apply to all Nodes チェックボックスをオンにします。



 

関連項目

「デバッグ トレース レベルの設定値」

「トレース ログ ファイルの表示」

「トレース ログ ファイルの説明とデフォルト値」

「トレース フィルタ設定値」

「トレース出力設定値」

「アラームの設定」

「トレース収集の設定」

「トレース分析の設定」

「Bulk Trace Analysis」

デバッグ トレース レベルの設定値

表5-11 に、デバッグ トレース レベルの設定値を示します。

 

表5-11 デバッグ トレース レベル

レベル
説明

Error

アラーム状態とイベントをトレースします。異常なパスで生成されたすべてのトレースに使用されます。最小限の CPU サイクルを使用します。

Special

すべての Error 状態に加えて、プロセス メッセージとデバイス初期化メッセージをトレースします。

State Transition

すべての Special 状態に加えて、通常の動作時に発生するサブシステムの状態遷移をトレースします。コール処理イベントをトレースします。

Significant

すべての State Transition 状態に加えて、通常の動作中に発生するメディア レイヤ イベントをトレースします。

Entry/Exit

すべての Significant 状態に加えて、ルーチンの Entry Point と Exit Point をトレースします。このトレース レベルを使用しないサービスもあります(たとえば、Cisco CallManager は使用しません)。

Arbitrary

すべての Entry/Exit 状態に加えて、低いレベルのデバッグ情報をトレースします。


) Cisco CallManager サービスまたは Cisco IP Voice Media Streaming Application サービスに対して、通常の動作中にこのトレース レベルを使用しないでください。


Detailed

すべての Arbitrary 状態に加えて、詳細なデバッグ情報をトレースします。


) Cisco CallManager サービスまたは Cisco IP Voice Media Streaming Application サービスに対して、通常の動作中にこのトレース レベルを使用しないでください。


Device Name Based Trace Monitoring トレース パラメータの設定

生成されるトレース ログ数を絞り込み、コール処理に対する影響を抑えるには、このトレース設定オプションを使用します。このオプションを指定すると、選択したデバイスだけがトレースされます。

ここでは、Cisco CallManager と Cisco CTIManager の両サービスに対して、デバイス名に基づくトレース モニタリングのパラメータを設定する方法を説明します。

手順


ステップ 1 Cisco CallManager Administration ウィンドウから、 Application > Cisco CallManager Serviceability の順に選択します。

Cisco CallManager Serviceability ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 Trace > Configuration を選択します。

ステップ 3 Servers 列で、サーバを選択します。

選択したサーバが Current Server というタイトルの隣に表示され、設定済みのサービスがボックスに表示されます。

ステップ 4 Configured Services ボックスから Cisco CallManager または Cisco CTIManager サービスを選択します。

選択したサービスは、選択済みの現行サーバとともに、Current Service というタイトルの隣に表示されます。選択したサービスのトレース パラメータが表示されます。

ステップ 5 Trace On チェックボックスをオンにします。

ステップ 6 Debug Trace Level 選択ボックスの下向き矢印をクリックします。

7 つのデバッグ トレース レベルのリストが表示されます。

ステップ 7 表5-11 の説明に従って、使用するデバッグ トレース レベルをクリックします。

ステップ 8 Cisco CallManager 用のデバイスを設定する場合は、Cisco CallManager Trace Fields チェックボックスをオンにします。Cisco CTIManager 用のデバイスを設定する場合は、Cisco CTIManager Trace Fields チェックボックスをオンにします。

Cisco CallManager Trace フィールドの詳細については、 表5-1 を参照してください。

ステップ 9 Device Name Based Trace Monitoring チェックボックスをオンにします。

ステップ 10 Select Devices ボタンをクリックします。

Device Selection for Tracing ウィンドウが表示されます。


ヒント Cisco CallManager Administration の System > Enterprise Parameters を使用して、トレース可能なデバイスの最大数を設定します。Max Number of Device Level Trace フィールドに値を入力します。デフォルトは 12 です。詳細については、『Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド』を参照してください。

