Cisco CallManager 機能およびサービス ガイド Release 4.0(1)
Cisco Call Back
Cisco Call Back
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco Call Back

Cisco Call Back の導入

Cisco Call Back アーキテクチャの概要

Cisco CTIManager インターフェイス(QBEHelper)

CiscoCallManager データベース インターフェイス(DBL ライブラリ)

Call Back ハンドラ

スクリーンセーバーと Call Back ディクショナリ

Redundancy Manager

DB Change Notifier

SDI トレースおよびアラーム

Cisco Extended Functions サービスの依存関係

1 つのクラスタ内に複数の Cisco Extended Functions アプリケーションがある場合

Cisco Call Back の使用方法

Cisco Call Back:正常なオペレーション

Cisco Call Back:異常なオペレーション

Cisco Call Back のシステム要件

インタラクションおよび制限事項

Cisco Call Back 機能用の Cisco Extended Functions のインストールとアクティブ化

Cisco Call Back 機能の構成

Cisco Call Back の設定チェックリスト

CallBack ソフトキーを含むソフトキー テンプレートの作成

デバイス プールでの CallBack ソフトキー テンプレートの構成

電話機の設定において CallBack ソフトキー テンプレートを追加する

Cisco Extended Functions サービス パラメータの設定

Cisco Call Back 機能のユーザへの情報提供

Cisco Call Back 機能のトラブルシューティング

その他の情報

Cisco Call Back

Cisco Call Back 機能を使用すると、着信側が応対可能になったときに、Cisco IP Phone でコールバック通知を受信できます。コールバック通知を受信するには、ビジー音または呼出音が聞こえているときに CallBack ソフトキーを押します。コールバック通知は、使用している電話機と同じ Cisco CallManager クラスタ内にある Cisco IP Phone の回線上でアクティブにできます。着信側がすべてのコールを別の内線番号に転送している場合は、コールバック通知をアクティブにできません。

この章では、Cisco Call Back に関する次の情報について説明します。

「Cisco Call Back の導入」

「Cisco Call Back のシステム要件」

「インタラクションおよび制限事項」

「Cisco Call Back 機能用の Cisco Extended Functions のインストールとアクティブ化」

「Cisco Call Back 機能の構成」

「Cisco Call Back 機能のユーザへの情報提供」

「Cisco Call Back 機能のトラブルシューティング」

「その他の情報」

Cisco Call Back の導入

この項では、Cisco Call Back 機能に関する次の情報について説明します。

「Cisco Call Back アーキテクチャの概要」

「Cisco Extended Functions サービスの依存関係」

「1 つのクラスタ内に複数の Cisco Extended Functions アプリケーションがある場合」

「Cisco Call Back の使用方法」

Cisco Call Back アーキテクチャの概要

Cisco Call Back 機能は、Cisco Extended Functions(CEF)サービスを使用します。CEF サービスは、次のインターフェイスで構成されています。

「Cisco CTIManager インターフェイス(QBEHelper)」

「Cisco CallManager データベース インターフェイス(DBL ライブラリ)」

「Call Back ハンドラ」

「スクリーンセーバーと Call Back ディクショナリ」

「Redundancy Manager」

「DB Change Notifier」

「SDI トレースおよびアラーム」

CEF サービスは、Skinny プロトコル(Cisco IP Phone と Cisco CallManager の間で使用するプロトコル)および Quick Byte Encoding プロトコル(Cisco CTIManager と TSP/JTAPI の間で使用するプロトコル)を介した XML サービス インターフェイス(XSI)を使用して電話とインターフェイスします。図 4-1を参照してください。

図 4-1 Cisco Extended Functions サービス アーキテクチャを使用した Cisco Call Back

 

Cisco CTIManager インターフェイス(QBEHelper)

QBEHelper ライブラリによって、CEF サービスと、構成済みの Cisco CTIManager との通信を可能にするインターフェイスが提供されます。

Cisco CallManager データベース インターフェイス(DBL ライブラリ)

DBL ライブラリによって、CEF サービスが Cisco CallManager データベースで構成および登録された各種デバイスでクエリーを実行するためのインターフェイスが提供されます。

Call Back ハンドラ

Call Back ハンドラ は、CEF サービスの一部であり、CallBack ソフトキーが押されたときに着信側内線情報と発信側内線情報を受け取ります。Cisco CallManager は、Cisco CTIManager インターフェイスを通じて、この情報を CEF サービスに渡します。

