Cisco CallManager Serviceability アドミニストレーション ガイド Release 4.0(1)
トレース収集の設定
トレース収集の設定
発行日;2012/02/03 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

トレース収集の設定

Trace Collection Tool のロード

Trace Collection Tool によるトレースの収集

トレース収集の設定

この章では、Serviceability Trace Collection Tool の使用方法について説明します。この章の構成は次のとおりです。

「Trace Collection Tool のロード」

「Trace Collection Tool によるトレースの収集」

Cisco CallManager Serviceability には、Web ベースのトレース ツールが用意されています。このツールは、システム管理者やサポート担当者が、Cisco CallManager の問題をトラブルシューティングする際に役立ちます。トレースの主な機能は、次の 3 つです。

トレース パラメータの設定

トレース ファイルの収集

問題のトラブルシューティングに使用するトレース データの分析

トレースとアラームは協調して動作します。ユーザが Cisco CallManager サービスにトレースとアラームを設定し、Cisco TAC のエンジニアが結果を受け取ります。アラームは、Microsoft Windows 2000 イベント ビューア、CiscoWorks2000 Syslog、system diagnostic interface (SDI) または signal distribution layer (SDL) トレース ログ ファイル、あるいはこれらすべての宛先に送ることができます。デバッグ レベル、特定のトレース フィールド、および電話機やゲートウェイなどの Cisco CallManager デバイスに基づいて、Cisco CallManager サービスをトレースできます。SDI トレースまたは SDL トレースのログ ファイルに送られたアラームのトレースを実行できます。

Cisco CallManager サービスのトレース情報、およびそのサービスのトレース日時を収集するには、Trace Collection Tool を使用します。Trace Collection により、選択したファイルを収集し、zip 圧縮できます。


) トレースを使用可能にするとシステム パフォーマンスが低下します。このため、トラブルシューティングを行う場合にだけトレースを使用可能にしてください。トレースの使用方法については、Cisco TAC にお問い合せください。


トレース パラメータを設定してトレースを実行した後、分析用に収集するトレース情報を選択することができます。Cisco CallManager サービスのタイプ、およびトレースの日時に基づいて、情報を収集できます。Trace Collection は、特定の期間のトレースを主に収集します。

Trace Collection Tool のロードおよび起動については、「Trace Collection Tool のロード」を参照してください。Cisco Trace Collection Tool を使用してトレースを収集する方法については、「Trace Collection Tool によるトレースの収集」を参照してください。

Trace Collection Tool のロード

Trace Collection Tool をロードする手順は、次のとおりです。


) Trace Collection Tool は、Visual Basic 6.0 Runtime Library(DLL)がインストールされている Windows XP、98、または 2000 ベースのマシンに限り実行してください。ツールがファイルを収集して zip 圧縮する際には CPU 使用率が急上昇するので、サーバにはこのツールをインストールしないでください。このツールを使用してトレースを収集するために、トラブルシューティング トレースを適用する必要はありません。詳細については、「TroubleShootingTrace Setting の設定」、および『Cisco CallManager Serviceability System Guide』の第 8 章「Trace」を参照してください。


手順


ステップ 1 Cisco CallManager Administration または Cisco CallManager Serviceability から、 Application > Install Plugins の順に選択します。

Install Plugins ウィンドウが表示されます。

下にスクロールして、Cisco CallManager Trace Collection Tool アイコンをクリックします。図 6-1 を参照してください。

図 6-1 Install Plugins の Trace Collection Tool アイコン

 

図 6-2 のような InstallShield Wizard ウィンドウが表示されます。

図 6-2 InstallShield ウィンドウ

 

ステップ 2 すべてのインストール プロンプトに従い、 Finish をクリックします。

ステップ 3 インストールの完了後、Start メニューに移動し、図 6-3 のように
Start > Programs > Cisco CallManager Serviceability > Trace Collection Tool の順に選択します。

図 6-3 Start メニュー

 


) インストール中にデスクトップに作成された Trace Collection Tool アイコンをクリックしても、Trace Collection Tool を起動できます。


Cisco CallManager Trace Collection Tool 認証ウィンドウが表示されます。図 6-4 を参照してください。

図 6-4 Cisco CallManager Trace Collection Tool 認証ウィンドウ

 


 

関連項目

「Trace Collection Tool によるトレースの収集」

「トレースの設定」

「Bulk Trace Analysis」

Cisco CallManager Serviceability System Guide 』の第 8 章「 Trace」

Trace Collection Tool によるトレースの収集

Trace Collection Tool を使用してトレースを収集する手順は、次のとおりです。

Trace Collection Tool には、次のタブが用意されています。

Select CallManager Services

Select CallManager Applications

Select System Traces

Select CallManager Services タブには、クラスタ内に存在する Cisco CallManager ノードのサービスのグリッドが表示されます。該当するチェックボックスをオンにすることにより、すべてのサービスまたは一部のサービスを選択して、そのサービスのトレースを収集できます。


) アクティブにしていないサービスも表示されるため、そのサービスのトレースを収集できます。到達できないノードは、ウィンドウの下部に表示されます。


Select CallManager Applications タブには、収集できる Cisco CallManager アプリケーションのリストが表示されます。このタブ内のすべてのアプリケーションまたは一部のアプリケーションを選択できます。

利用できない Cisco CallManager ノードは、ウィンドウの下部に表示されます。図 6-5 を参照してください。

図 6-5 Select CallManager Applications タブ

 