ステップ 11 Find ボックスの下向き矢印をクリックします。

ステップ 12 次のリストから、トレース対象のデバイスを選択します。

Phones

Gateways

CTI Route Point

Cisco Voice Mail Port

Conference Bridge

Music on Hold Server

Media Termination Point

ステップ 13 where ボックスの下向き矢印をクリックします。

ステップ 14 次のリストから、トレース対象のデバイス情報のタイプを選択します。

Device Name

Description

Directory Number

Calling Search Space

Device Pool

ステップ 15 2 番目のボックスの下向き矢印をクリックします。

ステップ 16 次のリストから、トレース対象のデバイス情報の検索基準を選択します。

begins with(前方一致)

contains(中間一致)

ends with(後方一致)

is exactly(完全一致)

is not empty(非空白)

is empty(空白)

ステップ 17 前のステップでの選択項目に対応する検索基準のテキスト ストリングを入力します(たとえば、ABC で始まる、123 で終わるなど)。

ステップ 18 Trace ボックスの下向き矢印をクリックします。

ステップ 19 次のリストから、トレース対象のデバイスのトレース状況を選択します。

All

Enabled

Disabled

ステップ 20 Find ボタンをクリックします。

検索結果のウィンドウに次のフィールドが表示されます。

Device Name

IP Address

Description

Status

Trace

検索結果に続きのページがある場合は、 First Previous Next 、または Last ボタンをクリックします。

ステップ 21 デバイス名に基づくトレース モニタリングを行う対象のデバイスの Trace チェックボックスをクリックします。

ステップ 22 Update ボタンをクリックします。

ステップ 23 更新が完了したら、 Close ボタンをクリックして Device Selection for Tracing ウィンドウを閉じ、Trace Configuration ウィンドウに戻ります。

ステップ 24 選択したサービスのトレース設定パラメータを更新するには、 Update ボタンをクリックします。

ステップ 25 「Cisco CallManager トレース パラメータの設定」、および 「Cisco CTIManager トレース パラメータの設定」の説明に従って、残りのトレース設定パラメータを設定します。


 

関連項目

「Cisco CallManager トレース パラメータの設定」

「Cisco CTIManager トレース パラメータの設定」

「トレース収集の設定」

「トレース分析の設定」

SDL トレース パラメータの設定

ここでは、Cisco CallManager と Cisco CTIManager の両サービスに対して、SDL トレース パラメータを設定する方法を説明します。

手順


ステップ1 Cisco CallManager または Cisco CTIManager の Trace Configuration ウィンドウから、 SDL Configuration リンクをクリックします。

SDL Trace Configuration ウィンドウが表示されます。

ステップ2 Trace On チェックボックスをオンにします。

ステップ3 Cisco CallManager サービスに対する SDL パラメータを設定する場合は、 表5-12 の説明に従って、このトレースに適用する Trace Filter Settings チェックボックスをオンにします。Cisco CTIManager サービスに対する SDL パラメータを設定する場合は、 表5-13 の説明に従って、このトレースに適用する Trace Filter Settings チェックボックスをオンにします。


) Cisco のエンジニアから特別の指示がない限り、デフォルトを使用することをお勧めします。


 

表5-12 Cisco CallManager SDL 設定のフィルタ設定値

設定名
説明

Enable all Layer 1 traces.

レイヤ 1 のトレースをアクティブにします。

Enable detailed Layer 1 traces.

詳細なレイヤ 1 のトレースをアクティブにします。

Enable all Layer 2 traces.

レイヤ 2 のトレースをアクティブにします。

Enable Layer 2 interface trace.

レイヤ 2 インターフェイスのトレースをアクティブにします。

Enable Layer 2 TCP trace.

レイヤ 2 Transmission Control Program(TCP)トレースをアクティブにします。

Enable detailed dump Layer 2 trace.

ダンプ レイヤ 2 の詳細トレースをアクティブにします。

Enable all Layer 3 traces.

レイヤ 3 のトレースをアクティブにします。

Enable all call control traces.