Cisco Extended Functions サービスは、Cisco CallManager データベース インターフェイスを使用して、宛先デバイスを判断します。CEF サービスは、Cisco CTIManager を使用して、回線とデバイスを開きます。着信側回線が利用可能になったときに、CEF サービスは、Cisco CTIManager インターフェイスと XSI インターフェイスを通じて、音声によるアラートと視覚的な通知を Cisco IP Phone に送信します。Cisco IP Phone でアクティブにできる Call Back は 1 件だけです。Call Back ハンドラは、この情報をメモリに保存します。Call Back がアクティブになっている電話と発信側回線に対してのみ、Cisco CTIManager を通じて電話と回線が開きます。Call Back がアクティブになっている電話機に Call Back 通知が送信されると、Cisco CTIManager が開いた電話と回線が閉じます。

スクリーンセーバーと Call Back ディクショナリ

Cisco Extended Functions サービスのスクリーンセーバーは、CEF サービスを起動したときに、XML ディクショナリ ファイルを読み取り、インストールされたすべてのロケールのドキュメント オブジェクト モデル(DOM)オブジェクトを作成します。この DOM オブジェクトを使用して、Cisco IP Phone で必要な XSI スクリーンを構築します。

Redundancy Manager

1 つの Cisco CallManager クラスタ内で複数の Cisco Extended Functions がアクティブになっている場合、Redundancy Manager は、アルゴリズムを使用して、アクティブ CEF とバックアップ CEF を判断します。Redundancy Manager は、CEF サービスを実行しているサーバの最も小さな IP アドレスをアクティブ サービスとして使用します。その他の CEF サービスは、バックアップ サービスとして機能します。

DB Change Notifier

DB Change Notifier は、サービス パラメータの変更、トレース パラメータの変更、アラーム設定の変更など、データベースの変更に関するすべての通知を処理し、CEF サービスにレポートします。

SDI トレースおよびアラーム

Cisco Extended Functions サービスは、SDI トレース ライブラリとアラーム ライブラリを使用します。このライブラリは、イベント ビューアへのトレースとアラームを生成します。アラーム ライブラリは、CEF サービスに関する情報を Cisco RIS Data Collector サービスに送達します。トレースとアラームの詳細については、『 Cisco CallManager Serviceability アドミニストレーション ガイド 』を参照してください。

Cisco Extended Functions サービスの依存関係

Cisco Call Back が使用する Cisco Extended Functions サービスは、次のサービスに依存します(図 4-2を参照してください)。

Cisco CallManager:クラスタ内で少なくとも 1 つの Cisco CallManager サービスが実行されている必要がありますが、CEF と同じサーバで実行する必要はありません。

Cisco CTIManager:クラスタ内で少なくとも 1 つの Cisco CTIManager サービスが実行されている必要がありますが、CEF と同じサーバで実行する必要はありません。

Cisco Database Layer Monitor:1 つの Cisco Database Layer Monitor サービスが CEF と同じサーバで実行されている必要があります。

Cisco RIS Data Collector:1 つの Cisco RIS Data Collector サービスが CEF と同じサーバで実行されている必要があります。


ヒント 1 台のサーバによる Cisco CallManager システムの場合は、そのサーバにすべてのサービスをインストールします。


図 4-2 Cisco Extended Functions サービスの依存関係(一般的な設定)

 

1 つのクラスタ内に複数の Cisco Extended Functions アプリケーションがある場合

1 つの Cisco CallManager クラスタ内で複数の Cisco Extended Functions アプリケーションがアクティブになっている場合、Cisco Extended Functions はアルゴリズムを使用して、アクティブにするアプリケーションと残りのバックアップ用のアプリケーションを判断します。最も小さな IP アドレスの Cisco Extended Functions アプリケーションがアクティブになります。その次に小さな IP アドレスのアプリケーションが、アクティブなアプリケーションのバックアップになります。その他のアプリケーションも、IP アドレスが小さい順に、互いのバックアップとして機能します。新しいアプリケーションをクラスタに追加した場合、Cisco Extended Functions はアルゴリズムを再起動し、アクティブにするアプリケーションを判断します。


) クラスタ内で Cisco Extended Functions アプリケーションを起動すると、最も小さな IP アドレスの Cisco Extended Functions アプリケーションがアクティブになります。このプロセスによって、Call Back に対して約 2 分の割り込みが発生する場合があります。


