Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド Release 5.0(1)
Cisco CallManager グループの設定
Cisco CallManager グループの設定
発行日;2012/02/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

Cisco CallManager グループの設定

Cisco CallManager グループの検索

Cisco CallManager グループの設定

Cisco CallManager グループの設定値

Cisco CallManager グループの削除

関連項目

Cisco CallManager グループの設定

1 つの Cisco CallManager グループでは、最高 3 つの Cisco CallManager の優先順位をリストで指定しています。リストの最初にある Cisco CallManager はそのグループのプライマリ Cisco CallManager となり、残りは、セカンダリおよびターティアリ(第三次-バックアップ)Cisco CallManager となります。

各デバイス プールには、Cisco CallManager グループが 1 つずつ割り当てられています。デバイスが登録されると、そのデバイスは、デバイス プールに割り当てられているグループの中のプライマリ Cisco CallManager に接続しようとします。プライマリ Cisco CallManager が使用できない場合、デバイスはそのグループにリストされている次の Cisco CallManager へと順次接続しようとします。

Cisco CallManager グループは、システムに次の重要な機能を提供します。

冗長性:この機能により、グループごとにプライマリ Cisco CallManager とバックアップ Cisco CallManager を指定できる。

コール処理のロード バランシング:この機能を使用すると、複数の Cisco CallManager にデバイスの制御を振り分けることができる。

ほとんどのシステムでは、負荷分散と冗長性を向上させるために、複数のグループを用意して 1 つの Cisco CallManager を複数のグループに割り当てる必要があります。

Cisco CallManager グループを追加、更新、または削除するには、次のトピックを参照してください。

「Cisco CallManager グループの検索」

「Cisco CallManager グループの設定」

「Cisco CallManager グループの設定値」

「Cisco CallManager グループの削除」

「関連項目」

Cisco CallManager グループの検索

ネットワーク内にはいくつかの Cisco CallManager グループが存在することがあるので、Cisco CallManager Administration では、固有の基準を指定して、特定の Cisco CallManager グループを見つけることができます。Cisco CallManager グループを見つける手順は、次のとおりです。


) ブラウザ セッションでの作業中は、検索/リストの検索設定がクライアント マシンの cookie に保存されます。他のメニュー項目に移動してからこのメニュー項目に戻ってくる場合や、ブラウザを閉じてから再び新しくブラウザ ウィンドウを開いた場合でも、検索に変更を加えない限り、Cisco CallManager の検索設定は保持されます。


手順


ステップ 1 System > Cisco CallManager Group の順に選択します。

Find and List Cisco CallManager Groups ウィンドウが表示されます。ドロップダウン リスト ボックスを使用して、Cisco CallManager グループを検索します。

ステップ 2 Find Cisco CallManager Groups ウィンドウのドロップダウン リスト ボックスから、次の基準のいずれかを選択します。

begins with(前方一致)

contains(中間一致)

is exactly(完全一致)

ends with(後方一致)

is empty(空白)

is not empty(非空白)

ステップ 3 必要に応じて適切な検索テキストを指定し、 Find をクリックします。


ヒント データベースに登録されている Cisco CallManager グループをすべて検索するには、検索テキストを入力せずに Find をクリックします。

検出された Cisco CallManager グループのリストが、次の項目別に表示されます。

Cisco CallManager グループの名前

Auto-registration Cisco CallManager Group

Find and List Cisco CallManager Groups ウィンドウでは、ページごとに表示する項目の数も指定できます。


) 該当する Cisco CallManager グループの横にあるチェックボックスをオンにして Delete Selected をクリックすると、Find and List Cisco CallManager Groups ウィンドウから複数の Cisco CallManager グループを削除できます。Matching Records タイトルバーにあるチェックボックスをオンにして Delete Selected をクリックすると、ウィンドウ内のすべての Cisco CallManager グループを削除できます。


ステップ 4 レコードのリストから、検索条件と一致する Cisco CallManager Group name をクリックします。

選択した Cisco CallManager グループがウィンドウに表示されます。


 

追加情報

「関連項目」を参照してください。

Cisco CallManager グループの設定

Cisco CallManager グループを追加、コピー、または更新する手順は、次のとおりです。

始める前に

Cisco CallManager グループを設定する場合は、事前に、そのグループのメンバとして割り当てる Cisco CallManager を設定しておく必要があります。詳細については、「Cisco CallManager の更新」を参照してください。

手順


ステップ 1 System > Cisco CallManager Group の順に選択します。

Find and List Cisco CallManager Groups が表示されます。

ステップ 2 次の作業のいずれかを実行します。

既存の Cisco CallManager グループをコピーするには、対象となる Cisco CallManager グループを見つけて(「Cisco CallManager グループの検索」を参照)、コピーする Cisco CallManager グループを選択し、 Copy をクリックしてステップ 3 に進みます。