コール制御のトレースをアクティブにします。

Enable miscellaneous polls trace.

各種ポーリングのトレースをアクティブにします。

Enable miscellaneous trace (database signals).

データベース信号などの各種トレースをアクティブにします。

Enable message translation signals trace.

メッセージ変換信号のトレースをアクティブにします。

Enable UUIE output trace.

user-to-user informational element(UUIE)出力のトレースをアクティブにします。

Enable gateway signals trace.

ゲートウェイ信号のトレースをアクティブにします。

Enable CTI trace.

CTI トレースをアクティブにします。

Enable CDR trace.

CDR トレースをアクティブにします。

 

表5-13 Cisco CTIManager トレース SDL 設定のフィルタ設定値

設定名
説明

Enable miscellaneous polls trace.

各種ポーリングのトレースをアクティブにします。

Enable miscellaneous trace (database signals).

データベース信号などの各種トレースをアクティブにします。

Enable CTI trace.

CTI トレースをアクティブにします。

ステップ4 Cisco CallManager サービスに対する SDL パラメータを設定する場合は、 表5-14 の説明に従って、このトレースに適用する Trace Characteristics チェックボックスをオンにします。Cisco CTIManager サービスに対する SDL パラメータを設定する場合は、 表5-15 の説明に従って、このトレースに適用する Trace Characteristics チェックボックスをオンにします。

 

表5-14 Cisco CallManager SDL 設定の特性

特性
説明

Enable SDL link states trace.

Intracluster Communication Protocol(ICCP; クラスタ内通信プロトコル)リンク状態のトレースをアクティブにします。

Enable low-level SDL trace.

低レベル SDL のトレースをアクティブにします。

Enable SDL link poll trace.

ICCP リンク ポーリングのトレースをアクティブにします。

Enable SDL link messages trace.

ICCP の生のメッセージのトレースをアクティブにします。

Enable signal data dump trace.

信号データ ダンプのトレースをアクティブにします。

Enable correlation tag mapping trace.

相関タグ マッピングのトレースをアクティブにします。

Enable SDL process states trace.

SDL プロセス状態のトレースをアクティブにします。

Disable pretty print of SDL trace.

SDL の Pretty Print のトレースを使用不可にします。Pretty Print は、後処理を実行せずにトレース ファイル内のタブとスペースを追加します。

 

表5-15 Cisco CTIManager SDL 設定の特性

特性
説明

Enable SDL link states trace.

ICCP リンク状態のトレースをアクティブにします。

Enable low-level SDL trace.

低レベル SDL のトレースをアクティブにします。

Enable SDL link poll trace.

ICCP リンク ポーリングのトレースをアクティブにします。

Enable SDL link messages trace.

ICCP の生のメッセージのトレースをアクティブにします。

Enable signal data dump trace.

信号データ ダンプのトレースをアクティブにします。

Enable correlation tag mapping trace.

相関タグ マッピングのトレースをアクティブにします。

Enable SDL process states trace.

SDL プロセス状態のトレースをアクティブにします。

Disable pretty print of SDL trace.

SDL の Pretty Print のトレースを使用不可にします。Pretty Print は、後処理を実行せずにトレース ファイル内のタブとスペースを追加します。

ステップ5 トレース情報を Trace Analysis 用に使用する場合は、Enable XML Formatted Output チェックボックスをオンにします。このチェックボックスをオンにしない場合、ログ ファイルはテキスト形式で編集され、Trace Analysis 用には使用できません。

デフォルトのトレース ディレクトリ パスとデフォルトの パラメータが、フィールドに表示されます。トレース情報を別のファイルに送る場合は、Trace Directory Path フィールドにファイル名とパス名を入力します。デフォルト パラメータを変更するには、該当するフィールドをクリックして情報を入力します。

SDL Trace Configuration に適用されるデフォルトのトレース ログ ファイル名は、C:\Program Files\Cisco\Trace\SDL です。トレース ログ ファイルのデフォルト パラメータについては、 表5-16 を参照してください。