ディレクトリ ステータスおよび Cisco CTIManager に対する Cisco Extended Functions アプリケーションの登録ステータスを確認するには、Real-Time Monitoring Tool を使用します。使用方法については、『Cisco CallManager Serviceability アドミニストレーション ガイド』を参照してください。

Cisco Call Back の使用方法

正しくインストールし、適切な設定をした場合、Cisco IP Phone モデル 7960 および、Cisco IP Phone モデル 7940 には、Cisco Call Back 機能が組み込まれます。次の項では、Call Back 機能の使用方法と、正常なオペレーションと異常なオペレーションで発生する事象について説明します。

Call Back 機能の使用方法の詳細については、『 Cisco IP Phone 7960/7940 シリーズ ユーザ ガイド 』を参照してください。

Cisco Call Back:正常なオペレーション

Cisco Call Back を使用して、通話中の電話が利用可能になったときに通知します。次の例を参照してください。

電話機 A と電話機 C が電話機 B を呼び出し、両方の電話機で Call Back をアクティブにします。電話機 B が利用可能になったときに、電話機 A と電話機 C の両方が通知を受信します。Call Back を先に開始した電話機が、電話機 B に接続します。

電話機 A は、同じ Cisco CallManager クラスタにある電話機 B を呼び出します。電話機 B が通話中だった、または応答しなかったので、電話機 A は CallBack ソフトキーを使用して Call Back 機能をアクティブにします。電話機 B が利用可能になると、電話機 A は音声によるアラートと視覚的な通知を受信します。


) 電話機のユーザ ロケールが Japanese_Japan に設定されている場合、CallBack ソフトキーは[オリカエシ] ソフトキーになります。


電話機 A が Call Back をアクティブにすると、次のメッセージが表示されます。

xxxx(電話番号)ノコールバックヲ ユウコウニシマス。ムコウニスルニハ、[キャンセル]ヲオシテクダサイ。シュウリョウスルニハ、[シュウリョウ] ヲオシテクダサイ。

電話機 B が利用可能になると(オンフック)、電話機 A は音声による通知を受信し、次のメッセージが表示されます。

コールバックハ xxxx(電話番号)デユウコウニナッテイマス。ジカン <hh:mm mm/dd/yy> コールスルニハ、[ダイヤル]ヲオシテクダサイ。シュウリョウスルニハ、[シュウリョウ] ヲオシテクダサイ。

Cisco Call Back:異常なオペレーション

さまざまな理由で、Call Back が機能しないことがあります。次の例を参照してください。

電話機 A は、同じ Cisco CallManager クラスタにある電話機 B を呼び出します。電話機 B が通話中だった、または応答しなかったので、電話機 A は CallBack ソフトキーを使用して Call Back 機能をアクティブにします。電話機 B が利用可能になると、電話機 A は音声によるアラートと視覚的な通知を受信します。

電話機 A が、Call Back のアクティブ化に失敗すると、次のメッセージが表示されます。

コールバックヲ xxxx デユウコウニスルコトハデキマセン。シュウリョウスルニハ、[シュウリョウ]ヲオシテクダサイ。

電話機 A がアイドル状態のときに CallBack ソフトキーを押した場合、次のメッセージが電話機 A に表示されます。

ユウコウナコールバックハアリマセン。シュウリョウスルニハ、[シュウリョウ]ヲオシテクダサイ。

電話機 A の Call Back がすでにアクティブのときに、アクティブ化を試みると、次のメッセージが表示されます。

コールバックハ xxxx デユウコウニナッテイマス。yyyy デユウコウニスルニハ、[OK] ヲオシテクダサイ。シュウリョウスルニハ、[シュウリョウ]ヲオシテクダサイ。

電話機 A の Call Back のアクティブ化を試みたときに、内線番号がデータベース内になかった場合、次のメッセージが表示されます。

コールバックヲ xxxx デユウコウニスルコトハデキマセン。

電話機 A の Call Back のアクティブ化を試みたときに、Cisco CTIManager サービスおよび Cisco Extended Functions サービスが登録されていなかった場合、次のメッセージが表示されます。

サービスガアクティブデハアリマセン。

電話機 A の Call Back のアクティブ化を試みたときに、Cisco Extended Functions サービスが機能していなかった場合、次のメッセージが表示されます。