) すべてのCisco CallManagerサーバ上のすべてのアプリケーションを
チェックする場合は、Select all Applications on all Servers チェックボックスをオンにします。表示されるアプリケーションの中には、
Cisco CallManager パブリッシャにしかインストールできないものもあります。したがって、そのようなアプリケーションのトレースは、パブリッシャからに限り取得できます。


Select System Traces タブには、収集できるシステム ログのリストが表示されます。一部のログまたはすべてのログを選択できます。利用できない Cisco CallManager ノードは、ウィンドウの下部に表示されます。図 6-6 を参照してください。

図 6-6 Select System Traces タブ

 

手順


ステップ 1 Cisco CallManager Trace Collection Tool メイン ウィンドウから、Select CallManager Services タブ、Select CallManager Applications タブ、または Select System Traces タブを選択し、トレースを収集して zip 圧縮するサービス、アプリケーション、システム トレースを選択して、 Next をクリックします。


) 前のウィンドウに戻って別のサーバに接続するには、<Back ボタンをクリックします。アプリケーションを終了するには、Exit をクリックします。


図 6-7 のようなウィンドウが表示されます。

図 6-7 Collect Traces ウィンドウ

 

ステップ 2 入手可能なすべてのトレースを収集する場合は、Collect All Available Traces を選択します。

ステップ 3 特定の日付範囲内のトレースを収集する場合は、Traces for a Date Range を選択し、Select Time Zone ドロップダウン リスト ボックスから時間帯を選択して、From Time フィールドと To Time フィールドで日付と時刻を指定します。


) クライアント マシンの時間帯は、デフォルト設定値です。Daylight Savings 設定値を持つすべての時間帯の個別のエントリ セットとともに、すべての標準時間帯が、Select Time Zone ドロップダウン リスト ボックスに表示されます。


ステップ 4 Cisco CallManager サーバの時間帯の詳細を表示するには、 Show Server Time Zones をクリックします。

ポップアップ ウィンドウに、サーバ名、各サーバの時間帯、Daylight Savings を適用できるかどうかなどの詳細が表示されます。


) 選択した時間帯がサーバ(たとえば、Server 1)の時間帯設定と一致する場合は、その日付範囲内(開始日付と終了日付の間)の修正されたトレース ファイルが収集されます。同じ Cisco CallManager クラスタ内に別のサーバ(Server 2)が存在し、そのサーバが別の時間帯である場合、Server 2 の対応する日付範囲内の修正されたトレース ファイルが Server 2 から収集されます。


ステップ 5 Zip File Location フィールドで、Browse ボタンをクリックし、zip ファイルを格納するクライアント マシン上のパスを指定します。


) デフォルト パスは C:\ で、デフォルト ファイル名は
CiscoCallManagerTraceCollection.zip です。このファイルがすでに存在する場合は、ファイルを置き換えるか、または別のパスを指定するように求められます。


出力 zip ファイルは、1 つの zip ファイルとして収集することも、複数のファイルに分割することもできます。

ステップ 6 出力 zip ファイルを複数のファイルに分割するには、Create MultiVolume Zip File when Zipping オプションを選択し、MultiVolume File Size で、分割される各ファイルのサイズを指定します。


) 各 zip ファイルのサイズの最小値は 100KB です。


ステップ 7 Compression Factor プルダウン リストから、zip ファイルの圧縮ファクタ値を選択します。


) 9 を超える値はバイナリ タイプのファイルを zip 圧縮する場合に限り有効であるため、Trace Collection Tool では 0 ~ 9 の値だけを入力できます。


ステップ 8 Collect Traces をクリックします。

特定のサイズのファイルを収集して zip 圧縮しようとしていることを示すメッセージが表示されます。ファイル サイズが大きすぎると思われる場合は、この操作を取り消すことができます。


) どのような場合でも、クラスタからトレースを収集できるのは 1 人のユーザだけです。複数のユーザがトレースを収集しようとすると、別のユーザがすでにトレースを収集していることを示すメッセージが表示されます。このチェックは、Cisco CallManager パブリッシャ サーバがネットワーク内でアクティブな場合に限り行われます。それ以外の場合は、警告が表示されるため、トレース収集を取り消す必要があります。これは、複数のユーザが同じクラスタから同時にトレースを収集すると、サーバで多くのディスク I/O 処理が発生する可能性があるためです。


ステップ 9 Yes をクリックして続行します。

図 6-8 のように、zip 圧縮プロセスの進行状況を示すウィンドウが表示されます。

図 6-8 zip 圧縮の進行状況を示すウィンドウ

 

zip 圧縮プロセスが完了すると、zip 圧縮の詳細を示すウィンドウが表示されます。図 6-9 を参照してください。

図 6-9 Zipping Details ウィンドウ

 

検出されなかったファイルのリストには、所定のパスで検出されなかったファイルまたはネットワーク内に存在しないマシン上のファイル(あるいはその両方)が表示されます。


) zip 圧縮プロセス中にマシンがネットワークから外れると、そのファイルは zip 圧縮されず、検出されなかったファイルとして表示されます。検出されなかったレジストリ エントリのリストは、レジストリ エントリが欠落している場合、そのアプリケーションやログに対応するファイルが zip 圧縮されないことを意味します。



 

関連項目

「Trace Collection Tool のロード」

「トレースの設定」

「Bulk Trace Analysis」

Cisco CallManager Serviceability System Guide 』の第 8 章「 Trace」