Cisco CallManager Bulk Administration ガイド 5.0(1)
マネージャの削除
マネージャの削除
発行日;2012/02/05 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

マネージャの削除

Cisco CallManager からのマネージャの削除

クエリーを使用したマネージャのアソシエーションの削除

カスタム ファイルを使用したマネージャのアソシエーションの削除

関連項目

マネージャの削除

IPMA マネージャを削除すると、Cisco CallManager は、そのマネージャの情報をディレクトリにユーザとして保持します。たとえば、 rmartinez というユーザ ID を持つマネージャに 2 人のアシスタントがいて、それぞれ dbell jkent というユーザ ID を持つ場合、マネージャとしての rmartinez を Cisco CallManager データベースで削除すれば、 rmartinez と両方のアシスタントとの関連付けを解除できます。削除した後も、ディレクトリには rmartinez がユーザとして残ります。

Cisco CallManager からのマネージャの削除

Cisco CallManager データベースと LDAP Directory から、マネージャと、そのマネージャとアシスタントのアソシエーションをすべて削除できます。Delete Managers オプションにアクセスするには、 Bulk Administration > Managers/Assistants > Delete Managers を選択します。

削除する既存のレコードを検索する方法には、次の 2 つがあります。

「クエリーを使用したマネージャのアソシエーションの削除」

「カスタム ファイルを使用したマネージャのアソシエーションの削除」

クエリーを使用したマネージャのアソシエーションの削除

Cisco CallManager ディレクトリ内で、アシスタントとのアソシエーションからマネージャを削除する手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 BAT Administration > Managers/Assistants > Delete Managers > Query の順に選択します。Delete Managers Configuration ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 最初の Find Managers where ドロップダウン リスト ボックスで、次のいずれかの検索基準を選択します。

User ID

First Name

Middle Name

Last Name

Department

2 番目の Find Managers where ドロップダウン リスト ボックスで、次のいずれかの検索基準を選択します。

begins with

contains

is exactly

ends with

is empty

is not empty

ステップ 3 必要に応じて、適切な検索テキストを指定します。


ヒント データベースに登録されているすべてのマネージャを検索するには、検索テキストを入力せずに Find をクリックします。


) マネージャを複数の部署から選択するには、このフィールドに複数の部署を入力します。たとえば、部署 12 と部署 24 からマネージャを選択するには、3 番目のボックスに 12, 24 と入力します。削除操作を 2 回繰り返す必要はありません。


ステップ 4 クエリーをさらに定義する場合や、複数のフィルタを追加する場合は、Search Within Results チェックボックスをオンにし、ドロップダウン ボックスから AND または OR を選択して、ステップ 2 3 を繰り返します。

ステップ 5 Find をクリックします。

検索されたマネージャのリストが、次の項目別に表示されます。

User ID

First Name

Middle Name

Last Name

Department

ステップ 6 Job Information 領域に、ジョブの説明を入力します。

ステップ 7 マネージャを即座に削除するには、Run Immediately オプション ボタンをクリックします。マネージャを後で削除するには、Run Later をクリックします。

ステップ 8 Submit をクリックして、選択したマネージャを削除するジョブを作成します。

ステップ 9 このジョブのスケジュールやアクティブ化を行うには、Bulk Administration メイン メニューの Job Scheduler オプションを使用します。

ジョブの詳細については、 「ジョブのスケジュール」 を参照してください。

ログ ファイルの詳細については、「BAT ログ ファイル」を参照してください。


 

その他の項目

詳細については、「関連項目」を参照してください。

カスタム ファイルを使用したマネージャのアソシエーションの削除

テキスト エディタを使用してカスタム ファイルを作成し、削除対象のマネージャのアソシエーションを検索できます。

始める前に

1. 削除するマネージャのユーザ ID を指定したテキスト ファイルを作成します。

2. ユーザ ID は、1 行に 1 つずつ指定します。

3. カスタム ファイルを Cisco CallManager サーバの最初のノードにアップロードします。詳細については、「ファイルのアップロード」を参照してください。

カスタム ファイルを使用してマネージャのアソシエーションを削除する手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 BAT Administration > Managers/Assistants > Delete Managers > Custom File の順に選択します。Delete Managers Configuration ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 Select managers where フィールドで、識別子 User ID を選択します。

ステップ 3 2 番目のフィールドである Custom File ドロップダウン リストボックスで、このトランザクション用に作成したカスタム ファイルの名前を選択します。

ステップ 4 Find をクリックします。

検索されたマネージャのリストが表示されます。

ステップ 5 Job Information 領域に、ジョブの説明を入力します。

ステップ 6 マネージャを即座に削除するには、 Run Immediately オプション ボタンをクリックします。マネージャを後で削除するには、 Run Later をクリックします。

ステップ 7 Submit をクリックして、選択したマネージャを削除するジョブを作成します。

ステップ 8 このジョブのスケジュールやアクティブ化を行うには、Job Configuration ウィンドウを使用します。

ジョブの詳細については、 「ジョブのスケジュール」 を参照してください。

ログ ファイルの詳細については、「BAT ログ ファイル」を参照してください。