Cisco CallManager Bulk Administration ガイド 5.0(1)
シスコのゲートウェイの削除
シスコのゲートウェイの削除
発行日;2012/02/05 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

シスコのゲートウェイの削除

シスコのゲートウェイの削除

関連項目

シスコのゲートウェイの削除

削除するレコードを探すには、クエリー フィルタを定義する必要があります。Cisco CallManager データベースからゲートウェイのグループを削除する手順は、次のとおりです。

Delete Gateway Configuration ウィンドウでは、Cisco VG200 ゲートウェイと Cisco Catalyst 6000 ゲートウェイのみを削除できます。

シスコのゲートウェイの削除

Cisco CallManager からゲートウェイを削除する手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 Bulk Administration > Gateways > Delete Gateways の順に選択します。

Find and List Gateway Configuration ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 Find Gateways where ドロップダウン リスト ボックスから、次のいずれかのオプションを選択します。

Name

Description

DN/Route Pattern

Calling Search Space

Device Pool

Device Type

ステップ 3 2 番目の Find Gateways Report where ドロップダウン リスト ボックスで、次のいずれかの検索基準を選択します。

begins with

contains

is exactly

ends with

is empty

is not empty

ステップ 4 3 番目のドロップダウン リスト ボックスで、 Show を選択して関連のエンドポイントを表示します。

ステップ 5 必要に応じて、適切な検索テキストを指定します。


ヒント データベースに登録されたすべてのゲートウェイを表示するには、検索テキストを入力せずに Find をクリックします。

ステップ 6 複数のフィルタを追加するには、 AND または OR を選択します。クエリーをさらに定義するには、ステップ 2 5 を繰り返します。

ステップ 7 Find をクリックします。

検索されたテンプレートのリストが、次の項目別に表示されます。

Device Name

Description

Device Pool

Status

IP address

ステップ 8 Job Information 領域に、ジョブの説明を入力します。

ステップ 9 Run Immediately オプション ボタンをクリックしてゲートウェイを即座に削除するか、Run Later をクリックして後で削除します。

ステップ 10 Submit をクリックして、ゲートウェイ レコードを削除するジョブを作成します。

ステップ 11 Bulk Administration メイン メニューの Job Scheduler オプションを使用して、このジョブのスケジュールやアクティブ化を行います。

ジョブの詳細については、 「ジョブのスケジュール」 を参照してください。

ログ ファイルの詳細については、「BAT ログ ファイル」を参照してください。


注意 クエリー テキストボックスに情報を何も入力しないと、すべてのゲートウェイ レコードが削除されます。削除は最終的な操作なので、削除したレコードは復元できません。

その他の項目

詳細については、「関連項目」を参照してください。