新しい Cisco CallManager グループを追加するには、Add New ボタンをクリックし、ステップ 3 に進みます。

既存の Cisco CallManager グループを更新するには、対象となる Cisco CallManager を見つけて(「Cisco CallManager グループの検索」を参照)、ステップ 3 に進みます。

ステップ 3 適切な設定値を入力します( 表4-1 を参照)。

ステップ 4 ウィンドウ右上のツールバーに表示されている Save アイコンをクリックして(または、ウィンドウの一番下に表示されている Save ボタンをクリックして)、Cisco CallManager グループの設定をデータベースに保存します。

Cisco CallManager グループを設定した後、そのグループを使用してデバイス プールを設定できます。デバイスは、割り当てられているデバイス プールから、Cisco CallManager グループ リストの設定値を取得します。


 

追加情報

「関連項目」を参照してください。

Cisco CallManager グループの設定値

表4-1 では、Cisco CallManager グループの設定値について説明します。関連する手順については、「関連項目」を参照してください。

 

表4-1 Cisco CallManager グループの設定値

フィールド
説明

Cisco CallManager グループの設定値

Name

新しいグループの名前を入力します。

Auto-registration Cisco CallManager Group

自動登録が使用可能であるときに、この Cisco CallManager グループをデフォルト Cisco CallManager グループにする場合は、Auto-registration Cisco CallManager Group チェックボックスをオンにします。

デバイスをこの Cisco CallManager グループに自動登録しない場合は、このチェックボックスをオフのままにしてください。


) 各 Cisco CallManager クラスタには、1 つのデフォルト自動登録グループだけを指定できます。別の Cisco CallManager グループをデフォルト自動登録グループとして選択した場合は、以前に選択されていた自動登録グループが、そのクラスタのデフォルトではなくなります。


 

Cisco CallManager グループのメンバー

Available Cisco CallManagers

このフィールドは、Cisco CallManager グループに属していなくて、使用可能な Cisco CallManager をリストで表示します。

Cisco CallManager の名前を選択し、上矢印と下矢印を使用して、Cisco CallManager を Selected リストと Available リストの間で移動させます。

Selected Cisco CallManagers

このフィールドは、Cisco CallManager グループに属している Cisco CallManager を表示します。 Selected リストでは、最大 3 つの Cisco CallManager を入れることができ、Cisco CallManager が優先順位の高い順にリストされます。 Save をクリックすると、 Selected リスト内にある Cisco CallManager が、そのグループのメンバーになります。

Cisco CallManager の名前を選択し、上矢印と下矢印を使用して、Cisco CallManager を Selected リストと Available リストの間で移動させます。

Selected リストでは、上下の矢印を使用して、 Selected リスト内のグループを、希望する順序に配列します。

Cisco CallManager グループの削除

Cisco CallManager グループをデータベースから削除する手順は、次のとおりです。

始める前に


) Cisco CallManager グループがデバイス プールあるいは MGCP ゲートウェイに割り当てられている場合、または Cisco CallManager グループがクラスタの現在の Auto-registration Cisco CallManager Group の場合は、そのグループを削除できません。


Cisco CallManager グループを使用しているデバイスを検索するには、Cisco CallManager Group Configuration ウィンドウの Related Links ドロップダウン リスト ボックスにある Dependency Records を選択し、 Go をクリックします。

Dependency Records がシステムで使用可能でない場合、Dependency Records Summary ウィンドウにメッセージが表示され、Dependency Records を使用可能にするための操作が示されます。このメッセージには、Dependency Records 機能によって CPU に高い負荷がかかることも表示されます。Dependency Records の詳細については、「Dependency Records へのアクセス」を参照してください。

使用中の Cisco CallManager グループを削除しようとすると、エラー メッセージが表示されます。現在使用中の Cisco CallManager グループを削除する場合は、事前に、次の作業のどちらか一方または両方を実行しておく必要があります。

この Cisco CallManager グループを現在使用しているデバイス プールまたは MGCP ゲートウェイに、別の Cisco CallManager グループを割り当てる。「デバイス プールの設定」を参照してください。

Auto-registration Cisco CallManager Group にする別の Cisco CallManager グループを作成し、選択する。

手順


ステップ 1 「Cisco CallManager グループの検索」の手順を使用して、Cisco CallManager グループを検索します。

ステップ 2 一致するレコードのリストから、削除するグループを選択します。

ステップ 3 ウィンドウ右上のツールバーに表示されている Delete Selected Item アイコンをクリックして(または、ウィンドウの一番下に表示されている Delete Selected ボタンをクリックして)、Cisco CallManager グループを削除します。

ステップ 4 削除操作を確認するように求められたら、 OK をクリックします。削除操作を取り消す場合は、 Cancel をクリックしてください。


 

追加情報

「関連項目」を参照してください。