ステップ6 SDL トレース パラメータの設定を保存するには、 Update ボタンをクリックします。

SDL トレース設定に対するトレース設定の変更は、即時に有効になります。


) デフォルトを設定するには、SetDefault ボタンをクリックします。選択したサービスの現行設定値をクラスタ内のすべてのノードに適用するには、Apply to all Nodes チェックボックスをオンにします。


ステップ7 別のサービスの SDL トレース設定を続けるには、Configured Services ボックスからサービスを選択します。それ以外の場合は、ステップ8 に進みます。

ステップ8 Cisco CallManager または Cisco CTIManager の SDI Trace Configuration ウィンドウに戻るには、 SDI Configuration リンクをクリックします。


 

関連項目

「トレース ログ ファイルの説明とデフォルト値」

「トレース フィルタ設定値」

「トレース出力設定値」

「トレース収集の設定」

「トレース分析の設定」

トレース ログ ファイルの表示

SDI トレースまたは SDL トレースのログ ファイルの内容は、テキストまたは XML 形式で表示できます。ログ ファイルを XML 形式で表示する場合は Trace Analysis を使用し(「トレース分析の設定」を参照)、ログ ファイルをテキスト形式で表示する場合はテキスト エディタを使用します。

Microsoft Windows 2000 のマニュアルに、Microsoft テキスト エディタの詳しい説明があります。

ここでは、トレース ログ ファイルの内容をテキスト形式で表示する方法について説明します。

手順


ステップ 1 Microsoft Windows のメニューから、 [スタート]>[ファイル名を指定して実行] の順に選択します。

[ファイル名を指定して実行]ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [名前] フィールドのテキスト ボックスに、ログ ファイルのパス名を入力します(たとえば、c:\Program Files\Cisco\Trace)。

ステップ 3 OK ボタンをクリックします。

Trace folder ウィンドウが表示されます。トレース ディレクトリには、CCM、CMI、CMS、CTI、DBL、RIS、TCD、および TFTP 用のフォルダがあります。Cisco CallManager サービスのトレース ログ ファイルは、これらのフォルダ内にあります。

ステップ 4 表示するトレース ログ ファイルが入ったフォルダをダブルクリックします。たとえば、CTIManager のログ ファイルを表示するには、CTI フォルダをダブルクリックします。

そのフォルダに入っているトレース ログ ファイルが、ウィンドウにすべて表示されます(たとえば、cti001.txt、cti002.txt、cti003.txt)。


ヒント フォルダには数百のログ ファイルが存在する場合があります。最新のログ ファイルを探すには、最新のものを先頭に日付でソートしてください。

ステップ 5 テキスト エディタを使用してログ ファイルを開き、内容を表示します。


 

関連項目

「トレース ログ ファイルの説明とデフォルト値」

「トレース フィルタ設定値」

「トレース出力設定値」

「トレース収集の設定」

「トレース分析の設定」

トレース ログ ファイルの説明とデフォルト値

表5-16 に、トレース ログ ファイルの説明とデフォルト値を示します。

 

表5-16 トレース ログ ファイルの説明

フィールド
説明

Maximum number of files

このフィールドには、特定のサービスに対するトレース ファイルの合計数を指定します。Cisco CallManager は、各ファイルを識別するために、ファイル名にシーケンス番号を自動的に追加します(例:ccm299.txt)。シーケンスの最後のファイルが満杯になると、トレース データは最初のファイルに上書きされます。デフォルトは 250 ファイルです。

Maximum number of lines

このフィールドには、各トレース ファイルに保存されるデータの最大行数を指定します。デフォルトは、テキスト ファイルの場合は 10000 行、XML ファイルの場合は 2000 行です。