コールバックシッパイ

Cisco Call Back のシステム要件

Cisco Call Back の動作には、次のソフトウェア コンポーネントが必要です。

Cisco CallManager 3.3 以降

Microsoft Windows 2000

Microsoft Internet Explorer または Netscape Navigator

次の電話機は、Cisco Call Back と CallBack ソフトキーをサポートしています(発信側および着信側の電話機として使用できます)。

Cisco IP Phone モデル 7960、7940、7912、および 7905

次の電話機は、コールすること、および Call Back をアクティブにすることができます(発信側電話機と同じ Cisco CallManager クラスタ内にある必要があります)。

Cisco IP Phone 30 SP+

Cisco IP Phone 12 SP+

Cisco IP Phone 12 SP

Cisco IP Phone 12 S

Cisco IP Phone 30 VIP

Cisco IP Phone Model 7902

Cisco IP Phone Model 7910

Cisco IP Phone Model 7935

Cisco IP Phone Model 7936

Cisco VGC Phone(Cisco VG248 Gateway を使用)

Cisco Skinny Client Control Protocol(SCCP)Phone

Cisco Analog Telephone Adapter (ATA) 186 および 188

上記の電話機にコールを転送する CTI ルート ポイント

インタラクションおよび制限事項

Cisco Call Back とコール待機機能、および Cisco Call Back とコール転送機能とのインタラクションを 表 4-1 に示します。


) 発信側の電話機は、Call Back 要求を 1 つだけアクティブにできます。着信側の電話機には、複数の Call Back 要求を適用できます。


 

表 4-1 Call Back とコール待機、および Call Back とコール転送とのインタラクション

コール待機
すべてのコールを転送
コールの話中転送
応答なし時の
コール転送
コールバック

ON

設定しない

設定しない

設定しない

サポートしている

ON または OFF

設定する

OFF または OFF

ON または OFF

サポートしていない

ON または OFF

設定しない

設定する

設定しない

サポートしている

ON または OFF

設定しない

設定しない

設定する

サポートしている

ON または OFF

設定しない

設定する

設定する

サポートしている

OFF

設定しない

設定しない

設定しない

サポートしている

Cisco Call Back 機能用の Cisco Extended Functions のインストールとアクティブ化

Cisco Call Back は Cisco Extended Functions サービスの 1 つの機能で、Cisco CallManager をインストールすると自動的にインストールされます。Cisco Call Back を利用可能にするには、インストール後に次の 3 つのステップを実行します。

1. Cisco IP Phone のユーザ用に、Cisco Call Back 機能を正しく設定します。「Cisco Call Back 機能の構成」を参照してください。

2. Cisco Extended Functions サービスに適用できるサービス パラメータを設定します。「Cisco Extended Functions サービス パラメータの設定」を参照してください。

3. Tools メニューの下にある Cisco CallManager Serviceability Service Activation を使用して、Cisco Extended Functions サービスをアクティブにします。詳細については、『 Cisco CallManager Serviceability アドミニストレーション ガイド』を参照してください。


) Cisco Call Back 機能(ソフトキーや電話機に表示されるメッセージ)を英語以外の言語で表示する必要がある場合は、Cisco Call Back を設定する前に、Locale Installer がイントールされていることを確認します。詳細については、『Cisco IP Telephony Locale Installer の使用方法』を参照してください。


Cisco Call Back 機能の構成

Cisco Call Back 機能を正しく構成するには、設定チェックリストのステップを確認します。次に設定するための要件を実行し、Cisco Extended Functions サービスをアクティブにします。次の項では、設定情報について説明します。

「Cisco Call Back の設定チェックリスト」

「CallBack ソフトキーを含むソフトキー テンプレートの作成」

「デバイス プールでの CallBack ソフトキー テンプレートの構成」

「電話機の設定において CallBack ソフトキー テンプレートを追加する」

「Cisco Extended Functions サービス パラメータの設定」

Cisco Call Back の設定チェックリスト

Cisco CallManager で Cisco Call Back 機能を設定する論理的なステップを 表 4-2 に示します。

 

