Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド Release 4.1(2)
デバイス デフォルトの設定
デバイス デフォルトの設定
発行日;2012/01/11 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

デバイス デフォルトの設定

デバイス デフォルトの更新

デバイス デフォルトの設定値

デフォルト以外のファームウェア ロードを使用するデバイスの検索

デバイス デフォルトの設定

デバイス デフォルトの設定では、Cisco CallManager に登録するデバイスの各タイプのデフォルト特性を設定します。デバイス タイプに対するデバイス デフォルトは、Cisco CallManager クラスタ内にあるそのタイプの自動登録デバイスすべてに適用されます。各デバイス タイプに適用される設定は、次のデバイス デフォルトで設定します。

デバイス ロード

Device pool(デバイス プール)

電話ボタン テンプレート

デバイスは、Cisco CallManager に自動登録されるときに、そのデバイス タイプに該当するデバイス デフォルト設定値を取得します。デバイスが登録された後で、個々のデバイスのコンフィギュレーションを更新して、そのデバイス設定を変更することもできます。

Cisco CallManager をインストールすると、デバイス デフォルトが自動的に設定されます。デバイス デフォルトの新規作成、または既存のデバイス デフォルトの削除はできませんが、次のトピックで説明する手順により、デバイス デフォルト設定値を変更することは可能です。

「デバイス デフォルトの更新」

「デバイス デフォルトの設定値」

「デフォルト以外のファームウェア ロードを使用するデバイスの検索」

Cisco CallManager システム ガイド 』の 「デバイス ファームウェア ロード」

デバイス デフォルトの更新

Cisco CallManager 設定データベース内のデバイス デフォルトを変更する手順は、次のとおりです。

始める前に

デバイス デフォルトを更新する場合は、事前に、お使いのシステムに該当する次のいずれかの作業を行ってください。

デバイス用の新しいファームウェア ファイルを TFTP サーバに追加する。使用可能なファームウェア ロードごとに、Cisco CallManager サーバ上の Program Files\Cisco\TFTPPath フォルダまたは設定可能な別のロケーションに、.bin ファイルがあります。

たとえば、ファームウェア ロード P002A0305556 の場合、Program Files\Cisco\TFTPPath フォルダに、名前が P002A0305556.bin のファイルがあります。

ディレクトリ内に存在しないファームウェア ロードの割り当てにデバイス デフォルトを使用すると、それらのデバイスは割り当てられたファームウェアのロードに失敗します。

新しいデバイス プールを設定する。「デバイス プールの追加」を参照してください。

デバイスが電話機の場合は、新しい電話テンプレートを設定する。「電話ボタン テンプレートの追加」を参照してください。

手順


ステップ 1 System > Device Defaults の順に選択します。

ステップ 2 変更するデバイスに該当する設定値を更新します( 表 6-1 を参照)。

ステップ 3 Update をクリックして、変更内容を Cisco CallManager 設定データベースに保存します。

ステップ 4 デバイス名の左側にある Reset アイコンをクリックして、そのタイプのすべてのデバイスをリセットし、クラスタ内のすべての Cisco CallManager に新しいデフォルトをロードします。

そのタイプのデバイスすべてをリセットしない場合は、デバイス デフォルトの変更後に追加された新しいデバイスだけが、最新のデフォルトを受け取ります。


 

関連項目

「デバイス デフォルトの設定値」

「デフォルト以外のファームウェア ロードを使用するデバイスの検索」

デバイス デフォルトの設定値

表 6-1 では、デバイス デフォルトの設定値について説明します。

 

表 6-1 デバイス デフォルトの設定値

フィールド名
説明

Load Information

ハードウェア デバイスの特定のタイプで使用されるファームウェア ロードの ID 番号を入力します。アップグレード ロードまたはパッチ ロードをインストールする場合は、新しいロードを使用するデバイスのタイプごとに、ロード情報を更新する必要があります。

Device Pool

デバイスの各タイプに関連したデバイス プールを選択します。デバイス プールは、そのプール内のすべてのデバイスに対して、共通の特性を指定します。

Phone Template

Cisco IP Phone の各タイプが使用する電話ボタン テンプレートを選択します。このテンプレートは、電話機上のキーの機能を指定します。

関連項目

「デバイス デフォルトの更新」

「デフォルト以外のファームウェア ロードを使用するデバイスの検索」

デフォルト以外のファームウェア ロードを使用するデバイスの検索

Cisco CallManager Administration の Firmware Load Information ページを使用すると、デバイス タイプにデフォルトのファームウェア ロードを使用しないデバイスを、すばやく特定することができます。


) 各デバイスには、デフォルトを上書きするファームウェア ロードを個別に割り当てることができます。


デフォルトのファームウェア ロードを使用しないデバイスを特定する手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 Device > Device Settings > Firmware Load Information の順に選択します。

ページが更新され、ファームウェア ロードを必要とするデバイス タイプのリストが表示されます。デバイス タイプごとに、 Devices Not Using Default Load 列が、デフォルト以外のロードを使用するデバイスの設定値にリンクします。

ステップ 2 Devices Not Using Default Load 列の View Details をクリックして、デフォルト以外のデバイス ロードを使用する、そのタイプのデバイスのリストを表示します。


 

関連項目

「デバイス デフォルトの更新」

「デバイス デフォルトの設定」