Maximum number of minutes

このフィールドには、各トレース ファイルに保存されるデータの最大分数を指定します。デフォルトは 1440 分です。

トレース データが 1 ファイルの最大行数または最大分数を超えると、Cisco CallManager はそのファイルを閉じて、待ち順が次のファイルに残りのトレース データを書き込みます。たとえば、各ファイルに 1 日分のデータを入れて一週間分のデータを保管するように、トレース ファイルをセットアップできます。このためには、ファイル数を 7 に設定し、分数を 1440(1 日)に設定して、行数は 10000 などの大きな値(使用率の高いシステムではさらに大きな値)に設定します。

トレース フィルタ設定値

トレース フィルタ設定値を使用して、必要なトレースのタイプを設定します( 表5-17 を参照)。トレース フィルタ設定値にアクセスするには、Trace On チェックボックスをクリックします。

 

表5-17 トレース設定のフィルタ設定値

フィルタ設定値
説明

Debug trace level

この設定値は、トレースする情報のレベルを指定します( 表5-11 を参照)。Error から Detailed までのレベルがあります。

Trace fields

各 Cisco CallManager サービスに、特有のトレース フィールドがあります。各サービスの設定手順で、トレース フィールドについて説明します。

Device Name Based Trace Monitoring

この設定値は、Cisco CallManager サービスと Cisco CTIManager サービスにだけ適用されます。このフィルタ設定値は、電話機やゲートウェイなどのデバイスに対するトレースを設定します。「Device Name Based Trace Monitoring トレース パラメータの設定」を参照してください。

トレース出力設定値

トレース出力設定値を使用して、出力ログ ファイルとその形式を指定します( 表5-18 を参照)。


) トレースの日時は、Trace Configuration によって自動的に提供されます。


 

表5-18 トレース設定の出力設定値

フィルタ設定値
説明

Enable file trace log

この設定値を指定すると、トレースの出力をログ ファイル(デフォルトのログ ファイル、または選択したファイル)に送ることができます。各 Cisco CallManager サービスに、デフォルトのログ ファイルがあります。

Enable XML formatted output

この設定値を指定すると、トレースの出力が XML 形式になります。Trace Analysis を使用するには、XML 形式にする必要があります。この設定値は、Cisco CallManager、CTIManager、および Cisco TFTP の各サービスでサポートされています。

Enable debug output string

シスコのエンジニアがこの設定値を使用します。

ディスク ドライブを 4 つ搭載したサーバのトレース ファイル収集用の設定

システム パフォーマンスを向上させる目的で、トレース ファイルがデフォルトの C: ドライブではなく「Trace」という名前のドライブに書き込まれるようにサービス パラメータおよびトレース出力設定値を設定できます。Trace ドライブをトレース ファイル収集用に特別に設定することになるため、このドライブを使用することで、より多くのトレース ファイルを取得できます。

クラスタ内の、ディスク ドライブを 4 つ搭載したすべてのサーバに対して、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 [マイ コンピュータ] をダブルクリックして、「Trace」という名前のついたドライブがあることを確認します。

ステップ 2 Cisco CallManager Administration ウィンドウから、 Application > Cisco CallManager Serviceability の順に選択します。

Cisco CallManager Serviceability ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 Trace > Configuration を選択します。

ステップ 4 Trace Configuration ウィンドウの左側にある Server ペインで、ディスク ドライブを 4 つ搭載したサーバのサーバ名または IP アドレスをクリックします。

ステップ 5 Configured Services ドロップダウン リスト ボックスで、 Cisco CallManager サービスまたは CTIManager サービスをクリックします。


) このステップ 5 で選択しなかったサービスについても、この手順全体を繰り返してください。


選択したサービスとサーバの Trace Configuration ウィンドウが表示されます。

ステップ 6 ウィンドウの右上隅で、 SDL Configuration リンクをクリックします。

SDL Configuration ウィンドウが表示されます。

ステップ 7 Trace Output Settings の下にある Trace Directory Path フィールドで、デフォルトを C: ドライブから Trace ドライブのドライブ名に変更します。

ステップ 8 Update をクリックします。

ステップ 9 クラスタ内の、ディスク ドライブを 4 つ搭載したすべてのサーバに対し、Cisco CallManager サービスと CTIManager サービスの両方についてこの手順を繰り返します。