表 4-2 Cisco Call Back の設定チェックリスト

設定手順
関連手順と関連項目

ステップ 1

Standard User ソフトキー テンプレートのコピーを作成し、CallBack ソフトキーを追加します。

On Hook コール状態

Ring Out コール状態

「CallBack ソフトキーを含むソフトキー テンプレートの作成」

ステップ 2

新しいソフトキー テンプレートをデバイス プールに追加します。

「デバイス プールでの CallBack ソフトキー テンプレートの構成」

ステップ 3

Phone Configuration ウィンドウを使用して、新しいソフトキー テンプレートをユーザの電話機に追加します。

「電話機の設定において CallBack ソフトキー テンプレートを追加する」

ステップ 4

Cisco Extended Functions サービス パラメータのデフォルトを使用します。

「Cisco Extended Functions サービス パラメータの設定」

ステップ 5

Cisco IP Phones のユーザ ロケールを選択します。

Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の「 ユーザの設定値

『Cisco IP Telephony Locale Installer の使用方法』

ステップ 6

Cisco CallManager Serviceability ツールの Service Activation を使用して、Cisco Extended Functions サービスをアクティブにします。

Cisco CallManager Serviceability アドミニストレーション ガイド

CallBack ソフトキーを含むソフトキー テンプレートの作成

次の手順に従って、CallBack ソフトキーを含むソフトキー テンプレートを作成します。


) 電話機のユーザ ロケールが Japanese_Japan に設定されている場合、CallBack ソフトキーは[オリカエシ]ソフトキーになります。


手順


ステップ 1 Cisco CallManager Administration で、 Device > Device Settings > Softkey Template を選択します。

Softkey Template Configuration ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 Softkey Template リストまたは Create a softkey template based on フィールドのドロップダウン リスト ボックスから Standard User ソフトキー テンプレートを選択します(Softkey Template リストから最初のオプションを選択した場合は、Softkey Template Configuration ウィンドウが自動的に開き、新しい情報が表示されます。 3 に進んでください)。

ステップ 3 Copy ボタンをクリックします。

Softkey Template Configuration ウィンドウに、新しい情報が表示されます。

ステップ 4 Softkey Template Name フィールドに、Standard User for Call Back など、テンプレートの新しい名前を入力します。

ステップ 5 Insert ボタンをクリックします。

Softkey Template Configuration ウィンドウに、新しい情報が再表示されます。

ステップ 6 CallBack ソフトキーをテンプレートに追加するには、 Configure Softkey Layout リンクをクリックします。

Softkey Layout Configuration ウィンドウが表示されます。CallBack ソフトキーは、On Hook コール状態と Ring Out コール状態に追加する必要があります。

ステップ 7 CallBack ソフトキーを On Hook コール状態に追加するには、Call States フィールドの On Hook リンクをクリックします。

Softkey Layout Configuration ウィンドウが再表示され、Unselected Softkeys リストと Selected Softkeys リストが表示されます。

ステップ 8 Unselected Softkeys リストで CallBack ソフトキーを選択し、右矢印をクリックして Selected Softkeys リストにソフトキーを移動します。

ステップ 9 Update ボタンをクリックして保存し、処理を続けます。

ステップ 10 CallBack ソフトキーを Ring Out コール状態に追加するには、Call States フィールドの Ring Out リンクをクリックします。

Softkey Layout Configuration ウィンドウが再表示され、Unselected Softkeys リストと Selected Softkeys リストが表示されます。

ステップ 11 Unselected Softkeys リストで CallBack ソフトキーを選択し、右矢印をクリックして Selected Softkeys リストにソフトキーを移動します。

ステップ 12 Update ボタンをクリックします。


 

デバイス プールでの CallBack ソフトキー テンプレートの構成

次の手順に従って、Call Back ソフトキー テンプレートをデバイス プールに追加します。すべてのユーザが CallBack ソフトキーを使用できるようにする場合、または Call Back 機能を持つユーザ用にカスタマイズしたデバイス プールを作成する場合は、テンプレートをデフォルトのデバイス プールに追加します。

手順


ステップ 1 Cisco CallManager Administration で、 System > Device Pool を選択します。

Device Pool Configuration ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 Default のデバイス プール、または Device Pools に表示された、作成済みのいずれかのデバイス プールを選択します。

ステップ 3 Softkey Template フィールドのドロップダウン リスト ボックスから、CallBack ソフトキーを含むソフトキー テンプレートを選択します(このテンプレートをまだ作成していない場合は、「CallBack ソフトキーを含むソフトキー テンプレートの作成」を参照してください)。

ステップ 4 Update ボタンをクリックします。


 

電話機の設定において CallBack ソフトキー テンプレートを追加する

次の手順に従って、Call Back ソフトキー テンプレートをユーザごとの電話機に追加します。

手順


ステップ 1 Cisco CallManager Administration で、 Device > Phone を選択します。

Find and List Phones ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 ソフトキー テンプレートを追加する電話機を検索します。『 Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の「 電話機の検索 」を参照してください。

ステップ 3 Softkey Template フィールドのドロップダウン リスト ボックスから、CallBack ソフトキーを含むソフトキー テンプレートを選択します(このテンプレートをまだ作成していない場合は、「CallBack ソフトキーを含むソフトキー テンプレートの作成」を参照してください)。

ステップ 4 Update ボタンをクリックします。


 

Cisco Extended Functions サービス パラメータの設定

サービス パラメータにアクセスするために、Cisco CallManager Administration を使用して、Cisco Extended Functions サービス パラメータを設定します( Service > Service Parameters )。Cisco Call Back アプリケーションが常駐するサーバを選択してから、Cisco Extended Functions サービスを選択します。

Cisco Technical Assistance Center の指示があった場合を除き、デフォルトのサービス パラメータ設定の使用をお勧めします。Cisco Extended Functions には、Cisco Call Back に関する次のパラメータが含まれています。

CTI Connecting Port:デフォルトではポート 2748 が指定されています。このポート番号を変更した場合は、Cisco Extended Functions サービスを再起動します。

Provider Open Call Time Out:デフォルトでは 30000 が指定されています。このパラメータは、Cisco CTIManager に Provider オープン要求を発行してから、Cisco Extended Functions サービスが待機する時間を指定します。待機時間を変更した場合は、Cisco Extended Functions サービスを再起動します。

HeartBeat Interval Time Out:デフォルトでは 30 が指定されています。Cisco Extended Functions と Cisco CTIManager は、ハートビートを交換して、接続を維持します。このインターバル タイムアウトを変更した場合は、Cisco Extended Functions サービスを再起動します。

Connection Retry Time Out:デフォルトでは 60000 が指定されています。Cisco CTIManager との接続が停止した場合、Cisco Extended Functions は再接続をリトライします。このリトライ タイムアウトを変更した場合は、Cisco Extended Functions サービスを再起動します。

Synchronous Request Time Out:デフォルトでは 20000 が指定されています。このパラメータは、同期要求が発行されてから Cisco Extended Functions サービスが待機する時間を指定します。この要求タイムアウトを変更した場合は、Cisco Extended Functions サービスを再起動します。

Audio File Name:デフォルトでは Call Back.raw が指定されています。Call Back.raw ファイルはディレクトリ C:\Program Files\Cisco\TFTPPath にあり、再起動サイクルで Cisco TFTP によって Cisco IP Phone にアップロードされます。このファイルには、Call Back 通知のときに Cisco IP Phone で再生されるアラート音が保存されています。オーディオ形式は、64 kbps オーディオ mu-law です。このファイル名を変更した場合は、Cisco Extended Functions サービスを再起動します。

CBB Change Notification TCP Port:デフォルトでは 2552 が指定されています。このパラメータは、Cisco Extended Functions データベースの変更通知を受信する TCP ポートのポート番号を指定します。データベースの変更通知は、Cisco Database Layer Monitor から送信されます。このポート番号を変更した場合は、Cisco Extended Functions サービスを再起動します。

Cisco Call Back 機能のユーザへの情報提供

Cisco IP Phone 7960/7940 シリーズ ユーザ ガイド 』に、Cisco IP Phone の Call Back 機能の使用方法が記載されています。

Cisco Call Back 機能のトラブルシューティング

Cisco CallManager Serviceability Trace Configuration and Real-Time Monitoring Tool を使用して、Call Back に関する不具合をトラブルシューティングします。詳細については、『 Cisco CallManager Serviceability アドミニストレーション ガイド』を参照してください。

トラブルシューティングについては、『 Troubleshooting Guide for Cisco CallManager 』を参照してください。

その他の情報

関連項目

Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の「 ソフトキー テンプレートの設定

Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の「 デバイス デフォルトの設定

Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の「 サービス パラメータの設定

Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の「 Cisco IP Phone の設定

その他のシスコ マニュアル

Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド

Cisco CallManager システム ガイド

Cisco CallManager Serviceability アドミニストレーション ガイド

Cisco CallManager Serviceability System Guide

Troubleshooting Guide for Cisco CallManager

Cisco IP Phones 7960/7940 シリーズ ユーザ ガイド

Cisco IP Phone アドミニストレーション ガイド

Cisco IP Telephony Locale Installer の使用方法